ネットいじめーウェブ社会と終わりなきキャラ戦争 (PHP新書)/荻上チキ

ネットいじめ (PHP新書)

荻上 チキ/PHP研究所



『ウェブ炎上』に続いて荻上チキ氏を読むのは2冊目。

第1章では、「ネットいじめ」は「ネット」が原因ではなく、偏った事例を取り上げて「ネットはいじめの温床」と決めつけるマスメディアによって「学校裏サイト」不安が作られている例が語られている。

第2章では、「学校裏サイト」というマスメディアによる恣意的な印象をあたえる名称から、「学校勝手サイト」と改称し、10代〜20歳ぐらいまでの「勝手サイト」の真実を豊富なデータにより紹介。

第3章では、ネットによりイジメが「可視化」されたことにより、見えてくる現代の「イジメ」の実態。「ネットを使うな」がむしろ「イジメ」を助長する懸念。

第4章は、ネットにより加速したキャラ創り。「イジメからイジラレへ」。

第5章は、ウェブの未来を見据え管理はどこまでなされるべきか。有害メディアとして「ネット」を位置づけようとする議論の不毛など。。。

まず、「教育問題たかり屋」としか思えないTV御用達の教育評論家、尾木直樹の憶測のみの「語り」が批判されていることに拍手。「ネットいじめ」の問題のみならず、若年層からネット利用者である青少年と、ネット経験不足の大人との誤解を埋める良書。テーマがピンポイントだけに、新書でも後半は少し飽きてしまうけどよくまとまっています。
_____________

【内容紹介】インターネットはいじめの温床、匿名ゆえに陰湿な誹謗中傷の嵐。「子どもたちを守れ!」を合言葉に、ネットやケータイの使用規制が叫ばれる。はたしてこれで、いじめは減るのか?「学校裏サイト」を利用する子どもたちの生の声を分析すると、ネット空間は現実の人間関係の延長にあり、要は使う人間の質と環境が問題だとわかる。そしてそこには、空気を読まなければ叩かれる現代の若者事情が見え隠れする。学校でも、職場でも簡単に見えるようになった<陰口>。この息苦しさの正体が明らかになる。PHP研究所 (2008/7/16)



[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/9094597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2008-09-17 11:52 | 雑学・Web | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite