和訳 THE fish THAT WAS THIRSTY『Dancing the Dream』[21]

f0134963_11245192.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「THE fish THAT WAS THIRSTY」の和訳です。

気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



THE fish THAT WAS THIRSTY

喉が渇いた魚


One night a baby fish was sleeping under some coral when God appeared to him in a dream. "I want you to go forth with a message to all the fish in the sea," God said.

ある夜、小さな魚が珊瑚の下で眠っていると、神さまが夢の中に現れて、「この海にいるすべての魚たちに、私のメッセージを届けて欲しい」と言われた


"What should I tell them?" the little fish asked.

「なんと伝えればいいのですか?」と、小さな魚はたずねた。


"Just tell them you're thirsty," God replied. "And see what they do." Then without another word, He disappeared.

「喉が渇いた」とだけ言いなさい。「そしてみんながどうするかを見るように」神はそれだけ言うと、消えてしまった。


The next morning the little fish woke up and remembered his dream. "What a strange thing God wants me to do," he though to himself. But as soon as he saw a large tuna swimming by, the little fish piped up. "Excuse me, but I'm thirsty."

翌朝、小さな魚は目を覚ますと、昨晩の夢を思い出して、「神さまから命じられたことをやらなきゃ」とつぶやいた。すると、大きなマグロが泳いできたので、小さな魚はいきなり、「すみません、ぼく喉が渇いたんですけど」と大声で言った


"Then you must be a fool," the tuna said. And with a disdainful flick of his tail, he swam away.

「おまえは、どうかしてるんじゃないか」、マグロはそう言うと、尾びれで振り払うようにして行ってしまった。


The little fish did feel rather foolish, but he had his orders. The next fish he saw was a grinning shark. Keeping a safe distance, the little fish called out, "Excuse me, sir, but I'm thirsty."

小さな魚は自分が愚かに思えてきたものの、神さまの命令にそむくわけにはいかない。次に出会ったのは、にやりと顔を歪ませたサメ。小さな魚は、少し離れたところから、叫んだ。「すみません、ぼく喉が渇いているんです!」


"Then you must be crazy," the shark replied. Noticing a rather hungry look in the shark's eye, the little fish swam away quickly.

「おまえは、頭がおかしいよ」、と言うサメの眼が、自分のことを物欲しそうにしていることに気づき、小さな魚は急いで逃げだした。


All day he met cod and mackerels and swordfish and groupers, but every time he made his short speech, they turned their backs and would have nothing to do with him. Feeling hopelessly confused, the little fish sought out the wisest creature in the sea, who happened to be an old blue whale with three harpoon scars on his side.

その日のうちに、タラ、サバ、メカジキ、ハタにも出会ったけれど、喉が渇いたと言っただけで、彼らは知らんぷりで行ってしまう。小さな魚は絶望感でいっぱいになりながらも、この海の中でいちばん賢い生き物を探し続けていると、モリに傷つけられた3本の跡のある年老いたシロナガスクジラに出会った。


"Excuse me, but I'm thirsty!" the little fish shouted, wondering if the old whale could even see him, he was such a tiny speck. But the wise one stopped in his tracks. "You've seen God, haven't you?" he said.

「おじいさん、ぼく喉が渇いているんだ!」小さな魚は、年老いたクジラが、自分に気づくかどうか心配しながら、大声で叫んだ。それなのに、賢いクジラは動きを止めると、「君は、神さまに出会ったんだね?」と言った。


"How did you know?"

「どうしてわかったの?」


"Because I was thirsty once, too." The old whale laughed.

「昔、わしも喉が渇いていたからさ」年老いたクジラはそう言って笑った。


The little fish looked very surprised. "Please tell me what this message from God means," he implored.

小さな魚はとても驚いて、「教えてください。神さまからのこの伝言にはどんな意味があるんですか?」と懇願した。


"It means that we are looking for Him in the wrong places," the old whale explained. "We look high and low for God, but somehow He's not there. So we blame Him and tell ourselves that He must have forgotten us. Or else we decide that He left a long time ago, if He was ever around."

「それは、誰もが間違った場所で、神を探しているという意味なんじゃ」と年老いたクジラは答えた。「みんな高いところや、低いところで、神さまを探しているが、そこにはおられない。それで、みんな神さまを恨み、自分たちを見捨てたか、とうの昔にいなくなってしまったと思いこむようになったんじゃ」


"How strange," the little fish said, "to miss what is everywhere."

「おかしな話だ」と小さな魚は言った。「どこにでもあるものを見失うなんて」


"Very strange," the old whale agreed. "Doesn't it remind you of fish who say they're thirsty?"

「たしかにおかしな話だ」と年老いたクジラもうなずいた。

「まるで、喉が渇いたと言う魚みたいじゃろう?」


(訳:yomodalite)


◎[Amazon]DANCING THE DREAM




[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/23086900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-10-09 10:57 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite