人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0134963_01132065.jpg



マイケルは、P.T.バーナムの戦略と基本原理を学び、彼について書かれた本をフランク・ディレオや、ジョン・ブランカに渡して、

これは僕のバイブルになるから持っていて。僕は自分のキャリア全部を “地球上でもっとも偉大なショー” にしたいんだ」

と言っていましたが、

そんなバーナムを主人公にしたミュージカルが『グレイテスト・ショーマン』

予告編の「グレイテスト・ショーへようこそ」と言うポーズ、
そしてマイケルが言っていたことにちかいセリフがたくさん登場します。

「誰も見たことがない、まったく新しいショー」
「空想の中では何にでもなれる」
「目を開けて夢を見よう」・・・

楽曲そのものの良さ、その音楽が挿入されるタイミングの素晴らしさ、そして動きの速さではなく、止めたときに美しさが際立つダンス!

映画館の暗闇の中で、それはキラキラと光り輝き、

私はミュージカルを見てはじめて号泣して、目が腫れました。

と言っても、それ以前に号泣した映画と言えば、演劇版でも見ていた「笑いの大学」で、私の涙腺ツボは、自分でも謎のなので、いわゆる泣ける映画とは違うと思う。

「僕が創りたいのは、今まで誰も見たことがない映画」

とマイケルが言ったとき、それがどんな映画なのか、当時はまるで想像がつかなかったけど、

ミュージカルの長い歴史の中でも、これまで1本の映画の中でひとつか、ふたついい曲があればいい方で、セリフを歌にする意味も感じられず、歌いたくなるような曲でもない音楽が、鈍いタイミングで使われることも多くて、

すべての場面で、映像と音楽が必然と言えるほど結びつくというのは本当に画期的なことだったのだ。

『グレイテスト・ショーマン』では、『ラ・ラ・ランド』よりも遥かにそれが出来ていて、映画の中で密度の濃い時間を経験し、主題歌の「THIS IS ME」のわかりやすいメッセージに浸ることもできる。

でも、暗闇の中で、ただその姿を見ているだけで楽しかった『THIS IS IT』は、私になにかを教えてくれたけど、それがなんなのかは未だによくわからないし、あの日映画館を出たあと、ずっと涙が止まらなかったっていうのと、私がこの映画で「号泣」したというのはまったく違う。

でも、これがマイケルの素晴らしい生徒たちによって創られているのは確実で、ブロードウェイで何度でも上演される舞台のように、何度も観たくなる人も大勢いるはず。

私ももう一度観たいと思う。

そして、そのときエンディングの言葉を否定できなかったら、またもう一度見るかもしれない。

主演の3人がTV出演。
オルテガの『ハイスクール・ミュージカル』で
一躍有名になったザック・エフロンは、
マイケル・ジャクソンのことを聞かれて・・・




by yomodalite | 2018-02-23 01:30 | 映画・マンガ・TV | Comments(15)

羽生結弦とチョコレート

f0134963_10224476.jpg


今年のバレンタインフェアの中で、
ビジュアル面で一番惹かれたのが、CHAPONのこちら。
でも、同じ味のチョコをこんなに食べられない・・・



f0134963_10251592.jpg


という理由で一旦パスしたんだけど、
なんだかんだ後ろ髪を引かれて3個入りを買う。


f0134963_10262757.jpg


五つ星ホテルなどで提供されている以外は、
会員への受注販売専門でハリウッドスター御用達と言われる「YVAN」
一般販売はめずらしいため、
連日行列で、毎日1〜2時間ほどで完売。
マイケル・ジャクソンもお気に入りだったっていう
宣伝文句には惹かれたものの、
チョコの良し悪しを判断する能力だけは彼に負ける気がしないしw
美味しいものに目がくらまない体質でないと、
米国でセレブになるのは無理!
という抜きがたい偏見とか、
チョコに限らず行列している店が美味しかった
という経験もないので・・パス!


f0134963_12001149.jpg


そんなこんなで今日いただいたのは
鎌倉「ca ca o」の生チョコ “ゆず”


f0134963_12025545.jpg

昨年も買っているショコラティエだし、
バレンタイン時期の特別感もさほどないんだけど、
ゆずとパッションが外せなくて、
リピート買い。


で、、そんなチョコをいただきながら読んだのは、
2010年のジュニア選手権から、
2017年の世界選手権やエキシビジョンまで、
羽生選手の名プログラムが
年代別に解説されているだけでも胸熱なんですが、

80年代からフィギュアに夢中だという高山真さんは、
フィギュアの丁寧な用語解説から、
ジャンプ以外のスケーティングの様々な要素に注目し、
表現力や芸術性への考察を交えつつ、

すべてのスケーターへの愛にあふれている。

愛する選手への愛から、
ライバル批判も目に付いてしまうファン界隈ですが、
高山真さんの本では、
現在や歴代の選手たちひとりひとりを
鮮やかに思い出させてくれて、

明日(16日)のSPに登場する、
すべての選手への期待が高まります!



HOTな食べ物教えて!

by yomodalite | 2018-02-15 12:14 | 日常と写真 | Comments(0)
f0134963_22583240.jpg



毎年、ほぼ自分のために買っているバレンタインチョコだけど、
今年は、私よりもずっーと先輩の殿方お二人に差し上げるチョコを選ぼうと、
いつもとは物色の仕方もちょっぴり違って・・・



f0134963_23224391.jpg



たくさん試食して色々考えた結果、
今年のバレンタイン会場には出店してないけど、
去年一番のお気に入りだった京都牟尼庵のことが思い出されて、

それで、オンラインショップでまだ買ったことのなかった、
フロマージュ・ムニアンと、カカオキュートと、
カカオ亭重 1段を注文。



f0134963_23011412.jpg


小麦粉無使用で、クリームチーズとホワイトチョコのバランスがなんとも言えない、チョコともケーキとも違う、ねっとりとした食感が素敵!


f0134963_23235520.jpg



チョコレートとマシュマロを溶かし合わせた、
生チョコよりちょっぴり軽い食感がたまらない!
f0134963_23090819.jpg

今回注文したのは、一段カカオだけど、
近々、全種類制覇すると思うw
もう全部リピート買いしたくなるほど美味しくて迷ったけど、
贈り物は、お二人の個性に合わせて、
カトル・セゾンと四季酒房のトリュフにしました!


f0134963_23263199.jpg



f0134963_23264702.jpg
自分用に買ったチョコについては、
また次回!




HOTな食べ物教えて!



by yomodalite | 2018-02-14 00:00 | 日常と写真 | Comments(0)
f0134963_13595912.jpg

古典って実際に読んでみると、紹介されていた「あらすじ」や、映画や演劇になっているものとは、まったく印象が違っている、なんてことがよくありますよね。

『ノートル=ダム・ド・パリ』もリメイク作がとても多い古典ではあるものの、原作はとても読みにくいことでも知られていて、実は私も最後まで読んだことがない作品だったのですが、

鹿島茂氏の解説で「100分 de 名著」に登場!

下記は、期待どおりだった第1回のメモです。
(第二回は、本日午後10時25分~10時50分/Eテレ)
ノートル=ダム・ド・パリは、誰も作者がいない集団建築によって作られた大聖堂。
物語は15世紀のパリを舞台に、宿命によって翻弄される人間たちの愛や嫉妬をめくる悲劇である。

鹿島茂)フランス革命で廃墟になった大聖堂を、ユゴーは、人類の進化の過程であると考えた。ここから本当の進化が始まる。神よりも個人が大切だという近代が始まると。

伊集院光)神が作ったものと、個人が作ったもの、というのは、この作品を読み解く上で重要なポイントですね。

鹿島茂)そこには大きなる断絶があるわけです。ユゴーは断絶を結びつけることを考えた。
この作品にはリメイク作が多く存在するが、作品ごとにまるで内容が違う。リメイク性の多さが特徴ともいえるが、それはユゴーの特殊性でもある。ユゴーは、「無数の人の声が聞こえる霊媒みたいな人」であり、「民族の古層と結びついている」。この作品は、それゆえ神話的小説になり得た。

[ユゴーについて]

ユゴーは、異なる考え方をもつ両親に育てられた。共和党支持者で、性欲旺盛で愛人の元に去ることになる父親、王統派で厳格で禁欲を押し付ける母、反発し合う両極端な両親の元、ユゴーは光と闇、美と醜など、相反する要素が共存するのが、人間であると考えるようになる。

当時のフランスの歴史は、混乱を極め、ナポレオンが失脚し、王政が復興、その後再び人民が立ち上がり、七月革命が勃発。ユゴーは七月革命が起こる直前に、ノートル=ダム・ド・パリの執筆を開始する。

正反対な両親と、政治の大転換が作品に大きな影響を与える。この作品は、矛盾を抱えたユゴーの魂の叫びでもあった。


f0134963_14035540.jpg


[作品の序文]

ーー この物語の作者がノートルダム大聖堂を訪れたとき、作者は、塔の暗い片隅の壁に、次のような言葉が刻みつけられているのを見つけたのである。


f0134963_12435793.png

私はいぶかった、解き当ててみようと努めた、この古い聖堂の額(ひたい)に、罪悪か不幸かを表すこのような烙印を残さずにはこの世を去っていけなかったほどの苦しみを味わったのは、いったいどんな人間だったのだろうか、と。ーー

鹿島茂)共和派と王党派。ユゴーはどちらを支持するでもなく、矛盾を抱えたままでいいと居直った。そうでないとやっていけられないと思うほど、それは強烈な矛盾だった。

作者のいない大聖堂の中に刻まれた「宿命」という言葉は、個人の自己表現である。しかし、宿命という言葉には、個人の欲望を抑制して集団が優先される社会や、個人の欲望を引っ込めざるを得ないことを強いられることも… 集団と個人のあつれきの中でドラマが生まれる、それこそが宿命。

外側の世界と価値が逆転する、奇跡御殿。偉かった人が、ダメな人間になり、ダメな人間が急に偉くなったり…

伊集院光)ユーゴーは価値観は混在する。絶対的なものは信じていない…

鹿島茂)ユーゴーは、健常な世界があれば、逆転世界があるのが正常な人間の世界であると考えた。

伊集院光)それがリメイク作品への対応の高さにも繋がっていて、子供向けのいい話として抽出することもできる…

(番組からのメモ終了)



最近のアーティストや、識者の発言を見ていると、誰もが自分が信じている一方の立場で語っていて、それを支持しないのは、彼らが理解していないからで、理解さえすれば、その正しさはおのずと明らかなので、いち早く変革することが、正しいだなんて考える人ばかり・・・

偉大なものとは、芸術でも、思想でも、無数の人の声を聞き、古層とも、未来とも繋がっているものなのに。

そして、私の人生の中で出会えた、そんなアーティストは、マイケル・ジャクソンしかいない!

by yomodalite | 2018-02-12 14:08 | 文学 | Comments(0)

『デトロイト』

f0134963_23504535.jpg


[追記修正あり]1967年に起きた、アメリカ史上最大とも言われる暴動<デトロイト暴動>。そこで起きた“戦慄の一夜”を、女性初のアカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグローが描いた秀作。

今、この時期に50年も前に起きた暴動事件を取り上げる監督の意図は明らかでしょう。つまり、これと同じことが、未だに起きている、ということ。

そして、実話を元にしていることで、ストーリー展開が想像できたにも関わらず、142分という長さを一瞬も気を抜けないほど緊密な映像でまとめ上げたビグロー監督の手腕もスゴい。

でも・・・

冒頭で、この暴動が、黒人たちの権力や社会に対する不満が爆発したことで勃発したことが、イラストで説明されるが、黒人たちは同じ街に住む、白人、アジア人、そして同胞であるはずの黒人の店さえも無分別に襲い、あちこちで放火がおき、多くの略奪が横行し、街全体が破壊されていった。

ウィル・ポールターが見事に演じた、人種差別主義者の白人警察官のクラウスは、無法地帯に陥った街で、商品を略奪した黒人を発見し、追跡の中で射殺してしまう。略奪者を見逃せば、さらに破壊が繰り返される、という理由で。

銃をもたない人間を背後から撃ったクラウスを、上司は厳しく叱責するが、彼の自分は正しいことをしているという意識は変わることなく、黒人への制裁意識は、その後におきた狙撃事件によって、一層エスカレートしていく。

観客は、クラウスがモーテルの客の中から狙撃犯を探すための行動に、怒りを抑えられないし、狙撃とは無関係の人間を殺してしまうクラウスの中にある「黒人差別」や、「白人至上主義」を憎まずにはいられず、司法による「正義」が行われることを心の底から望むが、現実は、それとはまったく逆方向へと進んで行き、裁判では、白人警官の罪は裁かれず、黒人への人種差別の溝の深さだけが浮き彫りになる。

なぜ、同じ悲劇が繰り返されるのか?
なぜ、人種差別はなくならないのか?

アメリカが、何度も何度も繰り返し問うてきたこの問いに、ビグロー監督はこれまでと同じ答えを、これまで以上に素晴らしい映像で表現した、とは思う。

しかし、白人警官の罪が裁かれなかったのは、本当に「黒人差別」だけなのだろうか?

裁判で証言した黒人たちの “前科” は、彼らが常に警察官に疑われているという「不公平」を表しているようにしか見えないが、

暴動により、日々真面目に築き上げてきた店や、住む家が破壊され、商品や蓄えてきたお金を奪われた人々の怒りや哀しみは?

そして、現状への不満を、自分が住むコミュニティにむけ、大勢の無実の人々を恐怖に陥れ、自分本位の行動から、破壊と略奪を繰り返した黒人の罪は?

ビグロー監督は、クラウスに童顔の役者をキャスティングすることで、差別主義者が無知であることを強調し、

モーテルの一夜では、暴動行為とは無関係の善良な黒人と、彼らに行為的な白人女性を何時間も拷問したうえに、殺人まで引き起こしたことで、無実の黒人と、無知の白人至上主義者という構図を際立たせたが、この映画には、街を無法地帯に追い込んだ黒人たちの姿はまったく描かれていない。

それで、彼女は真実を描き、「声なき声」を聞いたといえるのだろうか?

ウィル・スミスが、「これから何度でも繰り返し観たい最高の映画」と評した『ジュピターズ・ムーン』とは違って、この映画では、善と悪が明確に表現されている。



アメリカン・アーティストには、「人種差別」という型通りの見方や、正義を乗り越える努力こそが必要なのでは?と、私には思えてならないけど、この道を進み続けることが、アメリカに科せられた「宿命」なのかも。

☆どの俳優の演技も忘れられないほど印象深いのは確か!
予告編を見るなら、海外版予告(日本語字幕)が一番かな。

by yomodalite | 2018-02-09 00:00 | 映画・マンガ・TV | Comments(0)

寒いっーーー!!!

f0134963_22510378.jpg



寒いときに「寒い」だなんて言ってもどうにもならないけど、毎日毎日、ホント寒いよねーーー。

全国各地で過去最高レベルの寒波に襲われているみたいだけど、今住んでいる大阪では雪も寒さも例年並み。


でも、どこかよりは暖かいからいいだなんて思えないし、雪も風もたいしたことなくたって、もう十分寒いし、これ以上の寒さに耐えるなんて絶対に無理っ!


そんなことを思いつつ、外を歩いていた私は、なんとなく自分ではわりと出来てると思ってる「あること」についても思いを巡らせていて、


誰かにほめられたわけでもないのに、勝手に心の中で謙遜して、まだまだ私なんて…なーんて思ってみたり、機会があったら、誰かにその極意を親切に教えてあげよう、とまで想像していたんだけど・・


その2時間あまりあと、その「あること」が、全然評価されてないどころか、むしろ不満に思われてたことが判明して・・



f0134963_22470375.jpg


怒られたわけでもなく、プライドを傷つけないような優しい配慮も添えられていたので、特に落ち込んだりはしなかったけど、さっきまで、にやにやしていた自分を思い出すと、もう身体の芯まで冷え切って、


大声で「寒いーーーーっ!」って叫びたくなった。


これほど、一切加工する必要のない「正直」な感覚も久しぶりかもしれない。



自分では、人より正直だと思っていても、正直に話そうとすると、時間がかかって苦労することが多いような気がする。そーゆーのは、全然正直とは言えないのかな。でも、


「自分の内心にある正直の一番似つかわしい部分を取り出したり、社会的に最も似つかわしい姿にフォルムチェンジさせたりする」


・・・ような加工って大事だし、時間もかかるよね。


世界の中心にいるかのように、天を仰ぎながら、心の底から「寒いっーーー!」と叫ぶ私は、イメージの中では、真っ白な雪景色の中にいて、ちょっと前に寒い気分になったときの感覚とはそぐわないような気もしてきたけと、


「あること」に自信を持っていたのも、イメージの中にいた自分で、それが雪景色に埋もれていっただけだし、正直な感情も多面的だから。



f0134963_22494262.jpg



「正直の社会化をハイレベルにやってのけ、それを精密機械部品のように加工し、しかも社会関係のなかで適切なかたちに積み上げられるような勝組に・・」ていうか、

もっと美女に生まれてたらなぁ。


あーーー、明日も明後日も寒いみたい。


by yomodalite | 2018-02-07 00:00 | 日常と写真 | Comments(5)
f0134963_11093233.jpg



宙に浮く少年の存在が世界を変えるというような予告編には、興味をそそられなかったのだけど、ハンガリーの映画で、この少年がシリア難民ということを知り見に行ってみたら・・・大正解でした。

『ジュピターズ・ムーン』というタイトルからは、SF的なものを想像しがちですが、この映画はSFエンターテイメントではなく、まさに今の世界を描いた映画で、その言葉の意味については冒頭でこんな説明があります。

木星には67の衛星があると言われ、ガリレオ・ガリレイによって発見されたヨーロッパの語源と同じ綴りで表される衛星「EUROPA(エウロパ)」は、地表が厚い氷に覆われ、固い表層の下には塩水が流れ、生命体が存在する可能性も示唆されており、人類や生命体の「新たな命の揺りかご」となり得るという声もある。

ハンガリーの俊英、コーネル・ムンドルッツォ監督は、難民が押し寄せるヨーロッパを、この「エウロパ」として表現し、世界の物語として観てもらうことに意義があるとして「ジュピターズ・ムーン」と名付けているんですね。

ハンガリーについては、「ヒストリーティーザー」が舞台にしていたことから興味をもつようになったのですが(ブログ内検索で「ハンガリー」を入力。もしくは、タグの「ヒストリー・ティーザー」見てみてね)

正義と苦悩、そして神や天使といった概念、カトリックからプロテスタント、帝国文化から社会主義へと、ヨーロッパの中でも繁栄と没落を経験し、繰り返し体制が変換したハンガリーを舞台にすることで、監督は正しい側にいたいと望む人々のどちら側にも立つことなく、世界の今を描いていて、この宙を舞う少年が、天使ではなく、世界を変える力もない・・・という物語にしたところが素晴らしい。

カンヌ映画祭で、ウィル・スミスが、「これから何度でも繰り返し観たい最高の映画」と絶賛したのも、正義に毒されたハリウッドの今後にほんの小さな希望の光を見た気分。

前作『ホワイトゴッド・少女と犬の狂詩曲』も見てみなきゃ。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

by yomodalite | 2018-02-01 11:19 | 映画・マンガ・TV | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite