Happy 60th Birthday AKO!!!

f0134963_15025626.jpg


7月7日は、ここまで海外で出版されたマイケル本の翻訳を何冊も手がけてくれたchildspirtsさんの60th Birthdayを祝って、読者限定ブログの読者の方々とパーティーをしました。

読者限定ブログとは・・・

近畿地方は大雨被害のニュースで溢れかえっていましたが、私の住む地域では、予定していた深夜バスが運休になったぐらいで被害もなく、翌朝の新幹線でなんなく東京に到着。

ブログの読者として出会ってすぐにおともだちになった安國麻衣(moulin)さんや、今日の主役である、childspirits(亜子ちゃん)さん以外は、初対面の方ばかりで、ちょっぴり緊張しながら、ミニミニMJコーナーを作っていたら、


f0134963_16031132.jpg

(手前にあるのは織田真里さんの手作りMJクッキー!)


麻衣ちゃんに続いて、素敵な紗合わせのお着物をお召しになったやんちゃさんも到着して、お会い出来たことに感動していたら、受付に注文していたケーキが届いたというお知らせが。

見に行ってみると、ケーキだけでなくお花の注文までずうずうしくお願いしちゃってた、coさんが、このあと成田に直行という忙しいスケジュールの合間を縫って自らデリバリーしてくれて、またまた感激!

そのあと、THIS IS ITでMJが着ていたあの赤いシャツを見事に着こなした織田真里さんや、MJ好きというだけでなく観に行く映画の趣味も似ている?なんて思ってたmoroさんも到着して、感激MAX!

まずは、金箔入りのスパークリングワインで乾杯しました!


f0134963_16084708.jpg

(こちらは来られなかった方全員からのプレゼント!)



f0134963_16085970.jpg



主役の亜子先生は、ウケ狙いで普段は絶対に着ない赤いドレスにすべきか、など色々迷ったあげく、めったにない柄の素適な「小千谷」をセレクト。



f0134963_16101466.jpg

(お着物が上手く撮れなくて残念)



会場の渋谷グランドパセラ、人数に対してお部屋が狭い・・という不満はあったものの、お料理は予想以上に美味しくて、みんな初対面なのに途切れることなく会話も続いて、大阪の上映会スタッフのビキちゃんからお借りした、貴重なマイケル映像を見る時間もあまりなかったぐらい。

でも、マイケル映像って言葉にしようとしても、「足長ぁーー!」とか、「立っているだけで、すでにダンサー!」とか、もう毎回同じ感想しか浮かばないんだけど、何度見ても感動してしまうし、

「THIS IS IT」を何回見たか、というお決まりの話題も、回数だけでなく、それぞれの思いなんかも、みんな少しづつ違っているんだけど、そこから自分に起きた変化が尋常ではないことは、みんな共通していて、そんなこともやっぱり何度聞いてもすごく楽しくて、

13時からお食事開始だったのに、気が付いたら15時を過ぎていてあわててケーキを持ってきてもらう。


f0134963_16152009.jpg



f0134963_16174240.jpg

(こちらも来られなかった方々全員からのプレゼント!)



マイケルにもお供えしたり、


f0134963_16160102.jpg


ケーキやマイケルと、みんな一緒に写真撮ったり・・。


f0134963_16162517.jpg



お味はチョコレートにナッツが効いてる感じなんだけど、お色は「True Black」で、みんなで「お歯黒」になりながらも、全部おいしくいただきましたぁーーー!

そして、こちらも来られなかった方全員からのプレゼントのお花!


f0134963_16185179.jpg



f0134963_16191730.jpg



f0134963_16193496.jpg


coさんのお力もあって絶対にお値段以上、テーブルの上に置けないぐらいゴージャスなお花を贈ることができました!


f0134963_16203489.jpg

たくさんのカンパをありがとうございました!
みなさんからのカードやメールやプレゼント
また、読者希望のときの自己紹介メールなども
亜子ちゃん先生にお渡ししました。


パーティーは4時間では足らなくなって30分延長し、みなさんからのメッセージを代表して、akimさんからのお手紙を最後に読ませていただきました。


f0134963_20312811.jpg

(呼びづらくて変なHNを使い続けてるんだけど、
直接会ってる人はみんな「由美ちゃん」)


f0134963_20321691.jpg

(お手紙は拡大可能です)



亜子ちゃん、マイケルと同じ年の60歳おめでとう!
あきむんの言うとおり、こんなことが出来るのは世界であなただけです!

もう何度お礼を言っても足りないけど、
ここまで本当に本当にありがとーーーーーー!!!

ボランティアの中でも、日々の糧を得ている本業に関することを提供するということは、一番尊いことであり、フリーランス生活が長かった私にとっては、絶対にやってはいけないことだという意識も強かったのに、亜子ちゃんの優しさについ甘えて、こんなにもたくさんの翻訳をお願いしてしまったことを、ただただ申し訳なく思っていたのだけど、

今回のパーティーを亜子ちゃんが喜んでくれたことで、少しだけ肩の荷が下りた気になっている、どうしようもなく甘えん坊のワタシを許して。

そして会場で約束した次の本のことも忘れないでねーーww


f0134963_20340580.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/29923254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by childspirits at 2018-07-10 07:54 x
childspirits(亜子)です。

皆様、この度は本当にありがとうございました!

素敵なメッセージをいただき、見たこともないような豪華なお花に彩られて、キラキラのシャンパンや、世界にひとつのケーキを、マイケルと、マイケルを大好きな方たちと一緒に楽しみながら60歳になれるなんて、夢にも思っていませんでした。

MJのことを少しでもたくさん知りたい考えたいと、自分が楽しんでやっていたことを、ほかの方に共有していただけただけで幸せなのに、こんなふうに感謝していただいて、あたたかいお気持ちをいただけるなんて、幸せすぎます。

人生には思いがけないことが起こるものだなと、This Is ItをきっかけにしたMJとの出会い(というか出会い直し)に改めて感謝しています。

皆様、もう一度、心から、ありがとうございます!

Commented by ヤンチャ at 2018-07-11 16:21 x
東京で、感謝の会を開いていただけた幸運で私も参加させていただけました。駆けつけたかったけどいらっしゃれなかった皆様にお話ししたいことたくさんあります。
実際の人数より、膨らんで感じたくらい都会の一室が、愛と感謝で充満していました。
childspirits先生が翻訳をしてくださったから、こんなに深く、マイケル隊長について日本語でわかることができて、有難うございますって皆んなが思っていて、引率して下さったヨモダリテさまのおかげさまで、全員がマイケルジャクソン隊長の「アイラブユー トゥ」に包まれてほぼ10年も居られたんですから。
その幸せが日常をも幸福にしてくれていた訳です。
私など、スマホやパソコンも、ヨモダリテさんの緻密なブログをちゃんと見たいがために買い替えた1人です。そういう方他にもいらっしゃるのではないでしょうか。
世の中に大事に想える人の多くいる事は、明るい気持ちになれます。明るい気持ちにさせて頂けた会でした。もう一度、心からの感謝を添えて。
Commented by kei-wa at 2018-07-11 22:52 x
こんにちはkeiという名前で今年からお邪魔した者です。
以前からkeiの名前の方がいらしたのに気づかずすみませんでした。、これからはkei-waという名前でコメントさせていただきます。

こちらに集われる素敵な皆様を羨ましく思いながら読ませていただきました。
一度もお会いしたことがありませんが、亜子さま、お誕生日おめでとうございます!
そして、yomodaliteさまとそこに集う素敵な皆さまが力を合わせて作り上げてこられた素晴らしいブログをこうして読むことができることに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

最近は反省して少ない情報だけで推測してコメントすることを自粛し、ブログを読むことと並行して苦手だった読書生活にのめり込んでいる日々なのですが、ネットでたまに負の情報に触れ、あまりに辛く受け止め難く激しく動揺してしまうことが何度もありました。
もう辛くてこれ以上知ろうとするのは止めようかと思ったことも。
それでも、そんな苦難があっても強く美しく生ききった人生を知りたいという思いは
どうしようもなく湧いてきて結局はやめられないのですが。

そんななか、akimさまのお手紙を拝見させていただきさらに動揺しておりますが、こちらに集われた皆様はそれを受け止めてこられた方々なのですよね。

今回の素敵な会とAkimさまのお手紙のおかげで、私の心を占領してしまったマイケルについてこれからもじっくり学んでいこうと腹が据わったという気がしています。

改めてありがとうございます!

Commented by moro at 2018-07-12 10:08 x
今回随分迷いましたが、幸運にも行ける場所なのだから、直接お礼を言わせてもらおうと参加しました。
参加できなかった方々の差し入れのシャンパン、金粉がキラキラと舞ってきれいだったこと!
皆様の思いと共に、childspiritsさんをお祝いすることができて光栄でした。
MJという美しくも深く、広大な森、どう分け入っていいか戸惑う私にとって、
childspiritsさんやyomodaliteさんは道を照らしてくれるガイドです。
keiさん、そうですよね。私も負の情報にはメンタルやられてしまうほうです。
でもMJは最後まで優しく、強くあり続けた人ですから、彼の大勝利でしたから。
好きな人を理解していくというのはつらいことがあっても幸せなことだと思います。
自分の経験や価値観や硬い自我が壊れて再生していくのですから。
こんなちっぽけな私にも愛をくれるMJ、そしてchildspiritsさんやyomdaliteさんに
改めて感謝です。

Commented by childspirits at 2018-07-12 23:54 x
childspirits(亜子)です。

皆様からいただいたお花が、まだまだ生き生きと咲いて、ユリの香りが生活を包んでくれています。ヤンチャさん、moroさんともご一緒できた幸せな空間の余韻で、この時期バテがちな私も元気でいられます。

kei-waさん、お祝いの言葉をいただき、ありがとうございます!不思議なご縁に、ほんとに自分でもびっくりです。

暦も一周したことですし、akimさんからはあんなに素敵なお手紙をいただいたし(ほんと、私にはもったいないような、心のこもった言葉に、ものすごくうれしく、また気恥ずかしいのですが)、これからはまた新たな気持ちで、キングの姿がよりよく見える場所を目指して、頑張りたいと思いますっ。

つまりyomodaliteさん、次の本のことも忘れないからねーー。
これからもよろしく!すべての始まりは、このブログの、マイケルについての考察だったのですから。








Commented by yomodalite at 2018-07-13 23:00
ヤンチャさん
>明るい気持ちにさせて頂けた会でした。

こちらこそ、「あらびゅーもー」ですからねw

moroさん
>今回随分迷いましたが・・・

私が逆の立場だったら、やっぱり行けなかったと思うので、来てくださった方には、本当に感謝のきもちでいっぱいです。

読者限定にしたときから、こんなことが出来たらいいな、と思っていたんですけど、来てくださる人がいなかったら、childspiritsさんに申し訳ないし、実際に当日を迎えるまで悩みが尽きなくて・・。

でも、結果的にたくさんの方に協力してもらったり、参加できなかった方々からもたくさんの差し入れやメッセージもいただいて、いいことづくめでした。
Commented by yomodalite at 2018-07-13 23:01
kei-waさん
>こちらに集われた皆様はそれを受け止めてこられた方々なのですよね。

moroさん同様、私もキツかったことは多々ありましたが、まずはよく考えてみる、という以外に対処法はないようです。

マイケルを通してどれだけ「真実」というものについて学ぶことになったか・・・。見る人によって、見え方には違いがあって、人それぞれ、何通りもの真実があるだなんてことを、マイケル以上に鮮やかに見せてくれる人はいませんでした。

誰もが彼のことを冷静に見ているつもりで、結局は自分の見え方や思考の限界を語っているに過ぎず、結局一番見られていた、マイケルほど、世の中を俯瞰できた人間はいない、と思うんです。

マイケルの身に起きたことの中には、とてつもなく辛いことも多くありましたが、彼には、それを実際に経験して、超えていくという覚悟が、ソロデビューの時点からあって、それは晩年までずっとそうだったんだ、とわかったことが、ここまでの私の収穫です。

childspiritsさん、
>つまりyomodaliteさん、次の本のことも忘れないからねーー。

近日中に、鬼メールするから楽しみに待っててねーー。
Commented by ヤンチャ at 2018-07-15 09:34 x
手作りクッキー(MJつま先ポーズと白帽子と手袋、織田真里さん作)いつまでも飾っておきたい気持ちと美味しいうちに食べさせて頂かなきゃというこの贅沢な悩み。明日は何が起こるかわからないので、勇気を出し、食べるを選択。すっごく美味しい。キラキラの手袋まで表現してあり、MJの魔法にかかりそう。
不思議の国のアリスがクッキーをかじる気持ちのようでした。
もしかしたら、私、大きくなっちゃったかも。かなり魔法のかかったクッキーだったな。美味しかったー。
ヨモダリテさんが、大阪と東京を一またぎで来て下さったあの日は、我々にとっても夢の実現でした。
みんなの気持ちをまとめて下さって、本当に有難うございました。
これからはゆっくりペースでもってシニアグラスとハズキルーぺ使用で、何とかついてゆきます、細長くよろしくお願い申し上げます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-07-09 21:38 | ☆マイケルジャクソン書籍 | Trackback | Comments(8)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite