反転 — 闇社会の守護神と呼ばれて/田中森一

反転―闇社会の守護神と呼ばれて (幻冬舎アウトロー文庫)

田中 森一/幻冬舎




ダーリンがようやく図書館から借りてきた本。出版から1年3ヶ月を経て、未だ近所の図書館での予約数63件。この間『バブル』、『必要悪』などの著者による関連本も読了済なので、もう〜おなか一杯な気分で、読んでみたところ、やっぱり満腹感で一杯。なんというか、特捜の優秀な検事が弁護士になって闇社会の守護神となることなんて、別に不思議でもなんでもないですよね。「男」は飼い主によって行動を変えるものでしょう?

実名で登場する政治家もいつものメンバー。最近では、あまりにもしょっちゅう名前を出されている亀井静香氏などは、相当善人なのだろうなぁと思っています(笑)。

佐藤優氏の『国家の罠』が文学的だったのは、佐藤氏が日本の男としてはめずらしく「神」を主人にしているからだったけど、田中氏はその真逆ですね。これまで読んだ『バブル』、『必要悪』より面白くないと感じたのは、鮮度の違いが大いに関係しているのは間違いないですが、対談や、聞き書きといった話し言葉の方が、著者の資質にあっているせいも多分にあるでしょう。

それと、文中で、田中氏が賛辞をおくっているヤクザの組長や、若頭にはありそうな「男の色気」が、どうも田中氏には感じられませんね。それらのヤクザ美学こそ、実は田中氏とはもっとも遠いものだからでしょう。

逮捕後の活動が垣間みれる著者のサイト、釈放後もまだまだ活躍されそうですね。
http://tanaka-jyuku.net/index.html
_____________

【日販MARCより】伝説の特捜エース検事はなぜ、「裏」世界の弁護人に転向したのか。法の世界に携わってから38年。検事として、弁護士として見続けてきた日本のひずみや矛盾を綴る。アウトローにしか生きられなかった男の自叙伝。幻冬舎 (2007/06)

[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/9023920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いとこん at 2015-04-25 14:50 x
的確な評価だろう。獄中から出所後の田中と接して、いかに低俗で金に執着しているかわかった。死のふちで口述した、遺言なんぞ反転のコピー。さすが詐欺師あっぱれ
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2008-09-09 13:42 | 報道・ノンフィクション | Trackback | Comments(1)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite