KATRINA Single "I Have This Dream"

f0134963_1395048.jpg


☆Two Seas Records[2]の続き

「地味な作業」の最後です。翻訳作業に、疲れてきたので、、ますます「ヤバい」恐れがあります。引きつづき、日本語部分には、充分にご注意のうえ、お気づきの点は、ご指摘いただけると大変助かります。


2 SEAS RECORDS SPEAKS ON KATRINA SINGLE

Michael Jackson's long-awaited charity single wasn't written by him. In fact, the lyrics were commissioned for a contest that was won by a songwriter who was subsequently kicked to the curb rather than rewarded for his work.

マイケル・ジャクソンの待ちに待ったチャリティー・シングルは、彼によって書かれませんでした。その歌詞は、マイケルの作品として、報酬を与えられたのではなく、コンテストで優勝したソングライターに対して、契約を蹴られた仕事への拘束に対してでした。

Ric Kipp, who describes himself as being in his mid-40s, is a veteran Nashville musician who works in a local wine store for $9 an hour. In 2002, he entered a songwriting competition sponsored by AOL on behalf of writers-producers David Foster and Carole Bayer-Sager for their now defunct music company, Tonos(their other partner was Kenny "Babyface" Edmonds).

Ric Kipp(40代中頃と自称)は、地方のワイン店で、1時間当たり9ドルで働く、ナッシュビルのベテラン音楽家です。2002年、彼は、今は亡き音楽関係会社、Tonos(ケニー「ベイビーフェイス」エドモンズが関係者として知られる)のために、作曲家でプロデューサーでもある、デヴィット・フォスターや、キャロル・ベイヤー・セイガーらを審査員とする、AOL主催の作曲コンテストに出場しました。

The contest promised the winner that Jackson would record their song and possibly place it on an album. The song would be used for charitable purposes. Jackson was advertised as the composer of the instrumental part of the song.

コンテストは、ジャクソンが彼らの歌をレコーディングし、アルバムに収録することや、歌が公益のために使用されるだろうと、優勝者に約束し、ジャクソンは、その曲を完成させるための協力者になっていると報道されていました。

But now the song, called "I Have This Dream," could be part of an interesting authorship dispute. Kipp won the contest with his lyrics. Kipp tells me that when he was brought to a Los Angeles studio for the prize recording, Foster told him he was excited about the lyrics and wanted to use his work. But the award-winning Bayer-Sager, Kipp says, was intent on using her own lyrics.

しかし、現在、"I Have This Dream" と呼ばれるこの曲の一部には、興味深い原作者論争があります。Kippの歌詞はコンテストに勝利しました。Kippが、私に語ったところによれば、コンテストの勝利者として、ロサンジェルスのスタジオに連れて来られた時、フォスターは、彼に、歌詞に興奮し、仕事で使用したかったと伝えたといいましたが、賞を授与したベイヤー・セイガーは、自分の歌詞の使用に余念がありませんでした。

Unfortunately, this would completely contradict the press release Tonos, Jackson and AOL released on May 10, 2002, which included this wordage :

不運なことに、これは、2002年5月10日、Tonos が発表したプレス・リリースや、ジャクソンおよびAOLのリリースと完全に矛盾するでしょう。それには、こんな言葉が含まれていました:

"The contest gives AOL members the opportunity to co-write a song with the BMI-affiliated "King of Pop," as well as with Foster and Bayer-Sager. The winning submission will be recorded by Jackson himself and may be released as part of an upcoming album. All proceeds from the song will be donated to children's charities around the world."

「コンテストは、AOLのメンバーとして、フォスターやベイヤー・セイガー同様、BMIと提携している "King of Pop" とも共同で作曲する機会を与えます。優勝者には、ジャクソン自身によってレコーディングされ、来るべきアルバムの一部としてリリースされるという任務があり、その曲の売り上げは、世界中の子供たちへのチャリティーに寄贈されるでしょう」

Kipp tells me that after he won the contest he was brought out to Los Angeles. Tonos and AOL gave him $1,500 for expenses, did not put him up at a hotel and kept him waiting in the studio for Jackson for several days before giving up the ghost. Jackson was simply not coming. He never did show for the promised recording session.

Kippは、コンテストに勝利した後、ロサンジェルスに連れ出されたと語る。Tonos と AOL は経費として、彼に1,500ドルを与え、ホテルに置いたまま、彼が諦めるまで、スタジオではジャクソンを数日間待っていましたが、ジャクソンは来ませんでした。彼は約束されたレコーディングセッションを一度も見せることはありませんでした。

f0134963_13105226.jpg

Kipp says he not only wrote the lyrics but composed a musical "bridge" for Foster, who recorded the finished product with one of Faith Hill's female back-up singers.

Kippは歌詞を書いただけでなく、フォスターによるミュージカル「ブリッジ」を作曲し、フェイス・ヒルの女性バックボーカルの歌手と完成品をレコーディングしたと言います。

Kipp says that Foster's son-in-law, Simon Gillies, even videotaped the writing sessions for a possible documentary about the contest. In the end, Kipp says he went home and "I never heard from any of these people again."

Kippは、サイモン・ギリーというフォスターの義理の息子と、コンテストに関するドキュメンタリーの可能性についての議論も録画しましたが、結局、Kippは帰宅後「二度とこれらの人々の誰からも便りをもらうことはなかった」と言う。

Gillies, who ran the A&R department for Tonos, confirmed for me that he did tape the writing sessions. He also revealed that that Foster, his father-in-law and not Michael Jackson, wrote the music for the song with one of his associates. "Jackson had nothing to do with it," he said.

TonosのためA&R部門を運営していたギリーは、私のために、彼が作曲したセッションを録音し、さらに、マイケル・ジャクソンではなく、彼の義父であるフォスターが、彼の仲間のうちの1人と、その歌のための音楽を作曲したことを明らかにしましたが、「ジャクソンは、それとは、まったく関係がありませんでした」

Cut to the other day, when a friend told Kipp he'd read about Jackson's new charity single called "I Have This Dream." If it's ever released, the single is intended to help the people of the Gulf Coast, even though the hurricane is now almost five months in the past and other artists have already put out their own singles.

日を置いた別の日に、Kippの友人が彼について語ったところによれば、Kippが、"I Have This Dream"と呼ばれる、ジャクソンの新しいチャリティソングについての記事を読んだのは、ハリケーンが起こってから、およそ5ヶ月を過ぎた頃で、それがリリースされるのは、湾岸地域の人々を助けるためで、(自分以外の)他のアーティスト達によって「シングル曲」になるだろうということ。

Ironies abound here : Kipp told me when I spoke to him that he's originally from New Orleans and that his family home was wiped out by Katrina, so his relatives might benefit from any money raised by charity singles.

ここには、いくつかの「アイロニー」があります:私が彼と話をしたとき、彼はニューオリンズから、実家がカトリーナによって、徹底的に破壊されたと、私に伝えました。したがって、彼の親類は、チャリティー・シングルによって、調達された資金を、受け取ることができるかもしれません。

Unfortunately for Kipp, the "dream" in the title has become a nightmare. At first he thought winning the contest would be a breakthrough for him in the music industry. Back in 2002, when he won the contest, he thought he'd made it at last. Instead, the roller coaster ride that ensued more or less undid him.

不運にも、Kippには、タイトルの中の「夢」は悪夢になりました。最初、彼はコンテストに勝つことが、音楽産業での突破口だろうと思いました。後に、彼は、2002年にコンテストに勝ったとき、ついにそれが出来たと思いましたが、その代わり、彼には、多くの浮き沈みが、次々と起こることになり、それが彼を滅ぼしました。


f0134963_13111842.jpg
Dr. King's famous 'I Have A Dream' speech


"Rich people don't realize what something like this does to you," he told me. "It was like the boy who cried wolf. We thought everything was going to come from this."

「裕福な人々は、それが、どういうことになるか説明しようとしません」と、彼は私に言う。「それは、オオカミが来ると、嘘を言った少年のようなもので、わたしたちは、それが、これからやってくるのだと思っていました」

Alas, things turned out quite differently. "We were promised everything and got nothing," he said.

哀しい哉、そこからの展開は違っていた。「私たちは皆、約束されていたことについて、何も得ませんでした」

Now, of course, there's a problem. Jackson's publicist Raymone K. Bain told me: "Kipp won the contest but his lyrics weren't deemed worthy of a song sung by Michael Jackson. Carole told me she rewrote them."

さて、当然ですがここには問題があります。ジャクソンの広報であるレイモン・ベインは、私に語りました。「Kippは、コンテストに勝ちました。しかし、彼の歌詞はマイケル・ジャクソンによって歌われるのに相応しいとは考えられませんでした。キャロル・ベイヤー・セイガーは、私に、彼女がそれらを書き直したと伝えました」

Bayer-Sager says that Kipp's lyrics were simply not good enough, and that in the end she, Foster and Jackson rewrote them.

ベイヤー・セイガーは言う。Kippの歌詞は、単純に言えば、充分ではありませんでした。それで、結局、彼女と、フォスター、ジャクソンによって、それらを書き直したのです。

"It was always understood that Michael wouldn't record the song if it wasn't up to our standards," she said.

「もし、その曲が、私たちの標準レベルになければ、マイケルがレコーディングしないことは想像できました」と、彼女は言う。

That this philosophy undermines the whole reason for having a contest and selecting a winner was a subject she didn't broach.

このコンテストは、ある哲学をもっており、それは、彼女が勝利者を選ぶことに、消極的になることが出来ないテーマでした。

What does seem to have happened, from reading over lyric sheets that Kipp sent me, is that he won with one set of lyrics, then Foster and Bayer-Sager began massaging them. Eventually, a finished song was produced, with a combination of lyrics. But in the intervening time, Kipp's contribution was cut to nil, and now nearly nothing remains of his work.

ハプニングが起こったように見えるのは、彼は、歌詞セットのひとつとして優勝しましたが、Kippの歌詞が読まれた後に、私が派遣され、それで、フォスターと、ベイヤー・セイガーによって練り上げられたからです。結局、曲は、歌詞のコンビネーションがない状態で、完成し、その過程に、Kippの貢献が介在した時間も、また、彼の仕事として、今、残っていることも、ほとんどない状態です。

Bayer-Sager, Foster and AOL are all part of the Time Warner family. Bayer-Sager has had a long association with the company; she is the wife of former longtime Warner Bros. co-chairman Robert Daly.

ベイヤー・セイガー、フォスターとAOL は、すべて「タイム・ワーナー」の傘下です。ベイヤー・セイガーは、その会社で、最も長く関係があり、彼女は、以前、ワーナーブラザーズの会長、ロバート・ダーリーの永年の妻でした。

Foster has produced and recorded exclusively for the Warner Music Group since long before it was sold to a group of investors. And AOL was famously merged into Time Warner several years ago.

会社が、投資者グループに売られる、ずっと前から、フォスターは、その多くの作品を、ワーナー・ミュージック・グループのために制作し、レコーディングしていて、また、AOLが、数年前にタイム・ワーナーへ合併されたことは有名です。

Source : http://www.michaeljackson.com(表題と関連しない部分は省略)


f0134963_13125215.jpg

『Michael Jackson For The Record』より

I have This Dream

Song Michael wrote with Carole Bayer Sager and David Foster. subject of a song-writing contest organised by "Tonos Entertainment" and "AOL Music".A statement released by Tonos read :

曲は、マイケルと、キャロル・ベイヤー・セイガー、デヴィッド・フォスターによって書かれました。Tonos Entertainment 主催、AOL Music後援の、作曲コンテストの際の、Tonos による発表

"Music serves as a salve for what ails the human spirit and a remedy to the soul during troubled times. Now, these three musical icons have created an inspiring musical landscape entitled I Have This Dream, and they're asking AOL members to come up with an optimistic and uplifting lyric, to complete this anthemic song"

「音楽は、問題の多い時代に、人の魂や、精神を治療し、苦しみを癒すことに役立ちます。さて、これらの3つの音楽アイコンは、創造し、人を元気づけるような音楽のある風景を有しています。私はこんな夢を見ます。そして、AOLのメンバーの方から、楽観的で気持ちを引き上げてくれるような歌詞が来ることによって、それらが暗示するように完成されることを願います」

The contest attracted over 1,000 entries and was won by Ric Kipp, whose lyric "best reflected our vision for the song".

そのコンテストには、1000以上のエントリーがあり、優勝は、Ric Kipp。その歌詞は「最も私たちのヴィジョンを反映した曲」だった。

Widely expected to be included on Michael’s album, INVINCIBLE, but didn’t feature. Speaking to TV Guide in November 1999, Michael said :

マイケルのアルバム「INVINCIBLE」に収録されると、大きな期待をされましたが、そうなりませんでした。1999年11月号の「TVガイド」で、マイケルはこう言っています。

"There’s a song on the album called I Have This Dream. It’s a millennium song about the world and the environment, that I wrote with Carole Bayer Sager and David Foster".

「I Have This Dream」と、呼ばれる曲は、アルバム上にあります。それは、世界と、環境に関するミレニアムの曲として、キャロル・ベイヤー・セイガー、デヴィッド・フォスターと一緒に、僕が書きました。

◎Interview with TV Guide Magazine (1999)

Version, with numerous guest vocalists including R. Kelly, Snoop Dog, James Ingram, Shanice, the O’Jays and Michael’s brother, Jermaine, slated for release in early 2006, in aid of the victims of Hurricane Katrina. Played during a court disposition in London in 2008 - remains unreleased.

R. ケリー、スヌープ・ドッグ、ジェームズ・イングラム、シャニース、ザ・オージェイズ、マイケルの兄弟、ジャーメインなどを含む、大勢のゲストボーカリストの参加し、ハリケーン・カトリーナの犠牲者の支援のために、2006年の最初にリリースする計画で、2008年に、ロンドンでの裁判の処分の間に演奏されましたが、リリースはされませんでした。


f0134963_1314431.jpg
リリースされていない曲だけど、、途中で「プライヴェート・ムービー」での、MJのツアーに対しての発言が含まれているものが多いのだけど、どうしてなのかな?(MJの意志なの?ご存知の方は、是非教えてくださいませ)下記は「含まれていない」もの。

◎Michael Jackson - I Have this dream

下記は、現在流通している「歌詞」。

これが、上記で言っているように、MJが、ベイヤー・セイガーや、フォスターと一緒に書いたものなのか、Kippなのかは不明(ご存知の方は、是非教えてくださいませ)


"I Have This Dream"

verse 1

some people say
I live in a fantasy
because I see the world
differently
visions come to me
in my sleep
I closed my eyes
to see what God is showing me

close your eyes
and imagine with me
see the wonder
in every living thing
if we can live our lives
the way it is in my dreams
love will take us to a place where
god can be seen

this is my dream

I have this dream
this i believe
the world a place for all humanity
if we could take love to it's highest level
more than the world has ever seen
I have this dream

verse 2

let's put Gods love opn display
angel of love come my way
it really up to you and me
one world together in harmony

in my dream I see heaven
and the face of the one perfect being
I see people turning into angels
and God giving them their wings

this is my dream

chorus

I have this dream
this I believe
the world's a place
for all humanity

if we could take love
to it's highest level
more than the world has ever seen
I have this dream


repeat chorus
copyright c 2002 Eugene Kitt
http://www.metrolyrics.com/

[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/17602737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-05-31 13:33 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite