こんなところにマイケルが・・

f0134963_16463248.png



昨晩のM1グランプリのかまいたちのネタの最後もそうだったけど、突然、思ってもみないところでマイケルが・・・ってことよくあるよね!






例えば最近のヒット曲・・・

Post Malone - Psycho ft. Ty Dolla $ign




Damn, my AP goin’ psycho, lil’ mama bad like Michael
クソ、APが狂っちまった、ギャルたちはマイケルで言うところのバッドだ

「AP」とは、2つの意味があると言われています。1つは、高級腕時計のオーデマ・ピゲのこと。2つ目は、ゲーム「Fallout」にでてくる「アクション・ポイント」のこと。マローンは「Fallout」のタトゥーを入れるほど、このゲームを愛してます。ミュージック・ビデオもどことなく「Fallout」のような雰囲気なのかなと思います。ですので「Damn, my AP goin’ psycho」は、「クソ、APが狂っちまった」という訳になります。

「lil’ mama」は、スラングで「良い女、ギャル」という意味。「bad like Michael」は「マイケルのように悪い」ではなく「イカしてる」という意味。なので、「ギャル達はマイケルのbadみたいにイカしてる」となります。誰もマイケルをディスる奴はいません、特に歴史を知れば知る程に。
あとで、my APだけでなく、my Rollie(俺のロレックス)という歌詞も出てくるので、APはオーデマ・ピゲでまちがってないと思いますが、『Fallout』(放射性降下物 “fallout” によって自然環境が汚染された荒野を舞台にしたRPGゲーム)のアクションポイントという意味を強調して、

lil’ mama bad like Michael(ギャルたちはマイケルで言うところのバッドだ)もギャルたちがイカしてるというのではない別訳をひねり出すと(冒頭のDamnは、小梅太夫のチキショー的なやつじゃなくて、Fuckが「超」みたいな意味で使われてる感じで)

Damn, my AP goin’ psycho, lil’ mama bad like Michael
俺の点数はヤバイとこまで来ちまったぜ。ギャルはバッド時代のマイケルみたいに(俺を見ている)

・・かな。

あと、この曲にも・・

Charli XCX & Troye Sivan - 1999




My room singing Michael Jackson (hee, hee)
部屋にはマイケル・ジャクソンが流れてて

映像にも、iMac、タイタニック、スパイシーガールズ、エミネム、セカンドライフ、ベイビィG、ダンシング・ベイビィ、マトリックス・・・などなど懐かしいモノがいっぱい登場して、

歌詞に登場するブリトニーの「Hit me baby, One more time」は、1999年にバカ売れしてたと思いますが、1999年のマイケルは、ヒストリーツアー終了後から、アルバム『インヴィンシブル』リリースまでの長い長いブランク期間なので、彼の活動期間の中では、かなり地味な時期なんだけど・・・

それでも、ふりかえってみると当時チャートインしてたどんな曲より、よく耳にしてたってことだよね・・。納得w

そして偶然読んでいた、1999年初版の『世界人名ものがたりー名前でみる路ヨーロッパ文化』講談社現代新書にも、ヒスツアーのときのマイケルの写真が・・・


f0134963_17080545.jpg


写真はエリザベス女王と並んで登場だけど、本文に登場するのは「サタンと戦う大天使ミカエル」のページで、

ロック歌手マイケル・ジャクソンや、映画俳優マイケル・ダグラスなどがよく知られています。

うん・・学者の方だし、ロック歌手という表現でも・・ま、いっかw

Commented by ヤンチャ at 2018-12-05 19:09 x
師走に(大笑いな)考察、こんなところにシリーズ、すごいー!説明もわかりやすく脱帽です。いつも脱帽でもう脱ぐ帽子が無いです。小梅大夫まで出てきてビックリしましたよ。
Commented by yomodalite at 2018-12-06 23:08
説明わかりやすかったですか?よかったーー!

スマホだと、引用先と文字色が一緒になってしまってわかりにくかったかな、と心配してたんですが・・安心しました。

>小梅大夫まで出てきてビックリしましたよ。

だって「チキショー」と言えば、小梅太夫だしぃw 引用先の和訳の解説は素晴らしいし、全訳するのはメンドーなので、すごく助かったんだけど、「クソ、APが狂っちまった」と「マイケルのようにイカしてる女の子」って言っちゃうと、ちょっぴり違う意味になってると思うし、ここでマイケルを出す意味が薄くなってるとこが残念で・・・

いや、それにしても、毎日毎日どこかしらで、マイケルを発見することがすごく多くて、ホント「ARE YOU Listening?」の詩のとおり・・・。
Commented by ヤンチャ at 2018-12-07 08:01 x
「ARE YOU listening?」のユーチューブ検索して聞いて、静かな気持ちになりました。

Commented by yomodalite at 2018-12-07 21:10
>「ARE YOU listening?」のユーチューブ検索・・・

朗読で詩を聞くのもいいですよねぇ、とも思ったんですけど・・

念のため
https://nikkidoku.exblog.jp/16269817/
Commented by ヤンチャ at 2018-12-08 05:37 x
Are You Listening (feat. Brock Human) - Official Music Video
こちらの動画を見ちゃってました!私。
Commented by kei-wa at 2018-12-08 20:51 x
yomodaliteさんのマイケル発見ネタはさすがひと味もふた味も違いますね。
私は今日、TantoのCMにBilly Jeanのオマージュを発見して小躍りしていたの(笑)
https://www.daihatsu.co.jp/cm/index.htm
そして、ARE YOU listening?も覗かせていただきました。
凄すぎる・・なんで他の本を先に読んでこてを読まなかったんだろうと
思ってしまいました。。
Commented by yomodalite at 2018-12-08 22:26
>ヤンチャさん

Are You Listening (feat. Brock Human) 聴きましたーー!!

大好きな巨木が登場したり、ホント静かで気持ちのイイ映像&音楽ですね!
United Pursuit ていうのがユニット名で、クリスチャンアルバムチャートで2位になってるとか(最近はこーゆーの、コンテンポラリー・ワーシップ・ミュージック 現代的礼拝音楽っていうんですね)
Commented by yomodalite at 2018-12-09 19:30
>kei-waさん

TantoのCM、初めて見ました!確かにビリジンかも。
ちなみに、ビリジンの床タイルが光るのはサタデーナイトフィーバーから。

>凄すぎる・・なんで他の本を・・・

マイケル自身が出版した2冊の本の中でも、出版まで相当悩んだ自伝と違い、「Dancing the Dream」は、収められた詩もビジュアルも完璧に練り上げられたものなのでおすすめですし、和訳へのご意見もお待ちしてまーす!
Commented by ヤンチャ at 2018-12-10 06:43 x
捜索に行ってくださってありがとうございました。巨木好き共通です。ふむふむ、そういう曲なんですね。
私自身、信仰が特にあるわけではないのですが、朝日にも夕日にも巨木にも、天国を感じる時がありまして、隊長のspeechlessが聴こえてきてしまいます。
Commented by kei-wa at 2018-12-31 21:51 x
Billy Jeanのタイルが光るのにも元ネタがあったなんて!
ホント、マイケルのSFはアメリカ人なら「あーこれ!」というネタに溢れているんですねえ。
「Dancing the Dream」は英語版を購入したのですが、英語が苦手なので
まずは読む前に美しすぎる写真ばかり堪能しております(笑)
が、自伝は悩んだのですか~。そんなことまで言わなくてもいいのに~と思う内容が沢山あって気の毒になってしまいましたが、あれがなかったらマイケルに対する世の中の誤解はもっと深かっただろうと思うと貴重ですね。

さてさて今年の紅白、「マイケル・ジャクソン―キング・オブ・ポップ1958‐2009」に寄稿した日本人3人、郷ひろみ、ISSA(DA PUMP)、三浦大知の三人が勢ぞろいしていますね!DA PUMPは15年ぶりのヒットで紅白出場なのでこの顔合わせはかなり奇跡に近くないですか?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-12-03 17:25 | MJ系ひとりごと | Comments(10)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite