人気ブログランキング |

和訳 Scream(SFの中のアート)

f0134963_23135808.jpg



「Scream」は、これまでになくマイケルの怒りが感じられる曲でした。

当時の彼が感じていたストレスは、想像を絶するものだったと思いますが、彼はそれらすべてを音楽で表現し、ビジュアルアーティストとしてもより一層進化した傑作を生み出しました。

実際、この歌詞の内容が切実に感じられる人は、今の時代の方が多いのではないでしょうか。

また、この曲のショートフィルムは、史上最高額の予算で作られたことでも有名ですよね。今回は和訳の前に、そこに登場したアートにも注目して聞いてみてください。






オープニングの文字と、壁のモニターに映し出されるグラフィックと、そこから変化して現れる、“gravity(重力)” “habitation(住居)” “gallery(ギャラリー)” “media(メディア)” “meditation(瞑想)” “observation(観察)” “recreation(レクレーション)” という文字。“gravity”という文字が映し出されると、無重力状態のマイケルが現れるなど、ここで描かれている映像の見出しのような役目になっていて、デザインしたのは、ソニーやナイキのCMや、映画『ファイトクラブ』のオープニングシーンなど、マルチメディアデザイナーとして有名だったP. Scott Makela。



f0134963_20000045.png



マイケルとジャネットは、世間とは隔絶した宇宙船の中にいながら、ヘッドフォンから聞こえるノイズに苦痛を感じて叫ぶ。宇宙船の中の一番大きなスクリーンでは、アニメ(『バビル2世(1992年版OVA)』、『赤い光弾ジリオン』、『AKIRA』)、ニュース番組や、ふたりの映像が映しだされる。また何本もコレクションされているギターは、フライングVギブソンと呼ばれるもの(マイケルはそれを破壊する)


“habitation(住居)”


ふたりが暮らしている無重力の住まいのインテリア、壁にかかったスーツ・・


“gallery(ギャラリー)”


マイケルとジャネットはそれぞれ壁を隔てたラウンジにいる。



f0134963_23363729.jpg


ロン・アラッドがデザインした “Big Easy Chair”と呼ばれるイスに座ったマイケルがリモコンを操作するとモニターには、アンディ・ウォーホルの顔が映り(後述)、


f0134963_19494808.png


次にジャクソン・ポロックの絵(後述)。


f0134963_19501658.png


(ここで一旦ジャネットの方へ移る)




同じイスに座ったジャネットが操作するリモコンは、二次元画像ではなく、彼女の意思から具現化したホログラムのようで、



f0134963_19562583.png


これは、キクラデス文明時代の女性像の頭部

https://www.louvre.fr/



f0134963_20024254.png


そのあと釈迦像になって(ジャネット笑顔になる)、


f0134963_20033408.jpg

(この腕や手の形は、川崎大師の金の仏像を始め、タイでも多く見られ、写真左側はブータンの「Buddha Dordenm」。右側の木製の商品画像は衣装が最も近かったものの、残念ながら元モデルは不明)


その次は、ギリシャ時代の女神像。

f0134963_20061757.png


元になっているのはヴァチカン美術館にある「ジュスティニアーニのアテナ」のようですが、



f0134963_23310037.jpg


ここで、槍や足元の蛇が消去されているのは、その時代に合わせた物語を剥ぎ取りたかったからかな。釈迦像以外は、すべて「女性像」を見ていたジャネットは、戦いの女神とされるアテナ像の後、厳しい怒りの表情に。

そのあと、またマイケルに戻って、ジャクソン・ポロックの次は、ルネ・マグリットの絵(後述)



f0134963_20193561.png


“media(メディア)”


たくさんの座席の前方で、ビデオゲームをするふたりは、メディアとの対決を表現しているよう。


“meditation(瞑想)”


ストレスを解消しようとしてか、マイケルは円形の石庭の中心に造られた小さな茶の湯の座敷で座禅を組んでいる。


“observation(監視・観察結果・意見)”


「プレッシャーをかけるな」という声が響く。ジャネットはトイレの中まで覗かれ、その耐えがたい状況に中指を立て、最大限の怒りの表情。大スクリーンにニュース映像が映し出されると、ジャネットの声で「信じられない・・」そして、瞑想中のマイケルも我慢ができなくなり叫びだすと、天井のガラスが割れ、その破片が座禅中に彼に降りかかる。怒りのマイケルが大スクリーンに映ると、その前ではジャネットが踊っていて、ジャネットがスクリーンに映し出されたときは、マイケルが踊っている。宇宙船の中の重力はコントロール不能に陥り、ギターや家具の一部が空中を飛んでいる。


“recreation(レクレーション)”


観客席の前のスカッシュルームのような部屋では、お気に入りの7番がついたスポーツウエアに着替えたマイケルが美術品のように陳列されている黒い壺をめがけてラケットを振り、壺は次々に割れていくが、怒りが収まらず、何度も叫び声をあげるふたり(スクリーンのアニメも常に叫んでいる)。オープニングと同じ「Scream」の文字が現れ、それが破裂すると、ヘッドフォンからのノイズの苦痛に激しく首を振るジャネット、ジャネットの肩を優しく抱き支え合うふたり、しかし、同じヘッドフォンをつけたマイケルは、ジャネットよりもさらに激しく首を振り、もはや分裂する寸前・・。


マイケルが、アンディ・ウォーホル、ジャクソン・ポロック、ルネ・マグリットといったアーティストから、表現したかったものについては、また次回ということで、

下記は、どんなストレスもカッコイイ曲にしてしまうことがよくわかる「Scream」の和訳です。


Scream

by James Harris III, Terry Lewis, Michael and Janet Jackson


[Michael]

Tired of injustice

(I'm) Tired of the schemes

The lies are disgusting

So what does it mean? damn it

Kicking me down

I got to get up

As jacked as it sounds

The whole system sucks damn it


不公平なことはもうたくさん

策略にもうんざり

嘘にはむかつくし

いったいどんな意味があるわけ?(くだらない)

(君は)僕を蹴落とそうとしているけど

僕はジャッキで持ち上げるように

立ち上がるよ

すべての仕組みが腐っていてもね(くそっ!)


[Janet]

Peek in the shadow

Come into the light

You tell me I’m wrong

Then you better prove you’re right

You’re selling out souls but

I care about mine

I’ve got to get stronger

And I won’t give up the fight


影からコソコソ覗いてないで

明るいところに出なさいよ

私が間違っているというなら

自分が正しいことを証明しなさいよ

あなたは魂を売っても平気だけど

私は自分の魂を大事にするから

私は強くなる

そしてこの戦いをあきらめない


[Michael]

With such confusions don’t it make you wanna scream?

Your bash, abuse, and victimize within the scheme


こんな混乱した世の中で、みんな叫びたくならないか?

攻撃し、不当に扱い、枠組みに沿って犠牲者を作り出す


[Janet]

You try to cope with every lie they scrutinize


あなたは、彼らが詮索するあらゆる嘘にいちいち対応しなくちゃならない


[Michael & Janet]

Somebody please have mercy

‘Cause I just can’t take it

Stop pressuring me, just stop pressuring me

Stop pressuring me, make me want to scream!

Stop pressuring me,

just stop pressuring me

Stop pressuring me, make you just want to scream!


誰かひとりでも優しい心をもってくれないか

もう我慢できないんだ

プレッシャーをかけるな、押しつぶそうとするな

圧力をかけるのは止めろ、もう叫ばずにはいられない

プレッシャーをかけるのを止めろ

押しつぶさないでくれ

圧力をかけるな、もう叫ぶ寸前なんだ


[Chorus: Michael & Janet]

Stop pressuring me, just stop pressuring me

Stop pressuring me, make me want to scream!

Stop pressuring me, just stop pressuring me

Stop pressuring me, make you just want to scream!


プレッシャーをかけるな、押しつぶすのを止めろ

圧力をかけるのは止めろ、もう叫ばずにはいられない

プレッシャーをかけるのを止めろ、押しつぶそうとするな

圧力をかけるな、もう叫ぶ寸前なんだ


[Michael]

Tired of you tellin’ the story your way

It’s causin’ confusion

You think it’s okay, damn it!


おまえたちの作り話にはうんざりだよ

混乱を招いているだけじゃないか

君はそれでいいんだろうけど、そんなのクソだよ


[Janet]

Keep changing the rules

While you’re playing the game(もしくは、you keep playing)

I can’t take it much longer

I think I might go insane


ゲームのルールを

あんたたちはいつだって変えていく

そんなのもう耐えられない

頭が変になりそう


[Michael]

With such confusion don’t it make you wanna scream?

(Make you want to scream?)

Your bash, abuse, and victimize within the scheme


こんな混乱した世の中で、みんな叫びたくならないか?

(なるわよね?)

攻撃し、不当に扱い、枠組みに沿って犠牲者を作り出す


[Janet]

You find your pleasure scandalizing every lie


どんな嘘にも食いついていくことに楽しみを見出してるんでしょ


[Chorus: Michael & Janet]

Oh father, please have mercy

’Cause I just can’t take it

Stop pressurin’ me

Just stop pressuring me

Stop pressuring me

Make me wanna scream

Stop pressuring me

Just stop pressuring me

Stop fuckin’ with me

Make me wanna scream


父なる神よ、どうか憐れみを

もう我慢の限界です

プレッシャーをかけないで

本当に止めてくれ

プレッシャーをかけるな

叫ばずにはいられない

圧力をかけるな

マジで止めろ

叫ばずにはいられない状態の

俺をなめんなよ


[news man]

“A man has been brutally beaten to death by

Police after being wrongly identified as a

robbery suspect. The man was

an 18 year old black male … ”


ニュース映像「不当な容疑をかけられて強盗犯にされた男が、警察官の暴行によって死亡しました。彼は、18歳の黒人男性で・・・」


[Janet]

Oh my God, can’t believe what I saw as I turned on the TV

This evening,

I was disgusted by all the injustice


ああ、なんてこと!

今晩、テレビに映し出されたものを信じるなんて絶対に無理

何もかも不公平で吐き気がする


[Michael & Janet]

All the injustice


すべてが正義とかけ離れている


[Michael]

With such delusions don’t it make you wanna scream

(Make you want to scream?)

Your bash, abuse(abusing), and victimize within the scheme


こんな嘘情報ばかりで叫びたくならないか?

(なるよね?)

計画的に、攻撃されたり、虐待や不当に苦しめられる犠牲者が作られている。


[Janet]

You try to cope with every lie they scrutinize


あなたは、彼らが詮索するあらゆる嘘に、いちいち対応しなくちゃならない


[Outro: Michael & Janet]

Oh brother please have mercy, cause I just can't take it!

Stop pressuring me,

just stop pressuring me

Stop pressuring me,

make me want to scream!

Stop pressuring me,

just stop pressuring me

Stop pressuring me,

make me want to scream!

Stop pressuring me,

just stop pressuring me

Stop pressuring me,

make me want to scream!

Stop pressuring me,

just stop pressuring me

Stop pressuring me, make me want to scream!


なぁみんな、ひとかけらの優しさを持ってくれないか

もう我慢できないんだ

プレッシャーをかけるな、押しつぶすのを止めろ

圧力をかけるのは止めろ、もう叫ばずにはいられない

プレッシャーをかけるのを止めろ、押しつぶそうとするな

圧力をかけるな、もう叫ぶ寸前なんだ


(訳:yomodalite)





Commented by 8-2-9 at 2019-08-20 22:24
このショートフィルム、めちゃくちゃかっこいいですよね!
ジャネットとマイケルのコラボ、神すぎます!!!
歌詞にマイケルの怒りや苦しみが入っているのですが、それをかっこよくして曲にしてしまうマイケルはすごいですよね。

この記事読んで、初めて知った事が沢山ありました!
壁のモニターに表示される言葉ってそんなに深い意味があったんですねー。
あと、テレビゲームをしている場面や、瞑想の場面もそういう意味でやってたんだーと、色々勉強になりました。
とても奥が深いショートフィルムなんですね!
改めて観てみようと思いました!
Commented by yomodalite at 2019-08-21 22:40
8-2-9さん、コメントありがとうございます!

>ジャネットとマイケルのコラボ、神すぎます!!!

だよねーー!マイケルが4文字ワードを初めて使ったなんて言われているけど、むしろ、ジャネットの変身の方が凄かったりするし、とにかくふたりともキレッキレで、今見ても新鮮!

>モニターに表示される言葉・・

・・に深い意味があるのかはわからないけど、とにかくMJのSFはすべて、細部まで見て楽しめることだけは間違いないのでら、ついつい、深掘りしちゃうんだよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2019-08-19 00:00 | ☆マイケルの言葉 | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite