ソニーウォーズの意味について(考察のポリシー?)

f0134963_14302644.jpg


とうとう、(3)まで、書いてしまいましたけど、まだ最初に書きたいと思ったところまで、全然来てなくて、焦ったり、迷ったりしつつ、これ以上、自分の心が折れないように、初心を思い出したり、いいわけしたりしたいんですけど、

マイケルに限らず、考察をする意味というのは、自分以外の人のことを考えることで、「自分を知ること」だと思っています。

マイケルは、「偉大な人を学ぶことで、自分も偉大になる」と考えて読書をしていました。

私にとって「偉大な人」は、マイケルですが、自分も。。というようなことは、まるで考えられないので、読書をする行為という部分だけをとっても、ものすごい違いがあるわけです(それ以外はもっと違ってるんですけどねw)。それで、「マイケル・ジャクソンを読む」ということのむずかしさを実感したり、

彼が読んでいた本とか、彼が偉大だと思っていた人物について調べたりということを、コツコツとやっていると、こんなに偉大な人たちがいっぱいいて、命がけで歴史を創ってきたのに、どうして世の中はよくならないんだろうと思って、絶望しそうになるんですが、

偉大な人たちは、そんなことに絶望することなく、偉大な精神を未来に繋ぐために、その身を削ってきた人だということはわかってきて、その「偉大な精神」とは何かということもわかりました。そこだけは、はっきり「わかった」と言ってしまいますが、「偉大な精神」とは、

We Are The World と、Heal The World です。

(ちなみに、今ほどマイケル病にかかっていない頃、私は「Heal The World」という曲は大好きでしたが、「We Are The World」は嫌いでした)

マイケルのことを尊敬しているから、そう思うのではなく、世界宗教の創始者も、科学者も、思想家も、詩人も、政治家も「偉大なひと」はみんなその精神だと思います。

2015年の私だけじゃなく、2016年も、2017年の私もきっとそう思っているんじゃないかと思います。それについては、7年続けているブログでさえ、なにか書こうと思ってから、実際に書いてみると、まるで違う内容になってしまうと思うぐらい、自分の考えも、その書き方もわからない私にしては、めずらしいぐらい確信しているんですが、残念ながら、人は「確信」したときほど、間違ってるものらしくw、


名越氏は、立派な精神科医の方なので、こんな風に言ってくださいますが、ほんの少しかじったその方法論だけで、偉大な人を「病気」に分類したり、幼児期のトラウマや、悲惨な体験を発見しては、物事の真実を知ったと、悦に入っている人の方が世の中には多いので、その創始者であるフロイトが「精神分析」について、慎重に書いてきたこととは、まるで違っていて、

偉大ではない人が、ものすごく正しいと感じるときは、たしかに「ヤバい病気」に犯されている可能性は大いにあって、

しかも、その「ヤバい病気」というのは、ふつうのひとが「偉大な精神」に触れたとき、よく起こる病気で、世の中がよくならない原因でもある。といってもいいぐらいの「ヤバさ」なんですが、一旦、発病すると、完治に至ることは極まれで、もともと感染力が強いだけでなく、発病した人はみんな、積極的に他人をも感染させようとするせいか、少しづつ形を変えて、蔓延するので、どんどんヤバさが増していくという、ホントに恐ろしい病気なんですけど、えっと、何の話でしたっけ(笑)

そうそう、「マイケル・ジャクソン考察と、偉大な精神を考えることのむずかしさ」についてですよ。たしかww

とにかく、そんなわけで、「偉大な精神」のことを考えていたって、偉大にはなれないことが多いだけでなく、むしろ、そこから離れていくことが多いので、

だから、マイケルことはわからない。ってことになるんですけど・・・

でもね、残念なことに、すでに「発病」してしまってるんです。私だけじゃなく、あなたも。

私が考える「マイケル」は、しょせん、「私の考え」です。

私の考えを「マイケルの考え」のように書かれたり、MJではないものを、「MJとして捉えられている」ことへの不快感は、私も日々感じていますが、

本当は憎む必要がないものを、憎んだことで起こる問題は重大で、世界中の人を愛し、また愛された人のことを考えることは、「自分を知ること」だけでなく、少しでも「自分を拡げること」に繋げたいと思います。

マイケルを理解することには、なんの自信もありませんが、今後も、病とつきあっていくので、どうぞよろしくお願いします。


[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/23583071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by co at 2015-01-22 16:04 x
>マイケルを理解することには、なんの自信もありませんが、
>今後も、病とつきあっていくので、どうぞよろしくお願いします。

こちらこそ、どうぞよろしくおねがいします、します!
Commented by boso at 2015-01-23 01:05 x
こんばんは、他に類を見ない視点での考察は有って良いと思うので、続きを楽しみにしています!
偉大でない私(達)は自分の中の知識や体験などのバックグラウンドによって偉大な人を解釈するしかなく、様々な考察が生まれるのは止める事ができません。たとえそれが「事実」とかけ離れていたとしても、その人が考察や解釈をする事によって「救われる」場合があります(ファンと呼ばれる人々は特に…)。MJはそれをよく知っていたと思いますが、それでも個人のレベルでは苦痛もあったでしょうし、親しい人には声を出して嘆いたかもしれません。
しかし、死後に漏れたそんな証言をいくらかき集めても、彼と同じ場所と精神を共有する事は不可能ですし、彼は自分の苦痛を皆に共有して欲しいとは望んでいなかったと思います(ソニーウォーズの時でさえも…)。
一人の人間を対象としては解釈の幅がとんでもなく多彩な事、それをついに亡くなる時まで彼が許してくれた事(通常ここまで耐えられないのでは、もっと楽な選択はあった)、しかし本人の言動は一貫している事、私はそれはMJの偉大さの一部だと思います。
Commented by Lalalu at 2015-01-23 11:01 x
“Like the old Indian proverb says, Do not judge a man until you’ve walked two moons in his moccasins. "

2年前の今日のあなたに・・・

彼の考えていたことなんて
彼にしか分からないことだと思います。
それでも彼なら
Keep goin'と言ってくれると思いますよ。

Commented by yomodalite at 2015-01-23 20:51
coさん、コメントありがとうございます!
coさんのコメント読むまでは、少しダウンしてたんですが(誰かから攻撃されたわけじゃなく、自分の中のもうひとりがね…)、でも、MJみたく「PHONEY」へ気持ちを盛り上げてみようかなぁなんて思って、ハルキの『ライ麦』読んだりしてるうちに、元気になってきました(てへへ)
Commented by yomodalite at 2015-01-23 20:52
bosoさん、コメントありがとうございます!

>彼は自分の苦痛を皆に共有して欲しいとは望んでいなかったと思います。

それは、望んでいないと、はっきり言っていますものね。

>彼と同じ場所と精神を共有する事は不可能ですし、…

「MJのことは、MJにしかわからない」とう声は、よくわかっているんですけど、私たちが(彼は別にして)憎んだり、嫌ったりする必要がないんじゃないか?って思うことがあるとき、違ってるかもしれないということを考えてみなくちゃ。特に思っちゃうんですよね。

>しかし本人の言動は一貫している事、私はそれはMJの偉大さの一部だと思います。

同感です!
Commented by yomodalite at 2015-01-23 20:52
Lalaluさん、コメントありがとうございます!

>2年前の今日のあなたに・・・

この考察は、正悪の判断ではないつもりです。

>それでも彼ならKeep goin'と言ってくれると思いますよ。

ありがとうございます!
Commented by Lalalu at 2015-01-23 22:55 x
なんだか誤解される書き方をしてしまったようです。
私はあなたの考察を正悪として書かれているとは
少しも思ってはいません。
逆にそんなテイストを排除されているからこそ
興味深く読まれている方が多いのではないかと
推察いたします。

応援コメントを書いたつもりでしたが
空回りだったようです(笑)
出しゃばりも程々にしないといけませんね(笑)
どうぞ、私の稚拙なコメントはお気になさらず。
失礼いたしました。



Commented by yomodalite at 2015-01-23 23:41
Lalaluさん、Keep goin' 充分励みになってます。

再度のお気遣いも本当に感謝です!

>逆にそんなテイストを排除されているからこそ
興味深く読まれている方が多いのではないかと
推察いたします。

めちゃくちゃ嬉しいですぅーーー!!!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-01-22 14:31 | MJ考察系 | Trackback | Comments(8)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite