『クレイジー・リッチ!』

f0134963_00392420.jpeg



キャストのほとんどがアジア系でありながら、ハリウッドで大ヒットしたラブコメディ。

・・という情報だけで見に行ったのだけど、冒頭、リッチな中国系の家族が、ヨーロッパの高級会員制ホテルにチェックインするというシーンで、すぐに心を掴まれた。ちょっと大げさに言えば、全アジア人の溜飲が下げられたというか・・。

主役は、ニューヨーク大学で経済学部の教授を務めるレイチェルと、その恋人のニック。ニックの親友の結婚式に出席するためにシンガポールへ行くことになったレイチェルは、飛行機がファーストクラスだったことから、ニックが超お金持ちだったことに気づく。

シンガポール一の超名家の跡取り息子だったニックと、シングルマザーに育てられた生粋のニューヨーカーであるレイチェル。ふたりの恋に次々と襲いかかる障害。

アメリカ人にウチの嫁はつとまらないと考えるニックの家族、そして、超大金持ちの妻の座を狙う女たちからの激しい嫉妬・・・

でも、そういった新鮮味のない昼ドラのようなストーリーに、現代のさまざまな中国系の成功者たちのゴージャスライフが散りばめられると、ハリウッドのセレブライフを見ているときとはまた違った魅力があって…

また、今のハリウッドでは、超資産家の「伝統」を描かないし、出来ない状況でもあるので、お決まりの話のようで、ハリウッド映画としては、意外と新鮮に感じられるのだ。

シンガポールや、中国の現在の成功は、グローバリズムの優等生としてのものだけど、彼らの根本にある「アメリカニズム」とは真逆なものが物語の軸になっているところも面白く、

共に勝者であるもの同士の戦いには陰惨なところがなく、善悪をはっきりさせたがるハリウッド映画にはあまりない、小気味のいい結末も新鮮でした。

日本のバブル時代にこんな映画を一本でも作れていれば・・なんて思ったけど、それが無理だったことも、この映画でよくわかった、という感じ。

キャッチーなオープニングから、鮮やかなエンディングまで、一貫して軽快なストーリー。
レディースデーにぴったりな作品かも!


映像を無駄に盛り込んだだけの、
予告編は見る価値ないのでサントラを!



[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/30084652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-10-04 00:57 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite