Michael Jackson's interest in classical music

f0134963_23314589.jpg


MJのクラシック・アルバム(うっとり!!)というだけでなく「THIS IS IT」リハーサルの間、ダンサーや、ツアーメンバー以外にも、彼がすごく元気で、創造的であったということを証言した内容になっています。

http://www.baltimoresun.com/bs-mtblog-2009-07-more_details_on_instrumental_a-story.html

☆JULY 10, 2009

More details on instrumental album Michael Jackson started before his death, and his love of classical music
マイケル・ジャクソンが旅立つ前に始まっていたインストゥルメンタル・アルバムと、彼のクラシック音楽に対する愛

TV and film composer and conductor David Michael Frank may have been one of the last persons to collaborate with Michael Jackson on an artistic project.

テレビや映画の作曲家で指揮者でもある、David Michael Frankは、マイケル・ジャクソンと芸術的なプロジェクトに関わった、最後のひとりであったかもしれません。

The pop singer’s untimely death left that project in an uncertain state. Initial reports suggested that Jackson planned to do an album of “classical music” he had written; the pieces were to be orchestrated by Frank.

ポップシンガーの突然の死により、そのプロジェクトは不確実な状態にあります。初期のレポートでは、ジャクソンは、彼が作曲した「クラシック音楽」のアルバムを計画していたとされていて、それらの曲は、フランク氏によって調整されていました。

Actually, Frank says, the pieces were closer to film music and would have gone into an all-instrumental album had Jackson lived. The Baltimore-born Frank, interviewed by phone in California, gives an account here of his experience with the King of Pop:

フランク氏は言います。それらの曲は、彼が生きていたら、映画音楽か、インストゥルメント・アルバムになっていたでしょう。ボルチモア生まれのフランク氏は、カリフォルニアでの電話インタヴューで、キング・オブ・ポップとの経験を説明します。

Four or five months ago, I received a call from Michael Jackson’s longtime personal recording engineer, Michael Prince, who told me Michael was looking for someone to arrange some music for orchestra.

4、5ヵ月前に、マイケル・ジャクソンの長年の個人的な録音技術者であるマイケル・プリンスから、オーケストラのために音楽を編曲する人間を探していると言って、私は呼び出しを受けました。

I thought it was going to be for the tour he was going to do. For the next month or two, he would call, saying, ‘Michael Jackson says he’s going to call you.’

私は、彼が予定していたツアーのためであると思いました。 1、2ヵ月後に、彼は電話で「マイケル・ジャクソンが、あなたに電話をするでしょう」と言ってきました。

At the end of April, another Michael, Michael Jackson’s personal assistant, called me and asked me to come the next day at 10 a.m. and asked me the make and model of my car. I drove to the Holmby Hills home. I drove up to the front door, and was met by an assistant who told me to go inside.

4月の終わりに、別のマイケル(マイケル・ジャクソンの個人秘書)から、私は車のメーカーとモデルを聞かれ、翌日の午前10時に来るように言われ、“Holmby Hills”の家の正面玄関まで運転して行って、秘書から中に入るように言われました。


f0134963_9163198.jpg

これが“Holmby Hills”!!!......だと思ったんだけど、、


f0134963_918057.jpg

こんな写真もあって


f0134963_9184061.jpg

こっちかな??


f0134963_9314545.jpg

エントランス?


I was met there by a woman dressed like a housekeeper, but with a white turban on her head. She said, ‘Michael Jackson will be with you shortly.’ About two minutes later, he came down the stairs.

私はそこで、家政婦のような服を着て、白いターバンを巻いた女性に「マイケル・ジャクソンにすぐ会えますよ」と言われました。およそ2分後に、彼は階段を降りて来ました。


f0134963_933984.jpg

きっと、この階段から、MJが降りてきたぁーーー!


I was reluctant to shake his hand because I had heard that he was concerned about germs, but he immediately stuck his hand out and gave me a very firm handshake. He was very skinny, but not the least bit frail. He was wearing a suit and a hat. He was going to rehearsal later for the tour.

わたしは、彼が細菌に関して心配していたと聞いていたので、握手するのは気が重かったのですが、彼はすぐに手を出して、とても堅い握手をしてくれました。彼は非常に痩せていましたが、決して脆い感じではなく、スーツを着て帽子をかぶっていて、この後ツアーのリハーサルに行く予定でした。

He said, ‘You look familiar.’ I told him a long time ago I worked on a TV tribute to Sammy Davis, Jr. at Shrine Auditorium [that he had participated in]. I told him I had met him briefly there.’ He said, ‘I never forget a face.’

彼は「あなたのことを知ってるような気がする」と言いました。昔、シュライン・オーディトリアムでの、サミー・デイヴィスJrのトリヴュート番組で働いていたことを告げ(彼は参加していましたから)、そこで少しだけ彼に会ったことがあると言うと、彼は「僕は人の顔は決して忘れないんだ」と言いました。

He told me, ‘I have three projects going on simultaneously.’ One was the tour that the whole world knew about. The other two I believe no one knew about. One was to be an album of pop songs. Then he said, ‘The other one is that I want to record an album of classical music’ — what he called classical music.

彼は「私に、同時進行中のつのプロジェクトがある」と言いました。1つは全世界に知られていたツアー、あとの2つは誰も知らなかったと私は思いますが、ひとつはポップアルバム。そしてもうひとつは「クラシック・アルバム」。彼がクラシック・ミュージックと呼ぶものとは.....

He said he listened to ...
classical music all the time; it was his absolute favorite.

彼は常にクラシック・ミュージックを聴いていて、長年それが大好きでした。

I was impressed with the pieces he mentioned: Aaron Copland's Rodeo, Fanfare for the Common Man and Lincoln Portrait; Leonard Bernstein’s West Side Story.

私は彼が言及した曲に感動しました。アーロン・コープランドの『ロデオ』、『市民のためのファンファーレ』、『リンカーンの肖像』 、そしてレナード・バーンスタインの『ウエスト・サイド物語』。

◎Aaron Copland - Hoedown From“Rodeo”

◎Aaron Copland - "Fanfare for the Common Man"

◎Aaron Copland - “Lincoln Portrait”

I mentioned Bernstein's On the Waterfront. Then Michael mentioned that he loved Elmer Bernstein's film music, too, and he specifically mentioned To Kill a Mockingbird.

私はレナード・バーンスタインの「波止場」(On The Waterfront)について話し、それから、マイケルは、エルマー・バーンスタインの映画音楽も好きだったと言い、特に「アラバマ物語 」(To Kill a Mockingbird)について語りました。

☆MJと縁が深いマーロン・ブランドの主演映画「波止場」
◎Symphonic Suite "On The Waterfront"/ Leonard Bernstein(Soundtrack)

☆こちらもMJと縁が深いグレゴリー・ペックの主演映画「アラバマ物語 」
◎Elmer Bernstein - Theme from "To Kill a Mockingbird"

I realized that almost all the classical pieces he mentioned are childlike, very simple and pretty, like Prokofiev’s Peter and the Wolf and Tchaikovsky’s Nutcracker Suite. He also mentioned Debussy several times, specifically Arabesque

プロコフィエフの「ピーターと狼」やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」や、ドヴュッシーのアラベスクのことも何度か言及し、わたしは、それらすべてが、シンプルで、子供っぽく、また古典的な美しい音楽であることに気づきました。

☆これは、デヴィッド・ボウイのナレーション入り。有名な主題は2:00ぐらいから
◎Peter & the Wolf 1 - Narrated by David Bowie

☆MJは『くるみ割り人形』の組曲すべてが完璧で、自分のアルバムの完成度のお手本のように思ってたんだよね!
◎The Nutcracker - Waltz of the Flowers

◎The Nutcracker - Snowflakes  

◎The Nutcracker - Dance of the Mirlitons

[No. 1] and Clair de lune. He was very soft-spoken when were talking about music, but when he got animated about something, he was very changed.

ドヴュッシーの「月の光」。彼は非常にソフトな口調でしたが、その音楽について語るとき何かに突き動かされているように活気づいていました。

☆関連記事。クラシックが好き発言は何度もしてますが「くるみ割人形」と「月の光」(牧神の午後やアラベスクも)は毎回挙げていますね。
◎マイケルの好きだった音楽(1)

When he mentioned how he loved Elmer Bernstein, and I said I liked the Magnificent Seven score, Michael started singing the theme very loudly, almost screaming it.

彼が、エルマー・バーンスタインをどれほど愛しているかを語っていたとき、私が『荒野の七人』が好きだと言ったので、マイケルは、まるで叫んでいるかと思うぐらい大声でそのテーマを歌い始めました。

☆この曲をボイパで歌うMJ....(もう心臓止まりそう!!!)
◎Elmer Bernstein - The Magnificent Seven

He said, ‘I’m making a CD.’ Then his son, Prince Michael, came in, and Michael asked him to find a CD player. Paris found one and brought it in with Prince. Michael played the CD.

「私はCDを作っています」と彼は言いました。それから、彼の息子(プリンス)が来て、マイケルは彼にCDプレーヤを見つけて来るように頼みました。 パリスがそれを見つけて、プリンスと一緒に持って来て、マイケルはCDを再生しました。

It was very pretty music. He said, ‘But a section is missing.’ He played a second piece. And he said, ‘But a section is missing, too.

それは、とても美しい音楽でした。でも、彼は「足らないところがある」と言いました。彼は2番目の作品も再生しました。そして、これも「足らない部分がある」と言いました。

But I can hum it to you.’ I asked if there was a piano in the house, and he said there was one in the pool house.

でも、それをハミングで私に伝えたので、私は家にピアノがあるか尋ねました。彼はプールハウスにあると言いました。


f0134963_9372572.jpg
これがプールハウス?
でも最初の家の前にもプールあったよね?
プール2つ?(バスルームか!)


We headed out there, but Michael stopped when he saw the dog was outside, soaking wet from being in the pool.

私たちがそこに向かおうとしたとき、彼はストップをかけました。プールの中にずぶ濡れの犬が居たんです。

He didn't want us to get splattered. It was kind of funny. Michael got another assistant to hold the dog while we went to his pool house.

彼は、わたしたちに水がはね散って欲しくなかったんでしょう。それはちょっと面白かったですね。私たちはプールハウスに行きましたけど、マイケルは、アシスタントに犬を捕獲させてました。

I sat at the piano and Michael hummed the missing part of one of the pieces. I had taken a little digital recorder with me and asked if I could record him.

わたしはピアノの前に座って、マイケルは足りない部分をハミングし、小さなデジタル・レコーダに記録してもいいかどうか尋ねました。

He was in perfect pitch. I tried to figure out chords to go with it as he hummed. He said, ‘Your instincts are totally right about the chords.’

彼には絶対音感がありました。わたしが、彼のハミングをコードにすると、彼は「まさにそのコードだよ」と言いました。

We talked about classical music some more. I played some Debussy pieces. Michael seemed very happy and I think he felt very comfortable with me.

わたしたちは、クラシック音楽に関してさらに話しあい、私はいくつかのドビュッシー作品を演奏しました。 マイケルは非常に幸せそうで、私と居ることが快適だと感じてくれたと思いました。

He mentioned Leonard Bernstein again, and I played some of West Side Story.

彼は再びレナード・バーンスタインについて語りました。そして、私は『ウエスト・サイド物語』のいくつかを演奏しました。

He told me he had met Bernstein once and that Bernstein had said he was a big fan of Michael’s.

彼はバーンスタインに前に一度会ったことがあって、バーンスタインが、マイケルの大ファンだと言ったことを私に話しました。

こちらのとてもとても素敵なブログに、レナード・バーンスタインと、MJが会ったときのエピソードがあります。


f0134963_10512732.jpg


Back in the house, whenever he’d go from room to room, you’d hear, ‘I love you, Daddy.’ ‘I love you, Paris.’ They all seemed pretty normal and happy.

母家に戻って、彼が部屋から部屋まで行くとき、あなたは聞くでしょう。「パパ、愛してる」「愛してるよ、パリス」彼らはすごく普通で、幸せそうに見えました。


f0134963_940288.jpg

色々な部屋....


f0134963_9404751.jpg


Michael was very anxious to get the pieces orchestrated and record the music with a big orchestra. I suggested we record it at the Fox, Sony or Warner Brothers lot.

マイケルは曲を調整して、大きなオーケストラと共に音楽を録音することを切望していました。 私は、FOXか、ソニーまたはワーナーブラザースでそれを記録することを提案しました。

I asked if he could have someone call me to discuss the budget and he said he would take care of it. When I left there were several fans outside the gate.

私は、彼が予算について議論するために、私に電話をすることができるかどうか尋ねました。彼はそうするよと答え、 私がそこを去るとき、門の外には数人のファンがいました。

[Later] I talked to Michael on the phone. He asked me how the project was going and I said I was waiting to hear from someone so we could set the deal.

その後、私は電話でマイケルと話しました。 彼はどのようにプロジェクトが行なわれていて、私たちが仕事ができるように、誰から連絡がをもらえるのかを私に尋ねました。

I suggested we could record the music in London while he was doing the show there. He liked the idea. He again brought up Arabesque.

私は、彼がロンドンでショーをする間、そこで音楽を録音することを提案しました。 彼はそのアイデアが気に入り、彼は再び「アラベスク」を持って来ました。

I laid the music all out on my computer and started on the orchestrations. Finally, a week before Michael died, his manager, Frank Dileo, called and asked me for an email with the budget and an electronic mock-up of the music, the costs of orchestration.

私は、コンピュータで音楽を全面的に、オーケストラ編成にすることを始めました。最終的にマイケルが亡くなる1週間前に、彼のマネージャー(Frank Dileo)は、オーケストラ編成の予算と、デジタル・データを私にメールで求めました。

Now I have no idea what’s going to happen with this. I’m hoping the family will do something to get this done. I will not bring it up [with them] until after what I think is an appropriate time.
My guess is that each piece would be seven to ten minutes long.

今、わたしには良い案がなく、何がこれで起こるかが分かりません。彼の家族が、これを完了させるために何かしてくれることを願っています。適切な時期になるまで、私はそれを持ち出すつもりはありません。推測では、それぞれの曲は、7〜10分であるだろうということです。

[Each one] is more substantial than a song. It’s very pretty music. One piece had an Irish quality about it. I suggested that we could use a Celtic harp. The pieces sound like pretty film score music, with very traditional harmony, and definitely very strong melodies.

それぞれが「歌」よりも、実質的でとても美しい音楽です。ある曲には、アイルランドの雰囲気がありました。 私はケルト族のハープを使用することを提案しました。それらの曲は、美しい映画音楽のように、非常に伝統的に調和がとれていて、また、とても力強いメロディーに聞こえます。

One of them was a little John Barry-ish, like in Out of Africa -- that kind of John Barry score. I could hear [in my head] sweeping strings and French horns in unison.

それらの1つは、ちょっと、ジョン・バリー(「007」シリーズで有名な作曲家)ぽくて『愛と哀しみの果て』(Out of Africa)のような感じで、私は、ストリングスとフレンチホルンを頭の中で聴くことができました。

◎John Barry - “Out of Africa” Soundtrack

I told Michael I was going to use one of Leonard Bernstein’s batons I had bought at auction when we did the recording. I knew he would have gotten a big kick out of that. I guess I still will use that baton if I ever get to conduct the music.

私は、私たちが録音するとき、私がオークションで買ったレナード・バーンスタインの指揮棒を使用するつもりであるとマイケルに言いました。

☆最後はドヴュッシーで、興奮を鎮めてね♡
◎Debussy - Clair de Lune
◎Debussy - Arabesque #1


[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/15048194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pyt at 2010-11-26 01:10 x
でしょ、でしょ、でしょ=====!!!
私も初めて読んだときイキ・・・こらこら~~どこへ行くんだ~~~!!!(爆)いやいや、ホントに興奮しました♡

MJは、旅立つ数ヶ月前から、「TII」と「ポップ(New)・アルバム」そして「クラシック・アルバム」という3つのprojectsを同時進行させていたんだよね!!!(泣)

そして、、、

愛する子どもたちとクラシック音楽に囲まれて、「I love you, Daddy.」「I love you, Paris」 と、自然に声を掛け合うことが出来る、ごく普通の幸せな父と子の姿か垣間見られること。

いつの日か、この「MJクラシック・アルバム」をレコーディングする日が来るとすれば、オークションで手に入れた レオナルド・バーンスタインの指揮棒を使って、オーケストラの指揮をするつもりだ。。というDavid Michael Frankの心意気。

取りいそぎ、こんなところがポイントかな。。。
Commented by mari-ko at 2010-11-26 08:13 x
yomodaliteさん、pytさんありがとうございます!

MJがクラシックアルバムを作ろうとしてたなんて!ものすごい感激です!彼の作品にとてもクラシック(オケ)を感じてて、日頃、どんな作品を聴いてたかがとても興味があります。プロコの「ピーターと狼」から音楽に興味を持ったってエピソードなど、彼にとってクラシックはとても重要だったと考えてます。
Commented by cora at 2010-11-26 11:11 x
こんにちは、はじめまして。ただいまトラックバックを確認いたしました。どうやって私の記事を見つけてくださったのですか?

今後とも、よろしくお願いいたします。
Commented at 2010-11-26 11:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2010-11-26 11:55
coraさま、はじめまして。トラックバックにレスをありがとうございます!!!
バーンスタインとMJの出会いに関しては、色々素敵なエピソードが会ったはずという記憶で、検索したところ、coraさまのブログが、すぐに見つかりました。

私が記憶していたより、もっと詳細で、素敵な内容だったので、紹介させて頂きました。本当にありがとうございます!!!。それと、ご指摘の点もありがとうございます。バイセクシャルという表現にしようと思っていたんですが、焦ってしまいました。

彼のその方面の発言には、すごく自由で楽しく「好きだなぁ」と思うエピソードが多くて、そういうところが、MJとも共通してたので、もっときちんと説明したかったのですが、ちょっと、このエントリ内では、もう要素が多過ぎるので、お奨めに従って「削除」いたしました。こちらこそ、よろしくお願いします。
Commented by yomodalite at 2010-11-26 13:17
pytさん、mari-koさん、コメントありがとう====!!!!
調子に乗って、もっと楽しめるように、いろいろ追加してみたよ!

それにしてもさ、1行1行が、無駄なくすべて光って見えるような、GOOOOOD記事で、もう昨日から「イキっぱなし」なんだけど、ホント興奮ポイントが多過ぎて、疲れるわ(笑)

それぞれの断片が7、8分?(全部でじゃないよね?)これが、MJが創った主題だとして、それぞれがいくつあるか、わかんないけど、オーケストラに編曲したら、アルバム分はあるかもね。最終的にっていうのは、何度か、MJに聴かせて、最終段階をっていう意味かなぁ.....

でも、フランクさんは、この結果は聞いてないような.....MJ、ホント、完成って言うまで超しつこいからなぁ(笑)。出るかなぁ〜どうなんでしょ。あと、Dileoが、関わったのは予算面で、音楽データのやり取りは、どうしてたのかなぁ。。そして、この断片は、今どこにあるんだろうね?「JacksonSecretVault.com」なのか?それとも.....そして、Dileoは信用できるのか....(?)
Commented by yukari_0124 at 2010-11-26 14:23
こんにちは~♪
いつも色々な情報ありがとうございます☆
MJがクラッシックかあ。わくわくします♪
スケールが違うなあ、マイケルは☆
これはマイケルが完成させようとしていたものだから
是非聞きたいです。
マイケルの人柄もわかる素敵なエピソードですね。
Commented by sakaeko at 2010-11-26 17:25 x
ご無沙汰です♡
マイケルジャクソンの顔について(19)でsさんと言われた
sakaekoです。。
sakaekoでコメ送信したら「エキサイトブログないで
禁止ワードが含まれます」って出て、
sakaekoの名前を一つずつ削除してsにしたら送信出来たんやよ---!!(泣)禁止ワードってsakaeko??ww

ところでこのトップのMJ超可愛いくて心臓止まりそうやった♡

MJとクラッシクか。。
yomodariteさんがせっかくクラシックを貼り付けてくれたので
聞いていたらぐっすり眠っていました(爆)

インストゥルメンタル・アルバムは好きでよく聞くんやけど
どうもクラッシクって寝てしまう。。
まさかMJがクラッシクアルバムを含む3枚ものアルバム制作を
していたなんて!!驚きです。。

この階段からMJが降りてくるの?想像しただけで気絶しそうww
こんな「イキそう♡」なほど素敵な記事を和訳してくれてありがと~♡
MJの色んな才能を知ることが出来たよ!!
知ってる曲、最後のドヴュッシーだけやったわ。。

このクラッシクでるんかなぁ♪
Commented by yomodalite at 2010-11-26 21:54
yukariさん、sakaekoさん、コメントありがとう====!!!

ホント、ずぶ濡れワンコとか『荒野の七人』ボイパとか、ご飯も何杯でもイケるわ。
流石、David Michael Frank...ファーストネームばっかりみたいな変な名前だけのことはある!♡あと、バーンスタインと会ってるとき、妙に男っぽくて、スリラー期に見えないよね?

>sakaekoの名前を一つずつ削除して....
って、何「禁止ワード」って?(笑)なんか、前にも、コメントできないってメールくれた人がいるんだけど、どういう現象なのか、わかんないんだけど。。コピペ情報に何か含まれてて、それがブロックしたとか?名前を削除しているうちに、消去できたので、送信できた。とか、、う〜〜ん全然わかんないけど、今後も、チャレンジしてみてね♡
Commented by pyt at 2010-11-26 22:35 x
yomodaliteさ~ん、いろいろと追加してくれてありがと!!!
ジョン・バリーの『愛と哀しみの果て』が、似ている曲だということなので、ヘビロテしてた!

で、これらの作品が何曲存在するのかは分からないけれど、1曲の長さがそれぞれ7~10分で、現在この素材を保有しているのは、このフランクさんのほうじゃないかな?MJが旅立つ1週間前に、Frank Dileoにこの曲の予算と、デジタル・データをメールで送るように言われたけど、送ったとは書いてないので、まだフランクさんの方が持っていると。。

で、家族(エステート?)がこの曲を完成させるために行動を起こすことを望んでいる。それまでは、これは持ち出さないと(それまではフランクさんが持っている)。という事は、カシオ・トラックと同じようなフリー素材という事だよね。ママの300曲とは別の。なので、エステートが次のアルバムに向けての押さえに入っているのではないかとちょっと思っている。
Commented by pyt at 2010-11-26 22:38 x
(つづき)
>そして、Dileoは信用できるのか....(?)

うん、そこなんだよね・・Dileoって、最後MJが呼んだのではなくて、AEGが呼び寄せたという話もあるみたいだからね、、。

この記事の書かれた時期は、日付でも分かるように、あの日から間もない頃で、MJ情報量も内容もカオス状態だった頃なので、国内外でも、あまり話題にはならなかったような気がするの。。なので、知らない人もたくさんいると思われたので、yomodaliteさんがあらためて記事にしてくれたことを感謝する人が、きっとたくさんいると思う!!私もです♡
Commented by yomodalite at 2010-11-26 22:52
>現在この素材を保有しているのは、このフランクさん....
確かに。送ったところはハッキリしてないね。

>カシオ・トラックと同じようなフリー素材という事だよね。
うう〜〜ん、カシオトラックは、カシオ作曲だと思うんだけど、これはMJ作曲だから、フリーじゃないんじゃない?フランクさんは編曲しただけだから、権利割合は少ないよね(クラシックはポップミュージックよりは、ずっと高いのかもしれないけど)

>エステートが次のアルバムに向けての押さえに入っている....
ポール・マッカートニーのクラシックアルバムの売上げを考えて、そんなんじゃ、契約金ペイ出来ないっつーの!って言ってる可能性もあるかも(泣)

Dileoのことは、気が向いたら、考えます。
Commented by yomodalite at 2010-11-27 13:20
>自己レス (* ̄∇ ̄*)

フランクさんが持っているのは、コンピュータで作った、オーケストラ演奏のシュミレーション・データだよね。で、これをオーケストラで演奏して録音するには...っていう予算をDileoは聞いてる。。この頃あった、3つのプロジェクトにDileoが必要?っていう疑問は置いといて、

とにかく、これは、レコーディング企画より前に、一回オーケストラで演奏してもらいたいよね。次の記念日のイベントとかいいと思うけど。。
演奏許可だけ取って、素人オーケストラでも別にイイと思うんだよね。

もし、ママが権利をもってるなら、エンシノの自宅パーティーでもいいんじゃない?
で、それを、無料動画配信する。

で、それから(どんな曲かわからないから何とも言えないけど)「イイ曲じゃん」ってことになって、実際、映画に使えないかっていう問合せを、どこかの素敵な映画監督がしてくれたりとか、舞踊とか、シルク・ド・ソレイユの舞台とかって、まとまったら「アルバム」にもなる。みたいな流れに、私がプロデューサーなら、するかな (^-^)ゞ
Commented by mari-ko at 2010-11-27 19:22 x
yomodaliteさん、追加記事ありがとうございます!大興奮!堪能しました~。
yomodaliteプロデューサーのドキドキする企画案により、私も妄想がひろがりますw

>エンシノの自宅パーティーでも。。
ピアノソロや室内楽の楽曲ならとてもステキ!オケなら編成にもよるかなと思います。あまりMJで小編成は想像つかないので、、。(まったくの個人意見です)
私は、演奏家をめざす中高生の寄せ集めオケに、大人もまじり試行錯誤しながら演奏するという、完全に日本人目線、予算かかりまくりドキュメンタリーを考えてしまいました。す、すみません。
Commented by yomodalite at 2010-11-27 21:05
>演奏家をめざす中高生の寄せ集めオケ....錯誤しながら演奏する

うんうん。いいね。わたしも、このネタ、いくらでも妄想できちゃうなぁ。。。

素人オーケストラとか、自宅パーティーとか、じみ目なのは、ママがMJ利用してとかお金儲けって言われちゃわないためにっていう配慮なの。とにかく、演奏許可は大盤振る舞いして、お金じゃなくて、曲として遺して欲しいっていうか「クラシック」は、大勢の人が演奏して遺してきたものでしょう。

あと、妄想としては予算が通って、オーケストラの前にしたMJが、フランクさんに薦められて、自らタクトを握る姿を想像すると、もう....昇天してしまふ (#・・#)
Commented by mari-ko at 2010-11-28 20:05 x
>ママがMJ利用してとか、、。
なるほど!納得です。なんだか改めて、(カタログの件もですが)MJは世界に於いて、なんと言うかおっきい存在だなと思います。

>「クラシック」は大勢の人が演奏して、、。
そうですね。楽譜が出版されればなぁ~。間違いなく買います。

>自らタクトを、、。
も、もう、ダメです。男前すぎて、ヤバいです。オケを指揮するMJなんて。。。あと、フランクさんが指揮をして、演奏終わった後に、客席で聴いてるMJを手招きでステージに呼び寄せ、大拍手のなかステージに上がり、作曲家としてお辞儀するMJも、個人的にツボです。
Commented by yomodalite at 2010-11-28 20:38
>ママがMJ利用してとか、、

なんだかねぇ〜〜ウルサい人多いから。。。

>作曲家としてお辞儀するMJ....

それも、サイコー===!!! ホント、MJ指揮は、マジ、ヤバいよね!!! もし、MJが指揮やってたら、もうバーンスタインのジャンプなんて、、こっちには高速スピンがあるからね(って、そういう勝負じゃないか)

でも、ロドニーも言ってたけど、キング・オブ・ポップなんてものじゃなくて、正に「キング・オブ・ミュージック」誕生の日になってたよね。まっ、MJも、はっきりと、そこ狙ってたと思うけど(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2010-11-25 23:51 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(17)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite