Two Seas Records[1]

f0134963_7243473.jpg
(左から)Abdulla Hamad Al-Khalifa, MJ, Guy Holmes



MJのレコードレーベル「Two Seas Records」に関する記事です。インヴィンシブル以降のMJの行動を探る「地味な作業」で、面白いところはありません。

また、いつもどおり「ヤバい英語力」を最大限駆使して訳していますので、お気づきの点は、遠慮なくご指摘いただけると、大変助かります。

Michael Jackson Sails With Two Seas

Michael Jackson has taken a step towards a return to his musical career by signing an exclusive recording agreement with Bahrain-based Two Seas Records. The label is a joint venture between the embattled pop star and Abdulla Hamad Al-Khalifa.

マイケル・ジャクソンは、バーレーンに拠点を持つ「Two Seas Records」と独占的なレコーディング協定に署名することで、彼の音楽キャリアへのカムバックの一歩としました。そのレーベルは、戦闘準備が整ったポップスターと、Abdulla Hamad Al-Khalifa(アブドラ・ビン・ハマド・ハリファ Sheikh Abdulla bin Hamad Al Khalifa の表記も)との合弁事業です。

Jackson, who has been in Bahrain since shortly after his June 2005 acquittal on child molestation charges, is said to be working on new material. A new album is tentatively scheduled for release in "late 2007," according to a statement.

ジャクソン(児童性的虐待罪への無罪判決の直後、バーレーンに行ったことがある)は、新しいタイプの仕事に取り組んでいると言われ、新しいアルバムは、2007年の終わり頃、リリースの予定であると発表された。

"I am incredibly excited about my new venture and I am enjoying being back in the studio making music," Jackson says.

僕は、新しい事業に信じられないほど興奮し、スタジオで音楽を創るために戻ることを楽しんでいます。とジャクソンは言う。

U.K. record executive Guy Holmes has been tapped as CEO of the Two Seas label and will also be tasked with managing Jackson's other business interests.

英国のレコードの代表取締役、ガイ・ホームズは「Two Seas label」のCEOとして要請され、また、ジャクソンの他の重要な仕事の管理者でもある。

Holmes will also remain chairman of Gut Records, which last spring scored a massive U.K. hit with Crazy Frog's version of "Axel F," essentially a popular ringtone attached to a manic animated character. Gut has also released music from Tears For Fears, the Wildhearts, Sparks, Fannypack and Aswad.

ホームズは「Gut Records」のチェアマンのまま、去年の春は massive U.K で、Crazy Frog の "Axel F" という有名なアニメキャラクターの着メロをヒットさせ、Gut Records では、Tears For Fears、the Wildhearts、Sparks、Fannypack and Aswad の音楽をリリースしました。

Holmes' Gut label is already promoting an association with Jackson, as a digital player on its Web site is streaming a Hi Tack remix of his 1983 hit "Say Say Say," subtitled "Waiting for U."

ガットのウェブサイトでは、デジタル・プレーヤーにより、ジャクソンとの関係がすでにプロモーションされていて、彼の1983年のヒット曲 "Say Say Say" がリミックスされ、そこには、"Waiting for U" (あなたを待っている)のサブ・タイトルが付けられています。


f0134963_7263961.jpg
2005年10月、ロンドンのホテル駐車場でファンに囲まれるMJ。このときの映像は「Two Seas Records」から発売された(めずらしくサングラス外して、撮られる気全開だと思ったら、売る気まで満々だったとはw)


In his earliest solo years, Jackson recorded for Motown, which had been home to his sibling group, the Jackson 5. The group shifted to Epic in the mid-1970s and in 1979 released Jackson's breakout solo album, "Off the Wall." His international superstardom was solidified with subsequent albums "Thriller" (1982), "Bad" (1987) and "Dangerous" (1992).

彼のもっとも初期のソロ活動は「モータウンレコード」からでした。ジャクソン5という彼の兄弟グループで、1970年代の中頃から「エピック」に変更になり、1979年、ジャクソンはそのグループから離れ、ソロアルバム「オフ・ザ・ウォール」で、国際的なスーパースターになり、その後「スリラー」(1982)、「バッド」(1987) 、「デンジャラス」 (1992)で、さらに、その座は確固たるものになりました。

His final studio set for the Epic was 2001's "Invincible," which debuted at No. 1 on The Billboard 200 and has sold more than 2 million copies in the United States alone, according to Nielsen Soundscan.

Nielsen 調べによれば、彼の最後のスタジオアルバムは、2001年のエピックによる「インヴィンシブル」で、それは、ビルボード200において初登場1位、アメリカだけで200万枚を超える販売枚数を売り上げました。

Jackson accused the label of poor promotion, which led to a public spat with label parent Sony and its then president, Tommy Mottola. Epic has continued to mine the artist's career with a string of releases since then.

ジャクソンは、貧弱なプロモーションを行ったそのレーベルと、当時の社長トミー・モトーラを告発し、諍いへと発展しました。エピック自身は、契約を継続し、アーティスト(MJ)のリリースは、その時以降も続けられています。

Holmes appointment to effectively manage Jackson's career comes on the heels of reports last week that Jackson, in a move to stave off insolvency, has reached a deal with creditors to refinance more than $200 million in loans secured by his stake in the Beatles' song catalog.

ホームズが、ジャクソンの仕事を有効に管理するという契約は、ジャクソンが、ビートルズの曲を含むカタログを担保にした、債権者への支払い不能を避けるための動きで、2億ドル以上のローン財政を立て直すことで合意した、先週の報告書のすぐ後に続いて行われた。

Jackson had been living off his 50% share of the Sony/ATV Music publishing catalog, which includes more than 250 copyrights from the Beatles. Jackson purchased ATV in 1985. Ten years later, in a deal orchestrated by his longtime attorney John Branca, Jackson merged ATV with Sony's music publishing division; the entire catalog is valued at around $1 billion.

ジャクソンは、Sony/ATV ミュージックのカタログの50%のシェアを頼りにしていて、それは、ビートルズの250を超える著作権を含んでいます。ジャクソンは1985年にATVを購入し、10年後に、彼の永年の弁護士、ジョン・ブランカによって、その版権の所有は、ソニー・ミュージックとの合併事業にしました。全カタログの価値は、約10億ドルと評価されています。

Source : www.billboard.com

☆上記の写真と同じ場面の動画。あの裁判の終了後から4ヶ月後。
◎[動画]Michael Jackson In London 2005


f0134963_7403185.jpg
October 2005 London Visit



2 Seas Records Out / Teddy Riley In - New Album 2007!!!!!!!
Michael Jackson : Leading the New Jack Swing revival?
The pop megastar working with Teddy Riley


Michael Jackson has parted ways with new record label Two Seas and collaborated with U.S. producer Teddy Riley, Sound Generator can report.

新レーベル「Two Seas」で、マイケル・ジャクソンの新たなレコーディングのサウンド・ジェネレーターとして協力した、米国プロデューサー、テディー・ライリーについて報告します。

Despite signing a new album deal with the newly established, Bahrain-based label, founded by Gut Records chairman Guy Holmes and Prince Abdulla Hamad Alkhalifa, Jackson is said to distanced himself from the organisation after a row with Holmes.

ガットレコードによって設立され、バーレーンを拠点とするレーベルで、新アルバムの契約に署名したにもかかわらず、議長ガイ・ホームズおよび、Abdulla Hamad Alkhalifa 皇子と、ジャクソンは、彼自身が語ったところによれば、ホームズと対立した後に、そこから離脱した。

Jackson's publicist, Raymone Bain, confirmed the stat had "cut all ties" with Holmes, while also confirming the formation of a new holding company for his business interests - the Michael Jackson Company, Inc., which will act as a publishing and recording label for his 2007 album release.

ジャクソンの宣伝担当(レイモン・ベイン)が、確認したところによれば、ホームズとは「関係をすべて断ちました」。一方、マイケル・ジャクソンの新しい持ち株会社は、財界における重要なものになり、出版および、彼の2007年のアルバム・リリースのためのレコード会社になるでしょう。

Taking over the role of the now defunct MJJ Productions, the company will be charged with restructuring Jackson's personal and business affairs.

現在消滅したMJJプロダクションの役割を引き継いで、その会社は、ジャクソン個人およびビジネスの責任を負うことになるでしょう。

Moving onto the Teddy Riley situation, with an announcement coming this month that Riley was involved in producing the entirety of Jackson's comeback set, which is still reportedly on course for a 2007 release. In a statement at the beginning of the year, Riley revealed he was spearheading a New Jack Swing revival - a musical style he had helped pioneer in the mid-1990's with BLACKstreet and SWV. Most of the acts involved are set to release new music next year under Riley's guise, with a big tour also planned.

今月発表されたところによれば、テディー・ライリーは、ジャクソンの復帰計画の全体に関係していて、それは、依然として、2007年リリースの最中だということです。その年の最初の声明で、ライリーは、彼が、ニュー・ジャック・スイング(彼が開拓した音楽スタイル:1990年代中頃の、BLACKstreetや、SWVなど)のリヴァイヴァルの先頭に立っていることを明らかにし、また、そこには、来年、大きなツアーと共に、新しい音楽をリリースする計画も含まれていました。

Source : http://prince.org/msg/8/203185


f0134963_7502327.jpg
AAJ Holding(Bahrain-based. which hired Jackson to provide advice on creating theme parks and music academies)



2005年6月13日
マイケルのすべての起訴事実に対して「無罪」の評決が下される。

2005年6月20日
Amazonで「オフザウォール」が、前日の4060位から132位にランクアップ

2005年7月05日
SONYミュージック「エッセンシャル・マイケル・ジャクソン」発売(一週間後の英国チャートで2位)

2005年7月26日
SONYミュージック、DVD「ライブ・イン・ブカレスト」が発売

2005年
8月20日、マイケル、バーレーン政府関係者とドバイに到着

2005年10月
ロンドンでの映像が「Two Seas Records」から発売

2005年12月7日
SONYミュージック、ヒットシングル20曲が、06年1月~3月にかけて再発売されると発表

2006年1月7日
テーマパークや、音楽アカデミーなどのエンターテイメント・プロジェクトをペルシャ湾岸地域で展開すると案について、バーレーンを本拠地とする「AAJ ホールディングス」と交渉中だと報道

2006年4月15日
マイケル、ソニー/ATVミュージックパブリシングの財政再編を行ったと発表・共同所有してきた米国SONYコーポレーションの支援を受けた。

2006年4月19日
2シーズレコードから、ニューアルバムを発表すると報道

2006年9月28日
2シーズとの提携関係が解消された旨が発表




[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/17590570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2012-05-28 08:01 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite