カテゴリ:マイケルジャクソン資料( 69 )

f0134963_19254825.jpg


ラトーヤの、本日のTweet (2011.2.6)より

ファミリーのことは、全員好きだけど、やっぱり、彼女が一番好き。。。

ラトーヤの写真は、こちらの記事から

日本語は、英語が苦手なyomodaliteのテキトー訳なので、充分にご注意くださいませ。Been in very productive meetings all day! I'm very excited about my new ventures, can't wait to announce them to the world!

一日中すごく生産的なミーティングをしてました。わたしは、わたし自身の新しいベンチャーにすごく興奮していて、それを世界に発表するのが待ちきれない!

I'm finally doing all the things I've wanted to do since I was a teenage. I'm soooo happy!

最終的に、私は10代の頃にしたいと思ったすべてのことをしていて、すごく幸せです!!!

Back at home with my Prince, he's so cute, he just sits at the door and waits for me whenever I'm gone. He deserves a treat!

我が家では、プリンス(ラトーヤのわんこ)が、私がいないとき、いつも、ドアのところで、すごく可愛く、わたしを待っていてくれてる。彼にご馳走をあげなきゃ。
f0134963_19271839.jpg
I got him a new yam wrapped with chicken treat that he loves!

私は彼が大好きな山芋とチキンのご馳走をあげました!

(もしかしたら、ラトーヤが料理したものかもしれないけど、こんな感じのドッグフードかも。。)
f0134963_19275957.jpg
Please remember, whatever cards life has dealt you and no matter how bad you may feel your situation is, it's NEVER 2 late 2 "Start Over."

どうか忘れないで。あなたが酷い状況に巻き込まれていて、最悪な状態であっても「やり直す」には、決して遅くないということ。

☆2002年に創った、彼女の最新アルバム“Startin Over” から
◎Free The World - La Toya Jackson 
◎Just Wanna Dance - LaToya Jackson
◎Home - La Toya Jackson(Michael Tribute 2009)
◎“Startin Over” Teaser

Don't take life for granted, live every moment as if it's your first and last. Appreciation of Gods creation is key!

人生に当然なんてことない。すべての瞬間が、あなたにとって最初で最後かもしれない。神に感謝することは重要よ。

Appreciate the people you love and tell them how much you love them whenever you can because they're not always going to be around.

愛している人々に感謝して、そして、彼らがいつも周囲にいてくれるわけではないから、あなたが愛してるって言えるときは、いつでも、彼らにどれくらい愛しているか言って欲しい。

As I sit here and stare at photos of Michael and I, I just cry but I think God 4 the 50 years he gave me with the most AMAZING human being!

こうして座って、わたしとマイケルの写真を見ていると、ただただ泣いてしまう。。でも神様から、この50年間に、マイケルがわたしに与えてくれた信じられないほど素晴らしい人間性を、わたしは考えるの。

For the MJ fans, those of you who miss him as much as I do, do what I do to keep a smile on your face.

わたしと同じように、彼がいないことを寂しく思っているMJファンのために、わたしは、みんなが笑顔でいられることをします。

Michael and I would always watch Fred Astaire & Ginger Rogers movies and he would just smile and get so happy.

マイケルと私は、いつもフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの映画を見て、彼は、ただ微笑んで、とても幸福になっていた。

So what I do when I get sad is put those movies in and watch them and it makes me so happy. Not to mention the Three Stooges.

だから、わたしは悲しくなるとき、それらの映画から感じたり見たりして、幸福になる。スリー・ストゥージズのことも、言うまでもないよね。

He would always watch those classic movies with me when I was sick or feeling down. I love you all! Until tomorrow, good nite!

彼は、わたしと一緒に、気分が落込んだり、体調がわるかったりしたときは、いつも、そういった古典的な映画を観ていました。
みんな、愛してます!また、あしたね。GOOD NIGHT♡


☆たまには、ジャーメイン兄がメインの曲♡
◎Jackson 5 - I am LOVE

☆昨日発見したホッとするニュース
◎R.ケリー、次作は再び「エロ路線」に回帰!





[PR]
by yomodalite | 2011-02-06 19:46 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(4)
f0134963_23314589.jpg


MJのクラシック・アルバム(うっとり!!)というだけでなく「THIS IS IT」リハーサルの間、ダンサーや、ツアーメンバー以外にも、彼がすごく元気で、創造的であったということを証言した内容になっています。

http://www.baltimoresun.com/bs-mtblog-2009-07-more_details_on_instrumental_a-story.html

☆JULY 10, 2009

More details on instrumental album Michael Jackson started before his death, and his love of classical music
マイケル・ジャクソンが旅立つ前に始まっていたインストゥルメンタル・アルバムと、彼のクラシック音楽に対する愛

TV and film composer and conductor David Michael Frank may have been one of the last persons to collaborate with Michael Jackson on an artistic project.

テレビや映画の作曲家で指揮者でもある、David Michael Frankは、マイケル・ジャクソンと芸術的なプロジェクトに関わった、最後のひとりであったかもしれません。

The pop singer’s untimely death left that project in an uncertain state. Initial reports suggested that Jackson planned to do an album of “classical music” he had written; the pieces were to be orchestrated by Frank.

ポップシンガーの突然の死により、そのプロジェクトは不確実な状態にあります。初期のレポートでは、ジャクソンは、彼が作曲した「クラシック音楽」のアルバムを計画していたとされていて、それらの曲は、フランク氏によって調整されていました。

Actually, Frank says, the pieces were closer to film music and would have gone into an all-instrumental album had Jackson lived. The Baltimore-born Frank, interviewed by phone in California, gives an account here of his experience with the King of Pop:

フランク氏は言います。それらの曲は、彼が生きていたら、映画音楽か、インストゥルメント・アルバムになっていたでしょう。ボルチモア生まれのフランク氏は、カリフォルニアでの電話インタヴューで、キング・オブ・ポップとの経験を説明します。

Four or five months ago, I received a call from Michael Jackson’s longtime personal recording engineer, Michael Prince, who told me Michael was looking for someone to arrange some music for orchestra.

4、5ヵ月前に、マイケル・ジャクソンの長年の個人的な録音技術者であるマイケル・プリンスから、オーケストラのために音楽を編曲する人間を探していると言って、私は呼び出しを受けました。

I thought it was going to be for the tour he was going to do. For the next month or two, he would call, saying, ‘Michael Jackson says he’s going to call you.’

私は、彼が予定していたツアーのためであると思いました。 1、2ヵ月後に、彼は電話で「マイケル・ジャクソンが、あなたに電話をするでしょう」と言ってきました。

At the end of April, another Michael, Michael Jackson’s personal assistant, called me and asked me to come the next day at 10 a.m. and asked me the make and model of my car. I drove to the Holmby Hills home. I drove up to the front door, and was met by an assistant who told me to go inside.

4月の終わりに、別のマイケル(マイケル・ジャクソンの個人秘書)から、私は車のメーカーとモデルを聞かれ、翌日の午前10時に来るように言われ、“Holmby Hills”の家の正面玄関まで運転して行って、秘書から中に入るように言われました。


f0134963_9163198.jpg

これが“Holmby Hills”!!!......だと思ったんだけど、、


f0134963_918057.jpg

こんな写真もあって


f0134963_9184061.jpg

こっちかな??


f0134963_9314545.jpg

エントランス?


I was met there by a woman dressed like a housekeeper, but with a white turban on her head. She said, ‘Michael Jackson will be with you shortly.’ About two minutes later, he came down the stairs.

私はそこで、家政婦のような服を着て、白いターバンを巻いた女性に「マイケル・ジャクソンにすぐ会えますよ」と言われました。およそ2分後に、彼は階段を降りて来ました。


f0134963_933984.jpg

きっと、この階段から、MJが降りてきたぁーーー!


I was reluctant to shake his hand because I had heard that he was concerned about germs, but he immediately stuck his hand out and gave me a very firm handshake. He was very skinny, but not the least bit frail. He was wearing a suit and a hat. He was going to rehearsal later for the tour.

わたしは、彼が細菌に関して心配していたと聞いていたので、握手するのは気が重かったのですが、彼はすぐに手を出して、とても堅い握手をしてくれました。彼は非常に痩せていましたが、決して脆い感じではなく、スーツを着て帽子をかぶっていて、この後ツアーのリハーサルに行く予定でした。

He said, ‘You look familiar.’ I told him a long time ago I worked on a TV tribute to Sammy Davis, Jr. at Shrine Auditorium [that he had participated in]. I told him I had met him briefly there.’ He said, ‘I never forget a face.’

彼は「あなたのことを知ってるような気がする」と言いました。昔、シュライン・オーディトリアムでの、サミー・デイヴィスJrのトリヴュート番組で働いていたことを告げ(彼は参加していましたから)、そこで少しだけ彼に会ったことがあると言うと、彼は「僕は人の顔は決して忘れないんだ」と言いました。

He told me, ‘I have three projects going on simultaneously.’ One was the tour that the whole world knew about. The other two I believe no one knew about. One was to be an album of pop songs. Then he said, ‘The other one is that I want to record an album of classical music’ — what he called classical music.

彼は「私に、同時進行中のつのプロジェクトがある」と言いました。1つは全世界に知られていたツアー、あとの2つは誰も知らなかったと私は思いますが、ひとつはポップアルバム。そしてもうひとつは「クラシック・アルバム」。彼がクラシック・ミュージックと呼ぶものとは.....

He said he listened to ...
classical music all the time; it was his absolute favorite.

彼は常にクラシック・ミュージックを聴いていて、長年それが大好きでした。

I was impressed with the pieces he mentioned: Aaron Copland's Rodeo, Fanfare for the Common Man and Lincoln Portrait; Leonard Bernstein’s West Side Story.

私は彼が言及した曲に感動しました。アーロン・コープランドの『ロデオ』、『市民のためのファンファーレ』、『リンカーンの肖像』 、そしてレナード・バーンスタインの『ウエスト・サイド物語』。

◎Aaron Copland - Hoedown From“Rodeo”

◎Aaron Copland - "Fanfare for the Common Man"

◎Aaron Copland - “Lincoln Portrait”

I mentioned Bernstein's On the Waterfront. Then Michael mentioned that he loved Elmer Bernstein's film music, too, and he specifically mentioned To Kill a Mockingbird.

私はレナード・バーンスタインの「波止場」(On The Waterfront)について話し、それから、マイケルは、エルマー・バーンスタインの映画音楽も好きだったと言い、特に「アラバマ物語 」(To Kill a Mockingbird)について語りました。

☆MJと縁が深いマーロン・ブランドの主演映画「波止場」
◎Symphonic Suite "On The Waterfront"/ Leonard Bernstein(Soundtrack)

☆こちらもMJと縁が深いグレゴリー・ペックの主演映画「アラバマ物語 」
◎Elmer Bernstein - Theme from "To Kill a Mockingbird"

I realized that almost all the classical pieces he mentioned are childlike, very simple and pretty, like Prokofiev’s Peter and the Wolf and Tchaikovsky’s Nutcracker Suite. He also mentioned Debussy several times, specifically Arabesque

プロコフィエフの「ピーターと狼」やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」や、ドヴュッシーのアラベスクのことも何度か言及し、わたしは、それらすべてが、シンプルで、子供っぽく、また古典的な美しい音楽であることに気づきました。

☆これは、デヴィッド・ボウイのナレーション入り。有名な主題は2:00ぐらいから
◎Peter & the Wolf 1 - Narrated by David Bowie

☆MJは『くるみ割り人形』の組曲すべてが完璧で、自分のアルバムの完成度のお手本のように思ってたんだよね!
◎The Nutcracker - Waltz of the Flowers

◎The Nutcracker - Snowflakes  

◎The Nutcracker - Dance of the Mirlitons

[No. 1] and Clair de lune. He was very soft-spoken when were talking about music, but when he got animated about something, he was very changed.

ドヴュッシーの「月の光」。彼は非常にソフトな口調でしたが、その音楽について語るとき何かに突き動かされているように活気づいていました。

☆関連記事。クラシックが好き発言は何度もしてますが「くるみ割人形」と「月の光」(牧神の午後やアラベスクも)は毎回挙げていますね。
◎マイケルの好きだった音楽(1)

When he mentioned how he loved Elmer Bernstein, and I said I liked the Magnificent Seven score, Michael started singing the theme very loudly, almost screaming it.

彼が、エルマー・バーンスタインをどれほど愛しているかを語っていたとき、私が『荒野の七人』が好きだと言ったので、マイケルは、まるで叫んでいるかと思うぐらい大声でそのテーマを歌い始めました。

☆この曲をボイパで歌うMJ....(もう心臓止まりそう!!!)
◎Elmer Bernstein - The Magnificent Seven

He said, ‘I’m making a CD.’ Then his son, Prince Michael, came in, and Michael asked him to find a CD player. Paris found one and brought it in with Prince. Michael played the CD.

「私はCDを作っています」と彼は言いました。それから、彼の息子(プリンス)が来て、マイケルは彼にCDプレーヤを見つけて来るように頼みました。 パリスがそれを見つけて、プリンスと一緒に持って来て、マイケルはCDを再生しました。

It was very pretty music. He said, ‘But a section is missing.’ He played a second piece. And he said, ‘But a section is missing, too.

それは、とても美しい音楽でした。でも、彼は「足らないところがある」と言いました。彼は2番目の作品も再生しました。そして、これも「足らない部分がある」と言いました。

But I can hum it to you.’ I asked if there was a piano in the house, and he said there was one in the pool house.

でも、それをハミングで私に伝えたので、私は家にピアノがあるか尋ねました。彼はプールハウスにあると言いました。


f0134963_9372572.jpg
これがプールハウス?
でも最初の家の前にもプールあったよね?
プール2つ?(バスルームか!)


We headed out there, but Michael stopped when he saw the dog was outside, soaking wet from being in the pool.

私たちがそこに向かおうとしたとき、彼はストップをかけました。プールの中にずぶ濡れの犬が居たんです。

He didn't want us to get splattered. It was kind of funny. Michael got another assistant to hold the dog while we went to his pool house.

彼は、わたしたちに水がはね散って欲しくなかったんでしょう。それはちょっと面白かったですね。私たちはプールハウスに行きましたけど、マイケルは、アシスタントに犬を捕獲させてました。

I sat at the piano and Michael hummed the missing part of one of the pieces. I had taken a little digital recorder with me and asked if I could record him.

わたしはピアノの前に座って、マイケルは足りない部分をハミングし、小さなデジタル・レコーダに記録してもいいかどうか尋ねました。

He was in perfect pitch. I tried to figure out chords to go with it as he hummed. He said, ‘Your instincts are totally right about the chords.’

彼には絶対音感がありました。わたしが、彼のハミングをコードにすると、彼は「まさにそのコードだよ」と言いました。

We talked about classical music some more. I played some Debussy pieces. Michael seemed very happy and I think he felt very comfortable with me.

わたしたちは、クラシック音楽に関してさらに話しあい、私はいくつかのドビュッシー作品を演奏しました。 マイケルは非常に幸せそうで、私と居ることが快適だと感じてくれたと思いました。

He mentioned Leonard Bernstein again, and I played some of West Side Story.

彼は再びレナード・バーンスタインについて語りました。そして、私は『ウエスト・サイド物語』のいくつかを演奏しました。

He told me he had met Bernstein once and that Bernstein had said he was a big fan of Michael’s.

彼はバーンスタインに前に一度会ったことがあって、バーンスタインが、マイケルの大ファンだと言ったことを私に話しました。

こちらのとてもとても素敵なブログに、レナード・バーンスタインと、MJが会ったときのエピソードがあります。


f0134963_10512732.jpg


Back in the house, whenever he’d go from room to room, you’d hear, ‘I love you, Daddy.’ ‘I love you, Paris.’ They all seemed pretty normal and happy.

母家に戻って、彼が部屋から部屋まで行くとき、あなたは聞くでしょう。「パパ、愛してる」「愛してるよ、パリス」彼らはすごく普通で、幸せそうに見えました。


f0134963_940288.jpg

色々な部屋....


f0134963_9404751.jpg


Michael was very anxious to get the pieces orchestrated and record the music with a big orchestra. I suggested we record it at the Fox, Sony or Warner Brothers lot.

マイケルは曲を調整して、大きなオーケストラと共に音楽を録音することを切望していました。 私は、FOXか、ソニーまたはワーナーブラザースでそれを記録することを提案しました。

I asked if he could have someone call me to discuss the budget and he said he would take care of it. When I left there were several fans outside the gate.

私は、彼が予算について議論するために、私に電話をすることができるかどうか尋ねました。彼はそうするよと答え、 私がそこを去るとき、門の外には数人のファンがいました。

[Later] I talked to Michael on the phone. He asked me how the project was going and I said I was waiting to hear from someone so we could set the deal.

その後、私は電話でマイケルと話しました。 彼はどのようにプロジェクトが行なわれていて、私たちが仕事ができるように、誰から連絡がをもらえるのかを私に尋ねました。

I suggested we could record the music in London while he was doing the show there. He liked the idea. He again brought up Arabesque.

私は、彼がロンドンでショーをする間、そこで音楽を録音することを提案しました。 彼はそのアイデアが気に入り、彼は再び「アラベスク」を持って来ました。

I laid the music all out on my computer and started on the orchestrations. Finally, a week before Michael died, his manager, Frank Dileo, called and asked me for an email with the budget and an electronic mock-up of the music, the costs of orchestration.

私は、コンピュータで音楽を全面的に、オーケストラ編成にすることを始めました。最終的にマイケルが亡くなる1週間前に、彼のマネージャー(Frank Dileo)は、オーケストラ編成の予算と、デジタル・データを私にメールで求めました。

Now I have no idea what’s going to happen with this. I’m hoping the family will do something to get this done. I will not bring it up [with them] until after what I think is an appropriate time.
My guess is that each piece would be seven to ten minutes long.

今、わたしには良い案がなく、何がこれで起こるかが分かりません。彼の家族が、これを完了させるために何かしてくれることを願っています。適切な時期になるまで、私はそれを持ち出すつもりはありません。推測では、それぞれの曲は、7〜10分であるだろうということです。

[Each one] is more substantial than a song. It’s very pretty music. One piece had an Irish quality about it. I suggested that we could use a Celtic harp. The pieces sound like pretty film score music, with very traditional harmony, and definitely very strong melodies.

それぞれが「歌」よりも、実質的でとても美しい音楽です。ある曲には、アイルランドの雰囲気がありました。 私はケルト族のハープを使用することを提案しました。それらの曲は、美しい映画音楽のように、非常に伝統的に調和がとれていて、また、とても力強いメロディーに聞こえます。

One of them was a little John Barry-ish, like in Out of Africa -- that kind of John Barry score. I could hear [in my head] sweeping strings and French horns in unison.

それらの1つは、ちょっと、ジョン・バリー(「007」シリーズで有名な作曲家)ぽくて『愛と哀しみの果て』(Out of Africa)のような感じで、私は、ストリングスとフレンチホルンを頭の中で聴くことができました。

◎John Barry - “Out of Africa” Soundtrack

I told Michael I was going to use one of Leonard Bernstein’s batons I had bought at auction when we did the recording. I knew he would have gotten a big kick out of that. I guess I still will use that baton if I ever get to conduct the music.

私は、私たちが録音するとき、私がオークションで買ったレナード・バーンスタインの指揮棒を使用するつもりであるとマイケルに言いました。

☆最後はドヴュッシーで、興奮を鎮めてね♡
◎Debussy - Clair de Lune
◎Debussy - Arabesque #1


[PR]
by yomodalite | 2010-11-25 23:51 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(17)
f0134963_118624.jpg
「あなたが100年後に遺したいMJショートフィルム」の投票結果、公開しました!
こちらでは、集計結果を発表します!


1位は3票、2位は2票、3位は1票として計算し、好きなSFも1票ですが、こちらのみ、1人の方が、どうしても1つに決められなくて2つ選んであるものも、それぞれ1票として計算しました。(選んでない人もいるので)その結果、

f0134963_1192329.jpg
第1位は、
Smoose Criminal 35票
第2位は、
Ghost 30票
第3位は、
Black or White 20票 
でした〜〜〜!!!


以下、
4位:
Earth Song(18票)
5位:
Bad(17票)
6位:
Another Part Of Me(8票)
7位:
They Don't Care About Us (B)(7票)
8位:
They Don't Care About Us (P)
(6票)






好きなSFでは、さまざまな意見があり、

第1位は、In The ClosetGhost、Say Say Say がそれぞれ4票で同率。

第2位は、Smoose Criminal、Remember The Time が各3票。

第3位は、Blood On The Dance Floor、You Rock My Would、The Way You Make Me Feel が各2票だったんですが、どういうわけだか、MJアンケートなのに、ランディに1票入れた不届き者が!!

しょうがないな〜。ちなみに1票入ってるのは、これね♡

◎RANDY JACKSON & THE GYSPYS - PERPETRATOR

でもって、これは、まさかの兄貴超え??(ランディ作詞作曲の名曲。オリジナルはジャクソンズだけど、ちょっぴりMJソロを彷彿させるジャネット版で。ちなみにMJの“One More〜”は、R・ケリー作詞作曲)

え〜っと、横道に反れましたが、得票数の多い作品を、アルバムごとに見てみると、

“Bad”(9作品)に66票(+好き票3票)
“Dangerous”(9作品)に39票(+好き票10票)
“HIStory”(9作品)に35票(+好き票は2票)
“Blood On The Dance Floor”(3作品)に27票(+好き票は8票)
“THRILLER”(3作品)に13票(+好き票2票)

最終的なセットリストはわからなかったものの、“THIS IS IT”でも、“BAD”の曲が多かったり、MJの死後、もっとも売れた曲が“Man In The Mirror”だったり、楽曲への評価も発売時よりも高くなりつつある“BAD”ですが、ショートフィルムにおいても、評価が高いことがわかりました。それと、“キャプテンEO”効果もあってか、ベスト3を「BAD」で固めて来た人もちらほら。

また、映画ムーンウォーカー内のみで、単独SFとしては、ほとんどTV放送されていない“Speed Demon”に、ベストSFとして3票入ったのも、ちょっと意外でした。あのときの笑顔とか、下唇ンーっとかやるのとか、たまんないってことかな?(笑)しかし、それとは逆に(?)“You Rock My Would”に好き票が2票入ったのも、意外でした(笑)

アンケート結果に関しては、ベスト3は、わたしも、これと同じか、もう一案として、ジャクソンズ時代も加えたいという想いから“Can You Feel It”と(“Blame It On〜”も大好きなんだけど、やっぱりジャクソンズが持っていた人種を超えた感じが、“Can You〜”のPVには、よく出ていているから。。)

民衆の為政者に対する怒りと差別をストレートに表現した、They Don't Care About Us[Prison]も外せないかな〜。([Brazil]も素晴らしいんだけど、やっぱり、あの曲のリズムは、太鼓ではなくて、机を叩く方が相応しいと思うので)

また、1位は、ブラックでもホワイトでもない、という、彼の存在そのものと、肌の色や人種差別が、実は創られたものであるという示唆や、ポップミュージックのダンスを超えた肉体表現、それらすべてを、ポップな映像と、相反する性と暴力を思わせる映像により、凝縮されている、完璧なSFということで、わたしのベスト3の、第二案は、

第1位:
Black or White(Long)
第2位:
They Don't Care About Us(Prison)
第3位:
Can You Feel It にします。(投票結果にはいずれも反映していませんが)

それと、ベストSF、好きなSF、共に“0票”だったのは、以下の12作品。

Can You Feel It
2300Jackson Street
She's Out My Life
Liberian Girl
Leave Me Alone
Gone Too Soon
You Are Not Alone
Stranger In Moscow
Childfood
History(Remix)
Cry
Why


なんとなく、理由を考えてみると、ジャクソンズ作品は、“Blame It〜”が人気で、

“She's Out〜”は、顔が恐い(笑)

“Liberian〜”と“Gone Too〜”と“Cry”は、MJがほとんど出てないし、

“HIStory(Remix)は、過去映像集大成なら“One More Chance”の方がとか、“Stranger In Moscow”と“Why”は、ヘアスタイルが重過ぎるから(笑)という感じで、大体わかるんですけど、“You Are Not Alone”の0票は意外でした。

それで、この“You Are Not Alone”についてというか、ちょっと趣旨とは違う軽〜い話題をだらだらと続けちゃってもいいでしょうか。






[PR]
by yomodalite | 2010-07-19 02:36 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(16)
☆☆みなさん、投票ありがとうございました!本日アンケートを締め切らせていただき、コメント欄を公開にしました!集計結果は、こちらのページです!☆☆

_______________

本日は、2010年6月10日です。『マイケル・ジャクソン全記録』によれば、6月10日は、2009年〜2005年まで、記載がなく、2004年の6月10日は、MJJプロダクションズ副社長のボブ・ジョーンズが解雇され、2002年は、レコード会社にアーティストの公正な処遇を求める運動に参加するため、ロンドンに到着した日です。そのことに、特に関係はないと思いますが、

あなたが、絶対に遺したいと思う(全部だとは思いますが...)
MJのショートフィルムベスト3を選んで欲しいんです!

選んでいただくのは曲のプロモーションビデオ(←MJはショートフィルムと呼んでいますが、下記のリストの中には、そう呼び始める前のものも、たくさんあります)に限定します。

例えば、公式DVDに収録されていても「Billie Jean」のモータウン25周年記念のパフォーマンスとか、MTVの「Danjerous」パフォとか、スーパーボウルの「Heal the World」とか、ペプシのCM最高とか、CMなら“Alpha Bits”でしょ。みたいなのは、また次回ということで。

Jackson5時代に関しては、PV断定できないので、今回は除外。ジャクソンズ時代はOKですが「Body」のようにMJが参加してないものとか「Touchaer」のように、声は参加してるけどみたいなのは却下。

ただし「Cry」や「THIS IS IT」(←スパイク・リーのPVの方)のように、モータウン以降のマイケル・ジャクソン名義のものに関しては、出演が微妙でも含まれます。また、E・マーフィー、P・マッカートニーとの共演は、がっつり出演してるのでOKにします。また3Tとの共演は「Why」のみOKとさせていただきます。

映画「ムーンウォーカー」収録の“Smoose Criminal”“Speed Damon”
“Come Together”“Leave Me Alone”“Another Part Of Me”は全部OK。

“Captain EO”は、7月からディズニーランドで盛り上がりましょう(除外)


では、まず、下記のビデオリストに漏れがないか、ご確認くださいませ。
発見された方は、早めにご連絡ください♡


また、記憶違いや、これ、まだ見てなかった。という人のために、
ほぼ、全曲リンク付けましたので、ご活用ください。

ただし、リンクは、入手困難なもの、ロング・ヴァージョンを優先しています。
また、数回に分かれるような場合は「Part 1」にのみ、リンクしています。
ショートヴァージョンを選択される方、どちらか記憶が曖昧な方はご注意ください。

ヴァージョン違いがあるものは☆印が付いていますので、ご指定ください。
(ロング=L、ショート=S、ブラジル=B、プリズン=P、Original=O、Remix=R)

他の人の投票に影響がないように、結果は、当分の間、表示しませんので、ごゆっくりどうぞ♡

その間、この記事の「コメント」は、(0)のままになります。
このコメント欄へは、アンケート以外の「コメント」は書かないでください。
また、この記事への、コメント欄の書込みは、ブログ主はすぐに読めますが、
他の人が見るのは、かなり後になりますので、ご注意くださいね。


ご記入は、

投票者の年代/性別/1位/2位/3位/とにかく一番好きなSF

[記入例]
30/女/I Wan't You Back/ABC/I'll Be There/(好)The Love You Save

という感じで。
それでは、みなさん、よろしくお願いしま〜す!!!!
______________

“JACKSONS”
◎Blame it on the boogie
◎Can You Feel It
◎2300Jackson Street

“OFF THE WALL”
◎Don't Stop 'Til You Get Enough
◎She's Out My Life
◎Rock With You

“THRILLER”
◎Billie Jean
◎Beat It
◎Thriller(☆Long / Short)

“BAD”
◎Bad(☆Long / Short)
◎The Way You Make Me Feel(☆Long / Short)
◎Speed Demon(Moon Walker)
◎Liberian Gial
◎Another Part Of Me(Moon Walker)
◎Man in the Mirror(Moon Walker)
◎Dirty Diana
◎Smoose Criminal(☆Long / Short)
◎Leave Me Alone  

“DANGEROUS”
◎JAM
◎In the Closet
◎Remember the Time
◎Heal the World
◎Black Or White(☆Long / Short)←この動画は縦横比が横に長いですが...
◎Who Is It
◎Give In to Me
◎Will You Be There
◎Gone Too Soon

“HISTORY” (Disk 2)
◎Scream
◎You Are Not Alone
◎Earth Song
◎They Don't Care About Us (☆ Brasil)
◎They Don't Care About Us (☆ Prison)
◎Stranger In Moscow
◎Come Together(Moon Walker)
◎Childhood
◎History(☆original)

“BLOOD ON THE DANCE FLOOR Histry Remix”
◎Blood on the Dance Floor
◎History(☆remix)
◎Ghosts(☆Long / Short)

“INVINCIBLE”
◎You Rock My World(☆Long / Short)
◎Cry

“SPECIAL”
◎We Are The World(USA for Africa)
◎Say Say Say
◎Whatzupwithu
◎One More Chance
◎This Is It
◎Why



[PR]
by yomodalite | 2010-07-18 21:26 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(39)

キャプテンEO・プチ情報

f0134963_22413641.jpg
「あなたが100年後に遺したいMJショートフィルム」のアンケート、そろそろ、締め切る予定ですが、まだの人は駆け込み大歓迎なので、よろしくお願いします♡

さて、

初日から10日以上経ち、夏休み前で、雨もようの月曜日。なんだか絶好の“キャプテンEO”日和に違いないような気がして、早朝のW杯決勝戦疲れも忘れて、行ってきました!

☆続きを読む!!
[PR]
by yomodalite | 2010-07-12 22:49 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(31)
f0134963_19133841.jpg


主催:ジュリアナ(苦笑)みたいに思っていた“LIFETIME Collection”。

大体、MJ関係のイベントって、今まで行った記憶がないんです。ちょっと前にやってた六本木ヒルズのとかも、さっぱり興味がなかったんですが、今回は、pytさんのリクエストや必殺、西寺郷太氏のtwitterでの絶賛+迷っているなら是非!に釣られてしまいました。

ちなみに西寺氏、MJCD期間限定盤の各作品ごとに、ジャクソンズストーリー収録とか、絶対に国内版は買わない主義のわたしの固い信念をぐらつかせた上に、

プリンスの「21 nights」の付録CDをちょっと褒めたら、タワレコのやつ、¥7140が→¥2625って(泣)どうしてあんな大型本を、そこまでダンピングするの(泣)とか、

MJ新書で紹介された『Before He Was KING』も『ヤング・マイケル・ジャクソン写真集』として国内版出版とか、わたしにとっては、ほとんど悪魔^^のような所行が続いているのですが、

とはいえ、

GW明け、週の中日、お天気良好な本日は暇な主婦が、その利点を駆使するには最高の日和に思えてきて、昼間に蕎麦屋で、蕎麦をすすっているときに、急に思い立ち、リハビリも兼ねて(って、何の?)自転車で散歩気分で行ってみました。

わたしのようにチャリで行く人はほとんど居ないと思いますが、駐車場側から、建物に入ろうとしたら、こんな女子が立っていて、ポーチからチケットを手売りしてました。流石はジュリアナ!(パー券か!)


f0134963_19153343.jpg

で、入り口には、こんな黒服がいます


f0134963_19164315.jpg

もう一歩中に入ると、またもや、お疲れさまと言いたくなるようなヒールの女子がいて、


f0134963_1917598.jpg

たぶん、チケット切りをしているはずなんだけど、わたしのことは眼中になかったみたいで(写真撮ってるのに?)チケットを切られもせずに、中に入ると、ネバーランドの門の飾りが!


f0134963_1919850.jpg

この門の上と、中央に飾られていたものね♡


f0134963_1920652.jpg

ありえんだろうと思いながらも、あまりのユルさに手が震えつつも、コンデジで撮影してしまいました(当然ながら撮影はここまで)。

この中央の方の飾りに書いてある文字、写真では、わからなかったんだけど

下のリボン部分は、“DIEU ET MON DROIT” で、これはフランス語だけど、12世紀頃から、イギリス王室の紋章とか、パスポートにも書かれていて、日本の辞書には「神とわが権利」とか「神と我が正義」とか書かれているもの。

ライオンとユニコーンがもっている真ん中には、“HONI SOIT Q MAL Y PENSE” で、これもイギリス王室の紋章とかパスポートにも書かれているものと同じで、日本の辞書だと「思い邪なるものに災いあれ」で、ガーター騎士団の紋章にも記されているもの(ガーター勲章も同様)。

というわけで、完全に英国王室と同じみたいですね。ちょっぴり違うところがあるんじゃないかと思ってたんですが・・。

次にモータウンとの契約書とか、当時のヒットチャート、ゴールドレコード、衣装はヴィクトリーツアーのものが最初にあって、普段よく着ていた肩章がついたシャツも何種類もあるんだけど、ウエストが絞ってあるタイプでも、やっぱ日本人とは違って、胴が薄くないというか意外とデカイ。

この展覧会のイイところは、ガラスケースに入っているものが少なくて、衣装とか、かなり近い距離で見られる点ですね。ブカレストのなんて、腕があと30センチ長かったら触れる感じがしました。

“スムーズ・クリミナル”の例の仕掛けがある靴とか、手の模型とか、キラキラ手袋のバリエーションを通り過ぎると、“ユナイテッド・ウィ・スタンド ー ホワット・モア・キャン・アイ・ギブ”のステージのときの衣装とレコーディングの時の赤い衣装があって、この赤い方が間近で見るとキラキラ具合が凄くて、他の衣装も全部そうなんだけど、スワロやビーズ系のビッシリ度がハンパない。

その後、“スクリーム”のセットの椅子とか、“ムーンウォーカー”のロボットの顔の模型、“リーヴ・ミー・アローン”のロケット、ヒストリーの銅像、ペプシの火傷のときに使用していた手袋があって、“THIS IS IT”の衣装へ。

スリラーのゾンビ達の衣装から、ザルディによるMJの幻の衣装の数々は、靴もお揃いで見られます。MJの子供が差し入れに使っていたタッパーと水筒なんかもあって、“THIS IS IT”のステージ模型までで、第1ブース終了。

第2ブースには、最初にアンティークの素晴らしい細工で出来たピアノがあって、その上の時計には、“Jacquier her”と書いてあったと思ったんだけど、これは意味がわからず。

次は、警察や消防署などのユニフォームコレクションとかあって、お待ちかね。ヒストリーツアーのゴールドの衣装もあります!(でも、残念ながらブカレストよりも、少し距離があります)

エリザベスから贈られた木馬とか、本物の宝石で作られたアクセサリーとか。アクセサリー関係は裁判スーツのワッペンでもそうだったんだけど、紋章関係が本当に好きというか、すごく凝ったものばかりでしたね。ネバーランドの従業員のユニフォームにも、全部オリジナルのワッペンをつけてたけど、アクセサリはバッドのベルトや、ムーンウォーカーで使用されているものは、ローマ帝国時代の戦士がテーマみたいなんだけど、実際見るとチャチいっていう感じは一切無くて、逆にこんなに素晴らしいものだったんだ。っていう感想を抱くものばかりでした。

女の子の像の前に、「Those are moments when〜」で始まるモニュメント?があってんだけど、この日は筆記用具を忘れて、メモ出来ず。これから、行く人、このモニュメント?と、その奥のMJの肖像画に書いてある、文字を、誰かメモしてきてくれないかな〜お願い♡♡
__________

追記:keiさんがメモして来てくださいました!

肖像画の方は、

I am the thinker, the thinking,
the thought

I am the seeker, the seeking,
the sought

I am the dewdrop, the sunshine,
the storm

I am the phenomenon, the field,
the form

I am the desert, the ocean,
the sky

I am the Primitive Self
in you and I

Michael Jackson

これは“Dancing the Dream”の129ページ
“Are You Listening?”の5段目。


女の子の像のモニュメントは、

Those are moments when fate is unsealed
Nothing is impossible and we are healed
We can sore, we can fly
Walk on fire, navigate the sky
In the light of a glittering star
There's no distance, nothing is far
Those are moments of innocent guile
In the glow
We are suspended awhile
Those are moments when babies smile

これは Dancing the Dream の18ページ、“When Babies Smile”の2段目の文章です。


______________

他には、あの金色の飾りがいっぱいついてて、すっごく大きいゴージャスな椅子とか、ディズニーから贈られた、マイケルの人形入りのディスプレイがあって、ネバーランド紋章が品良く入っている紺色のMJのロールスロイスも!

さすがは、日本の皇居の何倍かわからないぐらい広い、千代田区全体と同じぐらいと言われる王国を築いたMJ。展示方法は、安っぽいにも関わらず、本物感がスゴいです。

入場料2000円なら、悪くないかも。。でも、会場は決して広くないから、混雑しないときを狙うべき。平日昼間で本当に良かった!帰りに正面に回ってみたんだけど、チケットブース前はこんな感じでお客はいませんでした。


f0134963_193159.jpg

ところで、

帰り道、衣装は、やっぱりヴィクトリーツアーの頃から、すっごくキラキラでゴージャスだったな〜。でもあのツアーって、始まる前に全ギャラ寄付することを決めたうえに、その半年前ぐらいにペプシのCMで大火傷して、その見舞金も全額寄付しちゃって、リップシンクもない時代に、あんな過酷なツアーで5ヵ月間もただ働き。終了と同時に頭皮治療って、あれ?やっぱりMJってドM?とか考えていたら、

すぐ前を歩いていた、50オーバーと思われる男性2人組のひとりが、不思議なファッションをしていたので、思わず写真に撮ってしまいました。


f0134963_19274364.jpg

☆追加:

そういえば、“THIS IS IT”公演のチケットも8種類展示されていて、角度によって、デザインが変化するのがよくわかりました。本当にかなり変化します。

デザインの種類はビリージーン2種と、スムースクリミナル、ブカレストライブ、デンジャラスとそれらが全部ミックスされたようなのと、イラスト2種があるんですが、写真で見るより実物はずっと素敵なものでした。ただ、ちょっと驚いたのは、デンジャラスのデザインはあの赤シャツヴァージョンのものだったこと!


[PR]
by yomodalite | 2010-05-06 19:34 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(11)
f0134963_19545831.jpg


日本サッカーへの気持ちと、中村俊輔への愛を、どうすればいいのか、まだわからないので、更にMJ関連商品レヴュー続けます。(なんでやねん!)

次は、雑誌系2冊。
f0134963_2013392.jpg
マイケル・ジャクソン 栄光と悲劇のキング・オブ・ポップ
(別冊宝島)



アマゾンレヴュー☆1つ半という低評価にびっくりして、
あえて評価させて頂きますが、

とにかく、MJに関しては“真実”が、あまりにも歪められたということがあるので、彼の真実のみを書いて欲しい。そのことがMJ理解には一番いいはず。というのは、大変理解できるし、わたしも批判的な記述がないCDレヴューですら読みたくないので、国内版CDは買わない主義なんですが、

本誌は、他の便乗雑誌と比べて、もっともオリジナリティとバラエティに富んでいて、しかも有用な情報も押さえ、便乗企画にもかかわらず、出版社の個性と信念を曲げない編集方針で、記事的には、もっとも面白いと思いました。

ちなみに、下記が良かった記事

◎Part 3「マイケル・ミュージック大解剖」←全般的に良記事

・“自伝”としてのマイケルの歌詞/金澤智(高崎商科大学準教授)
・MJ独特の「ヒッ!」はどこから来た?/亀渕友香(ボイトレ界の女王)
・“何を踊ってもマイケル”は1日にして成らず/ボビー吉野(振付師)
・演奏、録音、時代...唯一無二のパーフェクトな名盤「スリラー」/オノセイゲン
・“マイケルを支えた偉人たち”(ロッド・テンパートンを扱っている)
・このマイケル映画がすごい!(「マイケル・ジャクソンINネバーランディングストーリー」や、ゲームソフト「スペースチャンネル5パート2」など以外に、ネタとしての登場作を5作を紹介。多分相当マニアでも知らないネタあり)

◎Part 4「全アルバム徹底レヴュー+エピローグ」

CDは、ジャクソン5〜ジャクソンズの全てのアルバムに加え、嫌になるほど出ているベスト盤13枚も徹底比較。取り上げられてないのはリミックス版のみ!

DVD紹介も、小さな囲み記事にも関わらず、“BAD”“The Way You〜”の完全版がどれに入っているかなど、曲目リストから解りにくいけど、一番知りたいポイントを押さえたナビになっています。

あと、アマゾンレヴューで評判の悪いマンガは、ぜひ実際にご確認を。死後ファンになった人なら絶対に共感できるはずだし、いずれのマンガ家の方も真摯に正直にマンガにされていると思いました。
とにかく“笑い”をこばむような真剣さは、私が好きなMJの世界とは全然違うな〜。
愛し方は人それぞれだから...ね♡

MJのオックスフォードスピーチ全掲載とか、DVDの特典映像ネタバレ記事ばかりとか、人のふんどしではお金を取らないという気概がない雑誌が、高評価なのはどうかと思う。

★★★★(残念ながら、現在アマゾンでは中古商品のみ)


こちらは、基本的には、女子におススメなんですが、

MJのワ−ルドツアーにバックダンサーとして参加し“Black Or White”のPVでの素敵な笑顔でもおなじみのユーコ・スミダ・ジャクソン氏のDVD付きムック本。

ヨガを超えた「アウェークニング」なら無敵のボディが手に入る!

基本的に立って行なう、簡単なダンスエクササイズ。1日数分とか、そんな感じの初心者向きなんだけど、簡単な動きだけに、彼女のような超一流の人を見ながらというのが、すごく素敵なんですよ。あと、ハイヒールを履いての動きがあるのも面白い。

ちょっとした動きの美しさが“THIS IS IT”でのMJとバックダンサーの違いのように、すごくあって、そこが何度も見てしまう良さになっていて、飽きません。

ムック本とDVDは同内容なので、本の方はいらないんですが、一緒にしたほうが安く売れるのかも...(内容は知らないもののDVD単体商品は60分で3990円なのに比べ、こちらのムック付きDVDは50分でたったの1500円!!)

★★★★(今まで観たエクササイズ系DVDの中で、インストラクターの質の高さでは、動き、スタイルともにベスト!)



[PR]
by yomodalite | 2010-02-15 20:06 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(2)
f0134963_19301539.jpg


昨晩は、内館牧子氏の「女はなぜ土俵にあがれないのか」の感想を書きつつ、日韓戦を怖々観ていたら、もう何もかも嫌になってしまいそうに...気を取り直せるかどうかわかりませんが、クールダウンのために、MJ関連商品レヴューなど...

f0134963_19121154.jpg


選んだ基準は、あまり取り上げられていないもので、尚かつ、内容がマニアックでなく、多くの人にオススメできるもの。

Michael Jackson The Remix Suite

わたしはREMIXから、MJのことが好きになった人なので、基本的にREMIX-CDが好物なんですけど、これは、そういう人向きじゃなくて、ジャクソン5時代の曲が大好きな人が、すごく納得出来て、楽しめるCDです。

曲目リストはこちら↓。

・Skywriter (Stargate Remix)
・Never Can Say Goodbye (The Neptunes Remix)
・I Wanna Be Where You Are(Dallas Austin Remix)
・Dancing Machine(Polow Remix)
・ABC(Salaam Remi Remix)
・Forever Came Today(Frankie Knuckles Late Night Antics Remix)
・Dancing Machine(Steve Aoki Remix)
・Hum Along & Dance(David Morales Remix)
・Ain't No Sunshine(Benny Blanco Remix)
・Maria(Emile Haynie Remix)
・Maybe Tomorrow (Sturken & Rogers Remix)
・Ben(Akon Remix)

1曲目が“Skywriter”というところがこのCDのキモ。“Dancing Machine”が2通り入って、今どきにしては少ない12曲入りなんですが、それだけ、絞り込んであるというか、参加している方が、みなさん、オリジナルをものすごく愛している感じが伝わってきて、あと、ここだけほんのちょっと...みたいな感じ。

Frankie KnucklesやDallas Austinは、MJとも何度もリミックスを作っている人たちですが、彼らによる他のMJリミックスがあまり好きじゃない人でも、このCDの“ABC”の楽しさはわかるのでは?

(“Hum Along & Dance”とか“Ain't No Sunshine”とか“Maria”とか、ちょっと大人っぽい曲は、あらためて、その良さに気づくかも...)

曲のテンポがオリジナルと違うのも、2通り目のSteve Aokiの“Dancing Machine”ぐらいでしょうか。曲の長さもオリジナルとあまり変わってません。(“Hum Along & Dance”はオリジナルが長いんで、むしろ短く整理されてる)

曲目リストからも想像できるように、ダンスフロア専用というよりは、DJによる、Early Michael's BESTという感じでしょうか。

f0134963_19175232.jpg


最後の“Ben”は、Akonによるもので、バックコーラスをAkonが担当しているんですが、オリジナルのコーラスを必死でモノマネしてます(笑)

途中でちょっと地声が出ちゃうんだけど、知らなかったら、まずAkonとは思わないぐらい、あの特徴的な声を押さえているんですけど、少年時代のMJとデュエットしているAkonの幸せ感は、すごく伝わります!

更にイイのは、音だけじゃなくて、ジャケットは16P(表紙含む)オールカラーのブックレットになっていて、チビマイケルのベストショットを使ったエディトリアルデザインもすごく素敵!

初期のマイケルの、ちょっと他とは違うベスト版としても楽しめるCDです。

☆国内版の方はAkonのあとに、日本のヒップホップ系DJ、Muro氏によるリミックスがプラスされてるようですが、試聴した限りでは、ちょっぴり余計なお世話というか ....(私が購入したのはインポート版)

◎こちらで全曲試聴できます(良さは伝わりにくいですが)
マイケル・ジャクソン-ザ・リミックス・スイート

☆MJ関連商品レヴュー[2]に続く



[PR]
by yomodalite | 2010-02-15 19:35 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)
f0134963_13263927.jpg
ケーブルTVは観られてもWOWOWは観られないわたし。。本日のグラミー、MJトリヴュートも今までにないほど、悩ましいものでしたが、ラジオで生中継を聴いた限りでは、今回も“勝った”という印象。

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2010-02-01 13:32 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

DVD“THIS IS IT”感想

2枚組なのに(タワーレコード限定版)、ステージ使用の新SFの完全版が全然入ってないとか、他の映画の予告編とか、特典映像部分の字幕が選択できないなどSONYには不満が一杯ですが、やっぱりブルーレイを買うのは、映像が3D化されてからでもいいんじゃないかな。

そういうスペクタブルな部分でないリハ映像や、スタッフの思い出の方が、やっぱり、この映画の魅力を理解するにはいいのかもしれません。特典映像から見始めたんですが、とにかく、ダンサー、スタッフ全てが、これでもかと思うぐらい超絶賛コメントの嵐で、本当にもうおなか一杯というか、“洗脳ビデオ”を観ているような気分にもなってくるのですが、それでも、彼の場合はやっぱり当然のことだと納得してしまう。

Michael Beardenが、“カムバックにかける想い”の中で、ライトマンから登場した彼が、どれぐらい、その瞬間を引き延ばすかについて「みんなで賭けた」というエピソードを語っていて、ちょっと笑いました。

マイケルが何分じっとしているか? ベアデンが何分を予想したかは、DVDで観て確認して欲しいのですが、でも、実際、彼にとって、どこから引き延ばしていたのか、それは、もう何年も前からだったんじゃないかという気もしてきました。

また、この作品が、どうしてこれほど魅力があるのか、映画館で観たときには、わからなかった部分も徐々にわかってきた気がします。

わたしは、振付けが、以前とどんな感じで変わっているのかなぁという点に注目して観ていたんですが、そういう視点でみると、「ヒストリーツアー」のDVDを発売しなかった理由も、彼が自らの最高傑作をどう考えていたかもだんだんわかってきて、しばらく“お口ぽかん”という状態になってしまいました。。。

こんなこと、書いていいか、わからないけど、あの麻酔医を雇ったのは、もしかして...とさえ思ってしまって困ってます。

Kenny Ortegaが、“カムバックにかける想い”の中で、「マイケルを希代のエンターティナーにしたものは、彼のタイミングだ」と語っています。

映画の中でも、彼が何度も“タイミング”にこだわる姿が映し出されていますが、
本当に、この公演を決めたタイミングも、そして、彼の死さえも...と考えずにはいられないんですよね。

同じく“カムバックにかける想い”の中で、プロデューサーのRandy Phillipsが、2年前に出演交渉したときに、「まだ、そのときではない」と断られたというエピソードを語っています。

今回それが実現した理由を、MJは、「子供たちはももう僕の仕事が理解できるし、 僕も今なら見せてやれる」と語り、50公演に追加する条件に、ギネス認定の手配も忘れていません。

子供達へという理由は、もちろん一番大きい理由だとは思いますが、タイミングを計っていた中には、プリンスの2007年のO2アリーナ公演後、というのもあったと思います。とにかく、彼ほど「世界一」を、実際の数字でこだわったアーティストも少ないと思うんですが、まったく説明のいらないショーを目指し、未完のまま、大勢のスタッフにそれを語らせる。これが「実現してたら。。。」という、大勢の人たちの想いは、これを“エンターテイメント界の頂点”とする伝説の命を永らえさせることでしょう。

最後のリハーサルの映像が公開された当時は、彼がどれほど無念だったろうか、と悲しく思ったけど、何度も映画を観て、このDVDで大勢のスタッフが、舞台裏を語るのを聞いているうちに、もう、ここまでで「完璧」だった。彼が望んだ「究極」に達していたんだと思えてなりませんでした。
f0134963_1681928.jpg
ザルディのめちゃめちゃキレイな衣装を着たマイケルも観てみたかったけど、この映画がなかったら、普通にダンディでカッコいい大人の男のMJは見られなかったし、変化の激しかった彼の素顔に、新たに加わった“円熟した男の顔”は、ステージだけでは見せられなかったと思う。

オルテガは、特典メニュー「カムバックにかける想いー ショーを超えて」の中で、
Kenny : 「マイケルと僕にとって単独パフォーマンスは重要だった。花火も特殊効果もなしで彼が舞台に立つ」と語り、ステージでMJが“Human Nature”を歌う映像が流れましたが、映画“THIS IS IT”の魅力のひとつは、ここにあったと思います。

コンサート音響スーパーバイザーの「ピアノ伴奏だけで彼が歌っても十分で、観客は歌に込められた情感を感じるだろう」という発言は、まさしく、そのとおりで、わたしも、映画の帰路で、いつも思い出したのは、このときの彼の姿でした。

“Human Nature”は、彼の代表曲として有名ですけど、ステージでの完成形はすごく難しく、いわゆるダンスの振付けではなく、音楽そのものを表現する、体を楽器にする、という、ダンサーの彼がいつも追求していたことを表現するのに、もっとも適した曲ですが、元々大会場で、歌うのは、厳しい曲ですし、ブカレストライブでも、彼が一番納得していない曲だと思ってました。

“THIS IS IT”で、この歌の最高のパフォーマンスを観れたのは、やっぱり、これが「映画」だからだと思います。過去最高のチケットの購入者よりも、もっと多くの人に、かつてない壮大な演出を考案し、彼の魂を受け継ぐダンサーを育て、様々なスタッフに意志を伝え、

そして何よりも、歌の魂を感じてもらうために、絶叫や歓声がなく、静かで、彼がよく見える席に座って、じっくり聴いてもらいたい。

そのすべてを満たすために、やっぱり、この映画は、彼自身が創ったように思えてしかたがありません。

本当に、言葉がでないほどの“見事な人生”だったと思います。


☆参考記事「Club Escapism」
“マイケルの「視線」が作った映像:映画This Is It”




[PR]
by yomodalite | 2010-01-28 22:11 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite