タグ:THE TRIAL ( 10 ) タグの人気記事

聖誕祭2016「Legend」

f0134963_23223164.jpg


本日、8月29日はマイケル聖誕の日。

現地での生誕の瞬間(日本時間8月30日午前10:33)までも、あとわずかです。

今年は、Invincible期(今回は2004年まで)以降を

Legend期とし、Birthdayはこの時期の写真を紹介したいと思います。





f0134963_22204922.jpg





f0134963_23081744.jpg




f0134963_23083143.jpg




f0134963_23092214.jpg




f0134963_23093581.jpg




f0134963_23100402.jpg




f0134963_23101887.jpg




f0134963_23143088.jpg





f0134963_20414327.jpg





f0134963_23124258.jpg





f0134963_23125717.jpg





f0134963_23131772.jpg





f0134963_23133306.jpg





f0134963_23134894.jpg





f0134963_23140184.jpg





f0134963_23141560.jpg





f0134963_23145384.jpg





f0134963_23150902.jpg





f0134963_16344138.jpg





f0134963_23152076.jpg





f0134963_23153224.jpg




f0134963_23154725.jpg




f0134963_23160413.jpg




f0134963_23163283.jpg




f0134963_23164647.jpg




f0134963_23165721.jpg





f0134963_23171011.jpg





f0134963_16350622.jpg




f0134963_23181485.jpg

2010年から誕生日に合わせてたくさん写真をアップしようと思ったのは、Invincible期以降のマイケルが、本当はこれまで以上に素敵で、彼の顔がひとりの人間とは思えないほど変化したのは、整形手術以上に、彼自身の内面によるものだったという驚きからでした。


2013年は少年期を、2015年は「Jackson 5」から「THIS IS IT」まで、ここにアップできなかった写真も含めて、膨大な写真を1枚1枚撫でるように見ながら、彼の軌跡をたどることで、私の中ではますます彼が生きているというか、レジェンドの輪郭がより鮮やかになっていくような気がしています。


今年は、デヴィッド・ボウイやプリンスも旅立ち、彼らの写真を見る機会も増えました。


プリンスは、2009年のMJの旅立ち後も創作意欲に衰えを見せることなく、アルバムはより膨大な枚数になり、毎回趣向の違うライブや、他のアーティストのプロデュースなど、何もかもが精力的で、プリンスの写真はMJと違ってアーティスト活動やパフォーマンスを捕らえたものばかり。パートナーとのプライヴェート写真も素敵で、私は嬉々としてそれらをPinterestに保存している。


でも、MJの写真を見ていると、どうしても「そのまま」保存しておくことができない。パパラッチに撮られた写真や、記念撮影に応じたものは特にそうだけど、どこか「未完成」なところが気になって、絵画を修復するように、欠けている絵の具を少しだけ足したくなるというか、あるべき姿に直して整理して、展示されなくてはならないような思いに駆られてしまう。誰よりも「完璧」を見せてくれたマイケルだけに、少しの傷が気になるということもあるのかも。


プリンスがいつでも「プリンス」だったり、サルヴァドール・ダリが「ダリ」を演じているように、アーティストが天才として認められるのは、「自分の理想とするアーティスト像」をどれだけ完璧に演じられるかにかかっている。ただ、マイケルの理想像は、そういった天才アーティストたちのやり方とは少し違うように思う。


デヴィッド・ボウイは、アーティストとして幾つもの架空のキャラクターを造り、マイケルも演じたかったエレファントマンや、宇宙人、ヴァンパイアの演技で高く評価されたけど、彼の変化に驚いた人がどれだけいただろう。「Changes」を、本当にやってのけたのは、マイケルだったと思う。


◎和訳「Changes」


でも、マイケルの変化は、ボウイが変わろうとしたこととはやっぱり少し違う気がする。


どれだけの楽器を演奏できるの?と聞かれて、プリンスが「千」と答えたように、マイケルの内には元々「千の顔」があった。


それは、世界で一番愛されることに繋がった一方で、彼には、人々の内にある不安や疑惑や嫉妬といった様々な感情も投影されることになり、マイケルが旅立つと、周囲にいた人々も、それぞれが見た彼の真実を言わずにはいられなくなった。マイケルが、圧倒的に「不世出」だと思えるのは、そういった感情すべてを受け入れたところにあると思う。


20代の彼が「スリラー」で自覚し、40代のときの「スレテンド」で、さらに確信したように、マイケルは天才と言うより、「モンスター」を目指していた。


◎和訳「スレテンド」


彼が常に一緒にいたかった子供たちも大人にはないモンスター性がある。老人の知性と、子供の無邪気さ、あらゆる動物と宇宙人やロケットや宇宙船・・それらすべてが一体化したようなモンスターは、きっとマイケルが子供の頃から交信してきた「神」に近いものだったと思う。Invincible以降、MJがときおり見せた「未完成」は、「未知」のものでもあったのだ。




f0134963_23183629.png


MJ Birthdayの記事へのリンク


◎Jackson5 Era

Happy Birthday Michael!!! 2013(Part 1) 

Happy Birthday Michael!!! 2013(Part 2) 

聖誕祭2015「Jackson5時代」① 

聖誕祭2015「Jackson5時代」②

聖誕祭2016「Jackson 5」


◎The Jacksons Era

聖誕祭2015「Jacksons & Off The Wall期」①

聖誕祭2015「Jacksons & Off The Wall期」②

聖誕祭2015「Jacksons & Off The Wall期」③

聖誕祭2016「Off The Wall」


◎Thriller Era

聖誕祭2015「Thriller期」①

聖誕祭2015「Thriller期」②

聖誕祭2016「Thriller」


◎Bad Era

聖誕祭2015「Bad 期」①

聖誕祭2015「Bad 期」②

聖誕祭2016「Bad」


◎Dangerous Era

聖誕祭2015「Dangerous 期」

聖誕祭2016「Dangerous」


◎HIStory Era

聖誕祭2015「HIStory 期」

聖誕祭2016「HIStory」


◎Invincible Era & Forever

Happy Birthday Michael!!! 2010

Happy Birthday Michael!!! 2011

Happy Birthday Michael!!! 2012(Part 1) 

Happy Birthday Michael!!! 2012(Part 2)

聖誕祭2015「Invincible 期」

聖誕祭2016「Invincible」

聖誕祭2015「Post Trial 期」①

聖誕祭2015「Post Trial 期」②

聖誕祭2016「Legend」


その他、カテゴリ「MJ Birthday」には、

マイケルの56回目の誕生日を前に」(1~6)もあります。






[PR]
by yomodalite | 2016-08-29 07:00 | MJ Birthday | Trackback | Comments(3)

聖誕祭2015「Trial 期」

こちらにあった内容は
下記に移動しました。

[PR]
by yomodalite | 2015-08-27 20:00 | MJ Birthday | Trackback | Comments(0)

THE TRIAL “June 13, 2005”

f0134963_07353568.jpg

THE TRIAL
“June 13, 2005”

f0134963_07370261.jpg




f0134963_07371508.jpg




f0134963_07373526.jpg




f0134963_07380994.jpg





f0134963_07383268.jpg




f0134963_07390960.jpg




f0134963_07392976.jpg




f0134963_21230111.jpg





f0134963_07401310.jpg





f0134963_07404041.jpg




f0134963_07405656.jpg




f0134963_07411222.jpg




f0134963_07412806.jpg



判決時の中継










[PR]
by yomodalite | 2014-06-13 07:43 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(2)

☆THE TRIAL “April 30, 2004”

f0134963_15205133.jpg

THE TRIAL
“April 30, 2004”



f0134963_15221700.jpg





f0134963_01090238.jpg





f0134963_23461393.jpg




f0134963_15225627.jpg




f0134963_15232524.jpg




f0134963_15235187.jpg




f0134963_23472437.jpg




f0134963_15241402.jpg




f0134963_16024373.jpg




f0134963_15244183.jpg





f0134963_15250203.jpg





f0134963_15252654.jpg
↑ クリックして拡大して見て!




f0134963_15254760.jpg




f0134963_15260594.jpg




Ooh, I'd Love To Be With You
The Jackson 5









[PR]
by yomodalite | 2014-04-29 23:17 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(0)

☆Michael Jackson's THE TRIAL

f0134963_00210360.jpg






f0134963_14022229.jpg





f0134963_23094382.jpg





f0134963_00225890.jpg






f0134963_00253445.jpg






f0134963_00243259.jpg





f0134963_00245575.jpg




f0134963_00251712.jpg





f0134963_00223840.jpg





f0134963_00283136.jpg




f0134963_09355297.jpg






f0134963_09365325.jpg




[PR]
by yomodalite | 2014-02-05 11:09 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(3)
f0134963_6352029.jpg

2005年の関連動画を集めました。
写真はすべて2005年5月6日のもの。


裁判前のMJによる声明




FOX-TV
ジェネラル・リベラのインタビュー
(2005年2月5日放送・収録は2005年1月)
Part1〜5まであります。

(INTERVIEWSから、At Large with Geraldo Rivera 2005を選ぶ)


2005年2月の動画





散々報道された3月10日のパジャマデー
(当日は背中の痛みが酷かった)




4月4日のMJとファンの交流映像。
BGMは、We Are The Would(MJソロ・バージョン)




ファンから贈り物をたくさん受取らなくてはいけないのも大変...






5月5日の動画(高画質)





無罪確定の6月13日
極限まで憔悴しきったMJ
歓喜の声を挙げるファン


f0134963_6502372.jpg

[PR]
by yomodalite | 2010-04-04 07:00 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(7)
f0134963_8285985.jpg

◎マイケル・ジャクソン裁判 2005.5.2 - 5.17の続き

トライアルファッションショー、ラストです。

冒頭の写真は、2005年5月18日のもの。

すべての容疑で、有罪になった場合、18年8ヶ月の懲役となり、さらに、事態が深刻化した場合は、56年もの刑期になると予想されていた裁判を受けるために、ここまで、MJが用意した“衣装”の素晴らしさを、ご堪能いただけましたでしょうか?

法廷へ通った100日余りの日々、世界中の2200ものメディアの視線を、たった1人で浴び続ける、という経験は、これまでの、どのような“スター”にも経験がないことです。
どんなレッドカーペットも、これほどの注目を浴びたことはありません。

しかも、それらのメディアの視線は、未だかつてないほど厳しいものでした。

その視線にも耐えて、これほどエレガントな態度だった彼が、
毎日、専属デザイナーから一式揃えて届けられていた衣装に、
着替えることすら出来なかった、

あのパジャマの日の“背中の痛み”とは、一体どれほどのものだったでしょうか。

想像してみてください。

彼は世界中が尊敬するダンサーでした。一流のダンサーが、毎日の厳しい練習と同じぐらい、その身体のメンテナンスに時間をかけていることは、よく知られていることです。

MJは、世界一と言われるほどのダンサーでありながら、作曲、歌唱、映像、プロデュースなど、全てにおいて、“KING”と称され、マイケル・ジャクソンのいう名の世界企業のCEOでもあり、尚かつ、3人の子供の父親も立派にこなしていました。

私には、あまりにも多才で、これほど完璧な才能を納めきる身体をイメージすることが出来ないのですが、彼は、一体どんなメンテナンスをしていたんでしょうか?

無罪が確定した6月13日、3日以降、久しぶりとなる裁判所にあらわれたMJは、疲労がピークに達しているためか、かなり辛そうで、一切笑顔はなく、この日の彼の写真はアップしませんでした。

前置きが長くなりましたが、最後は、さらに長い文章の引用を、挟みつつ。。
2005年5月18日から6月13日の写真です。下記の言葉は、アフロダイテ・ジョーンズ著『マイケル・ジャクソン裁判』の冒頭
“著者注”より省略して引用しています。


f0134963_8355260.jpg

▲2005.5.18

サンタマリアでの公判中、マイケルの無実について本を執筆しようとは、まったく考えていなかった。(中略)自分の偏向報道を明かすつもりは毛頭なかった。その上、メディアに関わる「友人たち」が不公平で一方的な報道をしていた、と暴露するような真似も決してしたくなかった。

f0134963_174124.jpg


f0134963_843405.jpg

▲2005.5.19

はっきり言わせてもらおう。裁判を取材した2200ものメディア関係者の中で、マイケル・ジャクソンが有罪であるかのような報道を意図的に行なったと、認めたのは、ほんの一握りに過ぎない。これらのメディア関係者の中には、私の仲間も含まれている。

f0134963_850432.jpg

▲2005.5.20

ネバーランド訪問をきっかけに、私の報道方法も微妙に変化した。わたしは、マイケル・ジャクソンが無罪だという考えを受け入れられるようになり、否定的なコメントからは距離を置こうと試みるようになった。しかし私も、裁判の初期には否定的な報道ばかりしていた。またテレビで偏向報道をしていただけでなく、マイケル・ローガンが司会を務める全米ネットのラジオ番組に出演し、何週間もマイケルを激しく非難し続けてきたのだ。

f0134963_853894.jpg

▲2005.5.20

メディアの中でマイケル破滅の陰謀があったとするならば、明らかに私も当事者の1人だった。

f0134963_8573848.jpg

▲2005.5.20

長年テレビのレポーターを務めてきた私だが、マイケルの裁判中は陰で非難されていた。陰口だけでなく、時にはレポーターたちから面と向かって非難されることもあった。

私は、何のために、ここまで辛く苦しい思いをしなければならないのだろう?

f0134963_912016.jpg

▲2005.5.23

出版社を見つけようと、ニューヨークを訪れたが、アメリカにはマイケル関連の本を刊行しようという出版社など存在しない、という現実に気づかされた。マイケル側に立った本を書くとなれば、なおさら敬遠された。

f0134963_951870.jpg

▲2005.5.23

私は打ちのめされた。しかし、ここで、私はマイケルのことを考えた。
私は「マイケルの」気持ちに思いを巡らせ、そして気づいた。マイケルこそ、地獄を味わったのだと。マイケルは、破滅を企てる、メディア・マシーンの攻撃にさらされた。
マイケルこそ、陰で激しく非難されていた人物なのだ。

f0134963_982771.jpg

▲2005.5.25

メディアや懐疑論者、さらには友だちや家族が何を言おうと、私はマイケル・ジャクソンのために立ち上がらなければならない。そんな思いを抱きながら執筆をはじめた私だが、あらゆる場所で自分が笑われていることに気づいた。マイケルを擁護する本などあり得ない、と物笑いの種にされたのだ。

f0134963_911439.jpg

▲2005.5.25

本書の執筆は、私にとって、もっともきつい仕事だった。時には、世界を敵に回しているような気分にもなった。

マイケルも、このような気持ちで生きてきたのだろうか?

f0134963_9145688.jpg

▲2005.5.25

気力を挫かれぬよう、私は公判中にマイケルが挨拶してくれた時のことを思い返し続けた。休憩中の廊下で起こった出来事である。私はまるで蝋人形を見つめるかのように、マイケルを凝視していた。マイケルは私を見ると、いきなり「ハイ!」と声をかけてきた。

彼に声をかけられて、私は心底驚いた。
彼はおどけていた。私は、そのユーモアを愛した。

f0134963_9184946.jpg

▲2005.5.27

マイケル・ジャクソンに会ったことはあるか?常に訊かれる質問だ。私の答えは「イエス」である。しかし、実際のところ、私は自己紹介したこともない。そして彼は、もちろん私のことを知らない。

f0134963_922189.jpg

▲2005.5.27

一度だけ、私はメディア専用エリアで彼に質問をした。裁判当初、マイケルがまだメディアの質問に答えていた頃である。ネバーランドのゲートに集まるファンと話をするのか?私はマイケルに尋ねた。マイケルは既に前を歩いていたが、振り返って私を見つめると、

「僕はファンが大好き。ファンを愛しているんだ!」と答えた。

f0134963_928968.jpg

▲2005.5.27

まるで、大切なのはファンだけ、と言っているかのようだった。

f0134963_9311090.jpg

▲2005.6.3

著書の最後(謝辞より)
本書を執筆しながら、私は神にも日々感謝していた。
神が、わたしに書き続ける意志を与えてくれたのだ。

(引用終了)

f0134963_9462988.jpg

▲2005.6.3


本書には、この後、メゼロウ弁護士の「序文」があり、そこで彼は、裁判が始まった当初のMJの様子を語っています。

写真を見てもわかるのですが(このシリーズにはアップしてません)始まって間もない頃のMJは、これらの写真よりも躁状態で、集まった大勢のファンの声援に全身で応えようとしていました。

メゼロウは、就任後、そのようなMJを止めることが出来なかった、当時の弁護士、スタッフのはしゃぎぶりを不信に感じ、それらを全部辞めさせたようです。

わたしたちが、これまでの報道で目にしてきた裁判の様子は、この頃のものが多いようで、MJが、世界中から集まった熱心なファンに、ありったけの “LOVE” を贈ろうとしている様子が、面白おかしく報道されていたようです。

メゼロウ弁護士は、優秀な弁護士で、この「序文」も同様に素晴らしいと思いますが、それでも、わたしは、彼に訂正をして欲しいところがあります。

MJは、無邪気で、騙されやすかったんじゃない!!!

f0134963_950301.jpg

2005.6.13▲

著書の「最終章」より
裁判終結後、あるジャーナリストは、証拠のひとつとなったメモをじっと見つめていた。ある書籍の内側に記されていたマイケルのメモである。公判中は特に注目を浴びることのなかったこのメモは、マイケル・ジャクソンの本質をとらえていた。スーパースターは本の中に、こんな言葉を残していた

「少年たちの顔に浮かぶ
幸せと喜びを見よ。
これこそが、少年時代の真髄だ。
私が過ごしたことのない時代、
私が一生憧れ続ける時代である」



☆関連記事
◎「マイケルジャクソン裁判」





[PR]
by yomodalite | 2010-03-31 13:36 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(10)
f0134963_23571133.jpg

◎マイケル・ジャクソン裁判 2005.4.4 - 4.29の続き

トライアルファッションショー、ラス前です。

そろそろ、MJの美しさに慣れてきた方は、登場人物全員のファションのディティールにも注目。ここではMJの美しさを一番に選んでいるので、掲載しきれないんですが、ファミリー、SPともに、素敵なスタイリングな上に、集団としてもカラーコーディネートが考えられているようで、

とにかく、これまで、わたしを含め、MJのファッション、ダサっと思っていた方、とうとう、そんな声も彼の耳に入ってしまったのか、まさかのタイミングで始まった、MJのファッションスイッチは、入ると同時に、ありえないレベルで振り切れてしまったようです。

この後“THIS IS IT”の何年か前から、人生初めて(?)のプレタを着始めたりもして(それもレディース)、段々オシャレになって行っても、やっぱり気に入ったものは何度も着るタイプのMJが、

このときのファッションだけは、この後一度も見てません。本当に1日限りのファッションのようです。

また、裁判の写真1126枚、一応全部目を通しましたが、ファミリーで一番登場回数が多いのは、長男ジャッキーと、ジョーパパのようですね。

ジャッキーは、体調の良くない状態のときのMJの体を支えていたり、至近距離で写っていることが多く、また、父親とは笑顔で話している様子がよく見られ、この頃2人はかなりイイ関係のようです。

次が、ラトーヤとジャーメインでしょうか。ラトーヤは、ジャネットと両手に華状態で、MJを守っていたりするんですが、ジャーメインとは、あまり絡んでいませんね。また、キャサママと一緒のときのMJは、大抵表情が穏やかで、ジェントルマンな態度が本当に板についている感じです。

それと、3月24日の写真に見られるように、やっぱりマーロンはMJを笑わせようとしていて(ママしか笑ってませんが)、意外ですが、ジョーパパもMJを和ませようとかなり努力している感じがしました。

では、2005年5月2日から17日までの写真です。
f0134963_00070.jpg

2005.5.2

f0134963_02148.jpg

2005.5.2 ベストのボタンが♡

f0134963_085987.jpg

2005.5.4

f0134963_054915.jpg

2005.5.4

f0134963_0142314.jpg

2005.5.5

f0134963_0162039.jpg

2005.5.5

f0134963_0281876.jpg

2005.5.6

f0134963_0251296.jpg

2005.5.6 
MJの視線ビームに、一瞬うろたえる検査官

f0134963_037227.jpg

2005.5.6

f0134963_0405113.jpg

2005.5.9

f0134963_0442410.jpg

2005.5.9

f0134963_0484618.jpg

2005.5.11

f0134963_0515269.jpg

2005.5.11

f0134963_056819.jpg

2005.5.12

f0134963_104074.jpg

2005.5.16

f0134963_145421.jpg

2005.5.17 
十字架が見えるのは私だけ??

f0134963_184341.jpg

2005.5.17 
SPともカラーコーディネートがされているように見える

f0134963_111693.jpg

2005.5.17 
ママは常にエスコート!

f0134963_1131936.jpg

2005.5.17

◎マイケル・ジャクソン裁判 2005.5.18 - 6.13に続く






[PR]
by yomodalite | 2010-03-30 18:40 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(19)
f0134963_0522432.jpg

◎マイケル・ジャクソン裁判 2005.1.31 - 3.24の続き

トライアルファッションショー、まだまだ続きます!
冒頭の写真は、2005年4月4日のもの。


《主な裁判記録》
4月中は、検察側の弁論が続く。
4月25日、ゲラゴスとブラフマン弁護士がMJに解任され、トーマス・メゼロウが就任
4月27日、元妻デビー・ロウが、検察側の証人として出廷したが、
MJに有利な証言をし、検察側を驚かせる。
4月30日、メゼロウ、罪状認否で全面無罪を主張。 

下記は、2005年4月5日から29日までの写真です。(当時マイケル46歳)
f0134963_18195426.jpg

2005.4.5

f0134963_18301514.jpg

2005.4.5

f0134963_23545100.jpg

2005.4.8

f0134963_23213968.jpg

2005.4.11

f0134963_23234880.jpg

2005.4.11

f0134963_23271414.jpg

2005.4.12

f0134963_21324524.jpg

2005.4.13

f0134963_2340494.jpg

2005.4.27(デビー・ロウが、検察側の証人として出廷した日)

f0134963_23432433.jpg

2005.4.28

f0134963_23455438.jpg

2005.4.29

f0134963_23475326.jpg

2005.4.29

f0134963_23524359.jpg

2005.4.29


◎マイケル・ジャクソン裁判 2005.5.2 - 5.17に続く






[PR]
by yomodalite | 2010-03-29 21:54 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(4)
f0134963_195064.jpg

幼児虐待疑惑による裁判の写真は、以前「MJトライアルファッションショー」として紹介しているのですが、日付順に整理し直し、より多くの写真をアップすることにしました。

冒頭の写真は2005年1月31日の裁判初日。

この裁判で、MJは、これまでほとんど見る機会がなかった、スーツファッションを幾通りも見せてくれているだけでなく、2005年の1月31日から6月の無罪確定まで、特に3月〜5月は月に20日ほども出廷しているので、

2005年当時の、彼の“本当の姿”がよくわかると思います。

この裁判をパジャマで出廷などの報道で記憶されている方も多いと思いますが、そういう特殊な1日の様子ではなくて、圧倒的に多いそれ以外の通常の姿から、

わたしが美しいと感じた写真のみ選びました。

MJが法廷に通ったのは、およそ100日間ぐらいでしょうか(数えてませんが)。この間、毎日異なるオリジナルファッションを着こなし、SPにいたるまでコーディネートがされていて、

私には、彼がこの裁判を完全に“ショー”として意識していたように見えます。

命をかけて貫き通したかった信念が、裁判という“ショー”により、

彼が生涯を通して、全身全霊でアーティストだったことの“証明”になっているようで、ある意味、このときの彼の姿は、私にとって“THIS IS IT”以上に、衝撃的でした。

前置きが長くなってしまいましたが、
まずは、2005年2月22日から3月24日までの写真です。



f0134963_21235510.jpg

2005.2.22

f0134963_16333911.jpg

2005.2.23

f0134963_2128189.jpg

2005.2.23

f0134963_16241446.jpg

2005.3.1

f0134963_1638351.jpg

2005.3.1

f0134963_1645774.jpg

2005.3.2

f0134963_1647371.jpg

2005.3.2

f0134963_2138216.jpg

2005.3.4

f0134963_2253024.jpg

2005.3.4

f0134963_173943.jpg

2005.3.4

f0134963_1713311.jpg

2005.3.15

f0134963_17302733.jpg

2005.3.23

f0134963_18375419.jpg

2005.3.24

f0134963_21483165.jpg

2005.3.24

f0134963_22123956.jpg

2005.3.24

f0134963_20185325.jpg

2005.3.24

f0134963_22333091.jpg



《この時期の主な裁判記録》

1月31日。裁判初日

2月15日、サンタマリア地裁に向かう途中、体調不良を訴え、
医療センターに緊急搬送される。

2月22日、病後、初めての出廷。

2月24日、陪審員決定。

2月28日、検察側、弁護側の冒頭陳述始まる。

3月4日、被害者とされる少年(ギャビン)の姉、ダブリンが証言に立つ。MJは公判終了後、感想を求められ「もどかしい」思いを抱いたと語った。マイケルのメディアに対するコメントは、この日が最後。

3月9日、ギャビンが証言台に上がる。

3月10日、背中の痛みのため、パジャマにジャケットを羽織って、1時間以上遅れて出廷。これは時間内に出廷しなければ、逮捕状を発行し、保釈金も没収すると威嚇していたため結局、これは実行されず、回復猶予のため、3月14日に延期。

3月14日 再びギャビンの証言


ここには、アップしていない2005年3月21日は体調がかなり悪かったようでジャッキーや、SPに体を支えられている様子が写っているのですが、こういったバッドコンディションの写真には、すかさず、Getty Images とか、ストックフォトの「印」が多数入っています。マスコミが求める「MJ」の姿だったからでしょうか。

法廷でのファッションは、これまでのMJのコンサート衣装のほとんどをデザインしている、マイケル・ブッシュと共同デザイナーのデニス・トンプソンによるもの。毎日午前3時に起床して、法廷に着ていく衣装一式を届けていました。

幼児虐待疑惑は、マーティン・バシールによるドキュメンタリー番組から始まりましたが、彼は、そのフィルムをABCテレビに売却し、その後ゴールデンタイムの「ABCニュース」のアンカーに就任しました。

◎マイケル・ジャクソン裁判 2005.4.4 - 4.29に続く


[PR]
by yomodalite | 2010-03-28 20:29 | ☆マイケルジャクソン裁判 | Trackback | Comments(12)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite