和訳 “Give In To Me”

f0134963_22495387.jpg


引き続きアルバム『Dangerous』より「Give In To Me」の和訳です。


白人ロックバンドの典型的なステージスタイルを、ガンズ・アンド・ローゼズのSlashや、リヴィングカラーのベーシストのMuzz Skillingsといったアフリカ系アメリカ人のミュージシャンとともにカッコよくキメたこの曲のショートフィルムは、


1993年のオプラ・ウィンフリー・ショウ(米国では2月10日)で初放映されました。


Slashは、「スタジオに入ると、マイケルはブルック・シールズと一緒にいて、挨拶を終えると、『好きなように演奏して』と言われて、二人はディナーに出かけてしまった」と語っていましたが、マイケルは、アクセル・ローズよりもゴージャスな女を連れているところをスラッシュに見せつけたかったのかも。


そして、出演時34歳だったマイケルに、「あなたって、童貞なの?」と聞いたオプラや、様々な疑惑や偏見をもっていた世界中の視聴者にも・・・。






Give In To Me


She always takes it with a heart of stone

'Cause all she does is throw it back to me

I've spend a lifetime

Looking for someone

Don't try to understand me

Just simply do the

Things I say


何に対しても心を動かさず

僕が何をしても冷たく反応する女

僕は人生をかけてずっと

探してきたんだ

僕を理解しようとするんじゃなく

ただ、シンプルに

僕が言った通りにしてくれる人を


Love is a feeling

Give it when I want it

'Cause I'm on fire

Quench my desire

Give it when I want it

Talk to me woman

Give in to me

Give in to me


愛は感覚

僕が欲しいときはあたえて

だって燃えているんだから

僕の欲望を鎮めて

求めているときは応えて

女の方から来たっていいんだ

僕の思うままに

僕が思うようにして


You always knew just how to make me cry

And never did I ask you questions why

It seems you get your kicks from hurting me

Don't try to understand me

Because your words just aren't enough


君は僕の泣かせ方だけはわかってる

なんでそんなことするのか聞いたことはないけど

僕を傷つけるといい気持ちなんだろう

僕をわかろうとなんかするな

君がもってる言葉じゃ無理なんだから


Love is a feeling

Quench my desire

Give it when I want it

Takin' me higher

Love is a woman

I don't want to hear it

Give in to me

Give in to me


愛は感覚

この欲望を鎮めて

僕が欲しいときはあたえて

もっといい気持ちにさせて

愛は女次第だなんて

そんな話は聞きたくない

僕の思うままに

僕が思うようにして


You and your friends

Were laughing at me in town

But it's okay

And it's okay

You won't be laughing girl

When I'm not around

I'll be okay

And I'll, I'll not find

Gotta, the peace of mind no


君は街で友だちと

僕のことを笑ってたね

別にいいけどさ

気にしてないよ

君なんか僕がいなけりゃ

笑うこともできない子なんだから

僕はいいんだ

ただ、それじゃあ僕は

満たされることがないんだよ


Don't try to tell me

Because your words

Just aren't enough


僕にあれこれ言うなよ

君がもってる言葉じゃ無理なんだから


Love is a feeling

Quench my desire

Give it when I want it

Takin' me higher

Talk to me woman

Love is a feeling

Give in to me

Give in to me

Give in to me


愛は感覚

この欲望を鎮めて

僕が欲しいときはあたえて

もっといい気持ちにさせて

女の方から来たっていいんだ

愛は感覚

僕が思うようにして

僕の思うままに


Love is the feeling

I don't want to hear it

Quench my desire

Takin' me higher

Tell it to the preacher

Satisfy the feeling

Give in to me

Give in to me


愛ってそういうことじゃない

でもそんな話はいらない

僕の欲望を鎮めて

もっといい気持ちにさせて

愛がなんだとかいう話は牧師にしてくれ

僕を満足させて

僕が思うように

僕の思うままにして


I don't want to

I don't want to

I don't want to Hear it

Give it to the fire

Talk to me woman

Quench my desire

I don't like a lady

Talk to me baby

Give in to me


違うんだ

違うんだ

僕はもう

そんな話は聞きたくない

炎に身をゆだねろ

女の方から来てもいいんだ

この欲望を鎮めて

淑女なんか好きじゃない

ベイビィ、君の方から

僕が思うようにして


Give in to the fire

Give in to me

Give in to me

Give in to me


炎に身を任せて

僕が思うように

僕の思うままに

僕が思うようにして


Love is a woman

Give in to me

Give in to me

Give in to me

Give in to me


愛は女次第

僕が思うように

僕の思うままに

僕が思うようにして


'Cause I'm on fire

Talk to me woman

Quench my desire

Give it to the feeling


だって燃えているんだから

女の方から来たっていい

この欲望を鎮めて

僕の欲望を鎮めて

感覚に身をまかせて


(訳:yomodalite)



f0134963_22501849.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/29762034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moro at 2018-05-05 00:27 x
嬉しい。大好きな曲です。
I've spend a lifetime
Looking for someone
Don't try to understand me

Love is a feeling
など、つい口ずさむほどツボなのですが、正直なところ
最初の2行の意味がよくわからなかったし、他にもよくわからないところが
数か所あってもやもやしていたので、今回訳を読めて嬉しいです。

君は僕の泣かせ方だけはわかってる

この訳には「なるほど!」と思いました。
「わかろうとなんかするな」と対比されていて、胸にすとんと落ちました。

この曲は叩きつけるような短いフレーズで盛り上がっていってそこが凄く好きなのですが、感覚的にわかるようで、やはりわかりきれない。

それにしても、このアルバムでは「Heal the world~」なんて優しい声で歌っていたかと思えば、こんな激情をシャウトしたり。今更ですが幅ありすぎで好きです。

ところでご存知かもしれませんが、この曲のリミックスで凄く気に入ってるのが
あるのでよかったら聴いてみてください。
ニコ動で聴いていたのですが、YouTubeで探してみたらあったので、よかったら。

https://youtu.be/jC9FVeOwLzI








Commented by yomodalite at 2018-05-05 22:40
>嬉しい。大好きな曲です。

わたしもーーーー!!!

>この曲は叩きつけるような短いフレーズで盛り上がって・・・感覚的にわかるようで、やはりわかりきれない。

そうなんですよねぇ・・。マイケルが書く歌詞はストレートに気持ちを表してもいないし、詩的でレトリックに優れてもないし、メッセージもめったにないので、すっごく苦労して、一生懸命に日本語にしても、なかなか感動もできないんだけど・・・

ただ、いくつも読んでいると、彼が感情的でないのは、マイケルの哲学によるものなんだってことが見えてきて、

そんな他のアーティストとは全然違ってるところをいつか説明できたら、とは思っているんだけど・・・とにかく全部訳さないとね(ふぅーw)

>それにしても・・・今更ですが幅ありすぎで好きです。

だよねーー!あーーデンジャラスが好き過ぎて困るぅww

>この曲のリミックスで凄く気に入ってるのが
あるのでよかったら聴いてみてください。
https://youtu.be/jC9FVeOwLzI

わーー、リミックスも大好物なんで、遠慮なくいただきまーす!

じゃ、私もおすそわけ(はぁと)

https://www.youtube.com/watch?v=3QKqQNda8u8
https://www.youtube.com/watch?v=Ox8cYlq3sMQ
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-05-02 23:00 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite