羽生結弦とチョコレート

f0134963_10224476.jpg


今年のバレンタインフェアの中で、
ビジュアル面で一番惹かれたのが、CHAPONのこちら。
でも、同じ味のチョコをこんなに食べられない・・・



f0134963_10251592.jpg


という理由で一旦パスしたんだけど、
なんだかんだ後ろ髪を引かれて3個入りを買う。


f0134963_10262757.jpg


五つ星ホテルなどで提供されている以外は、
会員への受注販売専門でハリウッドスター御用達と言われる「YVAN」
一般販売はめずらしいため、
連日行列で、毎日1〜2時間ほどで完売。
マイケル・ジャクソンもお気に入りだったっていう
宣伝文句には惹かれたものの、
チョコの良し悪しを判断する能力だけは彼に負ける気がしないしw
美味しいものに目がくらまない体質でないと、
米国でセレブになるのは無理!
という抜きがたい偏見とか、
チョコに限らず行列している店が美味しかった
という経験もないので・・パス!


f0134963_12001149.jpg


そんなこんなで今日いただいたのは
鎌倉「ca ca o」の生チョコ “ゆず”


f0134963_12025545.jpg

昨年も買っているショコラティエだし、
バレンタイン時期の特別感もさほどないんだけど、
ゆずとパッションが外せなくて、
リピート買い。


で、、そんなチョコをいただきながら読んだのは、
2010年のジュニア選手権から、
2017年の世界選手権やエキシビジョンまで、
羽生選手の名プログラムが
年代別に解説されているだけでも胸熱なんですが、

80年代からフィギュアに夢中だという高山真さんは、
フィギュアの丁寧な用語解説から、
ジャンプ以外のスケーティングの様々な要素に注目し、
表現力や芸術性への考察を交えつつ、

すべてのスケーターへの愛にあふれている。

愛する選手への愛から、
ライバル批判も目に付いてしまうファン界隈ですが、
高山真さんの本では、
現在や歴代の選手たちひとりひとりを
鮮やかに思い出させてくれて、

明日(16日)のSPに登場する、
すべての選手への期待が高まります!



HOTな食べ物教えて!

[PR]
# by yomodalite | 2018-02-15 12:14 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite