タグ:��������������������������������������� ( 1321 ) タグの人気記事

f0134963_14523920.jpg


2010年に公開されたセリーヌ・ディオンのドキュメンタリー・フィルム『セリーヌ:スルー・ザ・アイズ・オブ・ザ・ワールド』の絶叫上映を観に、Zepp難波へ。

大阪は朝から大雨で、時間帯によっては靴の中に水が溜まるぐらいの勢いで、山間部では土砂被害警告も出てたけど、上映が始まる時間が近づくにつれて雨足も落ち着き、梅田から乗り換えなしの会場には難なく到着。

実は、セリーヌのことは全然ファンじゃなくて、CDを買ったこともないし、知ってる曲といえば、例のあの曲と、あとは、R・ケリーとデュエットした「I'm Your Angel」と、






あともう一曲、なんか有名な曲があったような気がするけど、曲名とか知らないし・・とか、もうホントそんなレベルだったんだけど、ライブ映像に加えて、プライヴェートも垣間みえるドキュメンタリーを大きなスクリーンで観られて1ドリンク付き3000円なんて、とってもお得な気がして、速攻でポチったんだけど、

実際、正解だったことは始まったとたんにわかりました。

私のイメージの中のセリーヌは、白いロングドレスを着て、ラスベガスのステージでバラードを歌う人だったんだけど、ワールドツアーで、スタジアムの観客の前に立つ彼女は、完全にロックスターの雰囲気で、アラブ世界からアジア各国、人種や民族や宗教や音楽性の違いや性的嗜好もまったく関係なく、すべてを一瞬で乗り越えてしまうぐらいの度量の大きさが、彼女がステージに登場したとたんに伝わって・・・

衝撃でした。

完璧なスタイルにピッタリとしたミニのワンピース、そこから伸びる長い足には常に10センチの細いヒール!

セリーヌが、マドンナと同じぐらい肉体を鍛えているなんて、想像もしてなかったので、むちゃくちゃ高いピンヒールでカッコよく歩くだけでなく、走り回る姿には驚いてしまいました。

ざっくりとした印象では、楽曲は、オリジナルよりもカバー曲が多くて、3時間ほどの上映(同名のDVDは120分だけど)では、2/3がロックで、1/3がバラード。

マネージャーである夫と、ひとり息子を連れて、世界中をライブで飛び回り、ファンサービスにも熱心で、つかの間の休息も夫や息子と過ごして、彼女にはスキャンダルが入り込む隙間など1ミリもないんだけど、こんな生活でこれほどパワフルな活動を続けるモチベーションになるんだろうかと、またもや、マドンナのことを思い出して疑問に思ってしまった。

でも、おそらく、セリーヌの方が音楽の力で生かされていることを自分自身で感じているからなんでしょう。

とにかく、セリーヌが音楽の力を全身で体現できる人だってことがよくわかるドキュメンタリーでした。

(でも、にわかファンに173分は長過ぎたかなぁ・・それと、彼女がMJモノマネをやる場面がなかったのは残念だった。エルヴィスはやってたのに・・)


クイーンの「We will Rock You」と
「The Show Must Go On」は
彼女にとって重要な曲みたい





このフィルムの映像じゃないし
低画質だけど
「足」でセレクト!





予告編(1)




予告編(2)





[PR]
by yomodalite | 2018-06-21 15:30 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)
f0134963_23065064.jpg
(今日の大阪駅)


朝一度揺れた後は、夜までなんともなかったのに、昨晩は、寝ようとしたら3回ほどちっちゃい余震で起こされた。

と、思ったんだけど、ウチって前の道路に大きなトラックが通っただけで揺れたりするし、夢ってことも・・・そんな感じで、だんだんホントに余震だったのかどうか自信もてなくなったんだけど、枚方(大阪北部)に住んでる、信頼できるマイケルファンのビキちゃんからも言質が取れた。よしっ!(なにがww。ちなみに、もっと被害が大きそうな茨木に住むakimさんは寝てて気がつかなかったらしいw)

晴れやかな青空だった昨日から一転して、今日は梅雨空。外を歩いていると、いつもは持ってない人の方が少ない?と思えるほど目立っているキャリーケースを持った人たちが、今日は少ない・・まぁ、震度6なんて情報も見ちゃったら、旅行客は少なくなるよね。

なんて思っていたら、前方から来た、アジアンイングリッシュを話すキラキラしたアイドル系の男の子から、道を聞かれた。

「梅田スカイビル」と日本語でスマホの画面に表示したものを見せてきたので、私はいつもどおり上方を指差し、「That One」と答えたあと、いつも以上ににっこりした。

スカウトされるレベルのキュート系イケメンが、楽しげにそのビルに向かっていくのを見送りつつ、大勢いる中から私を選んで聞いてきたーーーとアゲアゲな気分で、大阪駅に到着。


f0134963_23124837.jpg


いつもはチャリ派なんだけど、今日は雨降ってるし、テレビを見てたら、帰宅難民ぐらい経験しておかないと、心配してくれる他所の人に話すネタないし・・(このバチ当たりがっ)

環状線という、東京の山手線みたいな電車で「鶴橋」まで。

焼肉で全国的にも有名な場所なんだけど、昭和のどさくさで、違法建築の上に違法建築が乗っかってるような古ーーーい建物が多いので、震度6弱でどっか壊れてるところがあるに違いない。


f0134963_23252365.jpg


と思ってたんだけど、そんな気配はどこにもなくて、いつもどおり、あちこちで「おねえさん」「おねえさん」と声をかけられて、たくさんのめずらしいキムチ(ごぼうとかトマトのがお気に入り)を試食しまくって、買わずに帰るワタシw

だって、この日の目的はコリアンタウンじゃなくて、駅から10分ほど歩いた場所だったんだもん。

でもって、日本勝ったーーーーーー!!!!!

全国で激震?


[PR]
by yomodalite | 2018-06-19 23:14 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

大阪で震度6弱!

f0134963_21454955.jpg
(今日じゃない日の道頓堀)


急な大揺れに襲われたときは、梅田の細長いビルの8階にいました。

揺れがおさまって、エレベーターを見ると停止ボタンが点灯していて、8階でよかったぁーーと思いながら、そこから徒歩で15分の自宅(築60年の木造の借家)にいるダーリンに電話してみたら、

「べランダの植木鉢が2個ぐらい割れたけど、部屋の中は大した被害はない」とのこと。

自宅がある「大阪市北区」は震度5弱の地域の最初に書かれていとこともあって、状況を把握するために、最寄駅でもある大阪駅周辺を散策しながら帰宅。

311のときの築地・銀座周辺では、道に割れたガラスが落ちていたり、木が倒れていたりして、明らかにいつもの風景ではなかったんだけど、大阪駅(梅田)周辺は、駅ビルが臨時休業していて(ヨドバシカメラは営業してた!)、電車が止まって乗れない人が、あちこちで腰を下ろしてスマホを眺めている光景も、なんだかポケモンスポットに集まる人々の風景とそれほど変わらない感じ。

お昼過ぎに用事で、再び大阪駅(梅田)周辺に行ってみたときも、相変わらず、駅に足止めされている人は多かったんだけど、今日辛いのは紫外線ぐらい?と思えるほど、晴れ晴れとしたお天気で。

揺れたのが、朝たった一度で、時間も短かったせいもあって、311のときの東京の震度5弱よりもずっと軽く感じられたんだけど、割れた植木鉢を片付けて、お洗濯を済ませて、テレビをつけてみたら、家の近所とはまったくちがう被害状況がいっぱい映し出されていて驚いた。

大阪市北区は震度6弱???って感じだったけど、大阪府北部(高槻、茨木・・)に住んでる友だちは、お片づけが大変だというLINEも。

なんだか辛くなってきたので、録画してあったブラジル×スイス戦に切替え、あちこちから心配してくれる声に返信しながら、ソファに座ってぼんやりしていただけなのに、妙に疲れてきて、

そういえば、主婦っていつでも「昼寝付き」を行使できるんだった、ということを思い出し、急いで低温調理器に牛モモブロックをセットして、ベッドに飛び込もうとしたとたん、家電話が鳴った。ダーリンの実家からだった。

ふたりとも元気だとか、311のときの揺れの方が全然凄かったという報告を長々としていたら、ニュースでは、何人もの帰宅困難者の様子が映し出されているのに、ダーリンがいつもどおり徒歩10分の会社から帰ってきて、「朝、隣人(70代)と話したら、今まで経験したことがない大きな揺れだったって。阪神淡路大地震は、大阪市内はたいしたことなかったんだね・・・会社から「カンパン」支給されたんだけど、最近のカンパンって昔よりずっと美味しいね。とか。

f0134963_22103067.jpg
(オレンジピールがサンドされてるみたい)


夕食時にもテレビをつけてみたら、全国放送でも「大阪で震度6弱」がずっと固定されていて、生活情報は、震源地で見てもあんまり意味がない、ほとんど同じ内容を繰り返してて、ただ全国中に不安を撒き散らしているだけみたい。

一度揺れたっきり、ずっと静かなんだけど、次の本番に備えて溜め込んでるなんてことがありませんように!余震には十分気をつけなきゃ、という以外ないよねぇ・・。

明日に備えて、今日は早く寝よっと。


阪神淡路のときの「パペポTV」




[PR]
by yomodalite | 2018-06-18 22:13 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)
f0134963_17364278.jpg

(さらに動画リンクを追加)
羽生君効果なのか
今年のアイスショーは例年以上に盛り上がっているようで
プル様が名作「ニジンスキー」を
何度も魅せてくれただけで感激してたのに
息子のサーシャ君(5歳)のお披露目が
「MJメドレー」だなんて・・


こういう伝説が続いて「HIStory」になっていくのね・・。


☆追加写真

f0134963_20420790.jpg





限定ブログの読者のみなさまへ

迅速に返信、またご入金をいただき
本当にありがとうございました。
大変長くお待たせしましたが、
本日「続き」をアップしました!


[PR]
by yomodalite | 2018-06-16 18:25 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0134963_21334066.jpeg



インヴィンシブルのジャケット、カレン・フェイが以前「ゴールドのイメージで撮影したのに・・」って言ってたものが流出。

こんな感じだったのね・・

インヴィンシブルのジャケットについては色々思うことが多くて、

https://nikkidoku.exblog.jp/16013037/

この当時も、ゴールドにメイクされたマイケルの顔をあれこれ想像してたんだけど、

https://nikkidoku.exblog.jp/17415726/
https://nikkidoku.exblog.jp/17423538/

予想以上に素敵だったことに安心したり、当時探せなかったアルバート・ワトソンの話を、こちらのとてもとても素敵なブロガーの方が追記でまとめてくださっていて、

http://zare.blog.shinobi.jp/Entry/4572/

・アルバムジャケの写真の決定にマイケルがしっかり関わっていた
・ゴールドではない仕上がりを選んだのもマイケル

という点については、一応当たってたことで一安心し、また低画質ながらも実物の写真でみると、この「ゴールド」を選択したのも、最終的に今のデザインになったのも、(以前書いたように)やっぱり「肌の色なんか関係ない」という主張に、アーティストとして出した答えで、

あのジャケットのコンセプトが「黒人でも白人でもない顔」だった、ということが、私の中ではますますはっきりした感じ。

インスパイアされた少年たちも(白人だと思うけど)白い肌ではなく、どんな肌の色でも金色に輝ける、ってところが、マイケルが特にインスパイアされた点で、そこから実際のジャケットは「カラーレス」ということに落ち着き、さらに様々な肌の色という意味もこめて「4色展開」のスペシャルジャケットという最終案に落ち着いたんじゃないか、ということで納得!

そんなわけで、久しぶりにオマー君のサイトをのぞいたら、トーニャ・ハーディングのことを調べたときに知った素敵な番組「Dancing with the Stars」にオマー君が登場した動画を発見!





カッコいいぃいいーーーーーー!!!!

オマー君、ツイッターのプロフィール欄に「Figure skating is highly underrated」なんて書いてるし、最近フィギュアの振り付けって、ダンサーに頼むことも多くなってきてるから、オマー君も振付に参加してくれるといいなぁ、なんて思っちゃいました。

そうそう、そういえば、今年のファンタジー・オン・アイスに登場したステファン・ランビエールの衣装がビリジンぽくて・・・





曲はマイケルじゃなくて、ジェームス・モリソンの「Slave to the music」なんだけど、モリソンがMJにインスパイアされたからなんだって。




[PR]
by yomodalite | 2018-06-06 22:02 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(12)
f0134963_22202834.jpg


是枝監督の映画を観るのは『誰も知らない』、『そして父になる』に続いて3作目。今回はカンヌのパルムドール受賞したこともあって、大阪の先行上映でもかなりの人が入っていました。

2010年代のパルムドール受賞作品では、2016年の『私はダニエル・ブレイク』、
2017年の『ザ・スクエア 思いやりの聖域』を観ましたが、

今回の是枝作品も含めて、これら3作品には共通点がある。

『私はダニエル』と『ザ・スクエア』は舞台設定はかなり異なるものの、生活保護を求めるダニエル・ブレイクも、キュレーターのクリスティアンも、格差社会の中で助け合おうとする話。

あらすじで見ると、

イギリス北東部で大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められ、国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれ、貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていく…。

『ダニエル・ブレイク』と『万引き家族』は特に近い点があるのだけど、ケン・ローチ監督がダニエルをある種のヒーローとして、正義を描いているのとは逆に、是枝監督が描いた「家族」は、誰もが悪人で、正しさはどこにもなく、そこには「やさしさ」しかない。

私には是枝作品の方がすべてにおいてずっと素晴らしい作品に感じられた。

お兄ちゃん役の城桧吏は、『誰も知らない』で、長男を演じ、カンヌで史上最年少の最優秀主演男優賞を受賞したた柳楽優弥と同じぐらい素晴らしいのだけど、この「家族」は全員が素晴らしすぎて、誰か1人だけ選ぶことなんて出来なかった。それで監督が代表して、トロフィーを受け取ることになったんだと思う。

たったひとつだけ不満があるとすれば、もっともっと彼らを見ていたかったこと。

エンディングロールで、すごく美しい音楽(細野晴臣)が流れて、これで終わってしまうことがとても寂しかった。

DVD化の際は、未公開シーンも一杯追加して欲しいけど、もっと長く観たいので連続ドラマ化してくれても・・とも思った。

最後に登場する、高良健吾と池脇千鶴は損な役回りだけど、ほんの一瞬だけ登場するキャストにも、ハッとするほど素晴らしい存在感がありました。

血縁家族の素晴らしさをあまり知らない人には特に・・・


[PR]
by yomodalite | 2018-06-04 22:28 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_00175730.jpg


「この正方形の中では、誰もが平等で助け合うのが決まりです」

現代美術館のキュレーターであるクリスティアンは、次の展覧会で「ザ・スクエア」という地面に正方形を描いた作品を展示すると発表する。それは人々に思いやりの心を思い出してもらうための聖域・・・

という予告編を見て、絶対に見に行かなきゃとは思ったものの、作品の好き嫌いも完成度もそんなには期待してなくて、


f0134963_00103129.jpg


上映前に入ったトイレにあった広告で、移民の状況をユーモアと皮肉をこめて描いて楽しめただなんて・・坂本龍一のようなリベラルがよくそんなことが言えるなぁとか、その程度のユーモアなのかな、とさらに期待値が下がってしまったのだけど、

冒頭からゾワゾワとした緊張が緩むことなく、最後まで予想のつかない展開にドキドキして、151分もあったことが信じられないぐらい完成度の高い作品でした!

『アベンジャーズ・インフィニティウォー』、『アイ、トーニャ』に続く5月の3本目の映画だったんだけど、今年の上半期のベストは確実かも!(教授以外では、町山氏のコメントが的外れなのは、ある意味予想通りw)


[PR]
by yomodalite | 2018-05-20 23:30 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

アイ、トーニャは必見!

f0134963_10093732.jpg


映画館で、初めてこの予告編をみたときは驚いた。
トーニャ・ハーディングという名前を今思い出すことになるなんて・・・

1994年、私は今と同じようにフィギュアスケートを見るのが好きだったけど、そんな私の前に現れた初めての「悪役」がハーディング。彼女がスケート界を追われた後プロレスラーになった、というニュースを聞いたときも、多くの悪役レスラーのように「ヒールを演じている」なんて思わなかった。

ライバルだったケリガンを襲撃し、リレハンメルの氷上では、審査員席に足を乗せ、靴紐の不備を訴えた・・彼女の記憶はそれがすべてで、思い出したくないものばかりだったのに・・・

トーニャの生い立ちが描かれていくうちに、少女時代の彼女に感情移入せずにはいられなくなり、成長した彼女がZ Zトップ(!)の音楽で滑り出すと、応援せずにはいられなくなる。

ゴシップ誌「ハード・コピー」の記者は言う。「この事件には、バカしか登場しない」。

トーニャの周囲は、「ホワイト・トラッシュ」と揶揄されるような人ばかり。

オバマやヒラリー、そしてハリウッドが悲惨さを目にしながら、まったく手を差し伸べることなく、ただただ蔑んできた人々・・・

ケリガン事件も彼らが勝手にひきおこしたものだったのに、メディアはトーニャを悪役にキャスティングし、常にナンシーと対比させることを選んだ。

20年以上経った2017年にトーニャが映画になった理由のひとつには、トランプ大統領誕生の影響もあったと思う。

私を嫌う人は皆こういう、「トーニャ、真実を話せ」って。でも、真実って何?

予告編の冒頭とは違い、実際の映画では最終章の場面で、トーニャがそう問いかけるとき、当時のことを覚えている人なら、きっと胸に重く響くでしょう。

人は自分の信じたいこととは違うものを「フェイクニュース」と呼び、自分がしている差別だけは正当な理由があると思い込む。

裁判は、何ももたなかった彼女から、唯一の希望だったスケートさえ奪ってしまう。

理不尽な結末を少しだけ和らげるかのように、エンディングロールでは、現在トーニャが母になり子供を育てていることに誇りをもっていることが伝えられるのだけど、

もう少しだけ明るい気分で観たいひとは、映画館に行く前にこの動画を見て!

Dancing with the Stars 2018
アダム・リッポンや長洲未来と共に
レジェンドスケーターとして出演!




今の彼女に拍手を送りたくなる…




スケートを猛特訓し、プロデューサーも務めた主演のマーゴット・ロビーと、鬼母を演じて助演女優賞を総なめしたアリソン・ジェネイ、ふたりの気合の入った演技も絶品です!





[PR]
by yomodalite | 2018-05-10 10:47 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(4)

日向夏と命日

f0134963_15560921.jpg


三日前のお昼に行った割烹店。

京都や東京の割烹のイメージはとにかく高級和食というイメージだったんだけど、カウンターで作る工程を客に見せて出来立てのお料理を出すスタイルというのは大阪が発祥で、



f0134963_16015571.jpg



板前さんと客の距離が近いのは、料理を早く客に出すだけじゃなく、いつも笑顔で会話もこなして、とか、全部サービス精神から来てたみたい。



f0134963_16021267.jpg



この日のランチは野菜が上手に調理されてるメニューが多くて、コース終了後もお腹いっぱいになりすぎないところも満足だったのだけど、




f0134963_16030231.jpg



特に美味しかったのが、お造りに添えられていた「日向夏」。

ワタの部分まで食べられるので、絞るのではなく、お造りとお造りの間にお召し上がりください。って説明されたんだけど、本当に厚く剥いたワタのところが爽やかで美味しくてびっくり!







お料理の中で、一番印象に残ったのが剥いて切っただけの「日向夏」っていうのもなんなんだけど、バースデーランチの記憶に柑橘類の香気が添えられて良かった。



f0134963_16245728.jpg


ところで、命日って誕生日とは正反対だよね。


私は家族のそれさえ覚えてなかったりする方なんだけど、プリンスの場合は、私のバースデーの翌日だったこともあって、忘れられなくなった。


今年、4月なのに雪が降ったとき、プリンスの仕業かと思ったけど、(ここで、Sometimes It Snows in April の動画貼りたかったんだけど、いいのがなかった…)


このあともずっと私の誕生日の翌日、イギーポップの誕生日と同時にプリンスの命日がやってくるんだなぁと思っていたら、アヴィーチーの詳報が・・・彼は私の誕生日当日に旅立ったみたい。


来年から、この日は日向夏を食す日にしようかな。


で、食べながら、彼らの曲以外にこんな曲も聴いたりして・・。





[PR]
by yomodalite | 2018-04-23 17:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_12020995.jpg


去年91歳で亡くなったハリー・ディーン・スタントンの遺作。
・・・とだけ知っていて見に行ったのだけど、ハリーが演じている主人公のラッキーは90歳。アメリカ南西部の街に住み、第二次世界大戦に出征した経験があり、ちょっぴり偏屈だけど、愛されていて・・と、実際のハリーがモデルになっている、という以上に、ハリーの人生すべてに捧げられたオマージュ作品。

『ファーゴ』や『グラン・トリノ』に出演していた名バイプレーヤー、ジョン・キャロル・リンチが監督として、ハリーの最後を記録し、実際の友人で自身の作品に何度も起用しているデヴィッド・リンチも友人役で出演していて、ふつうの人々であるラッキーの周囲の会話には、ちょっぴり哲学的な部分も。

無神論者で現実主義者だというラッキーと彼らの会話には「ナッシング」がいっぱい出てくるのだけど、韻を踏んだセリフになっていたせいか、私はときどき、ヒップホップの歌詞や、ケンドリック・ラマーのことも頭に浮かべてしまった(前日にピュリツァー賞のニュースを見たからかな)。

そんなのは私だけかもしれないけど、でもニューヨークやカリフォルニアではなく、アメリカ南西部の多様性がこの映画のテーマにあることも確かで、ヒップホップだけでなく、ライムもフロウもリリックも、ブルースにだってある、という映画でもあったと思う。

2012年のドキュメンタリーでは、ハリーが歌うサントラも発売されたけど、この映画でも、彼がスペイン語の歌を披露するシーンがある。

偏屈で老いたカウボーイの視線の先に見えていた、パリ、テキサス、そして沖縄やフィリピンといったアジアも、スペインも、都会の言葉とはちがうものだったみたい。



[PR]
by yomodalite | 2018-04-19 12:07 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite