『メアリーの総て』ー フランケンシュタインとは何だったのか?

f0134963_10461461.jpg



『フランケンシュタイン』を書いたメアリー・シェリーのことを知るきっかけになれば・・という軽い気持ちだったのですが、想像以上に心が動かされました。

ー なぜ彼女は、愛を乞う哀しき〈怪物〉を産み落としたのか

こういった宣伝コピーが、実際の映画の世界と合致していないことは多いけど、この映画はこの問いに真正面から答えようとしている。

駆け落ちした後、数々の波乱を経験したメアリーが、まだ18歳だったことに驚いたけど、その年齢で小説を書き上げ、著者が若い女性ということに難色をしめす出版社しかない状況から匿名での出版に至る、という経緯にはもっと驚かされた。

「絶望や苦悩というものは、女性が表現できるものではない」

メアリーが生まれた時代とは違っていても、彼女の怒りは今尚よくわかる。

でも、この映画はメアリーを “metoo時代” のヒロインとして取り上げたようなシロモノじゃない。

18歳の若い女性が生みだした〈怪物〉があらわしていたもの、それこそが一番の驚きであり、彼女の「・・・が、私を創った」という最後の言葉に圧倒されずにはいられないのだ。

時代を経てリメイクされる間に、怪物の名前が「フランケンシュタイン」になったり、顔も体もツギハギだらけの怪物は、哀しい存在としてだけでなく、無垢でユーモラスなイメージを抱いている人も多いでしょう。

でも、メアリーの物語では、

フランケンシュタインという名の青年が、生命の謎に取り憑かれ、神に背く行為だと自覚しながらも「理想の人間」を創ろうとする。そして、墓を暴き、死体を手に入れ、それをつなぎ合わせることで、ついに〈怪物〉の創造に成功する。

しかし誕生した怪物は、細部まで完成させられず、醜い容貌となり、そのおぞましさにフランケンシュタインは絶望し、怪物を残したまま去ってしまう。

残された怪物は、醜さゆえに人間たちから迫害を受け、自らも殺人を犯してしまう。そして、自己の存在に悩んだ末、フランケンシュタインに自分の伴侶となる異性の怪物を造るように要求し、この願いを叶えてくれれば二度と現れないと約束する。しかし、さらなる怪物の増加を恐れたフランケンシュタインは、その要求を拒否し、製造機器を捨ててしまい・・・

最終的に、フランケンシュタインは、怪物を殺すよう友人に頼み、息を引き取るが、創造主から名前すら与えられることのなかった怪物はその遺体の前に現れ、死を嘆き、自らも海に消えてしまうという話。

フランケンシュタインは大学生で、〈怪物〉はたった数か月で複数の言語をマスターしてしまうほど極めて高い知性の持ち主だったのだ。

そして、メアリー自身は・・・

彼女の両親はともに自由主義者として著書を出版していたような人物。

無神論者でアナキズムの先駆者である父ウィリアム・ゴドウィンと、フェミニズムの創始者とも言われる母メアリ・ウルストンクラフト。共に結婚制度を否定していた二人は、生まれてくる子が私生児ゆえに社会で差別されることを恐れ、友人や支持者が反対する中、教会で挙式する。しかし、母のメアリは出産からまもなく産褥熱のため死亡してしまう。

孤独だったメアリーは、父の元で学んでいたロマン派詩人パーシー・シェリーと恋に落ち、シェリーに妻子がいることを知りながら駆け落ちを選ぶ。

詩人のバイロンに誘われ、ともに過ごしている間に、小説の着想を経るものの、シェリーの妻は自殺し、ふたりは結婚したが、借金に追われ、シェリーとの間にできた子供も亡くなってしまう。そして、数々の波乱を経験したメアリー初の小説が『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』だった。

〈ツギハギだらけの怪物〉を創ったメアリーが、「・・・が、私を創った」と言った理由。『メアリーの総て』は、その問いへの入り口に相応しい出来栄えで、

1813年に出版され、ゴシック小説や、ロマン派小説の代表作であるだけでなく、SF小説の元祖という小説が、200年以上経った今でも傑作でありつづけることの「凄み」を知りたい人はぜひ!

監督は娯楽規制が多いサウジアラビアで
初の女性になったハイファ・アル=マンスール

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-12-20 10:50 | 映画・マンガ・TV | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite