マイケルは、なぜ、あのアルバムを「スリラー」と名付けたのか?[3]

f0134963_11364890.jpg


☆マイケルは、なぜ、あのアルバムを「スリラー」と名付けたのか?[2]の続き

自伝『ムーンウォーク』で書かれているように、『オフ・ザ・ウォール』は、かつてのチャイルド・スターが、時代にマッチしたレコーディング・アーティストへと成長できることを証明し、『スリラー』で、成し遂げる仕事のお膳立てをしたアルバムでした。

MJは、幼い頃から夢だった史上最高の売上げを誇るアルバムを創ることを、
周囲にも目標として指し示すことが出来る段階に来ていた。

自分を信じて、作品に文字通り魂を注ぎ込む。
そのためには死んでもかまわないと思うまでに。(『ムーンウォーク』p200)


下記はオリジナルのアルバム『スリラー』の収録曲。
( )内は作曲者および共演者 ☆印はMJ作曲

◎A面
1. Wanna Be Startin' Somethin'
2. Baby Be Mine (Rod Temperton)
3. The Girl Is Mine (featuring Paul McCartney)☆
4. Thriller (Rod Temperton)
◎B面
5. Beat It (featuring Eddie Van Halen) ☆
6. Billie Jean
7. Human Nature (Steve Porcaro & John Bettis)
8. P.Y.T. "Pretty Young Thing" (James Ingram)
9. The Lady in My Life  (Rod Temperton)


『オフ・ザ・ウォール』には、MJのさらなる魅力を加味するために、ポール・マッカートニーの曲が収録されましたが、『オフ・ザ・ウォール』よりも、さらに売れるアルバムを目指した『スリラー』では、ふたりがデュエットした「ガール・イズ・マイン」が、先行シングルとしてリリースされました。

(下記は、自伝『ムーンウォーク』より省略して引用)

この曲のように、1曲にふたつのビッグネームが入っていれば、最初に出すしかないのです。さもなければ、その曲ばかり繰り返しオンエアされ、目立ち過ぎてしまいます。ポールに声をかけたのは『オフ・ザ・ウォール』に “ガールフレンド” という曲を寄せてくれた彼の好意に対して、お返しがしたいと思ったからです。

ポールという、スタジオであらゆる楽器を操り、すべてのパートの楽譜を書ける男と、そんなことはできない若造の僕との共作です。にもかかわらず、僕らは対等に仕事をし、スタジオでポールが僕を引っ張って行く必要はなかったのです。僕にとってこの共同作業は、大きな一歩になりました。そこには、誤りを正すクインシー・ジョーンズの存在がなかったからです。

(引用終了)

アルバムを評価したり、オンエア曲を選ぶようなプロは、まず、ビッグネームが関わっている曲を聴いて、アルバム全体の出来を判断します。MJは1曲にふたつのビッグネームと言っていますが、「ガール・イズ・マイン」はMJが作曲した曲です。そこから判断すれば、『オフ・ザ・ウォール』で、ポールやスティービーの曲をシングルにしなかったのは、自分の曲を埋没させたくなかったからでしょう。「スリラー」で、ポールとの曲を先行シングルにしたのは、MJの実力が証明された後だったことと、

このアルバムを「R&B」ではなく「Pop」に分類させる意味があったと思う。

この間のポールとMJの共演は下記の3曲ですが、

・Say Say Say(MJ&ポール共作)
・The Girl Is Mine(MJ作曲)
・The Man(ポール作曲)

この中で一番の名曲が「Say Say Say」であることに異論がある人はいないでしょう。

実際、この曲はMJのシングルヒットの中でも歴代No.1の売上げを記録している。

ポールは「スリラー」より10ヶ月後、1983年10月31日リリースされたアルバム『パイプス・オブ・ピース』から、1983年10月3日に先行シングルとして「Say Say Say」をリリースし、PVも制作しました。

ポールは、スリラーの8ヶ月前の1982年4月にリリースした『タッグ・オブ・ウォー』でも、ステーヴィー・ワンダーとの共演曲「エボニー・アンド・アイボリー」をシングルリリースし、PVも制作していました。これは、スティーヴィーにとって、米英チャートではじめて1位を獲得した曲で、その他「Take It Away」も、ビルボードトップ10入りしています。

ポールは、80年代においてもシングル曲のチャートゲッターとして圧倒的でした。

(それなのに、未だに元ビートルズと言われているのは、
もしかしたら、ビートルズの版権所有者であるMJの策略かもしれませんww)

MJの伝説として、ミュージックビデオを革新したとは、よく言われていることですが、彼が変革したのは、プロモーションビデオ自体が、米国でビジネスになったということで、MJより前に面白いPVがなかったというわけではありません。

ただ、当時、若者が観たいと思うようなミュージックビデオは、その多くが英国のアーティストによるもの。音楽が輸出産業だった英国では、海外へのプロモーションが重要で、またハリウッドのような巨大映画産業がなかっため、音楽ビデオは、才能のある映像作家が活躍する土壌にもなっていました。

一方、米国の音楽界では、自国の売上げだけで充分な販売が期待でき、映像作家はハリウッドに集中していたせいで、当時のミュージックビデオはつまらなかった。

英国のビッグアーティストであるポールが、米国アーティストとの共演作をシングルカットし、予算をかけたPVを創ることは確実でした。

『パイプス・オブ・ピース 』は、前作『タッグ・オブ・ウォー』と2枚組での発売予定もあり、1982年にすべての曲が完成していて、『The Girl Is Mine』よりも前にレコーディングも終えていた。

それなのに発売は、スリラーより10ヶ月後の1983年10月。

ビッグアーティストが同時期に完成していたアルバムを発売する場合、
先輩の方が後からという慣習はあったかもしれませんが、

MJのアルバム『スリラー』は1982年12月1日にリリースされ、
ポールとマイケルのシングルリリースは下記の順番でした(☆印はビデオありのもの)

・The Girl Is Mine(1982年10月23日)
・Billie Jean(1983年1月2日) 
・Beat It(1983年2月3日)
・Wanna Be Startin' Somethin(1983年5月8日)
・Human Nature(1983年7月3日)
・PYT(1983年9月19日)
・Say Say Say(1983年10月3日)
・Pipes of Peace(1983年12月17日英国のみ発売。☆)
・Thriller (1983年11月12日)





ポールは前作「エボニー・アンド・アイボリー」のビデオでは、黒人と白人をピアノの鍵盤にたとえて、音楽に人種なんてないことを表現し、




「Say Say Say」では、一緒に「ミンストレル・ショー」を行って、黒人も白人も、芸能人はみんな同じ人種だと言っているようです。

『Say Say Say』のビデオが好きなMJファンは多かったと思います。

僕はそれをビデオと呼ぶのさえ嫌なのです。撮影現場でもスタッフたちに、僕らが作っているのは映画なんだ。僕らはビデオテープを使わずに、35ミリフィルムで撮影しました。真剣だったのです。(自伝『ムーンウォーク』P217)

というMJの『ビリージーン』や『ビートイット』より、

映画的だと思うのも私だけではないでしょう?

作品のテーマからか、米国では発売されませんでしたが、第2弾シングルの『Pipes of Peace』でも、ポールはMJよりもショートフィルムと呼びたくなるビデオを創っています。





MJは「彼の好意に対して、お返しがしたい」と書いていますが、

『オフ・ザ・ウォール』で、ポールが作曲した『Girlfriend』をシングルカットせず、MJ自身がポールの曲と同じような曲を書き直してみましたというような『The Girl Is Mine』を、同じようなタイトルの『Baby Be Mine』の次に収録したり、

私には、この頃のMJは、ギネスで「ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家」として認定され、60年代からずっとチャートキーパーだったレジェンドに戦いを挑み、葬り去ろうとしていたように感じられます。

ポールは黒人と白人がいると思っている。

でも、MJは、黒人とか、白人という、肌の色で区別されたくない。

マイケルは「人種差別をするな」ではなく「人種なんて本当はない」と思っていた。

これまでの「黒人」の描かれ方は、自分とは違う「型にはまった」もので、黒人に与えられる役柄も少なかった。「セイ・セイ・セイ」のヴィデオに登場し、『特攻野郎Aチーム』や『ロッキー3』で大人気だった ミスター・T もそうであったように…

ポールが前作に引きつづき、反戦や、人種共存といった
平和をテーマに曲を創っているとき、

MJはポールに対しては、どんな女も「自分のもの」だと言ってばかりw

(いったいどこが「感謝」なの?と思うのは、私だけでしょうか…ww)

それでも、スリラーのシングルリリース前までに、ポールが創った優れたビデオを含め、MTVでは3本のMJ映像が集中して放映されることになり、『Say Say Say』での、ポールと「主演」を争うような共演は、彼を、次世代のスーパースターへと印象づけました。


f0134963_09543593.jpg
『The Girl Is Mine』のジャケットは、スナップ写真すぎるうえに、
着てるもんまで、ポールからもらったやつw
自分では1円も使いたくないのだ(笑)



一緒にレコーディング中は、特に垢抜けないファッションで
ポールを油断させておいたことが、
ありありと伝わる、他のシングルジャケット。(上から発売順)


f0134963_13051361.jpg

f0134963_13052706.jpg

f0134963_13054034.jpg

f0134963_13055062.jpg

f0134963_13060666.jpg
f0134963_13062807.jpg




こちらは、『Say Say Say』のジャケット。
f0134963_10191050.jpg

MJだけがイラストっぽいようなw
そして、脚も長過ぎるようなw、
これも、MJのウルサいチェックのせいでしょうか(笑)


☆[4] に続く






[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/22176205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-05-31 12:08 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite