人気ブログランキング |

映画『ニューヨーク公共図書館』

f0134963_23195450.jpg



『ナショナル・ギャラリー』や、『ヴァチカン美術館4K3D』といった美術館をテーマにした映画が予想外につまらなかったので、図書館をテーマにした映画を3時間40分もかけて観るなんて・・・という不安は大きかったのだけど、こちらは意外と面白かった。


f0134963_23221424.jpg


NY公共図書館といえば、世界中の図書館関係者が憧れる荘厳な本館を思い浮かべますが、実際はここだけでなく、4つの公開されている研究図書館と、地域ごとにある分館を合わせた92館の図書館すべてのこと。


f0134963_23230759.jpg
(大阪府立図書館もこの本館をモデルに建てられてるよね


「政治家は、宗教団体に働きかけるけど、無神論者のことは無視している。私たちはすでに国民の2割を占めているということを示すためにも団結する必要がある」

最初に登場したリチャード・ドーキンスが、図書館の講堂で、そんなことを語っているのを見たら、ここが都会の「教会」にも見えてきて、それなら私も信徒になってもいいな、と思ったんだけど、実際、世界最大級の図書館というのは、もっとも「神」に近いものかも。でも、そんなことを思っている間もなく、映画は次々に、図書館が行っているさまざまなことを映し出していく。

子どもから老人まで、宿題からダンスまで教えてくれるし、就職相談にも乗ってくれ、研究のための資料は文字情報だけでなく、図版も幅広く揃っていて、有名人の講演だけでなく、音楽演奏、ポエトリーリーディング、研究発表など、使用する人の用途も幅広い。

映画化された小説よりも、原作を読む方が面白いと感じることがほとんどだし、同じ時間なら、見るよりも、読む方が深い知識が得られることが多いと思うけど、この図書館の映画には「読む」だけではわからないたくさんのことが映し出されていて、華やかなパーティーが企画される一方で、寝床を求めて訪れようとするホームレスへの対応も必要だったり、運営側が考えなくてはならない議題は尽きることなく、最後までまったく退屈しなかった。

と言いたいところだけど、あと少しのところでウトウトしてしまって、気がついたらエンドクレジットになっていた。どんな場面で終わったのかちょっぴり気にはなるけど、3時間半までよく頑張ったと思うw

凄腕の読書人による映画より長いかもしれないレヴュー。
この映画に関してはネタバレの心配は一切ないけど、
観る前に読むとさらにハードルが上がりますw



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2019-07-18 00:01 | 映画・マンガ・TV | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite