最近のお出かけ(2)

f0134963_17250113.jpg



この日の自転車散歩は、
京町堀周辺へ



f0134963_17172746.jpg



リーズナブルなイタリアンでランチ



f0134963_17183998.jpg


http://blog.livedoor.jp/santalucia97/




f0134963_17203295.jpg



ランチ後に散策してたら、
いつもはいっぱい並んでるお店が、
この日はすんなり入れたので
デザートも



f0134963_17205532.jpg


ゴルゴンゾーラのチーズケーキ(上)と
洋梨と塩キャラメルのタルト
(ひとりで2つ食べたんじゃないってば)





f0134963_17240278.jpg



ソビノワの両隣もスイーツのお店だし
スパイスカレーや
ラーメンの行列店も多いので
周辺にたくさんある
ギャラリーに逃げ込むw
というのを何度か繰り返して
家に戻る



f0134963_17255154.jpg



こちらは
帰り道で
心惹かれた看板




f0134963_17123638.jpg

https://www.munekawa.jp



そして、今日の諸々を
一旦チャラにしてくれそうな
エレクトロミュージック!





[PR]
by yomodalite | 2018-10-30 07:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

最近のお出かけ(1)

f0134963_16042276.jpg


うめきたから、なんばまで、
秋は自転車で行くのが気持ちイイ!



f0134963_16053546.jpg



川辺テラスがめずらしくない水都大阪では
特にリバーサイド推しをしてない感じの店で
おしゃれ過ぎないメニューをセレクト




f0134963_16062001.jpg

特製ハラミ重980円
「肉割烹はざま」




f0134963_16070599.jpg



猫と会話して
心斎橋のショップをハシゴした後は
なんばパークスへ。




f0134963_16084388.jpg




f0134963_16091728.jpg



「屋上庭園」



f0134963_16100245.jpg




f0134963_16102447.jpg




f0134963_16101532.jpg



なにげに入った
4階のお店で・・・



f0134963_16130131.jpg


はいっ「ひょっこりはん」w
って、予想外の場所でいきなり現れないでーー
(なんばパークス「Harvest Village」)




f0134963_16453745.jpg




帰り道
日が短くなってきたのは
寂しいけど



f0134963_16475491.jpg



寒さを感じないで
夜景が楽しめるのはいいよね!



f0134963_16483847.jpg









♪ドゥユーリメンバーーー
隊長の歌と違って
予想通りの展開ww



[PR]
by yomodalite | 2018-10-29 17:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(5)

『愛と法』

f0134963_01020773.jpg



ゲイカップルの弁護士ふたりを主役にしたドキュメンタリ。

でも、性的マイノリティがテーマじゃない。

人生の伴侶に出会い、周囲に祝福されて結婚式を挙げたふたりは、とても穏やかで幸せそうにみえるけど、ふたりの家族はカミングアウトをすんなり受け入れたわけでもなく、

無戸籍児童、ろくでなし子裁判、君が代不起立裁判・・・ふたりの元に舞い込む依頼は、たしかにマイノリティに関わることばかりだけど、マイノリティを「選別」をする政治的な意図や、イデオロギーでもなくて、

この映画は、そーゆードキュメンタリとも違う。

日本の法律の言葉は、専門家にしかわからないものが多いけど、不可解な判決や、無慈悲な判決が出るのは、裁判官の「感覚」次第ということも。

でも、「法」の可能性を信じているふたりが話す言葉は、論理的でも、戦闘的でもなく、常に「やさしさ」に包まれていて、ふたりは裁判を争う以外に、施設がなくなって居場所を失った少年の養親になったりもするんだけど、

そんな「マジョリティ」とはまったく違うふたりの生活が、淡々と穏やかで「ノーマル」に描かれていて、不思議と「ほのぼの」とした仕上がりになっているのは、ふたりが大阪で弁護士事務所を共同経営していて、監督も大阪在住・・だからかな。


[PR]
by yomodalite | 2018-10-12 01:08 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_23065064.jpg
(今日の大阪駅)


朝一度揺れた後は、夜までなんともなかったのに、昨晩は、寝ようとしたら3回ほどちっちゃい余震で起こされた。

と、思ったんだけど、ウチって前の道路に大きなトラックが通っただけで揺れたりするし、夢ってことも・・・そんな感じで、だんだんホントに余震だったのかどうか自信もてなくなったんだけど、枚方(大阪北部)に住んでる、信頼できるマイケルファンのビキちゃんからも言質が取れた。よしっ!(なにがww。ちなみに、もっと被害が大きそうな茨木に住むakimさんは寝てて気がつかなかったらしいw)

晴れやかな青空だった昨日から一転して、今日は梅雨空。外を歩いていると、いつもは持ってない人の方が少ない?と思えるほど目立っているキャリーケースを持った人たちが、今日は少ない・・まぁ、震度6なんて情報も見ちゃったら、旅行客は少なくなるよね。

なんて思っていたら、前方から来た、アジアンイングリッシュを話すキラキラしたアイドル系の男の子から、道を聞かれた。

「梅田スカイビル」と日本語でスマホの画面に表示したものを見せてきたので、私はいつもどおり上方を指差し、「That One」と答えたあと、いつも以上ににっこりした。

スカウトされるレベルのキュート系イケメンが、楽しげにそのビルに向かっていくのを見送りつつ、大勢いる中から私を選んで聞いてきたーーーとアゲアゲな気分で、大阪駅に到着。


f0134963_23124837.jpg


いつもはチャリ派なんだけど、今日は雨降ってるし、テレビを見てたら、帰宅難民ぐらい経験しておかないと、心配してくれる他所の人に話すネタないし・・(このバチ当たりがっ)

環状線という、東京の山手線みたいな電車で「鶴橋」まで。

焼肉で全国的にも有名な場所なんだけど、昭和のどさくさで、違法建築の上に違法建築が乗っかってるような古ーーーい建物が多いので、震度6弱でどっか壊れてるところがあるに違いない。


f0134963_23252365.jpg


と思ってたんだけど、そんな気配はどこにもなくて、いつもどおり、あちこちで「おねえさん」「おねえさん」と声をかけられて、たくさんのめずらしいキムチ(ごぼうとかトマトのがお気に入り)を試食しまくって、買わずに帰るワタシw

だって、この日の目的はコリアンタウンじゃなくて、駅から10分ほど歩いた場所だったんだもん。

でもって、日本勝ったーーーーーー!!!!!

全国で激震?


[PR]
by yomodalite | 2018-06-19 23:14 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

大阪で震度6弱!

f0134963_21454955.jpg
(今日じゃない日の道頓堀)


急な大揺れに襲われたときは、梅田の細長いビルの8階にいました。

揺れがおさまって、エレベーターを見ると停止ボタンが点灯していて、8階でよかったぁーーと思いながら、そこから徒歩で15分の自宅(築60年の木造の借家)にいるダーリンに電話してみたら、

「べランダの植木鉢が2個ぐらい割れたけど、部屋の中は大した被害はない」とのこと。

自宅がある「大阪市北区」は震度6弱の地域の最初に書かれていて、状況を把握するためにも、最寄駅である大阪駅周辺を散策しながら帰宅。

311のときの築地・銀座周辺では、道に割れたガラスが落ちていたり、木が倒れていたりして、明らかにいつもの風景ではなかったんだけど、大阪駅(梅田)周辺は、駅ビルが臨時休業していて(ヨドバシカメラは営業してた!)、電車が止まって乗れない人が、あちこちで腰を下ろしてスマホを眺めている光景も、なんだかポケモンスポットに集まる人々の風景とそれほど変わらなくて・・・

お昼過ぎに用事で、再び大阪駅(梅田)周辺に行ってみたときも、相変わらず、駅に足止めされている人は多かったんだけど、今日辛いのは紫外線ぐらい?と思えるほど、晴れ晴れとしたお天気。

揺れたのが、朝たった一度で、時間も短かったせいもあって、311のときの東京の震度5弱よりもずっと軽く感じられたんだけど、割れた植木鉢を片付けて、お洗濯を済ませて、テレビをつけてみたら、家の近所とはまったくちがう被害状況がいっぱい映し出されていて驚いた。

大阪市北区は震度6弱???って感じだったけど、大阪府北部(高槻、茨木・・)に住んでる友だちは、お片づけが大変だというLINEも。

なんだか辛くなってきたので、録画してあったブラジル×スイス戦に切替え、あちこちから心配してくれる声に返信しながら、ソファに座ってぼんやりしていただけなのに、妙に疲れてきて、

そういえば、主婦っていつでも「昼寝付き」を行使できるんだった、ということを思い出し、急いで低温調理器に牛モモブロックをセットして、ベッドに飛び込もうとしたとたん、家電話が鳴った。ダーリンの実家からだった。

ふたりとも元気だとか、311のときの揺れの方が全然凄かったという報告を長々としていたら、ニュースでは、何人もの帰宅困難者の様子が映し出されているのに、ダーリンがいつもどおり徒歩10分の会社から帰ってきて、「朝、隣人(70代)と話したら、今まで経験したことがない大きな揺れだったって。阪神淡路大地震は、大阪市内はたいしたことなかったんだね・・・会社から「カンパン」支給されたんだけど、最近のカンパンって昔よりずっと美味しいね。とか。

f0134963_22103067.jpg
(オレンジピールがサンドされてるみたい)


夕食時にもテレビをつけてみたら、全国放送でも「大阪で震度6弱」がずっと固定されていて、生活情報は、震源地で見てもあんまり意味がない、ほとんど同じ内容を繰り返してて、ただ全国中に不安を撒き散らしているだけみたい。

一度揺れたっきり、ずっと静かなんだけど、次の本番に備えて溜め込んでるなんてことがありませんように!余震には十分気をつけなきゃ、という以外ないよねぇ・・。

明日に備えて、今日は早く寝よっと。


阪神淡路のときの「パペポTV」




[PR]
by yomodalite | 2018-06-18 22:13 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

Merry Christmas!!

f0134963_00355110.jpg




年々クリスマスを楽しむ余裕がなくなっている私なんですが・・・



f0134963_00372225.jpg





f0134963_00380650.jpg




f0134963_00384940.jpg





f0134963_00391817.jpg





f0134963_00401187.jpg




f0134963_00405578.jpg



以上、グランフロント大阪のイブの夜の風景でした。



お仕事ばっかりだったという人にも
良さげな癒し系のクリスマスソング






これは、ちょっぴり哀しい曲だけど・・・
(→ 歌詞和訳)







[PR]
by yomodalite | 2017-12-25 01:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_22340101.jpg


先週の金曜、ダーリンが「明日の4時、なんか予定ある?」と聞くので、「その時間は、ジムに予約入れてる」って答えたら、「◯◯子(私の名前)が行けるって」と電話に向こうの相手に答えてて・・・

そんなこんなで、取引相手に買わされたチケットに困っていたダーリンの友人(おっさん)と、急遽OSK日本歌劇団(→ Wikipedia)の『ドラキュラ』を見に行くことに。

大阪には、宝塚以外にもOSKという女性だけの歌劇団があるものの、現在は存続の危機にあるというようなことを、ローカルニュースで見たことがあったんだけど、宝塚ファンの友人に熱心に誘われて見に行ったときも、途中で寝てしまったような私が、なんでまた・・と前日からブツブツ文句を言っていたんだけど、

会場に行ってみると、私たちの席は前から4番目のど真ん中という素晴らしい席で、こんな良い席で寝ちゃったらどうしようという不安は、舞台が始まると徐々に消えていき、ダンスだけでなく、みなさん想像以上に歌が上手なことに感動し(特に「恋羽みう」さん)、中でも、主役のドラキュラを演じた「悠浦あやと」さんの魅力には驚いた。


f0134963_22404196.jpg


あえて宝塚歌劇団を避けて、運営の不安定なOSKに入る逸材なんているわけがない。と思っていたんだけど(反省)、悠浦さんは、幼少期にOSK公演を見て以来憧れつづけ、ついに夢を叶えられたとのこと。


f0134963_22410210.jpg


そんな純粋で真っ直ぐな思いを抱く人だから、本当に瞳の中にいくつもの星がきらめいているような「スター」になれるんだなぁと、妙に納得したり、

◎八尾市ホームページ「記念対談~OSK日本歌劇団 悠浦あやとさん」

今年経験した京都の禅寺修行に、現役のタカラジェンヌも来ていて、彼女から聞いた凄まじいまでの寮生活にちょっぴり疑問を持ってしまっていたんだけど、寮生活のないOSKだからこそ、ゆうらさんの純粋さが失われなかったのかな、なんてことも思ったり・・。








[PR]
by yomodalite | 2017-11-28 07:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)
f0134963_21094854.jpg



『ギミー・デンジャー』に続いて、ジム・ジャームッシュ監督の映画。
前作の『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』は、監督の趣味と美学に付いていくのが面倒くさくなった映画だったので、今作にもまったく注目していなかったのだけど、その日ダーリンは急に飲み会だと言うし、このところ妙に雨降りばかりだけど、その日も朝からずっーと降り続いていた日の夜、ふと、この映画のポスターが目に留まって・・・。



f0134963_21205672.jpg


パターソンは、アボット&コステロのルー・コステロが今でも街一番の有名人という、ニュージャージー州にある街。そこに住む、街と同じ名前のバス運転手のパターソンは、心に芽生える詩をノートに書きためていて、部屋もファッションもすべてを白と黒に染めあげようとする、キュートなアラブ系の妻ローラと暮らしている。



f0134963_21215290.jpg


登場人物が、詩やアートを愛する人物というのは、ジャームッシュの映画にはよくありがちなことだけど、パターソンとローラには、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』の2人のヴァンパイアのような選ばれし民感や、スノビッシュなところが全然なく、すごく普通なところに好感がもてた。


f0134963_21370238.jpg


パターソンが、仕事場の近くで出会った少女が読んだ詩に、「雨」が登場して、ああ、やっぱり今日観に行くのにぴったりな映画だったんだ、と思ったり、

最後に登場する日本の詩人が、「どこに帰るの?東京?」と聞かれて、「大阪」だと答える場面で、ジャームッシュわかってるなぁって思ったり・・・。


スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by yomodalite | 2017-10-24 00:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)
f0134963_16084609.jpg



最近、東京での勤務地がうちの近所だった方と知り合いになり、彼女がおしゃれカフェの特集本を見て、行ってみたかったというお店を制覇することに。

川辺の店は必ずテラスを設置せよ、という大阪市の素晴らしい行政指導により、北浜には素敵なお店がいっぱいあるのだけど、中でも飛び抜けて人気が高いお店の前に10:50に到着。行列に並ぶなんてめったにしないんだけど、前回、彼女とのデートで遅刻をしたおわびから、今回は気合を入れてみたのだ。


f0134963_16110327.jpg



すでにお店の前には、何人かの人が集まっていたけど、ランチスタートの11:30まで待ちきれないと諦めた人も大勢いて、なんだかんだ、私が一番先頭でイスに座って待っていると、11時を過ぎた頃に、店の人から「番号札」を渡された(もっと前に渡してくれてもいいのでは?)



f0134963_16122731.jpg



当日は風も強く肌寒い日だったので、あとから到着した彼女と相談のうえ、席はテラス前の店内にして、メニューは日替わりのランチプレートをチョイス。

大阪に来てまだ3ヶ月という彼女と、

・大阪は人がやさしい
・大阪では電車に乗るときホームで並ばないなんて、ウソ。
・関西人は、大阪人を含めて大阪のダメな話をするのが好き過ぎるので、「ネタ」か、近隣県の競争意識かのどちらかだと思って、あんまり信用しない方がいい。

などなどで共感し、東京では、千葉でも、埼玉でも、神奈川でも、みんな東京で暮らしていると思っているけど、関西では住んでる地域に対して感覚が細かくて面白い、という話で盛り上がる。



f0134963_16100668.jpg

彼女は満足そうだったけど、私はこの店のランチは、川の眺望も店内も味も北浜テラスの中では最低レベルと判定。


「東京でみんなが疲れている感覚が、大阪には全然ないよね」
ワタシ「大阪は、外国人はすごく多いけど、グローバリズムは来日してないんだよねw」

「若い子の、熟年世代への嫌悪感があんまりないし、言葉遣いもそんなに違わない・・」
ワタシ「東京は、常に新たにやってくる若い世代を教育して、次の社会を作り上げようとしているから、世代間のギャップや、嫌悪感が生まれちゃうんだけど、大阪では世代間のズレが少なくて、伝承されてるものが多いよね・・」

ワタシ「大阪は怖いって、みんなよく言うから、好奇心でいろんな地域に行ってみたんだけど、どこも《ほっこり》するようなとこばっかり。大体、大阪って街中で警察官を見かけることがすごく少ないし、みんな、職務質問されたことなんてないんだって。私が、新宿を平日昼間にスーツ以外で歩いたことがある男子で、一度も職務質問されたことがない人の方が少ないって言ったら驚かれたんだけど、そういえば、東京では引っ越しすると、必ずどこかから情報を聞きつけて、警察官に訪問されたけど(都合のいい時間をお知らせくださいみたいなチラシが郵便受けに入っているとか)、大阪では転勤してから4年も経っているのに訪問もチラシもないし、繁華街に近い場所に住んでるのに、警察官を見かけることがすごく少ない。そんな場所が危ないワケがないんだよねww」なんて会話に共感してもらったり・・・

ワタシ「大阪人は、大阪が一番だって思っている人が多いと思ってたのに、むしろ、東京の方が優れていて、大阪は遅れているって思っている人の方が多くて、それと、関西の人ってうか、主に神戸の人は、都会っていうのは、小綺麗でおしゃれなところだって思ってて、大阪は汚いところがあるから都会じゃないみたいに思ってるの。それで、神戸と東京は近いと思ってる人も多いんだけど・・・全然似てないよね?」
「似てない、似てない、全然ちがう(笑)どっちかと言えば、まだ大阪の方が近いよね。

「東京からのお客さんて、たいてい道頓堀とか行きたがるんだよね・・」
ワタシ「確かに。できればこのあたりに連れて来たいよね。大阪駅から近いし、昼も夜もキレイだし・・・ただ、地元の人は、ミナミの方は汚いとか、特にキタの人はミナミの悪口をいうのが生き甲斐みたいな人も多いんだけどw、実際に今勢いがあるのは、ミナミの方なんだよね。私も最初の物件選びのときから、ミナミに住みたかったんだけど、最近ますます、そう思う・・・



f0134963_16180299.jpg

ランチのあと、同じ川沿いにあるカフェ「MOUNT」へ
ここは食べ物メニューはわからないけど、景色のいいテラスでカフェしたい、
という目的だったらかなりの高得点



f0134963_16243269.jpg


帰宅後、彼女からのLINE・・・「○○さん(ワタシの名前)の声って、坂上みきに似てるよね?」

坂上みき???
どんな人だったか調べてみると・・・



(かかし役は、DA PUMPのISSAだったんだ・・・)


えっーー似てるかなぁーーー????
まったく似てないような気がするものの、次回のデート用に「おはようございます!坂上みきです」を何度か練習するワタシww

とにかく、坂上みきのつもりになって紹介する今日の一曲目は、世界中のメディアで「ポスト・アリーヤ」として一躍大きな注目を集めたケレラ(Kelela)の待望のデビュー・アルバム『Take Me Apart』から、「LMK」




[PR]
by yomodalite | 2017-10-10 17:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_23331508.jpg



こちらは、南船場のランドマークとも言われる、オーガニックビル。
これまでなぜかチャンスに恵まれなかったのだけど、今回は休日ランチで行ったカフェの近くだったことでようやく撮影に成功。



f0134963_23355719.jpg


わたしが、大阪いいなぁ、と思う理由のひとつは、素敵な建築が多いことなんだけど、このビルも強烈なインパクトを与えながら、周囲から浮くこともなく、地域を底上げするパワーが落ちていないところが素敵!



f0134963_23391597.jpg



f0134963_23592009.jpg

(エレベーターホール)
奥のオレンジの2つの物体は
意外と座り心地のいい椅子



f0134963_00002155.jpg



f0134963_00003698.jpg



f0134963_00020660.jpg



何度か目にしていたビルだったんだけど、

今日初めて、イタリアのデザイナー、ガエタノ・ペッシェ(Gaetano Pesce)という人のデザインだったこととか、
フロントを入ったところにあった説明で、

「あらゆる生命体は、一つ一つの異なる細胞が有機的に結びつき、互いが合理的に作用しあい、成長し、そして進化しています。この生命の完成された構造とシステムを取り入れたのが、有機生命体ビル・・・ORGANIC-BUILなのです。ビルの外壁には、様々な大きさのパネルと132個のポット(植木鉢)を付け、その鉢の中には、世界各国から集められた50種余りの植木が植えてあります。これは「垂直の庭園」(古代メソポタミア文明の7大建築の一つバーチカルガーデン ”縦庭” )として都市の中に自然を創ろうとしたものです。小倉屋山本の企業理念の中の一つに[自然と健康]があり、[緑と建築と人間が共存する]というビルコンセプトにも合致したことにより、1993年に誕生しました」

という、ビルコンセプトを知り、

数年前に行っていた美容室で、やたらと「オーガニック」のヘアカラーを薦められたせいで(カラーリング剤がオーガニックだからって、髪や頭皮の健康にはなんの関係もないじゃんw)、オーガニックという言葉が嫌いになってた私も、このビルのネーミングには好感を持ち、

居住者が窓から植物に水をやっているんじゃなくて、建築当初からコンピューターで自動的に水やりができるシステムになっていることとか、

また、ビルオーナーは「小倉屋山本」という昆布屋さん(このビル内に本社がある)ということにも、なんだか感激したりしたんだけど、
でも、古代メソポタミア文明のバーチカルガーデンって何のこと?って思ったんですが、コメントで判明。「バビロンの空中庭園」のことだったんですね!(みっちさん、ありがとうございました!)

[PR]
by yomodalite | 2017-08-14 00:07 | 日常と写真 | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite