映画『デトロイト』

f0134963_23504535.jpg


[追記修正あり]1967年に起きた、アメリカ史上最大とも言われる暴動<デトロイト暴動>。そこで起きた“戦慄の一夜”を、女性初のアカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグローが描いた秀作。

今、この時期に50年も前に起きた暴動事件を取り上げる監督の意図は明らかでしょう。つまり、これと同じことが、未だに起きている、ということ。

そして、実話を元にしていることで、ストーリー展開が想像できたにも関わらず、142分という長さを一瞬も気を抜けないほど緊密な映像でまとめ上げたビグロー監督の手腕もスゴい。

でも・・・

冒頭で、この暴動が、黒人たちの権力や社会に対する不満が爆発したことで勃発したことが、イラストで説明されるが、黒人たちは同じ街に住む、白人、アジア人、そして同胞であるはずの黒人の店さえも無分別に襲い、あちこちで放火がおき、多くの略奪が横行し、街全体が破壊されていった。

ウィル・ポールターが見事に演じた、人種差別主義者の白人警察官のクラウスは、無法地帯に陥った街で、商品を略奪した黒人を発見し、追跡の中で射殺してしまう。略奪者を見逃せば、さらに破壊が繰り返される、という理由で。

銃をもたない人間を背後から撃ったクラウスを、上司は厳しく叱責するが、彼の自分は正しいことをしているという意識は変わることなく、黒人への制裁意識は、その後におきた狙撃事件によって、一層エスカレートしていく。

観客は、クラウスがモーテルの客の中から狙撃犯を探すための行動に、怒りを抑えられないし、狙撃とは無関係の人間を殺してしまうクラウスの中にある「黒人差別」や、「白人至上主義」を憎まずにはいられず、司法による「正義」が行われることを心の底から望むが、現実は、それとはまったく逆方向へと進んで行き、裁判では、白人警官の罪は裁かれず、黒人への人種差別の溝の深さだけが浮き彫りになる。

なぜ、同じ悲劇が繰り返されるのか?
なぜ、人種差別はなくならないのか?

アメリカが、何度も何度も繰り返し問うてきたこの問いに、ビグロー監督はこれまでと同じ答えを、これまで以上に素晴らしい映像で表現した、とは思う。

しかし、白人警官の罪が裁かれなかったのは、本当に「黒人差別」だけなのだろうか?

裁判で証言した黒人たちの “前科” は、彼らが常に警察官に疑われているという「不公平」を表しているようにしか見えないが、

暴動により、日々真面目に築き上げてきた店や、住む家が破壊され、商品や蓄えてきたお金を奪われた人々の怒りや哀しみは?

そして、現状への不満を、自分が住むコミュニティにむけ、大勢の無実の人々を恐怖に陥れ、自分本位の行動から、破壊と略奪を繰り返した黒人の罪は?

ビグロー監督は、クラウスに童顔の役者をキャスティングすることで、差別主義者が無知であることを強調し、

モーテルの一夜では、暴動行為とは無関係の善良な黒人と、彼らに行為的な白人女性を何時間も拷問したうえに、殺人まで引き起こしたことで、無実の黒人と、無知の白人至上主義者という構図を際立たせたが、この映画には、街を無法地帯に追い込んだ黒人たちの姿はまったく描かれていない。

それで、彼女は真実を描き、「声なき声」を聞いたといえるのだろうか?

ウィル・スミスが、「これから何度でも繰り返し観たい最高の映画」と評した『ジュピターズ・ムーン』とは違って、この映画では、善と悪が明確に表現されている。



アメリカン・アーティストには、「人種差別」という型通りの見方や、正義を乗り越える努力こそが必要なのでは?と、私には思えてならないけど、この道を進み続けることが、アメリカに科せられた「宿命」なのかも。

☆どの俳優の演技も忘れられないほど印象深いのは確か!
予告編を見るなら、海外版予告(日本語字幕)が一番かな。

[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/29538319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2018-02-09 00:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite