マイケルと70年代(70's Hit Tune 1974 - 1976) [2] 

f0134963_894276.jpg


マイケルと70年代(70's Hit Tune 1970 - 1973)のつづき

とにかく、73年までは、どんなジャンルでも「長髪でヒゲ」がめちゃめちゃ流行っていることがわかりました。(そんだけかっ!)

わたしが歴史として知っている70年代は、ピンクフロイドのアルバム『狂気』('73)が、マイケル・ジャクソン『スリラー』('82)、AC/DC『バック・イン・ブラック』('80)に次ぐ、世界の歴代アルバム・セールス3位を記録していて、「プログレッシブ・ロックの時代」のイメージだったんですが、これまでのところ、さっぱりそんな気配は感じられませんね。(シングルを見終わったらアルバムチャートも確認してみようかなぁ。)

◎[音が鳴るので注意]ロックの歴史:プログレッシブ・ロック
◎プログレッシブ・ロック(ウィキペディア)

それと、わたしが70年代ヒット曲をほとんど知らないせいで、年間シングルベストテンのようなチャートをうっかり使ってしまったんですが、年間でベストテンに入るって、かなり大変で、Jackson 5 のヒット曲「Dancing Machine」は1974年なんですが、年間ベスト10には入っていませんし、JBの「Sex Machine」は1970年の15位です。

実は、80年代キングとして圧倒的な存在だと思われているMJも、80年代を同じようにシングルベストテンで振り返ると、思ったほどランクインしてなくて、ランクインしている曲のうち2曲はポールとの共作だったりするんですね。(言うまでもないかもしれないけど、ポール・マッカートニーはスゴくて....シングルチャートでも驚くほど売れてる)

また「白人」と「非白人」という変な分類をしてしまいましたが、わたしは、昔から「黒人音楽」とか「ブラック・ミュージック」とか意味がわからなくて....

だって、ジャズも、ブルースも、R&Bも、ロックンロールもヒップホップも全部「黒人音楽」でしょう? 黒人音楽でないような音楽を、白人がどれぐらいやっているのか?ということを、ちょっと確認してみたかったんですが、

黒人と断定するのも、白人と断定するのも音楽のジャンル分けも全部難しいです。

下記は、1974年から1976年の年間シングルベストテン。

◎The Top 10 Singles of 1974

1位:"The Way We Were" - Barbra Streisand
3位:"Seasons In The Sun" - Terry Jacks

☆Grand Funk Railroad〜Grand Funk〜Grand Funk Railroadとバンド名が変更
6位:"The Loco-motion" - Grand Funk

☆1973年に次いで2曲目!!
7位:"Bennie And The Jets" - Elton John

☆1971年に次いで2曲目!!
9位:"Sunshine On My Shoulders" - John Denver

[非白人]

2位:"Come And Get Your Love" - Redbone
4位:"Show And Tell" - Al Wilson

☆リーダー(指揮者)のBarry Whiteが黒人
5位:"Love's Theme" - The Love Unlimited Orchestra

8位:"You Make Me Feel Brand New" - The Stylistics
10位:"T.S.O.P. - MFSB featuring The Three Degrees


f0134963_8114450.jpg

◎The Top 10 Singles of 1975

1位:"Love Will Keep Us Together" - Captain & Tennille
2位:"Rhinestone Cowboy" - Glen Campbell

☆D・ボウイのこの曲が、アメリカでここまで売れていたとは思いませんでした!
3位:"Fame" - David Bowie

5位:"My Eyes Adored You" - Frankie Valli

☆1971、1974年に次いで3曲目!!!
6位:"Thank God I'm A Country Boy" - John Denver

☆1973、1974年に次いで3曲目!!!
7位:"Philadelphia Freedom" - Elton John

☆イーグルスは当時の画像や影像の動画が探せず。
8位:"One Of These Nights" - Eagles

9位:"Pick Up The Pieces" - Average White Band
10位:"At Seventeen" - Janis Ian

[非白人]

4位:"Shining Star" - Earth, Wind & Fire


f0134963_8221884.jpg


◎The Top 10 Singles of 1976

☆エルトン・ジョンは1973、1974、1975年に次いで4曲目!!!!
2位:"Don't Go Breaking My Heart" - Elton John & Kiki Dee

3位:"Play That Funky Music" - Wild Cherry

☆ロッド・スチュワートは1971年に次いで2曲目!!
4位:"Tonight's The Night" - Rod Stewart

☆ポール・マッカートニーは1973年に次いで2曲目!!
6位:"Silly Love Songs" - Paul McCartney and Wings

7位:"A Fifth Of Beethoven" - Walter Murphy

☆ポール・サイモンは1970年に次いで2曲目!!
9位:"50 Ways To Leave Your Lover" - Paul Simon

☆フランキー・ヴァリも1975年に次いで2曲目!!
10位:"December, 1963 (Oh, What A Night)" - Frankie Valli & Four Seasons

[非白人]

1位:"Disco Lady" - Johnnie Taylor
5位:"Kiss and Say Goodbye" - The Manhattans

☆リードボーカルはスモーキー・ロビンソンじゃなくて、Billy Griffin(作曲も彼)
プロデュースはジャクソン5の“ABC”, "The Love You Save", “Mama's Pearl”,
“Maybe Tomorrow”や「Saturday Night Fever」のサントラも
プロデュースしている超天才、Freddie Perren
あらためて思ったけど、ベリー・ゴーディーは「偉人」だと思う。。

8位:"Love Machine (Part 1)" - The Miracles


☆マイケルと70年代(70's Hit Tune 1977 - 1979) に続く


[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/16800319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-11-10 17:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2011-11-10 23:34
安國さま、はじめまして。ブログの紹介ありがとうございます。とてもとても素敵な作品で驚きました!!!(わたしも一応美大出身なんです)それから「論理的なのに突然かわいいところが大好きで...」というお褒めのことばに「てへへっ」と思って1人でニヤニヤしていたのですが「非公開」なんて、とっても残念です。

わたしは「引用もリンクもご自由に」というスタンスで、わたしも引用するときに引用元を紹介するのみで、事前にご挨拶したこともありませんし、大勢のファンがいる方のことをいっぱい書き始めたときも、どこにも根回しすることなく始めました。

ブロガー同士なら、その方がお互い気遣うことなく、自由に書けるのではないかと思うんですね。

でも、素敵なブログを紹介していただくのは大歓迎ですので、よかったら、また「公開コメント」で、ご紹介くださいませ。
Commented by 安國麻衣 at 2011-11-11 17:36 x
yomodaliteさま
承認していただいてありがとうございます。お言葉に甘えて公開でコメントさせていただきます。yomodaliteさま、美大卒なんですね、そういえば以前のお仕事も大きく括れば「美術系」とおっしゃっていましたね。美大出ではないので、未だに「美大」ってことばに憧れがありますよ。

私のブログにも早速来ていただいてありがとうございます。「素敵な作品」なんて言っていただいてとても嬉しいです。いろいろご紹介して行きますので、遊びにいらして下さいね。
遠慮無くyomodaliteさまのブログも紹介させていただきます。

最近では80年代の考察って多いですが、70年代って以外と語られないので、何となく楽しいですね。
My Sharonaっていつ見ても笑えてしまうのですが・・。
Commented by yomodalite at 2011-11-13 14:57
あらためて、公開コメントありがとうございます!

わたしは、昔、仕事関係もあって、男以外はw、大体「ジャケット買い」するタイプで、そのせいか、本屋に行っても「ジャケット買い」か「市場調査」みたいな気分から抜けられなくなって、仕事を辞めてからは、出来るだけ、顔を見ずに「読む」ことを心がけていたんですね。でも、そこから、さらに2009年6月25日のショックで、、なんかもう色々反省しすぎて「美術系」のアウトプットは当分出来そうにないんですが「見る」のは、相変わらず好きで、いろいろ刺激を受けたいなって思ってます!

>My Sharonaっていつ見ても笑えてしまうのですが・・。
ナックの弱点は、そこだったのかぁ....ww
Commented by 安國麻衣 at 2011-11-16 18:20 x
戻ってきてみると・・、
コメント返して下さってたんですねえ。
yomodaliteさんってほんとおもしろい・・。
MJに負けてないですよ。
私も2009年6月25日以降、世界が何か変わったように思ってます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-11-09 09:38 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite