人気ブログランキング |

最近のメモ

f0134963_23123447.jpg

偏愛ルネサンス美術論/ヤマザキマリ
テルマエ・ロマエのヤマザキマリ氏が、偏愛するルネサンスの芸術家をピックアップ。その選択基準は「変人」であること。

残念ながら、マイケルが好きなピエロ・デラ・フランチェスカについては書かれていないのだけど、第5章から、以下をメモ(省略して引用しています)。

宗教に対する敬虔な感覚が薄れてしまった日本人にはかえって、ルネサンスの精神である「人間中心主義」の持つ意味が、あまりピンとこないのではないかと思います。

6世紀に日本に伝来し、奈良時代には国家権力と深く結びついていた仏教は、鎌倉時代にそれを禅宗や日蓮宗といった「新仏教」が生まれるなど、カトリックとプロテスタントの関係に似た動きが芽生えました。ところが江戸時代に入ると、世俗化が進み、日本社会から宗教色が消えてしまいます。

大航海時代に日本に伝来したキリスト教も、天下統一を狙った秀吉、家康によって徹底的に弾圧されました。こうして日本人の中では、宗教的な感覚、つまり「神」や「仏」といった超越的な存在を感じ取る伝統が途絶えてしまったのです。

皮肉なことですが、「神」がわからなければ「人間」のこともわかりません。ルネサンスの時代のヨーロッパの人たちは、それまでの「キリスト教中心主義」から、その反対の「人間至上主義」へと、一気に走り始めましたが、そのきっかけをつくったのは、やはり「神」という超越的存在への感覚なのです。

ルネサンスの多くの芸術家の中で、もっとも生真面目に人間賛歌を謳い上げたミケランジェロは、その象徴的人物です。彼はキリスト教の神に先立つ、古代ギリシャ・ローマの神々に魅せられ、その結果「人間至上主義」に陥らざるをえないほど、「人間であることとは何ぞや」という問いに真剣に向き合っていたのです。

与えられた教義を、何も疑問に思わずに信じるのは楽なことです。でも、宗教について突き詰めて考えた人は。そこで必ず「信仰とは」「この教義の意味とは」という疑問に行き当たります。それらを考える過程で、より本質的な思考が生まれるのです。

宗教からまだ完全に自由ではない西洋人より、宗教概念が希薄な日本人のほうが、精神的に自由だとはいえないと私は思います。誰もが規制の考え方に流され、「長いものに巻かれる」風潮は日本のほうが顕著です。いまの日本にいちばん欠けているのは、ルネサンスを育んだ懐疑的な精神ではないでしょうか。


映画『日々是好日』
やんちゃさんの「抱き上げてもらえたくらい好きな映画」(←https://nikkidoku.exblog.jp/29963971/)として見に行きました。樹木希林がお茶の先生で、黒木華が生徒。ルールが多すぎるお茶の世界は、私には合わなかったけど、この映画の存在感は好き。

神なき日本には「道」がある。マイケル絡みで、今の私は、その「道」から外れがちなんだけど、、フェリーニの『道』は再度観てみなくちゃ・・という気になりました。


名越康文さんのツイートから

f0134963_23193551.png

f0134963_23200483.png

f0134963_23252679.png


Commented by やんちゃ at 2018-10-25 08:24 x
おすすめ映画、いらしてくださって、嬉しい気持ちになりました。茶道に入門して、笑い転げるほどの日常とのギャップを、私は10代から10年間くらい楽しみました。畳に入る第一歩から作法があるなんて、着物を着てお稽古するなんて、深く考えないで言われた通りに動く訓練でしたが、甘いお菓子もいただけるし、お茶杓や、お茶碗まで作りに行けて、私にとっては楽しかった思い出でした。最近は特に、わがままが進み、目に入れても痛くないような物だけにしか目を開けたくなくなり、見ても見なかったフリまでするなんてことにもなり。心地の良い方にばかり動いてしまっています。加齢のせいではなく、これはやはり、ゆるい性格で怠けているということにちがいありません。探求の旅に出たいなぁ。
Commented by やんちゃ at 2018-10-25 09:28 x
ミケランジェロのタグの一つにタツノオトシゴチョコがあり、おや?とみてみました。2013.2.1にヨモダリテさんが、考察された楽しい楽しい展開で、付与されている動画もミステリーでしたが、恐る恐る四話見て、最終のボストンバックが!大大満足。
感想は「人間っていいな」。私の中身は結局オメデタイ。
Commented by yomodalite at 2018-10-27 23:41
>深く考えないで言われた通りに

やんちゃさんには茶道の空間がホントしっくり来る感じ!

わたしは、正座系のお稽古が嫌いなうえに、決まりごとが多すぎるのがどうにもこうにもダメで・・

ただただ四季折々のお菓子と、素敵なお茶碗で、美味しい抹茶を、正座しないで、楽しみたいっすww

>最終のボストンバックが!大大満足。

やんちゃさんが見てくれたおかげで、久しぶりに、Daniel Cloud Camposの動画見ました!

大ヒットしたこれとか、
https://www.youtube.com/watch?v=vUlBD6DQMFM

ウェイユーのこれもホントかっこいい!
https://www.youtube.com/watch?v=ChFtdBZ0HqA

今どうしてるのかなぁ・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-10-23 23:50 | 歴史・文化:美術 | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite