タグ:dangerous ( 16 ) タグの人気記事

f0134963_21323192.jpg

(3)の続き・・・


『Dangerous』前後に起きた様々な変化、ビジネス、政治・社会状況について、主に『ヒップホップ・ジェネレーション』を参考にしてまとめてみました。


◎ヒップホップとビジネス


世界的なメディア業界における消耗品としてのヒップホップと、地域のアンダーグラウンドを結ぶ、広大なネットワークの中で力強い生命線となっていたヒップホップ。

この二つの役割の間にあったクリエイティブな緊張状態は、90年代中盤になると、メディア独占企業側に一気に傾き始めた。脱白人ポップカルチャーに対する世界的需要に企業側が気づくと、ヒップホップは世界規模で統合されたメディアの主要コンテンツとなった。


ナイキや、アディダス、ペプシといった企業は、白人ベビーブーマー(1946~1964年頃までに生まれた世代)以外の新市場の開拓に乗り出すと、都市部に住む有色人種に目をつけた。これまではニッチとして無視されていた彼らだが、一般の認識以上にブランド志向を持ち、実際はブランドをリードしている層であることがわかったのだ。


1980年代、ブラックミュージックを流すラジオ局は、自らを「アーバン・ラジオ」と称するようになり、ライオネル・リッチーや、マイケル・ジャクソンがアーバンだった80年代から、90年代になると、ヒップホップが「アーバン」の象徴になる。


1986年、Run-D.M.Cは「My Adidas」で、アディダスを一躍ヒップホップ・ブランドに変貌させ、その二年後、スパイク・リーとマイケル・ジョーダンは、ヒップホップを使ったブランド戦略をより高い次元へと押し上げ、1992年の「The Chronic」リリース以来、スヌープとドレーは2年間ヴィデオとラジオを独占し、ラップ業界は、音楽業市場の10%を占めるようになった。



f0134963_21421646.jpg

ロス暴動後、ヒップホップ世代の創造性が爆発した一方で、競争は熾烈を極めるようになり、雑誌に取り上げられ、高い評価を得られるかどうかをめぐって、編集者やライターが、ラッパーから脅迫をうけることもめずらしくなく、誰もが生き残りを賭けて、しのぎを削っていた。


1988年にハーヴァード大学のユダヤ系の学生によって創刊されたインディーズのヒップホップ専門誌「The Source」の発行部数は14万部に達し、ラップ業界の代弁者の域を超え、あらゆる文化や、政治も扱うようになった。ファッションのページには、その後、黒人初のスーパーモデルと言われるようになるタイソン・ベックフォードと共に、Bad Boy Recordsを設立したショーン・コムズ(パフ・ダディor ディディ)が登場し、1993年には、「The Source」の広告主は、レコード会社だけでなく、ナイキ、リーボック、セガなどにも広がった。平均的な読者層は21歳男性。そのうちの半数がブラック、4分の1以上が白人だった。



f0134963_21435768.jpg



一方、TV界では、これまで視聴者を独占していた三大ネットワークのABC、CBS、NBCは、ケーブルTVなどによる視聴者の細分化によって視聴率が減少し、ビルボートのランキングに、バーコード読み取り方式の購買情報管理システム「サウンドスキャン」が取り入れられ、実際のセールスを集計するようになると、インディーズで配給されたNWAの『Efil 4 Zaggin』が、初登場第2位を記録。

マイケルが、黒人として初めてMTVに登場したと言われた「Billy Jean」から5年後の1988年、MTVで最も人気番組になっていたのは、ドクター・ドレもホストとして参加していた「Yo! MTV RAPS」。MTVはラップ・ヴィデオがほぼ皆無な状態から、1日12時間もラップを放映するチャンネルとなっていた。

マイケルとの共同制作関係を解消したクインシー・ジョーンズは、『Dangerous』発売と同年の1991年、「The Source」を買収しようとして失敗するものの、その後タイムワーナーからの出資を受け、高級志向のヒップホップ雑誌「VIBE」を創刊。記事の質の高さだけでなく、エレガントな写真と画期的なデザインによる高級紙は、ジャンニ・ベルサーチや、アルマーニ・エクスチェンジなどの広告も掲載され、商業的にも大成功する。



f0134963_21483522.jpg



ホワイトネスからブラックネスへ、ベビーブーマーから若者へ、そして、郊外から都市部へ。「The Source」がシーンに登場した頃、エンターテイメント業界と、メディア業界は、空前絶後のパラダイムシフトを経験していた。


80年代の多文化主義を提唱する人々は 、社会が数々の文化を取り込み 、それぞれを尊重することを求めていた。この種の融合はあらゆる人々を幸せにできると考えられていた。しかし、『The Chronic』以降の企業の多文化主義は 、それとは逆の概念を持ち、アーバン・マーケティングは 、人種隔離と差別の現実を維持しながら、文化融合の欠点をも引き出した。


歴史学者のロビン・D G・ケリ ーと、学者のヴィジャイ・プラシャドは、「多文化主義」という概念は 、政府や資本主義によって作り出されたと言い、ナオミ ・クラインは、90年代中盤、トミー・ヒルフィガーが、ラルフ・ローレンの偽物というイメージから、アーバン・クールの権化というイメージへ大変身を遂げた理由について、「アメリカの人種関係の核心にある距離感を利用したのである ― 白人の若者に対しては 、ブラック ・スタイルに憧れる心を利用して売り込み 、黒人の若者に対しては 、白人の富に憧れる心を利用して売り込んだのだ 」と(『ブランドなんかいらない』)。



f0134963_10113039.jpg
「VIBE」に掲載された広告(1993)


リアルであり続けることと、成功を収めること。メディアがヒップホップの商業化に加担したことに対する、究極の代償のように、ヒップホップシーンに混乱状態がおとずれた。



《参考記事》1990~1993年までの「The Source」の広告


[PR]
by yomodalite | 2017-05-09 00:23 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)
f0134963_21570247.jpg



後半部を書き換えました


(2)の続き・・・

パブリック・エネミーよりも、さらに過激な論争を呼ぶことになったN.W.A.(Niggaz Wit Attitudes 主張する黒人たち)は、後年ギャングスタ・ラップのゴッドファーザーとも呼ばれるようになるイージーE、議論を招くリリックを書き、現在も俳優として活躍しているアイス・キューブや、脱退後シュグ・ナイトと共にデス・ロウ・レコーズを立ち上げたドクター・ドレーなど、個性豊かな4人のメンバーをそろえ、Run-D.M.Cの「Walk This Way」が大ヒットした1986年にデビューした。


パブリック・エナミーのチャックDをメンターに、ネイション・オブ・イスラムについても学んでいたアイス・キューブがリリックを書いた「Boyz N The food」は、ブラック・パンサー党幹部の弟である、ジョナサン・ジャクソン(ショットガンやライフルを携行して裁判所を襲撃し、脱獄を企てた罪で死刑判決を宣告されていた兄ジョージの釈放を要求し、検事を人質に立てこもったが、警官の突入を受け、射殺された)の実話を巧みに挟み込み、同世代の神話ともいえるレヴェルにまで祭り上げられ、その過激なスタイルから、彼らの音楽はギャングスタ・ラップと呼ばれるようになった。そして、1988年のアルバム『ストレイト・アウタ・コンプトン』が大ヒットを記録する。



N.W.A. - Straight Outta Compton






しかし、凶悪犯罪はこれまでにない件数を記録し、前年よりも4人多い78名の警察官が職務中に殺害されていた1988年、「Fuck Tha Police」など、警官への暴力を支持するような曲により、N.W.A.は、大統領まで巻き込んだ大論争を巻き起こすことになる。


それでも、ストリートのリアリティをあるがままに語っているようなN.W.A.のスタイルは、新しいパンク・ロック以上のものになり、ギャングスタ・ラップは、若年層のリスナーに受け入れられただけでなく、ラップのミックステープを作れば、誰でもお金が稼げるかもしれないという希望は、ストリートの若者を夢中にさせ、ディスコを古いものへと押しやってしまう。


ロス暴動が起こったのは、それから4年後の1992年。


ハーレムで暮らす黒人と韓国人社会の対立は、1989年のスパイク・リー監督の映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』でも描かれていましたが、アフリカ系アメリカ人の高い失業率と、LA市警による黒人への恒常的な圧力や、韓国人の黒人への蔑視によって、サウスセントラル地区の黒人社会には怒りが渦巻いていた。


そんなとき、ロドニー・キング事件(*1)のLA市警警官が無罪になり、ラターシャ・ハーリンズ射殺事件(*2)における韓国人店主には、異例の軽い判決が下りたことが引き金になり、「ロス暴動」へと発展していく(*3)


1991年にN.W.A.を脱退していたドクター・ドレの1992年のアルバム『The Chronic』(強力なマリファナという意味)は、ロス暴動がようやく終結した数ヶ月後にリリースされた。それは、人々にとってそれまでのストリートの緊張を和らげてくれる強力な鎮静剤としても作用し、大ヒットしたようです。



Dr. Dre, Snoop Dogg - Nuthin' But A G Thang






続く1993年、ドレーはスヌープ・ドッグのデビュー・アルバム「Doggystyle」をプロデュース。初のビルボード・チャート1位デビューという大ヒットを記録し、西海岸ギャングスタラップは、その後もヒップホップシーンを席巻するようになります。



Snoop Dogg - Gin & Juice






ビッチだの、ファックだの、ドラッグだの・・といった内容を好意的に解釈すれば、政治や宗教に傾倒しすぎの男たちや、フェミニズムにハマっていく女たちに、もっとリラックスして人生を楽しめ。そして、政府に要求したり、誰かから奪うのではなく、「自分自身で自分のものを得るべきだ」というメッセージが込められているのではないでしょうか。また、Nワードとして差別用語だったニガという言葉の多用には、いわゆる「ブラックパワー」的な黒人啓発運動への反動もあるようです。


そんな西海岸のギャングスタ・ラップは、ライヴァル「バッドボーイ」との獲得争いに勝利し、デス・ロウ・レコーズに移籍することになった2パックによって、さらに確かなものになりました。



California Love






デス・ロウ移籍後初のアルバム『All Eyez On Me』から

メッセージ性の高い曲

Life Goes On(和訳付き)





こちらは死後アルバムからですが、

「俺たちは変わる必要がある」という

Changes

(youtubeのページに和訳あり)





2パックの大成功に乗じて、西海岸の「デス・ロウ・レコード」は、東海岸の「バッドボーイ・レコード」への攻撃をいっそう強めていくことになりました。


ヒップホップの歴史に必ず登場する「東西抗争」というのは、主に「西海岸」と「東海岸」のレーベル同士の争いで、


スヌープ・ドッグ、2パックなど人気ラッパーを擁し、N.W.A.の初期メンバーであるドクター・ドレが、N.W.A.を脱退後の1991年に、シュグ・ナイトと共に設立したDeath Row Records(西海岸)と、


ショーン・コムズ(パフ・ダディor ディディ)が、1993年に創立した、Bad Boy Records(東海岸)は、実際のギャングさながらに対立していました。


ちなみに、


一年間だけ通ったハリウッドのガードナー小学校や、エンシノ、ネバーランド、Hornby Hillsと、マイケルは基本的に「西海岸」の住人で、N.W.A.以降のラップミュージックは、ワッツ地区や、コンプトンに限らず、それぞれ自分がいる場所を語るという考え方があるのですが、


『HISTory』の「This Time Around」や、『Invincible』の「Unbreakable」でラップを披露したノトーリアスB.I.Gは、「バッドボーイ」(東海岸)で、


マイケルが『Invincible』までに共作した、Run-D.M.C、ヘヴィD、LL・クール・J、ノトーリアスB.I.G、ジェイ・Z(Heartbreakerや、Invincibleに参加しているFatsに関しては不明)は、全員ニューヨーク出身で、バスケ選手でありながら、音楽的にも成功し、『HIStory』の「2Bad」にラッパーとして参加してくれたシャキール・オニールもニュージャージー州の出身なので、


マイケルが共演したラッパーは、全員「東海岸」なんですよね。


プロデューサーであるテディ・ライリーがNYハーレム出身で、ロドニー・ジャーキンスも、やはり東海岸であるニュージャージー州出身ということもあるのかもしれませんが、


どうして、マイケルは「東海岸」びいきなんでしょう?


そして、才能あふれるラッパーは数多くいるのに、なぜ、ノトーリアスB.I.Gと二度も、しかも、二度目の「Unblackable」のとき、すでに、ノトーリアスB.I.Gは亡くなっていたのに、インヴィンシブル期のインタビューで、マイケルは一度もそれについて話しておらず・・・


マイケルはあれほどこだわっていた「Unbreakable」について、そんなことさえ語っていません。


わたしのヒップホップへの興味は、この二度も共演することになったノトーリアスB.I.Gと、彼のラップの魅力を理解したいという思いが「すべて」なのですが、それについては、またあとで触れることにして、ヒップホップとビジネスの結びつきに関してもう少し・・・



こちらは、2パックの参考記事・・・

(*1)ロドニー・キング事件

1991年3月3日、黒人男性ロドニー・キングがスピード違反を犯し、LA市警によって逮捕された。その際、20人にものぼる白人警察官が彼を車から引きずり出し、装備のトンファーやマグライトで殴打、足蹴にするなどの暴行を加えた。たまたま近隣住民が持っていたビデオカメラでこの様子を撮影しており、この映像によって、白人警官3人とヒスパニック系警官1人の計4人が起訴された。裁判の結果、キングは巨漢で、酔っていた上に激しく抵抗したため、素手では押さえつけられなかったという警官たちの主張が全面的に認められ(実際は両手をあげて地面に伏せたキングが無抵抗のまま殴打され、医療記録によるとあごを砕かれ、足を骨折、片方の眼球は潰されていたとされるが、裁判では認められなかった)、事件発生から1年後の1992年に陪審員は無罪評決を下した。


(*2)ラターシャ・ハーリンズ射殺事件

ロドニー・キング事件の13日後の3月16日、持参したバックに1ドル79セントのオレンジジュースを入れ、手に支払いのための小銭を握っていた15歳の黒人少女ラターシャ・ハーリンズを、韓国系アメリカ人の女性店主が射殺した。事件の様子は防犯ビデオに収められており、2人は揉み合いになったのちに少女が店主の顔面を4度殴打、店主は床面に激しく転倒させられ、店主は少女に椅子を投げつけた。その後、件のオレンジジュースをカウンターに置いて店から歩いて出て行こうとする少女に対して、韓国人店主は背後から銃を向け、その頭部を撃ち抜いた。女性店主は逮捕されたが、陪審員は16年の懲役を要求していたにもかかわらず、判決は5年間の保護観察処分、およびボランティア活動400時間、罰金500ドルという殺人罪としては異例に軽いものだった。この判決によって、黒人社会と韓国人社会間の軋轢は頂点に達した。


(*3)ロス暴動

1992年4月末から5月頭にかけて、アメリカ合衆国・ロサンゼルスで起きた大規模な暴動。ロドニー・キング事件のLA市警警官に対して無罪評決、ラターシャ・ハーリンズ射殺事件における韓国人店主への異例の軽罪判決が引き金となり、黒人社会の怒りが一気に噴出して起きた事件と言われる。暴動鎮圧のために、4,000人を超える連邦軍(陸軍、および海兵隊)が投入され、さらに司法省が、ロドニー・キング事件について再捜査をアナウンスするなどの努力によって、6日間にわたった暴動はようやく収束を見た。暴動による被害は死者53人、負傷者約2,000人を出し、放火件数は3,600件、崩壊した建物は1,100件にも達した。被害総額は8億ドルとも10億ドルともいわれる。韓国人街は市警が暴動鎮圧に消極的だったと厳しく非難し、また彼らは『無実の我々が犠牲を強いられた責任は市当局にある』と述べた。この事件での逮捕者は約1万人にものぼったが、人種的にもっとも多かったのは44%のヒスパニック系で、42%が黒人、そして9%の白人と2%のその他の人種が含まれていたとされる。(以上、Wikipediaより)





[PR]
by yomodalite | 2017-05-01 07:00 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)

f0134963_18005283.jpg


(1)の続き・・・

ヒップホップの世界では、1970年代 - 1980年代までをオールド・スクール、1990年代以降をニュー・スクールと呼ぶことがあります(現在はすでに1990年代もオールドスクールと呼ぶことが多いですが)。オールド・スクールを代表するアフリカ・バンバータは、ヒップホップの創始に関わった3大DJの1人で、ラップ、DJ、ダンス、グラフィティなどの黒人の創造性文化を総称して「ヒップホップ」と名付けた、ヒップホップという言葉の生みの親。


プレイリストにジャクソン5を入れていたアフリカ・バンバータは、1982年に発表した『Planet Rock』により、ヒップホップ、ハウス、テクノの音楽シーンに多大な影響を与えたと言われていますが、クラフトワークに強い影響を受け、YMOから音のサンプリングを学び、ジョン・ロビーがシンセサイザーを演奏した『ビート・ボックス』を提供してもらったことで完成した『Planet Rock』のヒットは、マイケルが、YMOの「ビハインド・ザ・マスク」を、最終的に『スリラー』(1982)から外したのと同時期のこと。


Afrika Bambaataa - Planet Rock





1980年代後期から1990年代前期については、音楽面で革新的な技法・作品が多く生み出されたことから、特にゴールデンエイジ(黄金時代)と呼ばれ、マイケルが「JAM」で共演したヘヴィ・Dもその時代のアーティスト。

彼は1967年にジャマイカで生まれ、9歳からニューヨークに移住し、80年代末から90年代前半にニュージャック・スウィングのラッパーとして活躍していました。


Dangerous発売前の1989年のヒット曲

Heavy D & the Boyz - Somebody For Me





また、『Dangerous』には収録されなかったものの、同時期に録音された「Serious Effect」で共演したLLクールJは1968年生まれで、ヘヴィ・Dと同じくニューヨークで育ち、ふたりとも愛嬌あふれる明るいキャラクターで、ヒップホップがポップスに浸透していく一翼を担ったラッパーであり、俳優としても活躍したという点も、マイケルに好まれたように思われます。


マイケルの『BAD』と同じ1987年の曲

LL Cool J - I'm Bad





MJの売上には程遠いものの、当時の時代感覚に合った「Bad」なセンスは、おそらくLLクールJの方でしょう。マイケルの「BAD」は、病気理由であっても、人種の壁を破ったと賞賛された黒人としての外見を白人に見せてしまったことで、元々マイケルが気に入らなかったローリングストーン誌など老舗のロック雑誌のライターからは「偽物のロック」と判断され、ヒップホップによって今までにない盛り上がりを見せたブラックミュージックのジャーナリストたちをも混乱させたことで、真っ当な評価を受けることはありませんでした。


代表曲は「Dangerous」の前年にリリースされたこの曲

LL Cool J - Mama Said Knock You Out





プリンスはヒップホップに批判的でしたが、「Dangerous」の翌年に発表したアルバム『Love Symbol』には、この曲の影響も感じられるこんなラップ曲も。


Prince - My Name Is Prince

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14109619



今聞くと、Heavy Dの曲は、テディ・ライリーが推薦しただけあって、まんまニュージャックスウィングというか、最近の音に慣れた耳にはラップミュージックには聴こえませんが、LLクールJの曲は現代のラップにも近い感覚で、マイケルの「JAM」も、ニュージャックスウィングとは別のソリッドな感覚がありますね。


(1)で紹介したスパイク・リーのCMのように、この曲のショートフィルム(以下SF)には、嘘の告発によるスキャンダルから影響力が低下していたマイケルより、当時は影響力が絶大だったマイケル・ジョーダンが登場し、スポーツとダンスが融合し、ふたりの大スターがみんなに「JAM」を求めているような感じで、下記の和訳には使いませんでしたが、NBAで「Jam」と言えば、強力なダンクシュートという意味もあります。


SFの冒頭では、ハーレムのような場所で、ガラスが割られ、地球のようなボールが飛び出し、荒廃した地を見回すような映像の後、「全世界が一つになり、僕らが直面する問題に取り組めば、何か方法が見つかるはずだ」という歌が始まり、歌の最後では、そのボールは水溜まりから拾われる。


ジョセフ・ボーゲルの『コンプリート・ワークス」には、


「Jam」はマイケルの楽曲の中で、『Thriller』のオープニング曲「Wanna Be Startin’ Somethin’」に次いで社会を見据えた、内面を率直に吐露した曲となった。・・・彼は決まり文句を皮肉たっぷりに吐き捨てる。「世界はひとつ。みんなで協力しよう」。彼は現実はもっと殺風景なものであることを知っている。「世界は変わり続け/心もその都度変化する」と彼は観察し、質問を投げる。「僕らは正しいものと間違ったものを見分けられるのか?」

家族、政治、宗教のいずれもが彼を落胆させ、彼は考え続ける。彼は「幸せを見つけ」なければならない。しかし、他人の基準にはうんざりしている。「僕に教えようとしないでくれ/叫んだりわめいたりしないでくれ」。・・・

歌手の最後の救いが見つかるとすれば、それはもちろん音楽の中だろう。「Jam」とは時々息がつまりそうになるこの世界からの一時的な脱出のことであり、クリエイティブな世界に没頭し、音楽によって問題を解決することである。


と書かれています。私は、冒頭部分をマイケルが皮肉たっぷりに言っているとは思いませんが、彼は作曲者で、中心メンバーでありながら、「We Are The World」のツアーに参加しなかったり、「人種差別」や「多文化共生」の政治的な欺瞞には鋭い視点をもっていたと思います。


同署では、「Black Or White」のSF、後半部における暴力表現に見られたマイケルの痛みと怒りは、1992年ロス暴動を予言することになった。という記述もあるのですが、


後半の映像でのマイケルは「破壊」の限りを尽くしていて、ブラックパンサー党の黒人至上主義的ともいえる過激な思想を表現するかのごとく、最後は「ブラックパンサー」に変身します。これは、前半の多文化共生的なメッセージに反して、見るものを混乱させましたが、実はこの曲では、それらが相反していただけでなく、もっとあらゆるものが「混ざって(Jam)」いて、「Black Or White」は、黒人サイドが主張する「人種差別」ではなく、人種に限らず、あらゆる「カテゴライズ」への抵抗をテーマにしていました。


自由の女神像から登場したマイケルは、「白いシーツ(KKKのこと)なんか怖くない・・・」と言い、黒人差別に立ち向かっているようですが、そんな彼の肌はすっかり「白く」なっていて、ご丁寧にも、「I’m not going to spend my life being a color(僕は生涯、有色人種と呼ばれて生きる気はない)」というラップを、自分や黒人ラッパーではなく、制作者のひとりである白人のビル・ボットレルにやらせていたり(笑)・・・

上記の記事で言われているように、「Black Or White」時点では、主流のラジオ局はラップをオンエアしない方針でした。つまり、マイケルはヒップホップがメインストリームに登場することにも一役買っていたわけですが、マイケルが、アルバムの最初の曲を『Jam』にしたのは、過激なメッセージから、分裂・対立が激しくなっていた時代背景や、その頃数多く語られていた多文化主義、結集や団結といった意味だけでなく、自由にやりあい、様々なものを混ぜ合わせ、ゴールにボールを叩き込む・・・その他にも、当時の日本では想像もしていなかったあらゆる意味が「Jam」には込められていたようです。



[PR]
by yomodalite | 2017-04-27 09:56 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)

和訳 “Jam”

f0134963_22125985.jpg


「マイケルとヒップホップ」最初に書くのを忘れていましたが、

「Unbreakable」の和訳のためのヒップホップ学習から理解したことをまとめておこうと思って始めたことで・・・で、その(2)の前に、Dangerousのラップ曲「JAM」の和訳をしておくことにします。






JAM

lyric by Michael Jackson


Nation to nation

All the world

Must get together

Face the problems

That we see

Then maybe somehow


全世界の国という国が

一つになり

僕らが直面する問題に取り組めば

何か方法が見つかるはずだ


I asked my neighbor

For a favor

She said, “Later”

What has come of

All the people?


隣人に頼みごとをしたら

彼女に「後でね」と言われた

みんなどうなってるんだ?


False prophets cry of doom

What are the possibilities?


偽物の預言者がみんなに叫んでることなんて

どれほどありえることだと思う?


I told my brother

There’ll be problems

Times and tears of fears

But we must live each day

Like it’s the last


僕は(宗教指導者や)仲間に

そういうのは問題だって言ったんだ

恐怖も悲しみも、時代とともにある

ただ、僕たちは毎日を

いつも最後の日だと思って生きなきゃならないんだって


Go with it

Go with it

Jam


それをやって行こうよ

みんなで自由に


It ain’t too much stuff

It ain’t too much

It ain’t too much for me to

Jam


それは多すぎることはないし

大変すぎるわけでもない

僕にとってはどうってことじゃない

みんな自由にやればいい


The world keeps changing

Rearranging

Minds and thoughts

Predictions cry of doom

The baby boom

Has come of age

We’ll work it out


世界は変化しつづけ

再編成される

精神も思考も

予言された運命も

ベビーブーム世代も年を重ねた

僕らは乗り越えていくんだ


I told my brother

Don’t you ask me for no favors

I’m conditioned by the system

Don’t you preach to me

Don’t scream and shout


僕は(宗教指導者や)仲間に言ったんだ

僕をあてにしないでほしいって

僕はシステムに組み込まれてる

説教したって無駄だよ

大声でどなったり叫んだりもしないでくれ


She pray to God, to Buddha

Then she sings a Talmud song

Confusions contradict the self

Do we know right from wrong?

I just want you to recognize me

In the temple

You can’t hurt me

I found peace within myself


彼女は神に祈り、仏に祈り

それからタルムードの歌を歌い

その混乱から自己矛盾に陥る

僕らに正しいとか、間違ってるとかわかると思う?

僕はただ君に気づいてもらいたいだけ

僕が安らかな場所にいるんだってことを

僕を傷つけることなんてできない

僕は自分の中に平和を見つけたから


Go with it

Go with it

Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t too much

It ain’t too much for me to

Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t

Don’t you

It ain’t too much for me to

Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t too much

It ain’t too much for me to

Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t

Don’t you

It ain’t too much for me to


やってみろよ

みんなで集まって

何をするにも多すぎることはないし

大変すぎるなんてこともない

みんな混じりあって

自由にやればいいんだ・・・


[Rap by Heavy D]

Jam Jam

Here comes the man

Hot damn

The big boy stands

Movin’ up a hand

Makin’ funky tracks

With my man

Michael Jackson

Smooth Criminal

That’s the man

Mike’s so relaxed

Mingle mingle

Jingle in the jungle

Bum rushed the door

3 and 4’s in a bundle

Execute the plan

First I cooled like a fan

Got with Janet

Then with Guy

Now with Michael

Cause it ain’t too hard to …


みんな集まってやりあおうぜ

熱くてヤバい奴らはこっちへ来いよ

デッカい男のお出ましさ

手を動かして

ファンキーなやつを作るんだ

一緒にやるのは、マイケル・ジャクソン

あのカッコイイ完全犯罪の男さ

マイケルの曲は、超リラックスしてて

なんでもかんでも入れ込んで

混ざりに混ざってる

のらくらしてる奴もドアをぶち破って

3人とか4人で束になれば

計画を実行できる

最初にやったジャネットのように

おまえらも後に続けよ(*)

今度は、マイケルと一緒なんだから

むずかしいことなんてないだろ・・


Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t too much

It ain’t too much for me too


混じり合うんだ

何をするにも多すぎることはないし

大変すぎるなんてこともない

自分にとって多過ぎることなんてないんだ


Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t

Don’t you

It ain’t too much for me to


みんな自由にやれよ

なんだってやり過ぎることなんてない

そんなことはないよ

そうだろ?

自分にとってやり過ぎることなんてないんだ・・・


Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t too much

It ain’t too much for me to


混じり合うんだ

何をするにも多すぎることはないし

大変すぎるなんてこともない

自分にとって多過ぎることなんてないんだ


Jam

It ain’t too much stuff

It ain’t

Don’t you

It ain’t too much for me to


みんな自由にやれよ

なんだって多すぎることなんてない

そんなことはないよ

そうだろ?

自分にとってやり過ぎることなんてないんだ・・・


(訳:yomodalite)







(*)ここは、テディ・ライリーのバンドである「Guy」の意味も含まれていると思います。ただ、First I cooled like a fan got with Janet は、ここでは主にジャネットの「Rhythm Nation」(1989)を指していると思いますが、それに対応するような内容のGuyの曲が見当たらなかったので、「それから、Guyもね」という訳にはしませんでした。




[PR]
by yomodalite | 2017-04-26 07:00 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)
f0134963_15241168.jpg



マイケルのアルバムに “ラップ” が登場したのは、1991年のアルバム『Dangerous』から。

前作『Bad』発売1年前の1986年は、ロックとラップを融合したRun-D.M.Cの「Walk This Way」や、白人ヒップホップの草分けであるビースティ・ボーイズ「Licensed to Ill」がヒットし、スパイク・リー監督のデビュー作『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』が低予算映画でありながら700万ドルを超える興行成績を残した年。


RUN-DMC - Walk This Way




Beastie Boys - Fight For Your Right




1985年から始まったNBAの大スター、マイケル・ジョーダンを使ったナイキのCMは、それまで業界第2位だったナイキを一躍トップメーカーへと押し上げることになったのですが、リーはデビュー映画の成功をきっかけに、このCM撮影をまかされ、ジョーダンとの共演CMも評判を呼びました(1987)。





ちなみに、マイケルがペプシのCMに登場し、コカコーラとの「コーラ戦争に勝った」と言われたシリーズCMが始まったのは1984年のこと。80年代は、エンターテイメント界と、スポーツ界の2人の若き黒人スター(奇しくも二人ともMJ)が、マーケティング史上にのこる快挙を成し遂げた時代だったわけですが、ペプシと異なり、若者に高価なスニーカーへの欲望を掻き立てたCMは、「エア・ジョーダン狩り」と呼ばれる暴力事件を誘発したという批判も受けました。

『Bad』のプロデューサーだったクインシー・ジョーンズや、マイケルも勢いを増すヒップホップの流れを感じていて、『Bad』がロック寄りになったのも、そういった流れに沿ったものとも言えるわけですが、マイケルがヒップホップのアーティストと会ったのは、クインシー・ジョーンズがセッテイングしたRun-D.M.Cとの出会いが最初だと言われています。

クインシー・ジョーンズは、彼らとマイケルの共作を考えていて、「Crack Kills」という曲を録音したものの、結局「Crack(亀裂)」や、「Crack(ドラッグの一種)」をテーマにしたこの曲は『Bad』には収録されることはありませんでした。

『Bad』で実現しなかった共演では、Run-D.M.Cよりも、シングル曲でのプリンスとの計画の方がよく知られていますが、プリンスは自らこの共演を断り、マイケルがその後、ヒップホップとの距離を縮めていくのとは逆に、ヒップホップ界の汚い言葉や、男性優位で、女性蔑視的な言葉遣いや世界観を嫌って、ラップミュージックに反対の立場をとるようになります。

これは、マイケルファンにとっては意外というか、むしろ、マイケルがしそうなことだと感じる人が多いのではないかと思いますが、これまでマイケルよりもずっと過激な表現をしてきたプリンスは、1985年のアルバム『Around the World in a Day』以降、徐々に宗教色を強めていき、その後、マイケルが『Bad』期に離れた教団に、プリンスは改宗することに(2001)。

ふたりは音楽や仕事に対しても、神に対しても、非常に似通ったところがありつつ、マイケルは時代に支持されていることに、常に真っ向から立ち向かおうとし、プリンスは独自な道を歩もうとする。というのはこの後も続いたふたりの個性のように思われるのですが、プリンスがより宗教的になっていったのは、ヒップホップ世代の社会変化が大きかったからのようにも思えます。

音楽やダンスの修養や、練習する楽器を手に入れなくとも、ラップを書くことで成功できるかもしれないというラップミュージックは、かつて英国のパンクムーブメント以上に、黒人社会を変え、ヒップホップに黒人社会の未来を感じた評論家や、アーティストによる過激な言葉は、音楽や文化だけでなく、政治やビジネスにも大きな影響を与えていく。

『Bad』と同じ1987年には、おそらくヒップホップに関する文章で、最も多く引用されているグループだと思われるパブリック・エネミーのデビューアルバム『Yo! Bum Rush the Show』も発売され、彼らはセカンドアルバム『It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back』から、より政治色が強くなり、

スパイク・リーの1989年の映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』のテーマにも使用された「Fight The Power」を含む、彼らのアルバムの中で最も売れた1990年の3rdアルバム『Fear of a Black Planet』は、ブラックパワーや、ネイション・イスラムとの連携を深め、黒人至上主義的なメッセージによって、ポリティカル・ヒップホップの土台を作ることになりました。


Public Enemy - Fight The Power





この作品は、アメリカ国会図書館の重要保存録音物として永久保存もされているのですが、映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』で描かれたように、かつて隣人だったユダヤ人はハーレムを離れ、新しくハーレムで店を始めた韓国人社会とは軋轢を生み、黒人社会の底辺には「反ユダヤ主義」や「新世界秩序」といった陰謀論が蔓延し、ドラッグビジネスや、銃による抗争や自己防衛は、地元警察との関係をますます悪化させていきました。

マイケルの『Bad』(1987)から、『Dangerous』(1991)までの間、プリンスは『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』(1986)に続いて、『Sign "☮" the Times』(1987)や、『Graffiti Bridge』で、音楽だけでなく、映画を通して、神や愛というメッセージを表現しようとするのですが、音楽的な完成度はさておき、プリンスと消費者でもある一般の若者との距離は遠くなっていきました。


[PR]
by yomodalite | 2017-04-24 16:15 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)

大統領の政治(3)

f0134963_16321066.jpg


(シャペルの素敵なスピーチの全文を「注釈」に追記しました)

Dancing With The Elephant からの和訳「大統領の政治(2)」の続き・・・


今回のパート3は、大統領選の一般開票が終了した約1ヶ月後の、2016年12月8日に投稿されたものです。

このシリーズ記事では、マイケルの政治への関わりや、彼が過去の大統領とどう付き合ってきたのか。という点にスポットが当てられていますが、私は、知的レベルの高いMJファンが多く集うこのサイトで、今回の選挙戦がどう語られるのかにも興味がありました。この選挙でのトランプ氏の扱われ方には、全メディアから攻撃を受けていた頃のマイケルを思い出す点がいくつかあったからです(これについては、このあとコメント欄の声も紹介したいと思っています)。


ウィラは、「今までにもまして社会変化を引き起こす、政治以外の方法について話すことが重要になってきている」と、最初に語り、私もそれに強く共感しました。なぜなら、マイケルもそうでしたし、差別よりも、アイデンティティ政治によって人々が分断をされていることの方がより大きな問題だと感じていたからです。



Presidential Politics, Part 3

大統領の政治(3)


ウィラ:リシャ、私たちが前回の投稿を書いてからずいぶんと変化があったわね。この精神的に疲れた選挙はついに終わり、私は驚き、愕然としています。多くの人々が言うように、私たちの政治プロセスは深刻な被害を受け、壊れているのかもしれないと感じています。そして、今までにもまして社会変化を引き起こす、政治以外の方法について話すことが重要になってきています。


リシャ:国家としてどれほど深く分裂していたかに直面することになって、私にとってとても難しい時期だった。 私は、私たちの制度が大勢のプレッシャーに耐えられるほど強いとは思えない。マイケルが「THIS IS IT」で、

「それは、僕たちと一緒に始まる。それは、僕たちのもので、そうじゃなきゃ、何も始まらないんだ」と言ったように。






ウィラ:それは素晴らしい例だと思う。 彼は具体的に、政府の限界と、政治家はそれを導くのではなく、世論に従う傾向があることについて具体的に話している。これは、あなたが引用した箇所につながる文章の中で明らかよね。

みんなは言う。「誰かがやってくれる。政府がやってくれる。心配ない、誰かが・・」って。でも、誰かって誰?僕たちから始めなきゃ。自分たちから。じゃなきゃ、何も始まらない。


リシャ:マイケル・ジャクソンは、2009年の「Earth Song」のパートで、この声明を発表し、差し迫った気候変動への警報を鳴らした。 彼はこれが解決されるには、私たちの参加が必要なんだと警告し、時間がなくなっていることをわかっていた。 私は、彼が7年以上経って、今、どのように感じているのかを想像することができないわ。気候変動を否定している人が、米国環境保護庁長官に任命されそうなのは知ってるけど。(→参考記事) 


ウィラ:私もまったく同じことを考えてた。大きな環境の危機に瀕している時、私たちは間違った方向に大きく踏み出しているように感じる。1つの小さな希望は、イヴァンカ・トランプが、父親とアル・ゴアとの間で会議を開き、その後、ゴアはその会議を「長くて非常に生産的なセッション」と呼び、「続けていく」と言ったこと(→記事リンク)


リシャ:ええ、それは少なくとも希望の光ではあるわね。


ウィラ:でも、ゆっくりと成り行きを見守っていれば上手くいく、とも思えない。 結局、マイケル・ジャクソンは決して政治を信じていなかったしね。


リシャ:本当ね。2007年、エボニー誌がの彼の政治的見解(ヒラリーとオバマのどちらを支持するか?)について彼に尋ねたとき、彼はこう言った。

正直に言うけど、それについてはフォローしてない。僕たちは、人間が世界の問題を解決することをあてにしないようにと育てられた。人々にはそれが出来ないというのが、僕の見方だよ。それは僕たちを超えたものなんだ。(→インタヴュー全文)


ウィラ:素晴らしい名言よね。ただ、彼は政治に疑念を抱いていたけど、それは、彼が社会に関与していなかったという意味ではない。 具体的には、人々の認識や、アイデア、感情を変えるための芸術の力を、彼は情熱的に信じていた。


リシャ:彼は積極的に取り組んで、自分が何をすべきかわかっていた。私は、今日においても、彼が恩恵があるような素晴らしい貢献をしたと思うわ。


ウィラ:まさに。 1980年の「20/20」のインタビューで、彼は、彼の兄弟がステージで演奏したときに観客がどのように反応するのかを説明し、その反応を重要な文化的変化、アーティストが感じることができる感情的な変化に結びつけた。彼の言ったことは次のとおり。

みんなで手をつないで、体を揺らして、様々な肌の色のすべての人種がそこにいて、それは最も素晴らしいことだよ。政治家にはそんなことさえできないからね



(発言は、動画の4:47~)。



リシャ:彼はかなり若い頃からそう語っているわね。その言葉は、その後、彼が生涯かけてやったことをよく表している。


ウィラ:本当ね。そして、私たちは、彼のコンサートだけでなく、歌詞、ショートフィルム、詩やエッセイ、そして、その他の表現においても、その深い文化的な変化に焦点を当ててきました。でも、マイケルのアートのいくつかは、それををアートとしては発表しておらず、しばしばアートだと考えられてもいない。でも、この別の種類の「アート」も、社会の変化をもたらす上でとても重要だった。


リシャ:それは本当にそうね。


ウィラ:例えば、前回話したように、ロナルド・レーガンや、ブッシュ大統領とのホワイトハウスでの会見は、ある種のパブリック劇場と見ることができる。 ステージや衣装、写真や映画、世界中で生み出される画像の数々 ーー 世界中で入念にリリースされたそれらには、あらゆる演劇の要素がある。マイケル・ジャクソンのイメージは、敬意を表される大統領のように、ホワイトハウスで尊敬されるゲストとして扱われ、政治的で芸術的な効果もあった。ホワイトハウスを、自信を持って歩いている黒人のイメージは、アメリカ人がいつかホワイトハウスに住む黒人を持つようになることをイメージさせ、それが、バラク・オバマに道を開くことになったのかもしれない。


リシャ:それは重要なポイントね。 これらはとても強力なイメージで、偉大な白人男性が独占してリードする資格を持っているという古い認識が揺らいだ。私は多くのアメリカ人が「人種差別主義」という言葉を聞くと、すぐにそれを否定しようとしていると思う。それは、デビッド・デュークや、KKKが表現する憎しみがこもった偏見や、排他的な意味だと考えられ、私たちは経験からほとんどのアメリカ人はそうではないことを知っているけど、この選挙期間中は、こういったグループに対して驚くほどの許容度があった。


ウィラ:確かにそうね。 経済的利益の約束と引き換えに、アメリカ人の大部分が人種差別、女性蔑視、外国人嫌い、宗教的不寛容、などの偏見を無視できるというのが、この選挙の最も気分の悪いことのひとつ。


リシャ:これに真剣に取り組むのはつらかった。 私はそれについて多くの否定があることを感じる。 いかなる人種的憎悪を持っていないとしても、人種問題はアメリカ人である私たちの生活の一部。それを認めようと認めまいとね。「人種差別主義」という言葉は、憎悪のグループや、憎悪の言葉だけではない。それはまた、支配的な白人文化がはっきりとした優位性を享受する、人種に基づくカーストシステムを指していて、そしてそれは私たちが必然的に取り組む必要があるものよ。


ウィラ:確実にね。それはとても重要なポイントね、リシャ。


リシャ:でも、あなたが言ったように、1984年、マイケル・ジャクソンが豪華な軍服を来てホワイトハウスの芝生の庭を見下ろしたとき、彼は自分のアートによって、少なくともあの一瞬、そのカーストをひっくり返してみせた。レーガン大統領と夫人を含め、回りのすべての人が舞台裏に追いやられた感じ。それは、パワーを非常に賢い方法で動かすことに挑戦した賢明で大胆な行動だった。


ウィラ:ええ、レーガン大統領と夫人、そして後にブッシュ大統領と一緒に撮った彼のイメージは広く放送され、世界中で強力な政治的効果を得たと思う。私たちは前回、人種差別撤廃のイメージの力を初めて実現したフレデリック・ダグラスについての記事を投稿し、ダグラスが、アブラハム・リンカーンを訪問したことについても触れたけど、選挙後の「サタデー・ナイト・ライブ」で、デイブ・シャペル(米国のコメディアン)がそれについて話したことは興味深かったわ。




(シャペルの発言は9:50~)



シャペルは数週間前にホワイトハウスでパーティーに行くと説明してこう語った。


さて、俺はこれが真実かどうか確かめてはいないんだが、ホワイトハウスに正式に招待された最初の黒人はフレデリック・ダグラスだった。 彼はゲートで止められたので、アブラハム・リンカーン自身がそこまで歩いていって、ダグラスをホワイトハウスに護送しなければならなかった。 そして、俺が知る限り、ルーズベルト(*1)が大統領になるまで、そういったことは再び起こらなかったが、彼が大統領になって、黒人男性を招き入れたとき、メディアから多くの攻撃を受けた。それで、ルーズベルトは文字通り「私はもう二度とホワイトハウスに “ニガー” を入れることはないだろう」と言ったんだ。(←この前後も含めた全文を注釈に追加)


リシャ:私はシャペルの言葉に激しく心を打たれたと言わなければならないわ。アメリカで一定のグループの人間が、そんなひどいやり方で扱われるなんて、なんて恥ずかしく、不名誉なことか。


ウィラ:そうね、ルーズベルト大統領はすべての人の大統領だと言われ、妻のエレノアとともに、多くの場合、市民権を擁護するチャンピオンとみなされているにも関わらずね。実際、マイケル・ジャクソンはルーズヴェルトの写真を「They Don’t Care about Us」のプリズンバージョンに入れている。


f0134963_16523626.png

そして、彼は歌詞でルーズベルトの名前に言及し、賞賛するような強力な言葉で歌っている。


教えて欲しい、僕の人権はどうなったのか?

気づかないふりをしてれば、僕が見えないとでも?

宣言書によれば、僕の自由は約束されたはずだろう

恥辱にまみれた犠牲者でいるなんて、うんざりだよ

彼らは、僕に汚名を着せようととしている

ここが、僕が生まれた国だなんて信じられない

こんなことを言うのは、本当に嫌だってわかるよね

政府は、僕を見ようともしないけど

もし、ルーズベルトが生きていたら

こんなことはしない、ありえないよ

(全訳はこちら→)


マイケル・ジャクソンは、このあと、この最後の2行を繰り返し、ルーズベルトの箇所をマーティン・ルーサー・キングの名前に代えています。それは、マイケルがこのふたりを同等に扱っていて、具体的に言えば、ルーズベルトや、キング牧師は不正を大目に見ないことを意味している。 彼らは「こんなことはしない」のだと。


ただ、シャペルの言ってることが本当だとすると、現実は「They Don't Care About Us」の歌詞とはちがうかも知れないわね。ルーズベルトが生きていたなら、彼は結局政治的な圧力に屈していたかも。多くの大統領がそうするようにね。彼自身が、「黒人を招いた」あと、マスコミからの批判に屈したように(*2)


リシャ: では、これについてそろそろ考えてみましょう。人種差別された「他者」を守るために、ルーズベルト大統領がやれる限界があったのは、明らかよね。


ウィラ:そうね。ルーズベルトのやる気にも限界があったのは確かよね。政治家は、投票してくれる人々の思惑を外すと、選挙区を失うことになる。リンドン・ジョンソンは、1964年の公民権法に署名したとき、補佐官に「私たちは南部の支持を失ってしまった」と言った。彼は正しかった。少数の例外を除けば、南部は堅実な共和党支持になった。ノースカロライナやバージニアのようないくつかの州には揺り戻しがあったけどね。


でも、重要な点をついているわね。一般的に、政治家はマイケル・ジャクソンのようなアーティストのように人を動かすことはできない。有権者を強引に先導しようとすると、いま持っている権力を失ってしまうかも知れないから。


リシャ:マイケル・ジャクソンが、「They Don’t Care About Us(彼らは僕たちのことなんて気にしない)」を作曲したのは、もう20年以上前だけど、この歌は、たびたび必要とされて私たちの前に姿を現す。たとえば最近、抗議者たちは「黒人の命が大事にされなければ、すべての人の命が大事にされたとは言えない(black lives matter)」というシンプルな主張のこの歌をストリートで流した。


私たちが実現しようとしていない高尚な理想、「すべての人のための自由と正義」のようなものにぶつかっていくのは、現在とても重要だと思う。マイケル・ジャクソンは、自分たちそれぞれ利害ではなく、心の深いところに突き刺さるような、芸術的手法でこれらを想像した。高尚な理想を実現する基盤になるようなね。前に進み続けられるかどうかは、私たち次第。


ウィラ:間違いないわね。 彼は「They Don’t Care About Us」のショートフィルムでもそれを明らかにした。「Black or White」や、「Can You Feel It」など、他にも数多くの方法でね。私たちは「Thriller」や、「Ghosts」などの探求を通じて、彼の肌の色が根本的に変化したことや、一般的なアートとはいえない、ホワイトハウス訪問などの政治的な舞台も見てきた。でも、そういった政治的光景の中で、彼が気にかけていた点に注意を向けるときよね。


リシャ:私がインスピレーションを受けた例の1つは、1993年のビル・クリントン大統領就任祝賀式典。 マイケル・ジャクソンはこれまで共和党政権の2人の大統領に賞賛されているけど、民主党が政権をとったとき、マイケル・ジャクソンは再び中心的なステージに立った。彼は心配していた問題に注意を喚起する機会を得て、「Gone Too Soon」でライアン・ホワイトに敬意を表しました。これはもう一度見直し、取り組む価値があるものです。






ウィラ:これはとても強力な瞬間ね。 これは、マイケルジャクソンが、アメリカ大統領を取り巻く政治劇場を使って、彼が信じたこと(この場合はエイズ問題の解決)と、彼が気にかけていた人物への意識を高めるための明確な例よね。


リシャ:クリントン大統領と国務長官の両方がこのパフォーマンスによって、実際どのように動いたのかは注視してないけど、私たちみんなが知っているように、この後、世界のエイズ人口の半分以上に救命医療を提供するチャリティ基金が設立された。


ウィラ:ええ、それは本当に覚えておかなくてはね。 私はマイケル・ジャクソンがこの就任演説で、この問題を支持する前に、ビル・クリントンがエイズ問題に多くの政治的資金を費やしたとは思わない。そして、その芸術的行為は、あなたが言うように、世界中の何千人もの命を救うクリントン財団を通じて、長期的な効果をもたらした。


マイケル・ジャクソンは、後にアトランタにも拡がった、ヒールLAプロジェクトのためにカーター元大統領とチームを組んだときに、特定の政治問題に対する意識を高めることにも同様の焦点を当てている。 マイケル・ジャクソンは、1993年のスーパーボウル・ハーフタイム・ショーでのスピーチの中で、LAプロジェクトについて、カーター大統領とクリントン大統領の両方からインスピレーションを受けたと語った。






そして、もちろん、彼はハーフタイムショー自体、とりわけ「ヒール・ザ・ワールド」の壮大なパフォーマンスのフィナーレに、このテーマを取り入れた。カーター大統領はそのプロジェクトに一緒に取り組んでいるとき、実際ネバーランドを訪れてもいた。これは、彼の訪問中に撮影した写真。


f0134963_16572027.png


リシャ:この写真大好き!


ウィラ:私もよ! そして、オムニ・コロシアムでのアトランタ・プロジェクトの発表には、多くの写真があります。 この動画は、それらをスライドショーにしたもの。






リシャ:素晴らしいわね。 マイケル・ジャクソンの大統領と付き合いは確かなものだったわよね?


ウィラ:彼は本当につきあっていた。フレデリック・ダグラスと共通するもうひとつの特色ね。


リシャ:この話題ついてはさらに詳しく(次回に続く…)


訳者註)_________


ルーズベルトという名の大統領は、セオドアとフランクリンの2人がいますが、

・セオドア・ルーズベルト(大統領就任期間1901年 – 1909年)

・フランクリン・ルーズベルト(大統領就任期間1933年 – 1945年)


(*1)シャペルが語っているエピソードは、セオドア・ルーズベルトが、アフリカ系の大統領補佐官ブッカー・T・ワシントンとホワイトハウスで夕食をとったときのことが報道されて、激しくマスコミから批判されたときのものではないかと思います。


(*2)一方、ウィラが、妻のエレノアとともに市民権を擁護するチャンピオンとみなされていると言い、マイケルのビデオにも登場しているのは、フランクリン・ルーズベルトで、彼に「黒人を招いた」ことで、メディアから批判されたというエピソードがあったかどうかは、確認できませんでした。


セオドアは、テディという愛称で呼ばれ、それがテディベアの元にもなったと言われていたり、2人とも尊敬され、現代の米国でも1、2を争うほど人気がある大統領ですが、残念ながら、人種問題に関して、熱心に取り組んだことはなく、フランクリンに関しては、公民権運動を妨害する立場だったということもよく知られていますし、第二次世界大戦の開戦時に大統領だったこともあり、日本人への人種的差別的な発言もありました。


世界史にも、黒人の歴史にも造詣の深いマイケルが、フランクリンの公民権運動への態度を知らないわけがないので、彼が、「もし、ルーズベルトが生きていたらこんなことはしない、ありえない」という時代は、マイケルから見て、人種差別があった時代よりも、酷いと言っていることになります。つまり、自分が黒人だからという目線ではなく、国全体をまとめるために、その時代に適した判断を下せるリーダーとして、真っ当だったという評価があるのだと思います。


そういったことから考えると、マイケルが、この曲で、ルーズベルトとキング牧師の2人を登場させたのは、一般的に、尊敬されている政治家・指導者の中から、黒人と白人の代表を1人づつ選んだということでしょう。


記事の中では紹介されていいない、シャペルの言葉の前後・・・


2,3週間まえ、ホワイトハウスのパーティーに行ったんだ。初めてだったんで、すごくワクワクした。BETがスポンサーのパーティーだったから、そこにいる人は全部黒人だった。素敵だったよ。ゲートを通ってね。俺はワシントン出身だから、バスの停留所(ホワイトハウス行きの?)は見たことあった。昔バス停があった角とかさ。俺もそこで学校へ行くためのバスに乗ってたんだけど、いつかこんな夜があるんじゃないかと夢見てたんだ。


ほんとに素敵な夜だった。その夜の終わりに、みんなでホワイトハウスの西側ウィングに行って、ものすごい盛大なパーティーがあったんだ。そこにいるのはみんな黒人だった。ブラッドリー・クーパー(俳優)を除いてね。彼がどういうわけで、そこにいたのかわかんないけど。


壁には歴代の大統領の肖像画があった。


さて、俺はこれが真実かどうか確かめてはいないんだが、ホワイトハウスに正式に招待された最初の黒人はフレデリック・ダグラスだった。 彼はゲートで止められたので、アブラハム・リンカーン自身がそこまで歩いていって、ダグラスをホワイトハウスに護送しなければならなかった。 そして、俺が知る限り、ルーズベルトが大統領になるまで、そういったことは再び起こらなかったんだけど、彼が大統領になって、黒人男性を招き入れたとき、メディアから多くの攻撃を受けた。それで、ルーズベルトは文字通り「私はもう二度とホワイトハウスに “ニガー” を入れることはないだろう」と言ったんだ。


俺はそれについて考えたよ。黒人ばかりの部屋を見渡して、みんなの顔(あと、ブラッドリーも)を見たら、みんなすごく幸せそうなんだ。ここにいる人たちは、歴史上では人権を奪われてきた人たちだ。それを思うとね、希望がありそうに思えたんだ。アメリカ人でよかったなって。この国の未来に関してすごい希望がわいてきたっていうか。


だからさ、そういう気分で、ドナルド・トランプの幸運を祈るよ。彼にチャンスをあげたい。で、彼には、歴史の中で人権を奪われてきた俺たちにもチャンスを与えてほしいんだ。みなさん、どうもありがとう・・・(歓声)


[PR]
by yomodalite | 2017-02-09 10:00 | ☆MJアカデミア | Trackback | Comments(0)

聖誕祭2016「Dangerous」

f0134963_17320450.jpeg





f0134963_16545543.jpg






f0134963_16540373.jpg





f0134963_16542783.jpg





f0134963_17411228.png




f0134963_23040752.jpeg




f0134963_16555136.jpg




f0134963_09073754.jpg





f0134963_16560304.jpg




f0134963_16563443.jpg




f0134963_16564962.jpg





f0134963_17242698.jpg




f0134963_17244219.jpg



f0134963_17250182.jpg




f0134963_17251843.jpg




f0134963_17253285.jpg




f0134963_17283109.jpg





f0134963_18121361.jpg






f0134963_17284917.jpg





f0134963_17291175.jpg




f0134963_17303018.jpg




f0134963_17324199.jpg





f0134963_17330861.jpg





f0134963_17332554.jpg





f0134963_17335177.jpg





f0134963_17340968.jpg





f0134963_17342650.jpg





f0134963_17344216.jpg




f0134963_17360545.jpg




f0134963_17361941.jpg




f0134963_17372259.jpg




f0134963_17375188.jpg




f0134963_00063789.jpg





f0134963_17380675.jpg






f0134963_17382520.jpg



rehearsing 'Heal The World'
during the Dangerous World Tour





Heal The World

Live Dangerous Tour In Mexico









[PR]
by yomodalite | 2016-08-23 07:00 | MJ Birthday | Trackback | Comments(2)
f0134963_21291271.jpg


[追記あり・必見です!!!]

この記事にいただいた「素敵なコメント」から、「HIStoryツアー」だけでなく、デンジャラスツアーの、俗に「Brace Yourself」とも言われているオープニング映像についても分解してみたくなりました。


といっても、、


これについては、後半、あの世界をかき回しながらも、ひとつにまとめてしまうような、驚くべきスピンのあと(2:50)、数々のアルバムや、ショートフィルムの映像が点滅するように入り乱れる場面以降を、特によく見てみようという趣旨です。


下の動画は、4:3の画面で高画質という理由で選んでいます。(このオリジナル比率の動画でないと、ちがうものに見える可能性があるのでご注意ください)


設定ボタンで、できるだけ「高画質」を選択し、速度は一番遅い「0:25」で見てくださいね。







さて、この速さで見ると、何度も赤い文字で「Dangerous」と警告されますよね!


そんなこと言われたって、もう後戻りはできないんだ、という方ばかりだと思いますので、先に進みますが ww


まず、最初になにか認識しにくいものがあるのは、Jackson 5の「Christmas Album」の前(2:53)だと思いますが、



f0134963_11385195.png



これは、ジャクソンズの『Can You Feel It』の(1:58)あたりの映像ですね。









この時代のPVとは思えないほどメッセージ性とビジュアル表現が合致していて秀逸な作品ですよね。でも、今回初めてスローで見て、このシーン(3:10)の人の「ポーズ」が気になってしまいました。




f0134963_11440518.png



なんか不思議な形ですよね。これ、なんのポーズなんでしょう??? なんて、うっかり疑問に感じて、ジャクソンズのPVに寄り道してしまいましたが、


《追記》

あむさんより、このポーズは古代エジプトのヘフではないか?というコメントをいただきました(嬉)! 私ももうそうとしか見えないという感じです(コメント欄参照)



マイケルのフィルムに戻って、(3:05)から、マイケルの体が白く光って、星のように四方に飛び散っていくような映像になりますよね。で、そのあと・・・




f0134963_21473029.png


f0134963_21475896.png



これは《拳》ですよね。




f0134963_23442944.png


f0134963_14394689.png



「Brace Yourself(覚悟せよ)」というのは、自分の運命を神に委ねるな、運命は自分自身が切り拓くもの、それを覚悟せよ。というメッセージなんですが、


マイケルはそれを力強い「拳」にこめていたんですね。


確かに、あらためて考えてみると、彼は『Black Or White』の後半でも、夜の街を破壊し、物を壊しただけでなく、常識や良識にも挑戦していましたし、HIStoryティーザーでは、彼がよく腕にしていた「バンデージ(アームカバー)」を、自身の腕だけでなく、兵士たちの腕や銃器にもその意味を重ね、(この記事の注釈参照→)


「You Rock My World」では、「NO FIGHTING」という文字にグラスを投げつけてもいました。マイケルはいつもチャーミングな笑顔でファンを魅了しながらも、ずっと拳を固く握って戦っていた・・・


と、まぁそんな感じで、


わたしにはこれが《拳》にしか見えないのですが、海外の記事では《骸骨》に見えるという意見も目にしたり、こちらのコメント欄で《マイケルの右目》に見えるというご意見もいただきました。


それで、あらためてこの映像を何度も見てみたんですが、この映像のように「親指」を、4本の指と離して握るのはかなり難しいというか不自然ですし、もしかしたら、この形には、なにか別のものに見える工夫が、元々されているんでしょうか・・・


例えば、最近ネットの映像でもよくありますよね。ある人には「白いドレス」に見えるけど、ある人には「青いドレス」にしか見えないとか(→ リンク)回って見える方向が人によって異なる映像とか(→ リンク)


・・・とにかく、私には今のところ《拳》にしか見えないのですけど、他のものに見えるという方、こうすれば違って見えるとか、いろいろご意見いただければ、と思います(ぺこり)



《追記》


鍵コメさんからの情報で、《マイケルの右眼》がどこにあるかわかりました!

こちらは動画では見えないので、是非「DVD」でご確認くださいませ。


◎[Amazon]DANGEROUS ザ・ショート・フィルム・コレクション


(ちなみに、これから購入を検討される方は「Wikipedia」の方が内容がよくわかると思います)



f0134963_13262896.png



まず、上記の(3:40)の場面で一旦停止します。そこからスローではなく「コマ送り」もしくは「1フレーム」ごとに見ていくと、3:41までの間に(3:42になるともう消えてしまいます)、あのキリッとした凛々しい眉毛とともに、マイケルの右眼(向かって左側の眼)が中央に見えてきます。

ね!!! 一旦見えると、スローで見ても感じられるようになりますね。

鍵コメさん、素敵な情報をありがとうございました!

他にもまだ・・という方も、いつでもご連絡お待ちしております。




[PR]
by yomodalite | 2016-02-28 17:00 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(15)

聖誕祭2015「Dangerous 期」

こちらにあった内容は、コメント欄を除いて
下記に移動しました。



[PR]
by yomodalite | 2015-08-21 06:00 | MJ Birthday | Trackback | Comments(2)

f0134963_20005239.jpg

☆Boy, is that Girl with You?(3)の続き。。


ウィラ:『ブラック・オア・ホワイト』のジョン・ランディスのシーンにも同じことが言えると思う。ジョン・ランディスが監督かも知れないけど、場を支配しているのは彼じゃない。彼は、それが何かを理解しないままに、マイケル・ジャクソンの見識を皆に伝える助けをする、雇われた人に過ぎないのよ。そのことを、ジョー、あなたが紹介してくれた映像の中で、ジョン・ランディス自身がはっきりと見せてしまっているのよ。1:45のところで、彼はカメラに向かって「僕がこれを振り付けしたんじゃないからね。撮影しているだけなんだからね」と言っている。彼は、パンサー・シーンで画面に現れるすべてのことから自分を完全に切り離しているのよ。



ジョー:そのとおり。僕の論文でも彼の発言を取り上げていて、そこでも彼は似たようなことを、基本的に自分はこのビデオのために雇われたスタッフだ、というようなことを言っている。それは謙遜して言っている発言じゃないと思うよ。彼はマイケルがやっていることと自分とに距離を置きたいんだ。



ウィラ:そうね。私にもそう見える。彼はこのビデオのパンサー・シーンにすごく戸惑っているみたいね。それも理解できる。なぜなら、あなたが言ったように「白人の監督(ジョン・ランディス)は監督の座を奪われている」のだから。そして、マイケル・ジャクソンは白人監督の役割を否定しただけでなく、もっと重要なこと、長い歴史を持つ、黒人男性と黒人の文化に対するハリウッド流の表現方法に挑戦状をたたきつけたのだから。それを考慮すると、パンサー・シーンのクライマックスで、爆発と飛び散る火花の中、The Royal Arms Hotel の看板が落ちていく場面はすごい意味を持っていると思う。これは、「Royal Arms(王の権力)」への、それが象徴する植民地支配のイデオロギーへの、黒人からの抵抗であり、人種差別的・植民地支配的な世界観に侵された映画産業への抵抗ではないかとね。


そういった世界観の重要な原則は、あなたが論文で言っている、異人種間結婚の禁止よね。かつてそうであったような、それを禁止する法律はもうない。その代わり、その法にかわるものが、人の心に内在するようになった。黒人男性を見て嫌悪や憎悪を感じる白人女性の心が、白人女性と黒人男性が一緒にいるところを見て、激しい怒りに駆られる白人男性の心が、それを禁止する。


この植民地時代以後の人種差別主義は、D・W・グリフィスの言うところの「白人の中に、とりわけ白人女性の中に、黒人男性に対する嫌悪感を植え付けること」が目的なんだけど、アメリカの映画産業の始まりから、それは業界の中心にあった。マイケル・ジャクソンはそれに対して、パンサー・シーンで戦いを挑んだ。あなたの『國民の創世』と『ブラックオアホワイト』の分析を読むと、特にそれがよくわかる。



ジョー:うん、頑張って論じてみたよ。あれはすごいショート・フィルムで、マイケルの作品は殆どそうだけど、深く考えれば考えるほど、大きなものが得られるんだ。実際、いまこうしてあなたと話していると、自分の論文にもっと書き足したくなるよ!



ウィラ:わかるわ、あなたが言いたいこと。マイケル・ジャクソンのひとつの作品を完全に理解するのにはすごい時間と労力がかかるのよね。私だって、『ブラック・オア・ホワイト』について何年も考えているけど、それでもあなたの論文を読んでこの驚くべき作品の見方に新たな展望が開けたもの。



ジョー:だけど、多分そうやって最良の答えを見つけていくんだよね。僕はあの論文で、6,7千語削らなくてはいけなかった。学術的な論文では当然のことだけど、実際、活字にするものはたいていそうだよね。でも、僕は確信しているんだ。このショート・フィルムは、新たな、そして魅力的な切り口で、今後も論じられ続けるだろうって。33 1/3シリーズのあの素晴らしい「デンジャラス」の号で、スーザン・ファストが指摘しているんだけど(*9)、ジャクソンの歌やビデオの中で、『ブラック・オア・ホワイト』以上に学問の世界で注目された作品はない。

まず最初に出たのが、1991年に「ザ・シティ・サン」に掲載されたアーモンド・ホワイトの画期的な論文で(*10)、それ以後、特にジャクソンが亡くなった2009年以降は、何年にもわたってこの作品のことが論じられている。僕の論文もここ何年かの研究の一部で(博士論文の最初の一章だからね)、それがやっと活字になったんだよ!



ウィラ:私もうれしいわ。特にあなたの論文で、『ブラック・オア・ホワイト』があの当時、つまりロドニー・キング殴打事件(*11)がビデオに撮られた数ヶ月後、どれだけ真に革新的でありパワフルであったか、そして今日でもなおどれだけパワフルであるかが、あなたの論文によって示されたのだから。オリジナルの11分バージョンは見つけるのが難しいけど、見つかったところで、Vevoには強力すぎるのかもね!それで、あなたの論文は活字になって誰でも読めるの?



ジョー:うん。論文は、The Journal of Popular Music Studiesの3月27日号の第一版に掲載されてる。残念なことに、いまのところこの雑誌は一冊買うと、ちょっと高いんだ。僕はもちろん無料で読めるようにしたいんだけど、著作権の関係でいまは出来ない。スーザン・ファストは最近ブログで、学術論文の出版のプロセスは、他の多くの分野と同じく、このデジタル時代にどのように内容にアクセスしてもらうか、どのように運営していくかを未だ模索中であるということを、すごくうまく説明してくれている。(https://susanfast.wordpress.com/)



ウィラ:そう、スーザンが説明しているように学術雑誌は創るのに時間がかかるから高いのよね。別に儲けようとしているわけじゃない。学術雑誌に書く人はそれが出版されたからといって収入を得るわけじゃないし、著作権も所有しない。だから、たとえば私が自分の論文である “Monsters, Witches, Ghosts” を「Dancing with the Elephant」に再掲載したいと思っても出来ない。代わりに要約を載せるように言われるの。論文へのリンクをつけてね。幸いなことに、たいていの大学の図書館には、The Journal of Popular Music Studies がおいてあるから、大学の近くに住んでいる人は、おそらくあなたの論文をそこで無料で読むことが出来るわね。

それと、みんなに知らせておきたいのは、このサイトの「Reading Room」には、あなたが書いた議会図書館用「スリラー」の項目へのリンクが貼ってあるということ。残念ながらこれについてあなたと話す機会はまだ持ててないけど、これは議会図書館のために書かれたもので、National Register(国内登録)のところにあるのよね?



ジョー:そうなんだ。僕は「スリラー」について短く書いてと依頼を受けたんだけど、これがもう大変だった。議会図書館の登録項目(*12)には、400のレコーディング(音楽、音声、映像)が収められている。どれも議会図書館によって選択されたもので、国家保存重要録音登録審査委員会が提供している。それらの記録はアメリカの歴史にとって、もの凄く重要なものだからね。芸術的な意味でも、文化的な意味でも、歴史的な意味でも。だから、国の図書館に永遠に保存されておくべきものなんだ。議会図書館は、研究者や音楽批評家にコンタクトをとり、400のそれぞれのレコーディングについて、だいたい1000ワードくらいで多様な学術的エッセイを書くように依頼する。そうやって図書館のウェブサイトを充実させていくわけ。だから、音楽の歴史を愛する人は他の曲のエッセイもチェックしてみるといいよ。僕もいくつか読んだけど、すごく良かった。



ウィラ:本当にそうね。ちょうどいま、ブルーグラスの創始者であるビル・モンロー(*13)の「ケンタッキーの青い月(Blue Moon of Kentucky)」の項を読んでるところなんだけど、面白いことにこのエッセイは、モンローをD・W・グリフィスと比較するところから始まる。マーサ・グラハム(*14)や、議論の余地はあるかもしれないけど、グリフィスのように、彼が人生の中で作り上げたものは、その後も生き続け、何百ものアーティストがその影響を受ける、芸術や言語や語彙の、ひとつの体系になった。

そしてマーサ・グラハムがモダン・ダンスを生み出したように、そしてグリフィスが『國民の創世』によって、現代の映画を生み出したように、ビル・モンローはブルー・グラスというジャンルを生み出したってことね。議会図書館では、登録項目のエッセイの一覧、レコーディング項目のエッセイの一覧も見ることが出来るのよね。

さて、話をしに来てくれてありがとう、ジョー!あなたと話すのは、いつも本当に楽しいわ。



ジョー:ありがとう、ウィラ。僕のほうこそ。ジョイエにもよろしくね!



ウィラ:伝えておくわ!(終)



☆この会話についての私たちの「おしゃべり」はこちら!

《註》_________


(*9)スーザン・ファスト(Susan Fast)/カナダのマックマスター大学の教授で、2014年、音楽業書『33 1/3』において、マイケル・ジャクソンの『Dangerous』を取り上げ、Amazonレヴューにおいても高い評価を得ている『Dangerous(33 1/3)』を出版。


(*10)アーモンド・ホワイト(Armond White)/「The City Sun」の1991年11月26日号と12月3日号に、"The Gloved One Is Not a Chump" が掲載されている。その文章は現在ネット上では見られませんが、『KEEP GOING : Michael Jackson Chronicle』という評価の高い著書がある。

→Armond Whiteへのインタヴュー


(*11)ロドニー・キング殴打事件/1991年3月3日、黒人男性ロドニー・キングがレイクビューテラス付近でスピード違反を犯し、LA市警によって逮捕された。その際、20人にものぼる白人警察官が彼を車から引きずり出し、警官の装備であるトンファーバトンやマグライトで殴打、足蹴にするなどの暴行を加えた。たまたま近隣住民が持っていたビデオカメラがこの様子を撮影しており、映像が全米で報道されると黒人たちの激しい憤りを招いたが、裁判では、キングが巨漢で、酔っていた上に激しく抵抗したため、素手では押さえつけられなかったという警官たちの主張が全面的に認められ、陪審員は無罪評決を下した。この裁判への不満がロス暴動のきっかけになったと言われている。

→ロサンジェルス暴動


(*12)ジョーが話している「議会図書館の登録」というのは、国家保存重要録音登録制度(National Recording Registry)を指すと思われる。これは2000年に制定された法案に基づいて始まった制度で、アメリカにとって、文化的・歴史的・芸術的価値のある音源を保存しておく制度。保存登録する音源の選定は、議会図書館によって任命された、国家保存重要録音登録審査委員会(National Recording Preservation Board)によって行われる。


(*13)ビル・モンロー/ブルーグラスとして知られる音楽スタイルの確立に寄与したアメリカ人音楽家。ブルーグラスの名は、彼のバンド名Blue Grass Boysから採られた。モンローは60年間、歌手・演奏者・作曲者・バンドリーダーとしての経歴を持ち、「ブルーグラスの父」と評されている。

→ http://ja.wikipedia.org/wiki/ビル・モンロー


(*14)マーサ・グレハム/アメリカ合衆国の舞踏家、振付師であり、モダンダンスの開拓者の一人。

→ http://ja.wikipedia.org/wiki/マーサ・グレアム


[PR]
by yomodalite | 2015-05-14 06:00 | ☆MJアカデミア | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite