人気ブログランキング |

60th Birthday はロンドンへ(3)Michael On The Wall

f0134963_20263770.jpg



今回の展覧会での作品は、マイケルが旅立った2009年以降に創られたものがほとんどで、これまで幾度も取り上げられているラシャペルの作品でも、ヘンリー2世や、イエスが使われているけど、他のアーティストたちも、マイケルを表現するのに、過去の人物との類似点を見出しているものが多い。



f0134963_20422404.jpg

ボードレールとマイケルとの相似を示した作品。
共に作品の完成度を保つために寡作を貫いた・・。



言葉では説明しきれないものを表現するのがアートだとすれば、ここにある作品は、マイケル・ジャクソンという「名前」と、作品を説明する「言葉」がなければ成り立たないものが多く、レベルの高い展覧会とは言えないと思う。

アーティストたちは、それぞれマイケルの死にショックを受け、なにか表現しなくては・・と感じたものの、自らの表現スタイルの中で、その方法を見出せた者は極わずかで・・

でも、それで当然なのだ。



f0134963_20442958.jpg



「マイケル・ジャクソン」のアートについては、マイケル自身がやり尽くしていて、おそらくここにいるアーティストたちもそれに魅了され、彼が生前フォトグラファーに撮らせた写真や、映像を超えるアートを創作することの困難さにも気づいている。

偉大なアーティストの肖像が「自画像」を超えることはない。



f0134963_20462746.jpg



だから、この展覧会では、それぞれのアーティストが作品に添えた、悩み多き言葉の方が「ある答え」を示していて興味深かった。




f0134963_21392770.jpg




誰もその顔を知らなくなってから、大勢のアーティストによって描き続けられたダビデや、だびてや、イエスと違って、マイケル・ジャクソンという「アイコン」は、彼自身の意思が反映されたビジュアルによって、確かな輪郭を失うことなく、何年も遺されていくでしょう。




f0134963_20454305.jpg


私には、この展覧会は、マイケルと時代を共有したアーティストたちによる「敗北宣言」で、これから続く歴史の第一歩に見えました。






Commented by kei-wa at 2018-10-21 00:10 x
読んでから一ヶ月以上経ってのコメントする割に大したこと書けないんですが(汗)
こちらの展示会はものすごく興味があったので、yomodaliteさんが行かれ、写真もいくつも載せてくださって本当に嬉しかったです!

が、
>この展覧会は、マイケルと時代を共有したアーティストたちによる「敗北宣言」で、これから続く歴史の第一歩に見えました。

に正直びっくり。お陰さまでこの言葉の意味をずっと考えながら作品を見たり、マイケルの動画や写真を見て本を読んで一ヶ月を過ごしました。(笑)

あ、でも、Hitomiさんの描かれたマイケルは本当に素敵ですよね!
とても上手なのは勿論ですが、彼の内面から溢れる強い芯,凛とした気品、愛情、優しさ、哀しさ、純粋さ、透明感、まで描かれている感じで、モチーフになった写真とは別の魅力がありますよね。 


Commented by yomodalite at 2018-10-22 19:09
>・・・「敗北宣言」で、これから続く歴史の第一歩・・・に正直びっくり。

いわゆるファンアートと違って、現代美術のアーティストが、有名人を作品化するときに生じる批評的な視線や、作家独自の個性的な見方とか・・・

いずれにしても、MJを題材にした作品というまどろっこしさが、マイケルそのものを見たい多くのファンの気持ちにフィットしてないんじゃないかという勝手な予想も邪魔をして、ちゃんとレポート出来なかったんですが・・

私にとってこの展覧会の感想を語るのは、本当にむずかしいんです。

というのも、「マイケルと時代を共有したアーティストたちによる敗北宣言」というのは、

もともと現代美術好きだった私が、マイケルが旅立った後、彼をより深く知る中で、その限界を感じてしまった・・という私個人の「敗北感」もあっての言葉でもあって・・

でも、これまで、マイケルを題材にしたアートでは、90年代に製作されたジェフ・クーンズのものが有名でしたが、マイケルが旅立って、クーンズ的なものからのシフトが始まった。私の感覚だけでなく・・という感じがしたんですよねぇ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-09-04 20:55 | ☆MJ Birthday | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite