Two Seas Records[2]

f0134963_9443887.jpg
August, 2005 Gala Dinner in Dubai



Two Seas Records[1]に、引きつづき「地味な作業」を続けます。日本語部分は、充分ご注意の上、お気づきの点は、お気軽に、ご指摘頂けると大変助かります!


AliCat
Joined: Mar 2009
United States
Wednesday, February 2, 2011 - 16:40
2 Seas Records Speaks On Katrina Single

May 10, 2006


BAHRAIN-BASED record label 2 Seas Records has denied reports that it refused to hand over a Michael Jackson charity song. Fox News reported that the company was holding onto the master tapes of the charity single I Have a Dream, which was due to be released to raise money for US victims of Hurricane Katrina.

バーレーンに拠点をおくレーベル「2 Seas Records」は、マイケル・ジャクソンのチャリティーソングの配給を拒絶したというレポートを、否定しました。FOXニュースは、会社がチャリティーソングのマスターテープ「 I Have a Dream」を保持していると報道しました。それは、米国のハリケーン・カトリーナの犠牲者のための資金を調達するためにリリースされる予定でした。

However, a 2 Seas Records spokesman said it had received no request to deliver the tapes. "2 Seas co-operated to the utmost in every way we could," said the spokesman. "We paid for the whole production and gave Michael everything he needed. "As for the delivery, there was never any request to hand over the tapes."

しかしながら、「2 Seas Records」のスポークスマンは、テープを流通させるという注文は受けていなかったと言う。「2 Seas Records は、できる限りの方法で最大限に協力しました」「私たちは、生産全体の代価を払い、必要としたものすべてをマイケルに与えましたが、テープの配給や、流通させるという注文はありませんでした」

The spokesman said that he wasn't aware of Jackson's intentions or whether the superstar intended to break his ties with Bahrain. Meanwhile, Bahrain-based AAJ Holdings - which hired Jackson to provide advice on creating theme parks and music academies - has refused to comment on reports of a split.

スポークスマンは、ジャクソンの意図や、スーパースターが、バーレーンとの関係を絶つつもりだったかについては、気づいていなかったと言います。その間、バーレーンの「AAJホールディングス」(テーマパークおよび、音楽アカデミーを作ることについて、ジャクソンをアドバイザーとして雇っていた)は、分裂の報道に関してコメントすることを拒否しました。

Fox News again reported the separation, but a spokesman for the company said it could not comment because the matter was "still confidential". Internet sites have reported that the superstar plans to join forces with producer Teddy Riley, who worked with him on his Dangerous album. They said they plan to work together on his comeback album, which is reportedly scheduled for release next year.

FOXニュースは、再び、彼らの分裂を報道。しかし、会社のスポークスマンは、その問題が、まだ「極秘事項」だったので、コメントすることができなかったと言い、インターネット・サイトは、協同制作者である、テディー・ライリー(アルバム『デンジャラス』で協働した)と、スーパースターが協力する計画があると報道しました。彼らは、彼の復帰アルバム(伝えられるところによれば、それは来年リリースの予定)で、相互に協力する計画であるという。

Recording artists said to be involved in I Have a Dream include Keisha Cole, Ciara, Snoop Dogg, Babyface and R Kelly. It was written by Jackson in response to the disaster, which occurred in August last year and was the most destructive and costliest natural disaster in the history of the US

『I Have a Dream』に関係すると言われていたレコーディング・アーティストは、Keisha Cole、Ciara、Snoop Dogg,、Babyface および、R Kelly。それは、昨年8月に生じた、米国の歴史上、最も破壊的で、最も被害の大きい自然災害に応じて、ジャクソンによって書かれました。


f0134963_9481290.jpg
Michael In Bahrain 2005 - 2006



Two Seas Records

Two Seas Records is a record label based in Bahrain. Guy Holmes, is named as CEO of Two Seas Records. Holmes also remains chairman of London-based independent record label Gut Records.

Two Seas Records はバーレーンに本拠があるレーベル。ガイ・ホームズがCEOとして指名されていますが、ホームズは、依然として、ロンドンの独立したレーベル「ガット・レコード」のチェアマンのままです。

On April 18, 2006, Michael Jackson, seeking to continue his singing career after being acquitted on sex abuse charges, signed an exclusive recording contract with Two Seas Records to record a new album set for release in 2007.

2006年4月18日、性的虐待罪に対し無罪を宣告された後、歌手としてのキャリアを継続しようと努力するマイケル・ジャクソンは、2007年にリリースの準備ができていた、新しいアルバムのレコーディングについて、Two Seas Records との独占契約に調印しました。

In September 2006, Jackson's publicist, Raymone Bain, announced that Michael Jackson has left 2Seas. She says Jackson will be recording his comeback album on his newly formed business/record label, The Michael Jackson Company, Inc. However Guy Holmes says Jackson never finalized a deal with the label in the first place.

2006年9月に、ジャクソンの広報担当(レイモン・ベイン)は、マイケル・ジャクソンが「Two Seas Records」を離れたと発表し、新しいビジネスおよびレコードレーベルである、マイケル・ジャクソン・カンパニー株式会社で、ジャクソンは、カムバック・アルバムをレコーディングするだろうと言います。しかしながら、ガイ・ホームズは、ジャクソンが、レーベルでの取り引きを完了しなかったと言います。

Source : http://www.michaeljackson.com(表題と関連しない部分は省略)

☆参考記事「The Guardian」
Michael Jackson, the sheikh and the comeback album
that came too late(26 June 2009)


f0134963_9571716.jpg
Michael Jackson's popularity in the Arab world!!!



[2008年11月18日]
バーレーンのアブドラ・ビン・ハマド・ハリファ(Sheikh Abdulla bin Hamad Al Khalifa)王子が17日、米有名歌手のマイケル・ジャクソンさんを、契約不履行で470万ポンド(約6億8000万円)の返済を求める訴えを、ロンドンの高等法院に起こした。

王子の弁護人によると、王子は、2005年の児童性的虐待裁判の後、経済的に貧窮していたジャクソンさんを金銭面で援助していたという。ジャクソンさんのスタッフからの依頼で「ネバーランド」公共料金として3万5000ドル(約340万円)を、その後も100万ドル(約9600万円)を支払ったこともあった。そのほか、ジャクソンさんの裁判費用220万ドル(約2億1000万円)も含め、王子がジャクソンさんのためにさまざまな支払いを立て替えていたと、弁護人は主張している。

王子はさらに、ジャクソンさんのミュージシャンとしてのキャリアを復活させようと、独自のレーベルでCDのリリースを予定していた。レコーディングは児童性的虐待裁判が結審した翌日に実施され、作詞作曲は王子が担当。このCDの売り上げを2004年のスマトラ島沖地震による津波の被害者救済のために寄付する予定だったと、王子は述べている。ちなみにこの曲は、法廷で公開される予定だ。

王子は、こうしたプロジェクトのためジャクソンさんに事前に支払っていた必要経費、470万ポンド(約6億8000万円)の返済を求めて、今回の訴訟を起こしたという。

一方、ジャクソンさんは王子から受け取った金銭は「贈り物だった」として、王子の主張を否定している。裁判所に出廷していないが、ロサンゼルス(Los Angeles)からテレビ電話で参加。「王子は誤解している」などと述べ、2人の間には契約が成立したプロジェクトは1つもなかったと反論している。(c)AFP

Source : http://www.afpbb.com/

[2008年11月19日]
米歌手マイケル・ジャクソンさんを契約不履行で訴えているバーレーンのアブドラ・ビン・ハマド・ハリファ王子が、「ジャクソンさんに裏切られた」と思っていることを明らかにした。18日、ロンドンの高等法院に出廷した王子の弁護人が述べた。王子の弁護人によれば、王子はジャクソンさんと契約を結んでいたという。

契約書には、ジャクソンさんが音楽アルバムの発売、自叙伝の出版、公演活動を行うにあたり、王子が事前に必要経費を支払い、ジャクソン氏の作品収益の印税などから700万ドル(約6億8000万円)を受け取ると明記されていたという。

ところがその後ジャクソンさんがこの契約を守らなかったとして、王子が事前に支払った必要経費700万ドルの返済を求めたところ「贈り物だった」として断られたという。 
 


18日に出廷した王子の弁護人は、「親友だと思っていた人物だったので、王子は手ひどく裏切られたと思っている」と述べた。一方ジャクソンさんは、2人の間には契約が成立したプロジェクトは1つもなかったと反論している。ジャクソンさんは2005年、児童性的虐待裁判が結審したあと、子どもたちやスタッフを連れてバーレーンを訪れ、2006年5月に欧州や日本に向かうまで滞在していた。

ジャクソンさんの弁護人は、「王子はジャクソンさんに対し、とても親切だった」としながらも、「問題の契約は、両者による共同事業における契約上の合意だが、実質的に成立した契約ではなかった」と主張している。(c)AFP

Source : http://www.afpbb.com/

[2008年11月21日]
契約不履行でバーレーンのアブドラ・ビン・ハマド・ハリファ王子に訴えられている米有名歌手マイケル・ジャクソンさん(50)が来週、英高等法院に出廷し証言する見通しとなった。ジャクソンさんの弁護士が20日、発表した。

弁護士のRobert Englehart氏は、ジャクソンさんは不特定の病状により米ロサンゼルスからビデオ中継で証言するとの同法院への申請を撤回するとし、「ジャクソンさんは医師から、2日以内に渡航する許可をもらった」と述べた。ジャクソンさんは今週末に英国入りし、24日に証言する予定。

英国放送協会(BBC)によると、これに先立ち高等法院ではジャクソンさんは不特定の病状を抱えており、出廷して証言することはないとの見通しが伝えられていた。だが弁護団は、「適切な身支度」によりジャクソンさんはロンドンで証言することも可能だと語っていた。(c)AFP/Prashant Rao

Source : http://www.afpbb.com/

[2008年11月24日]
M・ジャクソン裁判、バーレーン王子との示談成立
米有名歌手マイケル・ジャクソンさんをバーレーンのアブドラ・ビン・ハマド・ハリフ王子が契約不履行で訴え、700万ドル(約6億8000万円)の返済を求めている裁判で、示談が成立した。

ジャクソンさんの広報担当が23日、明らかにした。ジャクソンさんが証人として出廷するため、裁判の行われているロンドンに向かう飛行機に搭乗する直前、弁護団から主な内容に関して示談が成立したとの知らせが届いた。この示談成立により、ジャクソンさんは24日の裁判には出廷しないという。(c)AFP

Source : http://www.afpbb.com/

たった6日で示談が成立!(怪w、バーレーンの王子はMJのSONY交渉に協力してる?w






[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/17598570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-05-30 10:08 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite