1日江戸人/杉浦日向子

久しぶりに杉浦日奈子を読む。氏が亡くなってから4年経ちましたが、氏が発見しブームを担った「江戸」の人気はすっかり定着したものになりました。

どうして杉浦日向子は、こんなに江戸がわかるのか?という疑問は今も不思議でならないのですが、逝きし世の面影(by 渡辺京二)を現代に甦らせた手腕は本当に見事だったなぁと改めて思います。

NHKの大河ドラマでおなじみの戦国武将という名のヤクザストーリーや、彼らの妻たちによるホームドラマなどより、「現代」がどこから来たかということが、実感できる歴史本。一日江戸人になってみたほうが、未来が見えてくる気がします。

江戸は264年間。明治以降の時代が、後世になんと呼ばれるのかわかりませんが、明治44年間、大正14年間、昭和64年間、平成は21年経ったので、ここまでで143年で、江戸時代の2/1を超えたんだなぁと、政権交代の日にしみじみ想う。


☆最高裁裁判官国民審査の不信任率は、例年通り6〜7.7%でした。ネットでも「×をつけよう」という動きは今まで以上にありましたし、おかしな判決が目についた近年でしたが、まったく変化がないのは疑問ですね。

桜井龍子(行政官) 4656462(6.96)
竹内行夫(行政官) 4495571(6.72)× ←元外務省、イラク戦争支持
涌井紀夫(裁判官) 5176090(7.73)
田原睦夫(弁護士) 4364116(6.52)
金築誠志(裁判官) 4311693(6.44)
那須弘平(弁護士) 4988562(7.45)× ←佐藤優上告棄却
竹崎博允(裁判官) 4184902(6.25)× ←裁判官制度実現。
近藤崇晴(裁判官) 4103537(6.13)× ←植草一秀上告棄却
宮川光治(弁護士) 4014158(6.00)

http://miso.txt-nifty.com/shinsa/
___________________________

【BOOKデータベース】現代の江戸人・杉浦日向子による、実用的かつ、まことに奥の深い江戸案内書。江戸美人の基準、三大モテ男の職業、衣食住など、江戸の人々の暮らしや趣味趣向がこれ一冊でわかる。さらには「殿さま暮らし」は楽かの考察(「将軍の一日」)、大奥の仕組み(「ザ・大奥」)、春画の味わい方(「春画考」)まで。著者の自筆イラストもふんだんに盛り込まれ、居ながらにして気分はもう江戸人だ。 新潮社 (2005/03)





[PR]
トラックバックURL : https://nikkidoku.exblog.jp/tb/11843607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2009-08-31 22:33 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite