タグ:Cute MJ Stories ( 3 ) タグの人気記事

f0134963_12111883.jpg


[1]に引き続き、Cute Michael Jackson Stories から、ちょっぴり紹介します。日本語部分は、ご注意のうえ、お気づきの点はどうか遠慮なくご指摘くださいませ。


Is It A Bird?, Is It A Plane? Nope … It’s MICHAEL JACKSON!
August 3, 2004


Panic and mayhem was the order of the day when utter confusion hit Texas on Tuesday wrecking havoc in a Houston shopping mall. Was this the work of a whirlwind I hear you ask?

火曜日のテキサスが突然の大混乱に見舞われた日に、渦中のヒューストン・ショッピング・モールに吹き荒れた旋風の中で働いていた方に話を伺います。

Nope! None other than Michael Jackson had just hit town for a surprise shopping trip.

いや、マイケル・ジャクソン以上に、驚きの「ショッピング体験」が、街を襲ったことなんてないよ。

Witnessing the scene at the Memorial City mall was Katy resident Lester Davidson, who had this to say about his excitingexperience :

その記憶に残るショッピングモールの現場を目撃したのは、ケーティの住民、レスター・デービッドソンでした。彼の驚きの体験を語ってもらいましょう。

“I could not I could not, I could not freak’n believe it there I was, in the mall, right down the way from me was, my God, Michael Jackson! I can’t believe it happened my God Michael Jackson did you hear me Michael Jackson!”

出来ない、ホントに出来ないよ.... あそこに自分がいたことを信じるなんて。僕はいつもどおりにして、モールにいたのに、僕の神様の、マイケル・ジャクソンが.... こんな偶然信じられないよ。僕の神様のマイケル・ジャクソン....ねぇ聞いてる?マイケル・ジャクソンだよ!

Davidson, who was fortunate enough to be in the right place at the right time, went on to say :

デービッドソン....適切な時間に、適切な場所にいたという幸運者... は、次にこう言いました。

“I was at the Foot Locker when Mr, I mean Michael walked by. I immediately ran. People were falling down, screaming, yelling and stampeding.

マイケルが歩いてきたとき、僕は靴売場にいて...急いで走ったよ。大勢の人が倒れたり、叫んだりして、雪崩のように走ってた。

One lady outside the Sharper Image even ripped her top, skirt and bra totally off and threw it at Mr Jackson.”

ひとりの女性が、シャーパー・イメージの店から出てきたとたん、ブラウスとスカート、ブラまで全部脱ぎ捨てて、ジャクソンさんに目がけて投げつけた。

I fought my way through the crowd, somehow got close enough to Michael, Mr Jackson, my heart pounding out of my chest, not knowing what to do I just, I just did what any sane human in my situation would have done ..

僕も自分の方法を探しながら、群衆を掻き分けて、なんとかマイケルの近くまで進んだんだ。ジャクソンさんのことで、心臓がドキドキして、何をするべきかわからなかったけど、結局、多くの普通の人がやるようなことと同じことをやることにした。

I got down on my knees and kissed Michael Jackson’s shoe.”

僕は身をかがめ、膝まづいて、マイケル・ジャクソンの靴にキスしたんだ。


f0134963_121749100.jpg
Houston Galleria Shopping Mall



2004年でも、男女ともに、これほどの熱狂をもたらしているとは....

デービッドソンさんの行動もスゴいけど、ブラを取るまでの決断力の早さに脱帽(笑)、そこまでやって、サインもらえたのかな。ていうか、どんな格好でもらったの(笑)


Swapping clothes with Blanket, 30th January 2006

While in Hamburg, a fan had his hat taken so that Michael could sign it. But it seems that Blanket, who was there, admired the hat so much that he was allowed to keep it! Michael then took Blanket’s t-shirt signed it and gave that to the fan instead!

ハンブルクにいる間、ファンはマイケルにサインをもらおうと帽子を持って行きました。ところが、そこにいたブランケットらしき人物がその帽子をすごく褒めたので、帽子はそのままにして、なんと、マイケルはブランケットのTシャツをとって、サインし、それをファンに与えました。

The shirt read “Blankets T-Shirt love Michael Jackson.”

そのTシャツには「ブランケットのシャツ “LOVE” マイケル・ジャクソン」と書いてありました。


f0134963_1220326.jpg


ブランケットは脱がされたの?! 
これは、父による「人の物を無闇に褒めるな」の教育なんでしょうか(笑)

でも、、ブランケット(3歳11ヶ月?)のものにしては、サイズがデカ過ぎるよね



☆下記は、2004年と、2005年の有名人によるMJへの言葉。


Amy Winehouse, February 27 2004

“You know how you either grow up in a Michael Jackson house or a Prince house?” says Winehouse, whose accent reveals her north London roots.

エイミー・ワインハウスは「あなたは、一緒に成長するなら、マイケル・ジャクソンの家か、プリンスの家か、どっちだと思った?」と、ロンドン北部を思わせるアクセントで言います。

“For me it was Michael Jackson. I could never decide whether I wanted to be Michael Jackson or marry him. I don’t care what people say about him now because he’s a ****ing genius.

私はマイケル・ジャクソンだった。私はマイケル・ジャクソンになりたいのか、彼と結婚したいのか、なかなか決められなかった。私は、人々が今、彼のことを何て言ってるかなんてどうでもいいわ。だって、彼はとんでもなくスゴい天才だもの。

That’s it – the end! He was robbed of his childhood, which is why he surrounds himself with children. When you’re around kids you can be a little kid yourself and pretend that life is magic and you don’t have to be one of those sweaty people going to work every day. I completely see what he’s doing.”

もう、こんなことは終わり!彼は子ども時代を奪われて、それで、自分の周囲に子供たちを置いているだけ。あなたは、あなたの周りに子どもがいても、あなた自身が子どもになって、人生はマジックだなんてこと必要なく、毎日汗を流して仕事が出来るかもしれないけど、、私には、彼がやっていることが完璧に理解できるわ。


f0134963_1231494.jpg
Amy Winehouse....R.I.P.




Pete Townshend, June 23, 2005

Townshend wrote in the diary section of his official petetownshend.co.uk website that he’s always known Jackson to be loving and supportive of children, especially those in need.

ピート・タウンゼンドは、彼の公式サイト( petetownshend.co.uk ← 現在は更新され新サイトになっている模様)の「日記」に書いた。マイケル・ジャクソンが子供たちを愛し、サポートしていたことはよく知られているが、子どもたちにとっても、彼は特別な存在だ。

Townshend said, “[Jackson] has unselfishly helped every cause, and individual child, I have sent his way. In one case he hired a circus for the Down’s Syndrome children of a special school of the daughter of a friend of mine, and showed up to happily, and – yes – in childlike enthusiasm – watch the show with them.

タウンゼントは言う。「(ジャクソン)は、利他的で、どんな子どもたちもすべて支援してきた。私が知っている彼の支援を紹介しよう。その一つは、私の友人の娘でダウン症の特殊学校に通っている子どもたちに、彼が「サーカス」を連れて現れたこと。ああ、僕も子供みたいに熱中して、彼らとサーカスを見た。

This little girl believed she was Michael’s future wife, and he so kindly allowed her to sit next to him, as his future bride. His feathers may be badly burned, and he may be damaged in other ways too, but he is something of an angel.”

その少女は、マイケルの奥さんになるって信じてた。彼も優しく彼女を自分の隣に座らせてた。その将来の花嫁をね。彼の羽根は激しく燃えているかもしれない。また、他にも傷つけられることもあるだろう。それでも、彼はひとりの「天使」だよ。


f0134963_1322380.jpg
Pete Townshend



ピート・タウンゼントも、ネットで児童ポルノサイトを閲覧したというだけで逮捕されるという、MJと同じような「バカげた容疑」の被害にあった方。

◎ピート・タウンゼント(ウィキペディア)

根本敬氏によって、すごく興味はもっているのだけど、まだ何もわかりません。「マイケルと70年代」から、そのあたりに没入したかったのだけど、Bee Gees のことも、まだ全然だし....でも、とにかく「素敵なひと」だと思っていた人と、MJとの繋がりを発見できてよかったかも。




[PR]
by yomodalite | 2012-03-01 12:47 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

Cute Michael Jackson Stories [1]

f0134963_9304070.jpg

Michael's humour のコメント欄で、Meeさんに教えてもらったページにあった「MJのほのぼの話」をちょっぴり... いつものように、ヤバい英語力を最大限駆使した訳なので、お気づきの点は、どうか遠慮なくご指摘くださいませ。

今回、紹介するのは、

MJが、黒人ラッパーたちと幅広く親密な交際をしていたことをご存知の方も多いと思いますが、あの裁判のあと、王族たちと優雅なひとときを過ごしていると思っていた中東の旅でも、こんな会話があったんだ....みたいな内容。

会話の中の一人称「俺」は、G-Unit's のDJ、WHOO KID です。


f0134963_9324169.jpg

◎[動画]G-Unit's DJ WHOO KID loves Alizé!

では、

DJ Whoo Kid on meeting Michael, 23rd March 2006

G-Unit’s DJ Whoo Kid recently spent some time in the Persian Gulf nation Bahrain. He originally connected with Bahrain’s royal family after he was recommended to DJ their parties by mutual contacts, including the Prince of Monaco and Seif Khadafy, son of Libyan dictator Moammar (“They’re huge G-Unit fans,” the DJ said).

G-ユニットのDJ、Whoo Kid は、最近、ペルシャ湾国家バーレーンで時を過ごしました。彼は、バーレーンのロイヤルファミリーと接点を持ち、彼らのパーティーで、DJに推薦された後、モナコ王子や、リビアの独裁者でカダフィの息子(彼らは、G-ユニットのビッグファンだとDJは言っている)にも紹介された。

In Bahrain, he also met Michael Jackson. Whoo Kid recalls the beginning of his day with Bahrain’s royal family and their guests as follows:

また、バーレーンで、彼はマイケル・ジャクソンにも会いました。Whoo Kid は、バーレーンのロイヤルファミリーや、ゲストたちとの一日の始まりを思い出します。

I (saw) Michael Jackson sitting by the pool sippin’ lemonade. They didn’t tell me he was going to be there — I didn’t even expect Michael to be in the country. So I’m like ‘F—ing Michael Jackson is here, sippin’ lemonade!

俺は、マイケル・ジャクソンがプールサイドに腰掛けてレモネードを飲んでいるところを見たんだ。俺は彼がここにいるなんて聞いてなかったし、マイケルがこの国にいることすら予想もしていなかった。そう、あの、マイケル・ジャクソンが、ここに座ってレモネードを飲んでるなんてさ!!!

I said ‘What’s up?’ to him and acted like I wasn’t groupie-sized. I gave him respect for all the sh– he did, but in my head I was going crazy.

俺は「どうだい?」なんて、彼に、ちっちゃい奴に見えないように言ってさ、俺は、彼をとことんリスペクトして過ごしてたんだけど、俺の頭の方はどんどんクレージーになっちゃって。

He said, ‘I’m just chillin’ ‘ — he actually said ‘chillin’!’ F—ed my head up, so I walked away from him. Everybody gave him his respectful space.

彼は「すごく癒された」って、彼はマジでそう言った「癒された」ってね。俺は自分のク☆頭に気をつけて、彼からそっと離れた。誰もが彼には敬意を表して、そっとしておくだろう。

During his trip, Whoo Kid was also invited to dinner with the sheik and his guests. Apparently people were giving Michael Jackson too much space as there was an empty seat next to him, which other guests were evidently too intimidated to fill.

その旅の間、Whoo Kid も、首長やゲストたちと夕食に招待されましたが、見たところ、マイケル・ジャクソンには他の人々より多くのスペースが与えられていて、彼の隣は空席でしたが、他のゲストたちは恐れをなしているようでした。

Finally Michael, who’d laughed at some of Whoo Kid’s jokes earlier in the day, called the DJ over to sit with him:

すると、マイケルは、その日最初に笑った Whoo Kid の冗談が気に入ったので、DJを呼んで、彼を隣に座らせました。

Mike was like, ‘Whoo Kid, come sit over here’. I was like poinng! He was supposed to be there for like 45 minutes; he stayed for five hours.

マイケルは「Whoo Kid、こっちに座わらない?」って感じで、俺は“poinng!”(?)って感じさ。たぶん、彼は45分間ぐらいと考えてたと思うけど、、5時間は居たね。


f0134963_1033534.jpg



f0134963_1041999.jpg
この人も G-Unit のメンバーかな?



We was talking about Eminem. He was like, ‘Is Eminem really retired?’ I forgot that Eminem totally cremated him in one video (‘Lose It’), but (Michael) didn’t even bring it up. Then he started talking about 50.

俺たちはエミネムについて話したんだ。彼は「エミネムは本当に引退したの?」とか... 俺は、エミネムが彼を 「Lose It」のビデオで侮辱したことなんか忘れてたけど、マイケルも全然そんな感じじゃなかった。それから、彼は50Cent(50はラッパーの「50Cent」のことだと思う)について話しはじめた。


f0134963_950497.jpg

◎[動画]◎50 Cent - Keep It Movin New (Official Video)


I gave Michael some music. I’m trying to get him to do a song with 50. It will be like the Jackson Two or something.

俺はマイケルと50セントで組んで一曲やってもらおうと思ってたんだ。(ジャクソン5ならぬ)ジャクソン2(50セントの本名はCurtis James Jackson III)って感じでね。

During the dinner the two also talked about food and fashion

ディナーの最中には、その「ジャクソン2」のこととか、食べ物や、ファッションのことも話してさ。

They had a whole lamb they brought to the table and Mike was eating some weird vegetables. I told Mike, ‘You better get up on some of this lamb.’ I said, ‘Let me get some of this lamb ass.’ The Sheikh was dying (laughing) because I kept saying ‘lamb ass.’

テーブルにはまるごと子羊が乗ってて、マイケルはなんか変な野菜とか食べてたんだけど、俺はマイケルに「あなたも、この子羊を食べた方がいい。そして、俺にもこの子羊のケツを与えてくれ」って言ったんだ。バーレーンの首長は死んでたぜ(笑)俺が何度も「子羊のケツ」だなんて言うから。

You can’t talk to Mike all fluffy like everyone does. I got him to curse — he said ‘sh–.’

そんな風にマイケルに話せないだろう。マイケルには、誰もがみんなふんわりした感じで話すからさ。俺は彼に悪態をついたよ ー 彼も「ク☆っ」 とか言っちゃってー

I told him he needs to cut his a hair, get some million-dollar earrings, get a million-dollar watch and take all them spaceship clothes off.

俺は、彼に言ったんだ。お前は髪を切るべきだし、100万ドルのイヤリングをして、100万ドルの腕時計もして、あの宇宙服みたいなやつとか、全部脱いじゃえよ。って

He said, ‘I have to change my whole outlook.’ He said he was trying to work out.

マイケルは「ぼくは自分の外観を何もかも変えなきゃならないな」って、彼はヤル気だったね

(おしまい)

Source : Cute Michael Jackson Stories


そういえば、、、明らかに私服がカッコ良くなったのは、これ以降だったかも....wそれと、1年後の2007年には「100万ドルの腕時計」もしてた!(笑)


f0134963_10415973.jpg
この写真だけ、2007年の「VOGUE」撮影現場



f0134963_1072163.jpg
MJの右側の人は Tyson Beckford


f0134963_1095942.jpg
John Legend も招待されてたみたい。


f0134963_10113840.jpg
2006年のバーレーンのMJはキュートな表情が多いなぁ....



このバーレーンでのディナーについては、MTVの Tim Kash も語っています。


[PR]
by yomodalite | 2012-02-29 10:21 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(21)

Michael's humour

またまた、Meeさんに有難いお力添えをいただき日本語部分を訂正しました。わたしがワケのわからないことを言ったために悩ませてしまった方、失礼しました!今後とも、yomodaliteの日本語訳にはご注意のうえ、お気づきの点は遠慮なくご指摘くださいませ。


f0134963_19521691.jpg


読書に疲れてきたので...ww

ネットで発見した、あの人の「お笑い」を、ほんの少しだけ....

では、

確実に面白いことを言っていそうな「エイブラム裁判」なんですが、こんなトボケたことを言ってたみたい。

下記は、極一部ですが、会場で「ウケた」もの。。

Civil court case in 2002
They ask Michael questions about where he was and what he did on a particular day 3 years ago. At each question he answers ;” I don't remember”


2002年の法廷で。
彼らは、3年前の特定の日に、マイケルがどこにいて、何をしていたかについて質問し、それらの質問に、マイケルは「すべて覚えていません」と答えました。


Then a man gets annoyed and asks ; “
それで、質問者は、イライラして尋ねました。

Do you remember having memory problems? ”
あなたは、記憶障害にかかったことはありますか?

And Michael goes : “ Not that I recall” The court laughs loud
マイケルは言いました「ないと思います。僕の記憶が正しければね」....法廷内爆笑。


下記は、上記の訳にたどり着くまでに、わたしが悩んだ記録
Meeさん、色々とありがとうございました!!!


(わたしが一番最初に悩んだあげく「採用」した日本語は“ Not that I recall”「僕は思い出せないわけではない」でしたが、でも、それだと今イチなので、どーしよーかなというところから)

それで、わたしが悩んだ点をぐたぐだと説明しますので、MJのキュートな笑いが伝わるために、どうすればいいのか、私と同程度の英語力の方は一緒に悩んでいただいたり、もう少しデキル方は、ご指南いただけるとウレシイです!

まず、

“Not that〜”は、日常会話でよく使われている口語表現で、会話のニュアンスとして(私の思い出せる限りでは)という意味を含んでいるだけで、そういった言い方が似合うキャラの方を別にすれば、会話としては「記憶にはありません」でいいんじゃないかと。

「Not that I know of」→ 私の知る限りでは違います。これは「Not that〜」の類例としてよく出されているけど、日本の英語教育的な説明の仕方であって「Not that〜」が使われている日常会話では「〜だろう」「〜なんじゃない」ぐらいが適当で、特に、MJは、理屈っぽい言い方はしないと思ったんですね。

でも「覚えていません」を繰り返して→「記憶にはありません」では、国会答弁のようで、面白くないですよね。。

そんな風に考えていて、日本語文に迷っているうちに、MJのお笑いに関して「がっつき過ぎ」で、笑いに対して熱くなりすぎるからなんでしょうか。

だんだん、それだと、やっぱり「落ち」としては弱いというか、それで、その場にいた人に「ぷっ」と噴き出すぐらいのパンチがあったかなぁと疑問に思えてきたんですね。

この英文だけだと、状況が今イチ把握できませんが、この裁判は、MJがキャンセルしたツアーの損害に関して、プロモーターが起こしたものなので、MJにとっては分が悪いのですが、とはいえ、アーティストが体調不良で公演が出来ないのも仕方がないことで、また、プロモーターは永年の友人でもありますが、その場合でも裁判で決着をつけるのは、米国では常識なので、そういった諸々の背景があって、この裁判の全体を通して、MJは、ひたすら「ボケている」(わたしが調べた限りでは...)

最初これを読んだときは、

法廷にいる人が、ここまでのMJのトボケた様子を見ていて、彼が、自分自身のキャラを“記憶障害であることを前提にして”(←何度も「覚えていない」だけでなく、他にも色々とトボケてきたから)

「Not that I recall」「(記憶障害であったことさえも)記憶にない」

と言っていることが可笑しいのかなと思って、それを、どう日本語にしようかなぁと思ってたんですけど、、だんだん、わからなくなってきて、、法廷にいた人は、ずっと彼がトボケた姿を見てきたわけだから、さらにトボケても面白くないんじゃないか。。

むしろ、

MJが「覚えてない」って言ってたことを、「(本当は)記憶がないわけがない」と言ったから「おトボケ」が反転して面白かったんじゃないかなと思いだして。。。

それで、「Not that I recall」も、そーゆー意味で捉えられないかなぁと思い出して「迷った」んですね。

えっーーーと、この説明で、わたしの悩みがわかっていただけたでしょうか?
どうか、迷えるyomodaliteに、どなたか、お力添えをお願いします(→コメント欄参照)


f0134963_20311765.jpg

エイブラム裁判の1年前『インヴィンシブル』発売後のサイン会。
MJ史上最高の変顔期だと思うんですが、当時すでに43歳なのに、モテ期じゃない時期はないみたい。

◎Michael Jackson At Virgin Megastore in 2001 (part 1)

Virgin signing moment. He was signing some girl's autograph, and this girl gave him a ring. And Oblivious Michael was all like "thank you" and he put the ring on And the girl was saying SOMETHING to him all while she was screaming and crying, and the whole time MJ was like "What? What? Pardon?" After the girl was gone, he asked someone what was she saying. And someone told him "She asked u to marry her."

ニューヨーク、ヴァージンストア内でのサイン会。彼は、何人かの少女にサインをしていて、そのうちのひとりの少女が、彼に指輪をあげました。彼はそれをよく見ずに、全員に「ありがとう」という感じで、指にはめたので、その少女は、みんなじゃなくて「わたしに何か言って」と泣き叫びました。マイケルはその間、「何?どうしたの?ごめんね」という感じで、彼女が去った後、マイケルは周囲に、彼女が何を言ったのか尋ねると、誰かが「彼女は、彼女と結婚して欲しいとあなたに頼んだんだ」と話しました。

Then MJ was like "Oooooohhhh..." And went on signing autographs as if nothing happened. Some guy said, "Well you DID put on the ring Michael." After he signed this other fan's CD and gave it to him, after he told the fan "thank you" and all that, and he walked away he shouted "Don't forget to come to the wedding!!!"

マイケルは「Oooooohhhh...」と言って、また、何も起こらなかったかのようにサインを続けました。すると、どこかの男が「よぉ、マイケル、イイ指輪をしてるじゃん」と言いました。彼はその後も、他のファンのCDにサインし、そのあと、彼はファンに「みんな、ありがとう」と言って去りながら「忘れないで結婚式に来てねーーー!!!」と叫びました。


Meeさんが紹介してくれた「指輪場面」


http://www.genius.michaeljackson.pl/en/humour.html ←私はここから引用したのですが、上の動画では「わたしと結婚して」って言った女の子が遠くに行ってから、最後に「結婚しよう!」って言ってる??


上の文章と、動画で確認した状況の差は、メディアの嘘報道だけでなく、いろいろ考えさせられますね。今までの「偉人」の場合、名言は伝言で伝わるものだったけど、MJは「史上初めての影像で確認できる偉人」なんだと思う。

そのことで、彼はすごく苦しんだと思うけど、自ら「INVINCIBLE」を確信できたと思うし、将来的に、証明材料も揃えられたよね。

[PR]
by yomodalite | 2011-11-25 20:58 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(17)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite