バナナの皮はなぜすべるのか?/黒木夏美

f0134963_16203820.jpg

「バナナの皮で、世界は滅亡するのか?」を書いたとき、わたしは、これは“小説”の中のことだから心配ないんだと思いつつも、やっぱり、自分が見た、あの「惨劇」のことを思い出さずにはいられませんでした。

それでも、まさかと思っていた、微かな「不安」は、今、倍増しています。

いつ揺れるかわからない地面に「バナナの皮が落ちているかもしれない」ことは、今こそ考えてみなくてはいけないのではないでしょうか。

大地震は、この1ヵ月後に起こったんです!!!

しばしば、わたしたちは「歴史」を忘れ、そこから学ぶことを疎かにしてしまっていますが、

本書には、よく知られている「バナナの皮のギャグ」に関してだけではなく、バナナがいつ日本人に知られることになったのかについて、江戸時代の文学作品から探り、明治を代表する作家、芥川龍之介の短編や、堀口大学の随筆を引用し、

また、近代俳句の革新者、正岡子規や、竹下夢二の俳句から、バナナが夏の季語になり、バナナだけでなく、バナナの皮の「文壇入り」をも著されています。

もちろん、バナナのギャグの元祖は、誰だったんだろう?という、わたしの疑問にも、多くのヒントがあり、チャップリン、ハロルド・ロイド、バスター・キートンなど、三大喜劇王だけでなく、様々なコメディアンや、B級SFホラー映画から『どらえもん』『パタリロ』などの日本のマンガ、

まさか、ジャンヌ・モローの映画に?!とか、あの推理作家のアガサ・クリスティが!?とか、すべるのは、バナナだけではない?!オレンジ、お前もか!とか、世界の不思議な法律とか、、もう、それはそれは、驚きの真実が網羅されていて、とてもとても教養高い本だと思いました。

◎本書の内容(詳細な目次)はこちら!

◎『バナナの皮はなぜすべるのか』(アマゾン)

◎編集者・津田正の書評ブログ

また、

気になっている方もおられると思うのですが、、必ずやってるはず!と思っていた「スリー・ストゥージズ」は、本書には1度も登場しませんでした。

そういえば、果物好きなMJですが、バナナはバブルスの食べ物だからと敬遠していた(特に若い頃)という記述も読んだことがあります。

ですから、

MJは「バナナの皮で、世界が滅亡する。」ことには、関係がなかった。と言いたいところですが、

これに関する第一次情報が未確認であること、また、2011年4月17日の日本では「安全」というと、悉く「デマ」と扱われる危険性もあるので(数日ほど前までは逆だったんですが....)まだ「安心」とは言い切れません。

下記は「いつ、すべるか、わからない」ことに備えて、とりあえず、足腰を鍛えておこうと思われる方へ♡

わたしの占星術研究(インチキw)では「乙女座のアーティストは、自分以外のアーティストのプロデュースはイマイチ」という研究成果があって(それと奥さんが表現活動するのも嫌い。例:井上陽水→石川セリ、玉置浩二→薬師丸ひろ子、長渕剛→志保美悦子)、

MJも、自分の曲とそれ以外では「意気込みの差がくっきり」ということがあるように思えてならないんですが、「Eaten Alive」は、他人の曲も名曲多数の、親友バリー、モーリス(ビージーズ)と共作したせいなのか、これは「超傑作」ですよね。


☆MJのボーカルが良すぎて、ダイアナのこと忘れそう。
これはオリジナルVDじゃなくて、ファンメイドVD





☆こちらも素敵なので追加☆
ダイアナVD+ペプシCM、ティーザーなどMJもたっぷりなファンメイド!!!






で、この曲の後に、これを↓聴くのが、お気に入り!!!♡

☆とてもとても素敵な方!



[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/15827971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2011-04-17 16:50 | 雑学・Web | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite