和訳 THE last TEAR『Dancing the Dream』[17]

f0134963_20050979.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した
『Dancing the Dream』に収められた「THE last TEAR」の和訳です。
気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



THE last TEAR

最後の涙


Your words stabbed my heart, and I cried tears of pain.

“Get out!” I shouted.

“These are the last tears I’ll ever cry for you.” So you left.


君の言葉が心に突き刺さり、

僕は悲痛な叫び声で、「出て行け」と言った

「君のために涙を流すのは、これが最後だ」と。

そして、君は出て行った


I waited hours, but you didn’t return.

That night by myself I cried tears of frustration.

I waited weeks, but you had nothing to say.

Thinking of your voice, I cried tears of loneliness.

I waited months, but you left no sign for me.

In the depths of my heart, I cried tears of despair.


何時間待っても、君が戻ってくることはなく、

その晩、僕はひとり悶々と泣いた

何週間待っても、君は何も言って来ることなく

君の声を思い、僕は孤独の中で激しく泣いた

何か月待っても、君からの便りはなにひとつなく

僕は心の底から絶望し、涙をふり絞るように泣いた


How strange that all these tears could not wash away the hurt!

Then one thought of love pierced my bitterness.

I remembered you in the sunlight, with a smile as sweet as May wine.

A tear of gratitude started to fall, and miraculously, you were back.

Soft fingers touched my cheek, and you bent over for a kiss.


どんなに泣いても涙を振りはらうことができないなんて

そのとき、この愛についての思いは苦しみを突き抜けた。

僕は思い出したのだ。日の光の中にいた君の姿を

5月のワインのように甘い君の微笑みを

感謝の涙がこぼれ、そして、奇跡のように君は戻ってきた

柔らかな指で僕の頬に触れ、かがみこんでキスしてくれた


“Why have you come?” I whispered.

“To wipe away your last tear,” you replied.

“It was the one you saved for me.”


「どうして、帰ってきたの?」僕がささやくと

「あなたの最後の涙をぬぐいに」と君は応えた

「それは、わたしのためのものだもの」


(訳:yomodalite)


◎[Amazon]DANCING THE DREAM





[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/22901421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2014-09-11 23:50 x
前記事に続き、素敵な訳詩をありがとうございました。
写真も、Happy Birthday Michael! Part2 以来、「直球ど真ん中」タイプのMJフォトを見せて下さっているような・・・。
Dancing the Dreamには、グッとくる詩とともに、ググッとくる写真もいっぱいなんですね♪(なんか、我ながらボキャブラリーが昭和w)
季節の変わり目で体調がいまひとつな時も、先月来のyomodaliteさんによる、「写経」フォトで元気をもらっています。
ちょっと前になってしまいましたが、「僕らはみんな家族なんだ」の時の写真も大好きなんです!
Commented by yomodalite at 2014-09-12 17:00
翻訳直しキターーーー!と思って正座して見てみたら…w

>Dancing the Dreamには、グッとくる詩とともに、

私ね、最初に「Dancing the Dream」を見たときは、GOODな写真と、よくポストに投函される、素晴らしい教えが書かれた小冊子の挿絵のような絵と、地球とか、環境にやさしい人が書くような詩が書かれていて、それが「マイケルなんだ」って思って、あんまり読まなかったんだよね。

でも、そうじゃなかったことがだんだんわかってきて、自分で訳してみたの、これで17番目だけど、後になるほど、なかなか自分でピンと来なかったり、和訳本の訳とほとんど代わりばえしないと思ってたものになるんだけど、それでも、やってみると「ああ、そうかぁ」って思うこと多いし、やっぱり、いわゆる、地球とか、環境にやさしい人が考えてることとは、全然ちがうことがわかって、グッときちゃうんだよね。

挿絵の方は、今でも「素晴らしい教えが紹介されている小冊子」みたいに見えるんだけどさw
Commented by yomodalite at 2014-09-12 17:01
>「僕らはみんな家族なんだ」の時の写真も

あれずっと好きな写真だったんだけど、コンディションがいいのが見つかって嬉しくて、少しだけ色をつけてみたの。ホント、MJが両手を拡げたポーズの美しさったらないよね。

聖マイケル十字とか名づけたい!

今回は「昭和」なコメント返しできなくて、残念!
Commented by kuma at 2014-09-12 22:29 x
>素晴らしい教えが書かれた小冊子の挿絵のような
そうなんですよぉ。私もずっとそう思ってました!

>MJが両手を拡げたポーズの美しさったらないよね。
そうなんですよぉ。私もずっと・・・・w

書いても書かなくてものコメントですみません。でも、どうしても「同意」を叫びたくて・・・。yomodaliteさんが隣にいらしたら、オバチャンの習性で、お背中バンバンたたきながら叫んでるところでした(笑)。



Commented by yomodalite at 2014-09-12 22:45
>書いても書かなくてものコメントですみません。

背中叩き合えて嬉しいっす。

>>素晴らしい教えが書かれた小冊子の挿絵のような
そうなんですよぉ。私もずっとそう思ってました!

素晴らしい教えが書いてあって、速攻ゴミ箱に入れられちゃったりする小冊子の方も、MJは実際に訪問して配ってたんだよね。。(しみじみ。。)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-09-11 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite