タグ:MJと映画 ( 23 ) タグの人気記事

f0134963_22121724.jpg


8つのグラミー賞を獲得した1984年12月に「EBONY」に掲載されたインタビュー。


エボニーは、アフリカ系アメリカ人のための月刊誌で(姉妹紙「Jet」はダイジェスト版)、インタビュー中にも出てきますが、マイケルはエボニー誌を創刊した、John H.Johnsonを尊敬し、このインタビュワーである、Robert E. Johnson は、「Jet」紙の編集局長で、ニクソン大統領とともにロシア、ポーランド、オーストリア、イランを旅し、1979年には、アフリカの通商使節団にも同行するなど、MJが信頼していた人物で、とてもGOODなインタビューになってます。


MJがメモに記した「Incredible Actor」や、「Greatest Actor」とはどういう意味だったのか。とか、


◎[関連記事]1979年「21歳のマニフェスト」

◎[関連記事]80年代前半のメモ


私にとっては、なぜ生前、映画で成功することが出来なかったのか?という答えへの示唆にも感じられたり、読書や、神についてだけでなくマイケルが「真実(truth)」という言葉をどう使っているかにも注目ですし、その他諸々、とっても素敵なインタヴューなんですが、和訳の気になる点は遠慮なくお知らせくださいませ。


f0134963_22223204.jpg

Source : http://en.michaeljackson.ru/ebony-12-84/

☆Google書籍検索の掲載ページ(当時のエボニーは広告にもすべて黒人が使われている)



The Michael Jackson Nobody Knows


EBONY: You have to cope with a lot of stress and pressure in the entertainment business. People make all kinds of requests of you and propositions come from all directions. How do you cope with these stresses and pressures?

あなたはエンターテイメント業界の中で、たくさんのストレスやプレッシャーに対処しなければなりません。 人々は、あなたに様々なことを求めますし、 あらゆる方面から提案がなされます。あなたはそういったストレスやプレッシャーにどう対処しますか?


MICHAEL: I cope with it in a way and I’m not calling myself Jesus because I would never even look at myself on the same level, but I’m comparing it to Jesus because what God gave to him was for a reason and he preached and people came about him and he didn’t get angry and push them aside and say leave me alone, I ain’t got time.

MJ:それに対応するのは、僕は自分を同じレベルで見てるわけじゃないし、自分のことをイエスだなんて思ってるわけじゃないけど、彼は、神に与えられた説教をして、人々はそれで彼の周囲に集まったのだから、イエスは人々に対して怒ったり、彼らを脇に押しやって、ひとりにしてくれ、僕には時間がないんだ。放っておいてくれ。なんて言わなかった。


EBONY: But you must encounter some fans who pressure you and provoke you.

でも、中には、あなたにプレッシャーをかけて、怒らせるファンに遭遇することもありますよね?


MICHAEL: I do get angry at times because there are those who will come up to you with the worst, attitude and will say to you, ‘Sit down, sign my baby’s paper.’ They’ll throw it at you. I’ll say, ‘Do you have a pen?’ ‘You don’t have a pen? Well, go get one. That’s what they’ll actually tell me . … I’m amazed by some of the people. They think they own you. And they’ll say to you, ‘Listen, I made you what you are. I say, ‘Wait a minute. You didn’t just buy it [album] to help me. You bought it because you like it and that’s true.

MJ:たまには怒ることもあるよ。最悪な態度で近寄ってきて、「ここに座って、俺のベイビーにサインをくれよ」なんて言って、紙を投げつけてきてね、僕が「君はペンを持ってる?」って聞くと、「ペンを持ってないなら、お前が取ってこいよ」って。そういうことを言う人が実際にいるんだから、驚くよ。彼らは、僕を自分のものだと考えてて、「いいか、今のお前があるのは、俺たちのおかげなんだからな」なんて言う。「ちょっと待ってよ、君は僕を助けるためにアルバムを買ったんじゃなくて、気に入ったから買ったっていうのが本当じゃないか」


EBONY: You are looked upon as a role model. You once appeared at the Chicago Public Library to encourage young people and adults to read and a book marker souvenir was distributed with a quotation from you. Do you still enjoy reading?

あなたは人々のお手本として尊敬されています。以前、シカゴの公立図書館に登場して、老若男女に読書を薦め、記念品として、あなたの言葉が書かれたしおりも配布しました。あなたは今でも読書を楽しんでいますか?


MICHAEL: I love to read. I wish I could advise more people to read. There’s a whole other world in books. If you can’t afford to travel, you travel mentally through reading. You can see anything and go any place you want to in reading.

MJ:読書は大好きだよ。もっと人々に読書するようにアドヴァイスが出来たらいいんだけどね。本の中には、別の世界がつまってる。旅をする余裕がなくても、精神的な旅をすることができるし、読書によって、何でも見ることができるし、どんなところにも行くことができる。


EBONY: Have you had a chance to do any reading related to the Black experience or in terms of Black history?

黒人が体験したことや、黒人史に関するものを読む機会はありましたか?


MICHAEL: Oh, yes! I’m really thankful for what Mr. [John H.] Johnson has done in bringing books through Johnson Publications…. I think it’s good to show we are contributing to the world in many ways. That’s what a lot of peopie think – that we haven’t.

MJ:もちろんだよ。僕は本当に感謝しているんだけど、ジョン・H・ジョンソンが、彼が創った出版社を通じて、本を流通させたことについてとか、、黒人たちが、様々な形で、世界に貢献していることを示しているのは、すごくいいよね。みんなそれを望んでいたけど、今までにはなかったからね。


EBONY: How do you keep up with what Black people today are doing, saying and thinking? And who are some of the people, other than your family and close associates, who influence your thinking?

現代の黒人たちがしていること、言っていること、考えていることで、あなたが大事にしていることはどんなことですか?また、家族や親しい人以外で、あなたの考えに影響を与えているのは誰ですか?


MICHAEL: I love the way [John H.] Johnson runs his organization. Seems like everybody’s really nice. I’m sure there are quarrels and things, but everybody’s very nice…. and have such an influence on the young. People rule their lives by JET and EBONY. I mean, they get their information from those two magazines and the young kids, too. I’ll say, where did you read it? I read it in JET. And they keep up with what’s happening in JET and EBONY. And I think that’s wonderful… God, I admire people like Johnson and [Walt] Disney. I think they’re phenomenal.

MJ:僕は、ジョンソン氏(John H.Johnson)の会社運営方法が好きだな。誰もが本当に素敵にみえるね。色々と議論があることは間違いないと思うけど、だから、みんなが素晴らしいんだよ。そういった影響を若い人にも与えてほしいね。彼らは『JET』と『EBONY』に従っている。その2冊の雑誌と、キッズから自分たちの情報を得るだろう。僕が、「それどこで読んだの?」て聞くと「JETで読んだ」って言うからね。つまり、みんな『JET』と『EBONY』で何が起っているのか知って、それについて行っているんだ。それは、僕には、神から与えられた仕事をしているように思える。僕はジョンソンや、ディズニーのような人を賞賛していて、彼らはとてつもなく素晴らしいと思ってる。


EBONY: You talk of the influence of books and people in your life. What part does travel play in shaping your attitudes and outlook on life?

本や人々があなたの人生に与えた影響について伺いましたが、あなたの人生観や態度に、旅行が果たした役割についてはどうですか?


MICHAEL: I think before anybody gets married, they should really travel the world if they can. It’s the most incredible education I’ve ever had. I think it’s phenomenal. I mean just to see the different cultures of people, the different faces, to talk to people and just to learn and see…. When I traveled I was amazed. When we first went to Switzerland, I almost started crying. I really did.

MJ:僕は思うんだけど、可能なら、誰もが結婚する前に、ぜひ世界を旅するべきだね。それが僕が受けてきた教育の中で、もっとも素晴らしいものだと思う。本当に違う文化とか、自分たちとは異なる顔の人々を見て、彼らと話すことは、まさに学習であり、観察なんだよ。僕は旅をしたとき、本当に驚いたんだ。最初にスイスに行ったときなんだけど、もう泣きそうだったというか、本当に泣いちゃったんだ。


EBONY: What touched you about that trip to bring about that emotional response?

何があなたにそれほどの反応をもたらし、心に触れたのですか?


MICHAEL: The beauty. It’s like, oh, God, it’s crying out in the sky. It’s an incredible country and it inspires me to see these things – the mountains. The pictures don’t do justice to Switzerland. Then there’s the Netherlands and France. Gosh, they’re incredible, too!

MJ:美しさだよ。まるで神のようなね。もう空の中で叫びたいぐらい、信じられないぐらいの国だった。そういうのが僕を興奮させるんだよね、山々とか。写真でスイスの素晴らしさを判断することはできないよ。そういうことは、オランダやフランスにも言えるけど、今でも信じられないぐらいなんだ。


f0134963_22244749.jpg

EBONY: Obviously, when you travel, you are more than a tourist, you are an observer.

明らかに、あなたは、どんな旅人よりひとりの観察者になっていますね。


MICHAEL: Well, a lot of people just stay in the cities when they travel. They should get out and see the real country. Wherever you go, man-made things are man-made, but you gotta get out and see God’s beauty.

MJ:そうだね。旅をしているとき多くの人々はただ街にいるだけだ。みんな外に出て、本当の国の姿を見るべきだよ。どこに行くにしても、人工のものは人工だよ。神が創った美しさを発見するにはもっと外に出なくちゃ。


EBONY: In your travels, what were some of the countries that impressed you most?

あなたが旅した中で、もっとも印象深い国々は?


MICHAEL: I’m gonna raise my hand on this one. I’ll say this. I always thought that the Blacks, as far as artistry, were a talented race of people. But when I went to Africa, I was even more convinced. They did some incredible things over there [West African countries, including Senegal]. We went to one place out in the flatlands where all these Africans sell their crafts and everything. I went to this one hut where this guy made incredible carvings…. He took a piece of wood and a hatchet - like thing and started chopping and I just sat there amazed. He carved a big face . . . dipped it in some water dried it off and he gave it to me and I paid for it.

MJ:ひとつだけ挙げるとしたら、こう言うよ。いつもそう思ってたんだけど、黒人は芸術的な領域で才能を与えられている人種だけど、アフリカに行ったとき僕はさらに確信したね。南アフリカやセネガルでも、彼らは驚くべきことをことをやってて、僕たちはアフリカ人による工芸品のほとんどを販売しているフラットに出かけて、僕はそこで信じられないような彫刻を創っている人の小屋に入ったんだ。彼は木と手斧のようなものを手に取って創りはじめた。僕が驚いてそこに座っていると、彼は大きな仮面を彫りはじめて、それを水に浸して乾かしたものをくれたので、僕はそれを買ったんだ。


EBONY: You seem impressed by African art but what about African music and dance?

あなたは、アフリカン・アートに感銘をうけたようですが、アフリカの音楽やダンスはどうでしたか?


MICHAEL: When we came off the plane in [Dakar, Senegal] Africa, we were greeted by a long line of African dancers. Their drums and sounds filled the air with rhythm. I was going crazy, I was screaming. I said, ‘All right!’ They got the beat and they got the rhythm…. I just was so glad about the whole thing. This is it, I said. This is where I come from. The origin….

MJ:僕たちが飛行機でアフリカ(セネガルのダカール)降り立ったとき、アフリカのダンサー達が長い列をつくって迎えてくれてね。彼らのドラムや音楽によって、その場の空気がリズムで満たされていて、僕は興奮して「オーライ」って叫んだよ。彼らにはビートがあってリズムもある。僕はそのすべてがただもう嬉しくて。まさにこれなんだって、僕はここから来たんだ。ここが原点なんだって・・


EBONY: You were obviously impressed by your musical roots, so where do you think the Africans derived their musical influence?

自分の音楽の原点がはっきりしたんですね。それでは、あなたは、アフリカ人の音楽はどこから影響を受けたものだと思いますか?


MICHAEL: Music started with nature. Music is nature. Birds make music. Oceans make music. Wind makes music, Any natural sound is music. And that’s where it started.. You see, we’re just making a replica of nature, which is the sounds we hear outside.

MJ:音楽は自然と共に始まったんだよ。音楽は自然そのもの。鳥が創り出す音楽、海が創り出す音楽、風が創り出す音楽、どんな自然の音も音楽だよ。すべてがそこから始まって、、そう、僕たちは、ただ自然のレプリカを創ってるだけ。外で聴く音のね。


EBONY: Did your travels have any influence on the way you think about races of people?

旅行は、人種についての考え方に、影響を及ぼしましたか?


MICHAEL: The main thing that I hate most is ignorance, like the prejudice problems of America. I know it is worse in some other countries. But I wish I could borrow, like from Venezuela or Trinidad, the real love of color-blind people and bring it to America.

MJ:僕がもっとも嫌いなのは、主に無知についてだね。アメリカの偏見という問題。他にもっと酷い国があることも知っているけど、ベネズエラとかトリニダードのような国から肌の色なんて関係のない本当の愛を借りてきて、アメリカに持ってくることができたらって思う。


EBONY: You are making some observations with intense feelings. Please continue.

とても強い感情をともなった見解ですね。どうぞ、続けてください。


MICHAEL: I’m prejudiced against ignorance. That’s what I’m mainly prejudiced against. It’s only ignorance and it’s taught because it’s not genetic at all. The little children in those [countries] aren’t prejudiced. I would like for you to put this in quotes, too. I’m really not a prejudiced person at all. I believe that people should think about God more and creation. …

MJ:僕は、偏見は無知から来ていると思う。偏見を生み出すのは、主にそうだね。それは単なる無知にすぎない教えであって、遺伝とはまったく関係がないから、そういった国々では、小さな子供たちは偏見をもっていない。この部分も引用句として取り上げてもらいたいんだけど、僕はいかなる人々にも偏見をもっていない。人々がより多く神とその創造について考えるべきだと思う・・


Look at the many wonders inside the human body-the different colors of organs, colors of blood-and all these different colors do a different thing in the human body. It’s the most incredible system in the world; it makes an incredible building, the human being. And if this can happen with the human body, why can’t we do it as people? And that’s how I feel. And that’s why I wish the world could do more. That’s the only thing I hate. I really do.

人体の内部の不思議を見てよ。異なった色の器官、血液の色、こういった様々な色が、人体の中で別々の働きをしている。世界一スゴいシステムだよ。人間は、信じられない建築物のように構築されていて、そして、これが人体で可能なのに、どうして、僕たちは、人間としてそう出来ないんだろう? 僕が感じるのはそういうことなんだ。世界はもっとよくなるのに。それらは、僕が唯一嫌いなことで、本当に憎んでることだね。


EBONY: What you have just said is not only compassionate but compelling. How do you communicate such feelings since you don’t make public appearances to express your views in public forums?

あなたが言っていることは、同情しているだけでなく、切実ですね。公共の場で意見を表明するために姿を見せないとしたら、あなたは、どのようにそういった感情を伝えますか?


MICHAEL: I try to write, put it song. Put it in dance. Put it in my art to teach the world. If politicians can’t do it, I want to do it. We have to do it. Artists, put it in paintings. Poets, put it in poems, novels. That’s what we have to do. And I think it’s so important to save the world.

MJ:僕は曲を書いて、歌にしたり、ダンスにしたり、僕のアートを通じて世界に教えたい。政治家には出来ないようなことを、僕はしたいんだ。芸術家は絵に、詩人は詩や小説に、そういうことが僕たちがしなきゃいけないことで、僕は、世界を救うことはとても重要だと思うんだ。


EBONY: Stevie Wonder apparently shares similar feelings, judging by some of his musical messages.

いくつかの音楽から判断すると、スティーヴィー・ワンダーも同じような感覚を共有しているようですね。


MICHAEL: That’s why I love Stevie Wonder’s biggest-selling album called Songs in The Key Of Life. He has a song on that album called Black Man. …. I just jumped up screaming when I heard that record because he’s showing the world what the Black man has done and what other races have done, and he balanced it beautifully by putting other races in there, what they have done. Then he brings out what the Black Man has done. Instead of naming it another thing, he named it Black Man, That’s what I loved about it…. And that’s the best way to bring about the truth, through song. And that’s what I love about it.

MJ:だから、僕はスティーヴィー・ワンダーの最も売れたアルバムである「キー・オブ・ライフ」が大好きなんだ。「ブラック・マン」という曲があって、僕はそれを聴いたとき、ただもう飛び上がって叫んじゃったよ。彼は、黒人が何をしたのかについて、世界に示しているんだけど、そこに、他の人種や、彼らがしてきたことも加えて、素晴らしくバランスをとりながら、黒人がしてきたことを持ち込んだ。そうして、何か別の名前をつけるんじゃなく、「ブラック・マン」と彼は、名づけた。それが、僕が大好きな理由。。そして、それは歌を通して、真実をもたらす最高の方法で、僕がもっとも好きなことなんだ。


EBONY: You don’t seem to have any objections to messages in music as long as the messages are positive. Your music, unlike some artists, stays clear of messages glorifying drugs. But drugs are a reality. How do you view it?

メッセージがポジティブである限り、あなたは音楽がもつどんなメッセージに対しても、異論はないようですね。あなたの音楽は、何人かのアーティストと違って、ドラッグを賛美するメッセージを避けています。 でも、ドラッグは現実に存在しています。 あなたは、それをどのように見ていますか?


MICHAEL: In the field I’m in, there is a lot of that and it gets offered to me all the time. People even go as far as to just… stick it in your pocket and walk off. Now, if it was a good thing, they wouldn’t do that… I mean, would somebody drop something beautiful in my pocket and just walk off? But I don’t want to have anything to do with any of that. I mean, as corny as it sounds, but this is how I really believe: Natural highs are the greatest highs in the world… Who wants to take something and just sit around for the rest of the day after you take it [drugs], and don’t know who you are, what you’re doing, where you are? Take in something that’s gonna inspire you to do greater things in the world.

MJ:僕がいる業界には、それはたくさんあって、僕も常に薦められるんだ。遠くから来て、ただ、僕のポケットにドラッグを突っ込んで、立ち去る人とかね、、それがいいことだとしたら、彼らはそんなことはしないよね。。誰だって、なにか素晴らしいものだったら、僕のポケットに入れるだけで立ち去ったりなんてしないだろう? いずれにしても、僕は、そういったものとは関係をもちたくないね。つまりね、ありきたりなことを言うようだけど、僕は、ナチュラルハイが世界で一番だって信じてる。何かドラッグをやって、残りの1日をただ座って過ごして、自分が誰で、何をやっていて、どこにいるのかもわからないなんて、誰がそんなものを欲しがるんだろう?もっと世界で偉大なことができるように、自分を鼓舞してくれるようなものを取り入れるべきだよ。


EBONY: Do you put God or religion in that process of a natural high?

あなたは、ナチュラルハイのために、神や宗教を取り入れますか?


MICHAEL: Oh, yes, God, really. I believe in the Bible and I try to follow the Bible. I know I’m an imperfect person…. I’m not making myself an angel because I’m not an angel and I’m not a devil either. I try to be the best I can and I try to do what I think is right. It’s that simple. And I do believe in God.

MJ:ああ、うん。神についてはそうだね。僕は聖書を信じているし、聖書に従おうとしている。僕は自分が不完全な人間だと知っているし、自分を天使にしようとしてるわけじゃなく、天使でもないけど、悪魔でもない。僕は自分のベストをできる限り追求して、自分が正しいと思うことをしたい。いたってシンプルなことだよ。僕が神の存在を信じていることもね。


EBONY: Do prayers or praying play a role in your life?

祈りを捧げたり、祈るという行為が、あなたの人生になにか役立ったことはありますか?


MICHAEL: I pray every night. I don’t just pray at night. I pray at different times during the day. When I see something beautiful, whenever I see beautiful scenery – like when I’m flying or something – I say, oh, God, that’s beautiful. And I always say little prayers like that all through the day. I love beauty.

MJ:僕は毎晩祈るよ。夜だけというわけじゃなくて、1日の間の色々な時間に祈る。なにか美しいものとか、美しい光景を見たときとか、飛行機で空を飛んでるときとかね、僕は、「ああ、神さま、美しいです」って言う。そして、1日を通して、そんな感じの小さな祈りをいつもしている。僕は美しいものが大好きだから。


EBONY: Speaking of beauty, you have been associated with in a public way many beautiful people, including your beautiful sisters, LaToya, Rebbie, and Janet, but also Diana Ross, Tatum O’Neal and Brooke Shields. You have been linked romantically with the latter two. Someone said you and Tatum had a lot in common: the parents of both of you are protective – she’s a daddy’s [Ryan O’Neal] girl and you’re a momma’s [Katherine Jackson] boy.

美についての話と言えば、あなたは公の場所に美しい姉妹であるラトーヤ、レビー、ジャネットだけではなく、ダイアナ・ロス、テータム・オニールや、ブルック・シールズといった多くの美女と帯同しました。あとの2人はロマンティックに結びつけられ、あなたとテータムには多くの共通点があるという人もいます。ふたりとも両親によって固く守られていて、彼女はお父さん子(父親はライアン・オニール)で、あなたはお母さん子だと。


MICHAEL: I want all those people who read JET and EBONY to just know that we’re mainly good friends. That’s the main thing. I think for guys, girls make the best friends. And for girls, guys make the best friends….

MJ:僕は「JET」と「EBONY」を読んでいるすべての人に、僕たちが良い友人なんだということを知って欲しいね。重要なことは、男の子にとって女の子は最高の友だちで、女の子にとっても男の子は親友で・・


EBONY: What is your relationship with Brooke? When did you meet and has that relationship developed?

あなたとブルックの関係は?いつ頃出会って、その後どう関係が発展していったのですか?


MICHAEL: We met at the Academy Awards. She asked me to dance because I was not going to ask her. You know, I’m really shy and embarrassed. So she says, ‘I got to dance with you tonight.’ I said, great. So we got together on the dance floor and danced. They were playing that old-fashioned Benny Goodman, Tommy Dorsey music, which wasn’t much of a groove. First, you’ve got all these bald-headed old people on the floor slow dancing, the Lawrence Welk sound. We really couldn’t get into it so we got to talking and got to know each other. We switched numbers and had phone conversations back and forth and we became real good friends.

MJ:僕たちはアカデミー賞で出会ったんだ。彼女が僕に踊ってって言ってきたんだ。なぜって、僕が彼女に言わなかったからさ。すごくシャイだったんだよね。それで当惑してたら、彼女が「私、今夜はあなたとおどるわよ」って、僕は「最高だね」って言って、それで一緒にダンスフロアに出てって踊ったんだ。昔ながらのベニーグッドマンやトミー・ドーシーとか、グルーブ感のない音楽が演奏されてて、はげ頭の老人たちが、ローレンス・ウェルクの音楽をのんびり踊ってたよ。僕たちはあんまり入り込めなかったから、ふたりでしゃべりはじめて、それでお互いのことを知るようになった。電話番号を交換して、互いに電話をかけあって、それで本当に親友になったんだよ。






EBONY: Does this mean that Brooke has replaced Tatum as a special friend?

それは、ブルックが親友として、テータムの後を継いだという意味ですか?


MICHAEL: Tatum calls me all the time and I hope she reads this interview because I’m sorry I couldn’t get all of her calls. But she’s still a wonderful friend of mine.

MJ:テータムもいつも僕に電話をくれているよ。このインタヴューを彼女が読んでくれるといいんだけど、彼女からの電話に出られなかったことがあって。でも、今でも彼女は素晴らしい友だちだよ。


EBONY: Both Tatum and Brook are fine actresses. You did all right I Wiz. What’s in the future for you in films?

テータムもブルックも素晴らしい女優ですね。あなたが演じた『ウィズ』も良かった。今後のあなたの映画は?


MICHAEL: I’m very excited about a lot of things that I want to do and that I’m going to do in films and things. I really can’t wait…. Since The Wiz, incredible offers have come to me, things that are still in the making….

MJ:僕は映画に関してやりたいことがたくさんあってすごくワクワクしてる。もう待ちきれないぐらい。『ウィズ』をやって以来、信じられないようなオファーが来ていて色々と進行中で・・・


EBONY: You once said that you will be careful about choosing your next role so that you won’t be typecast anymore. You said that since The Wiz, some people still call you Scarecrow because of that character role you played.

エボニー:あなたはかつて自分が型にはめられないように、次の役選びには慎重になるだろうと言ってましたね。『ウィズ』で演じた役のせいで、未だに「かかし」だって言われると。


MICHAEL: Whatever role you play, people link it with your personality. But it’s acting. You’re portraying another person…. I wish it wasn’t called acting because I don’t really like actors, I mean, the word acting.

MJ:どんな役を演じても人々はそれを俳優の性格と結びつけるよね。でも、それは演技なんだ。別の人物を演じているんだよ。演じる。なんて言い方をしなければいいと思うね。僕が俳優(actors)が好きじゃないと思うのは、演じる(acting)という言葉にあると思う。


EBONY: Please elaborate.

詳しく聞かせてください。


MICHAEL: I don’t think acting should be acting. Acting, if you’re acting, you’re imitating realism. You should create realism. It should be called believing. You see, I always was against it when I thought about acting. I don’t want to see an actor. I want to see a believer. I don’t want to see anybody that’s gonna imitate the truths. It’s not real then. I want to see a person that’s gonna believe the truth…. That’s when you move an audience.

MJ:僕は演技を、演じなければならないものだとは思わない。演技というものが、演じているということなら、リアリズムを模倣していることだけど、リアリズムの方を創造すべきなんだよ。それは演じるではなくて(acting)、信じる(believing)と呼ばれるべきなんだ。僕は演技について考えているとき、いつもそれに反対だったんだ。僕は演じている人(actor)なんか見たくない。僕は信じる人(believer)が見たいって。あたりまえのこと(truth)を模倣するような人なんか見たくない。それは、その時点で本当のこと(real)じゃない。僕は、真実(truth)を信じようとしている人に会いたい・・・観客の心に響くのは、そういうときなんだよ。


EBONY: What kind of questions do you wish you would be asked but nobody ever asks you?

あなたがされたいと思う質問で、今まで誰もしなかった質問はどんな種類のものですか?


MICHAEL: That’s a good question. Probably about children or writing, or what I just talked about…. You don’t make a better world of minds and things when people put the wrong things in their lyrics and give the wrong views on stage and everything. It’s just so important and I think this can lead so many people astray,

MJ:いい質問だね。子供たちについてのこととか、作曲についてとか、僕が今話していたようなことかな。人が間違ったことを歌詞の中に入れていたり、ステージやなんかで、人々に様々な間違った見解を与えていたりしたら、それはすごく重要なことで、大勢の人を誤った道に導くことになると思う。


because an artist can be built up so big in his career that this could change the whole world by what he does and thinks. They’ll listen to him before the President or any of these big politicians. You have to be careful. They could change these peoples’ way of life by what they say and do. That’s why it’s important to give off love vibes and that’s why I love what I do…

アーティストは、ビッグになるまでのキャリアで鍛え上げられていて、彼らは考えることで、全世界を変えることができる。みんな、大統領や、大物政治家の話よりも、彼らの話に耳を傾けるだろう。慎重にならなきゃ。アーティストが言ったり、することによって、人々の生き方を変えることができるんだから。だから、愛の感覚を送ることが重要で、自分がしていることが好きな理由もそういうこと。

When Marvin Gaye put out the album, What’s Going On, so many Blacks as well as Whites-but mainly Blacks- were educated. ‘Wake up. What’s going on? Wake up.’ I mean the ones that don’t watch the news, don’t read the papers to really dig in the depths of humanism. What’s going on? Wakeup.

マーヴィン・ゲイが『What’s Going On』を出したとき、多くの黒人だけでなく白人も、と言っても主に黒人だけど、教育されたよね。「目を覚ませ、何が起きてるんだ?目を覚ませよ」僕が思うに、ニュースも見ない、新聞も読まない、人道主義を深く掘り下げようともしない、という人たちに、どうなっているんだ?目を覚ませって。


EBONY: There have been some campaigns against so-called dirty lyrics songs by some popular musical groups. Do you have any views about such groups and their lyrics?

いくつかのキャンペーンで、人気のある音楽グループによるいわゆる汚い歌詞の歌に反対していました。あなたはそういったグループや歌詞になにか意見がありますか?


MICHAEL: Sometimes they go too far. They don’t leave anything for the imagination. If I just walked out on stage naked, there’s no imagination. I’m not letting them imagine what I look like without the clothes. But, you see, they overdo it…. We got to leave them something to imagine. People go too far at times. I think it’s important to set the right example because there are so many kids who look up to us.

MJ:時々、彼らは行き過ぎているね。想像力を喚起するためのものを、何も残さないというか。例えば、僕がステージに裸で出て行くなんて、観客は想像もできないよね。僕は、観客に、衣装のない僕がどう見えるかについては想像させない。だけど、そういった連中は、それをやり過ぎてる。。僕たちは、なにかを想像させるための余地を残しておかないと。人は、時に度が過ぎる。 僕たちを尊敬する多くの子供がいるんだから、僕は、正しいお手本を示すことが大切だと思う。


* * *


As the most productive year of his entertainment career comes to a close and his talents helped him gross about $100 million, Michael is not content to rest on his laurels or his loot. He faces a future guided by two observations, both of which he made:

彼のキャリアの中でも最も生産的だった年が終わり、自身の才能によって、およそ1億ドルを稼ぎながら、マイケルは栄冠や戦利品を得ることだけに満足していない。 彼はふたつの見解によって導かれる将来に向かっているが、その両方とも彼自身の言葉だ。


“I’m interested in making a path instead of following a trail and that’s what I want to do in life – in everything I do,” Michael told this writer in an interview on July 13, 1979.

「僕は今ある道をたどるのではなく、自分で道筋を創ることに興味を持っている。それが、僕が人生でしたいこと。僕がするすべてにおいてね」


マイケルは1979年7月13日のインタビューで、筆者にそう語った。


He made the other observation in his role as Scarecrow in The Wiz, a movie in which he co-starred with one of his dearest friends – Diana Ross. In a scene near the end of the film, Michael spoke these words through his Scarecrow character:

彼のもうひとつの見解は、彼の一番の親友ダイアナ・ロスと共演した『ウィズ』でのかかし役のセリフで、映画の終わり近くの場面で、マイケルはかかしのキャラクターを通じて、こんな話をした。


“Success, fame, fortune – they are all illusions, All there is that is real is the friendship that two can share.”

「成功や、名声、運とか、そういうのはすべて幻想さ。そこにあることで、本当なのは、ふたりでわかちあえる友情だけだよ」


Those are the thoughts of the Michael Jackson that nobody knows. 

そういったことが、知られざるマイケル・ジャクソンの想いなのだ。


(了)


シカゴ図書館で配布された「book marker souvenir」って、1979年の "Boogie To The Book Beat” のときに配られたものだと思うんだけど、ずっと気になってるんだけど、一度もお目にかかったことなくて、ご存知の方は教えてくださいませ。


それと、インタビュー前の文章は省略しましたが、そちらも素晴らしい文章なので、いつか追記したいと思います。


[PR]
by yomodalite | 2015-02-23 12:20 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)
f0134963_16193129.jpeg


11月から今日まで映画館では、『ニンフォマニアックVo.2』、『トム・アット・ザ・ファーム』、『インターステラー』を観たんだけど、『インターステラー』については「登場した詩」について書いたし、


『ニンフォマニアックVo.2』は、予想通りの鬼畜な展開だったけど、心の準備が出来ていたのと、絶対に丸くならないという監督の心意気のせいなのか、不思議と鬱な気分にはならず、やっぱりトリアーの今後には眼が離せないと思い、

『トム・アット・ザ・ファーム』は、若い頃のジョニー・デップや、トム・クルーズがミックスされているようなルックスにして、20代前半で、監督・脚本・主演までこなすグザヴィエ・ドランに惹かれて観に行ったら、冒頭すぐにガブリエル・ヤレドの音楽が響いて、音楽だけ良すぎるのでは?と心配になったものの、映像もそんなに負けてはなくて、ドラン監督のデヴュー作の『マイ・マザー』も現在レンタル中(まだ観てないけど。。)

で、、

『マイ・マザー』を借りるときに、同時レンタルしたのが、私の「MJ研究資料」というメモの中から選んだw、『レイダース/失われたアーク』と『恋するリベラーチェ』。

『レイダース』は「タジの証言」で、インディ・ジョーンズが、砂袋と黄金の像を差し替えるシーンの話をマイケルがいつもしていた。という意味が知りたくて再挑戦してみたんだけど、

結果から言えば、さっぱりわかりませんでしたw

「Billie Jean」のSF制作のときも、全てを黄金に変える “Midas touch” がコンセプトにあったと監督が語っていたり、「Remember The Time」では、エジプト王の前で、砂袋から取り出した砂が黄金になり、金の像になって、そこから、マイケルが現れるという展開とか、MJが石とか砂が金に変わるのが好きな理由は、まあまあわかってるつもりなんですけどぉw、

レイダースのシーン、そんなに何度も語りたいかなぁ。。(-_-;)

以前観たときも、あまりの音楽のウルサさw(名曲なんだけど)に耐えられないわ、ゲーム感覚の展開や、ナチスもアークも結局どうでもいいやん。みたいなストーリーにも耐えられなかったんだけど、今回もやっぱりダメで、MJと私の間にある、深い深い溝を感じる(=_=;)


f0134963_18453435.jpg


『恋するリベラーチェ』は、Sam ChennaultのMJ追悼記事で、初めてその名前を知った、エルヴィスにも影響を与えたと言われる偉大なエンターティナーへの興味から観たんですが、

監督はソダーバーグで、主役のリベラーチェをマイケル・ダグラス、そのゲイの愛人をマット・ディモン。ふたりとも、手堅い演技で役になりきっていて、出番は少ないもののロブ・ロウは、出てきた瞬間にセレブ御用達美容外科!という雰囲気が素晴らしく、最後まで退屈はしませんでしたが、私が期待していたものとは違ってました。



f0134963_16395502.jpg
写真は映画のものではありません。


ソダーバーグが描いたリベラーチェは、現代の少し頭のイイ大学生がエンターティナーに対して「こんな風に思っていればいい」という見本のような感じで、ストーリーは愛人が書いた暴露本が基本になっている。

今年観たサンローランの映画もそうだったんですが、薬物への依存、同性愛、精神不安、満たされない愛や、美への欲望・・・そういったものは現代の観客が理解し、経験可能なことであって、描かれている天才固有の特質ではない。だけど、どんな天才であっても、それを描くのも、観る側も、凡才であるために、同じような「真実」や「教訓」や「欲望」が描かれる。



f0134963_16413111.jpg
伯爵邸に招かれたとき
中央がモンタギュー伯爵



現代では、男女の愛を表現しようとすると、様々なハラスメントの呪縛を通過する必要があって、ほとんど不可能になりつつあります。同性愛はもちろん批判されることではありませんが、パートナーが妊娠しないため、セックスを純粋に楽しめ、憎しみや、お金儲けから法的に訴えるにはリスクがあるという現代の若者の「切実な理由」も加わって、もはや、バイセクシャルは「マイノリティ」ではなく、映画の素材としてオイシいのでしょう。

今のわたしには、マイノリティや、ハラスメント、虐待という「切実な問題」も、愛の問題ではなく、米国発の「ビジネス」であり、精神科学を利用した思想の破壊や、人間的成長の阻害といった側面の方が、より深刻に感じられます。

MJも、もちろん同性愛について差別も偏見ももっていませんでしたが、そういった、みんながゲイになってしまう状況については危惧してました。(MJTapesでの会話)

同性愛のことを決して肯定しなかったリベラーチェのことを不満に思うゲイの方も多いのかもしれませんが、性的嗜好にばかり、注目が集まり過ぎることや、自らの嗜好を表明したり、分類化されることで、愛の自由が損なわれると、リベラーチェや、その他のアーティストは考えていたのではないでしょうか。私はアーティストがカミングアウトするのは「作品」だけでいいように思います。


f0134963_16393804.jpg
モンタギュー伯爵邸に招かれたとき


とにかく、映画ではリベラーチェについて、よくわからなかったので、少しだけ、ネット検索してみたところ、「マイケル+リベラーチェ」でヒットする情報は多いものの、そのすべてが、マット・ディモンが演じていた人が、マイケルについてTVで語ったことばっかりで、、(溜め息)。

また、1987年にマイケルがリベラーチェについて語ったインタヴューというのもあったのですが([Liberace] is like my guardian angel…)、怪しい匂いがしたので、出所を探ったところ、イギリスの「Psychic News」というタブロイド雑誌で、霊言wというか、、フェイクですね。



f0134963_17321839.jpg

私には判断出来ませんが、こちらの「とてもとても素敵なブログ」によれば、MJがリベラーチェを描いたという、こちらの絵も「FAKE」のようです。

「MJ研究資料」のメモの中には、まだまだ観るための気合いが入らない、モノクロ映画とか、日本版がないのとか、いっぱいあって、本物だってときどき「☆ん☆り」しちゃうのにぃ… ww


[PR]
by yomodalite | 2014-12-16 18:44 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0134963_22335058.jpg

マイケルが『MidKnight』という映画を企画していたことをご存知の方も多いでしょう。下記は、その幻の映画の脚本家で、『シザーハンズ』の脚本家でもあるキャロライン・トンプソンの2009年のインタヴューです。



☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2014-12-01 00:00 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)
f0134963_23242557.jpg

Michael Jackson handwritten video outline, on an 8.5 x 14 yellow sheet, written by Jackson for a video he was making with his personal videographer Steven Howell in the early to mid 1980s. Jackson writes:

オークションに出品された、1980年代前半から中頃、MJが個人的に雇ったビデオグラファー、スティーブン・ハウエルに書いた映像のメモ。

“Sun is setting and I must see the sunset from atop so I rush on top of the roof and my God, I become moved by the beauty of a sunset. Show the truth of its beauty on my expression how it inspires me in truth. Wind blows shirt and hair. Different locations of sunset.”

沈みゆく太陽、それを高いところから眺めずにはいられなくて、あわてて屋根にかけ登る、夕焼けの美しさにつき動かされて。僕の表現の本質が、どれほどそういった美しさから影響をうけたものかを見せる。シャツと髪が風になびく。別の場所の夕陽の情景。


f0134963_22402304.jpg

Michael Jackson handwritten video outline, on an 8.5 x 14 yellow sheet, written by Jackson for a video he was making with his personal videographer Steven Howell in the early to mid-1980s. Jackson writes:

もう1枚、同様のメモが出品されてて、

“Talk about myself my dreams and what I want to do. Show me preparing to dance with record glove hat and quick step. Magic shots like a Fosse movie. Their night fall the magic of the night now. The film must be too good to be true, like a fairy tale. Something out of a story book. The key is to get and do exactly what I see in my head.”

僕自身のこと、夢やしたいことについて話す。フォッシーの映画のような素晴らしいショットで、ダンスのときの手袋とか、帽子、素早いステップについて見せる。魔法のような夜が、今、降誕する!映像には、おとぎ話のようないい話がなくてはならない。なにか物語の本からとか。大事なのは、僕が頭の中で見たことが、実際にそうなるということ。


下記によれば、これを出品したスティーブン・ハウエルさんは「ターミネーター」をはじめ、エミー賞を3回受賞している撮影監督


でも、MJ作品で、スティーブン・ハウエルさんのクレジットを探したんだけど、海賊版のVHSしか発見できず。。
f0134963_22451701.jpg

下記によれば、そのビデオの内容は、MJは個人的なビデオテープのために、ハウエル氏を雇って撮ったもので、将来のプロジェクトについて話したり、姉のラトーヤと歌を歌っているけど、噴水の音に消されていて音質はあまり良くない。彼はそれをコピーして、許可なく売り出した。

http://www.mjjcommunity.com/

って書いてあるんだけど、これって、エンシノの噴水の前で、ペットのラマが登場したり、ラトーヤが登場する、通称「噴水インタ」のことだよね???噴水の音とか、確かに音声がプロっぽくないんだけど、今まで、TV番組の編集前の映像かと思ってた。






大好きな映像なんだけど、エミー賞を3回受賞してる撮影監督が撮ったようには見えないので、ちょっぴり調べてみたら、

上記のプロフィールだと「Cinematographer」で、撮影監督だと思ったんだけど、ハウエル氏が関わってる作品のクレジットを見てみたら、「Director of photography(撮影監督)」ではなくて「aerial director of photography」だから、主に[空撮」を専門にしてるビデオグラファーみたい。。

この映像は、天才の「素顔」が「素のまま」映ってるみたいな感じで、ものすごく魅力的なんだけど、今から振り返ると、スリラー期とバッド期は、単に顔が変化しただけじゃなくて、この間にものすごく演技の勉強をしたことが、よくわかる。。。

ビデオグラファーを個人的に雇って、自分の写り方とか、撮られ方なんかも、すごく研究してたんだね。きっと。



[PR]
by yomodalite | 2014-05-23 08:23 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

大阪都構想、LEGS DIAMOND…

f0134963_21435415.jpg


自分が大阪に住むことになるとわかって驚いたのは、去年の今頃だったけど、あの頃もう見なくてすむと思っていた「マック」が、まさか、あの「スマイル」のまま、私を追って、大阪に来るなんて思ってもみなかったw

東京に住んでいたときは、大阪の市政も、府政も、問題が多いのかなぁと、漠然と思ってたけど、大阪に来てみたら、この街は、別にどこも変えなくていいと思うほど魅力的で、海老沢会長時代のNHKとか、相撲協会とか、小沢一郎が批判されていた理由とおんなじだったのかなぁという気がして、

大阪都構想というのが、東京っぽくなることだったら嫌だなぁと思う。

冒頭の写真は、こちらの「メモ」にあった「LEGS DIAMOND」のTシャツを着ていることから、もしかしたら、映画実現に向けて、具体的な計画をするチームがあって、そのチームでTシャツ創ったのかと思ったんだけど、

同名のハードロックバンドのロゴTみたい。






隣の美女は、ウルグアイ出身のメキシコの女優で、モデルのバルバラ・モリ(Barbara Mori)という人。インド映画 ‘Kites’ の撮影のときに、MJに会ったらしく、映画は2010年の作品なので、この写真のMJは、おそらく、メモを書いたのと同時期の2009年頃なんだと思う。

追記:下記の記事によれば、2008年12月のことみたい。

それと、2008年インタヴューの「コメント欄」で、言い忘れたけど、

マイケルにやたらと感動エピソードを求めることには、私も辟易してる。そーゆーMJも好きなんだけど、そのことでKINGをちっちゃくしているように感じてしまうことも多い(大勢の人が感動できるようなサイズにね)。

でも、そーゆーのばっかりじゃなくてという部分が「偽」だったらもっと嫌でしょう? だから、時間をかけて、こつこつ準備中なので、もう少し待っててね。

そんなわけで、、

今夜も、明日も、いつまでも、ロック・ウィズ・ユー!


Good Remixーーー!!!





[PR]
by yomodalite | 2014-03-23 22:08 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0134963_9461363.jpg

AEG裁判の中であらわれたMJのメモを続けます。手書き文字の解読、和訳に関して、その他様々なご意見をお待ちしております。

[Note 6]

Randy
phillips
Need
representation
accountant
Lawyer
Manager
invest with phil


◎とりあえずの和訳

ランディ・フィリップス
代表者
経理
弁護士
管理者が必要
フィルとの投資

◎とりあえずの解釈

ランディ・フィリップがそれを必要としているのか、フィリップにハッパをかけるために、MJが必要としているのか、、

前者の場合は、

フィリップは、取締役会に投資案を提出するために合弁事業会社の会社構成を明らかにすることを望んでいる

後者だとすれば、

ランディ・フィリップスに投資を要請するため、AEGの取締役会に、MJがメンバーを引き連れて出席しようとしている。

というようなメモでしょうか。。


f0134963_948879.jpg

[Note 7]

MJ announce
"last tour"

the next Movies
if I don't concentrate
film no immortalization
40 movies classics

boxed in note :
film class direction(*メモはdir まで)
[不明] during tour

◎とりあえずの和訳

MJによる「ラストツアー」の発表

次の映画は、ぼくが映像に集中しなければ、古典と言われる40本の映画のように、永遠にはなれない

(枠内)
ツアーの間もずっと、映画を監督するつもりで

Source : http://www.mjjcommunity.com/

◎わたしの感想

[Note 6]で、フィリップスに求めていたものは、おそらく、3D映画の制作会社、もしくは作品への投資のように思われますが、[Note 7]の「the next Movies」は、3D技術を使ったMJミュージカルでしょうか。でも、ツアーの間ずっとというような「Film」は、ライブやリハーサル映像のようにも思えます。

ツアー中、ずっと映画を撮られているようにステージをこなし、パフォーマーとしてだけではなく、監督として自分を俯瞰的にとらえながら過ごす。という決意のような。。

これまでのリハーサル時の映像スタッフは、MJが個人的に雇っていたと思いますが、『THIS IS IT』で、超一流スタイリストまで加えられた、よりプロフェッショナルな映像スタッフが用意されたのは、彼の希望で予算が通ったからではないでしょうか。

以前、私は、MJが演技力を磨いていたことの理由がよくわかりませんでした。

なぜなら、結局、彼には「マイケル・ジャクソン」しか演じられない。彼にどんなに演技力があったとしても、どうしても観客は「マイケル・ジャクソン」を意識してしまい、それは、俳優にとっては致命的に思えたんです。

それに、どんなに若く見えたって、MJはこのとき50歳です。

だから、彼が「シンドバッド」や「アリババ」などの「おとぎ話」を演じるために、
3DやCGといった技術が必要だったのでしょうか。

でも、シンドバッドや、アリババが「立体化」されるより、MJがそのまま「立体化」される方が魅力的だということは「EO」で証明済みでしょう?

マイケル・ジャクソンの人生は、すでに「40 movies classics」よりも、スゴくないですか?

ということは、

彼自身が「MJ」をずっと映画のように「演じてきた」ということでもあるんでしょう。しかも、この頃の彼は、それを「3D」で演じてきたという意識なのではないでしょうか。

大勢の人が、彼に関して、自分が一番よく知っていると思う理由は、そんなところにもあるんでしょう。

彼には、人々から、自分が「映画」のように見られてきたという思いがあって、そうではない別の映画を、もっと立体的に!と思ってしまうのかもしれません。

これに巻き込まれてしまった現実の家族の苦労も計り知れないものがあります。


[PR]
by yomodalite | 2013-10-17 10:55 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)
MJが完璧なアルバムとして、何度も挙げていたチャイコフスキーの「くるみ割り人形」(The Nutcracker)なんですが、そういえば、この曲は、ダンス(バレエ)のための音楽だったことに、今更なんですが、ふと気になって原作が読みたくなりました。

◎『くるみ割り人形とねずみの王様』(河出文庫)E・T・A・ホフマン、種村季弘訳
◎『くるみ割り人形』アレクサンドル・デュマ、小倉重夫訳

下記は、上記2冊を読んだメモです。

「くるみ割り人形」に関しては、ドイツロマン派の作家、E・T・A・ホフマン原作とか、フランスの文豪、アレクサンドル・デュマ原作とも言われたり、結局どっちなの?という疑問をもたれた方も多いんじゃないかと思うのですが、その件も含めて、デュマ版の翻訳者、小倉重夫氏の「あとがき」から省略して引用します。


1891年帝政ロシアの作曲家チャイコフスキーは、翌年12月に初演される彼にとって3番目で、最後のバレエ音楽『くるみ割り人形』の作曲に励んでいた。このバレエは前年に初演した『眠れる森の美女』に続き、フランス趣味をバレエに積極的に取り込んだもの。

振付けは、当時ロシア・バレエ界の大御所だったマリウス・プティバが担当することになっており、彼は上演のための台本をチャイコフスキーに手渡し、彼も有名な童話は充分に承知していたが、改めて読み直したりして、構想を練り始めた。

チャイコフスキーは、2歳年下の妹と特に仲が良く、彼女が嫁いだ後も、甥や姪たちとの団らんを楽しみ、『白鳥の湖』も『眠れる森の美女』も、この一家の家庭音楽界用のものとして作曲された。『くるみ割り人形』は、この妹の急死にショックを受け、2人の楽しかった思い出を回顧するとともに、彼女への追悼曲にしたもの。

前2作に見られるような小品の連鎖曲ではなく、少女とくるみ割り人形との出会いから、人形とねずみの戦闘の場に到るまで、彼は交響絵巻のように休みなく音楽を劇的に展開させたのである。全曲を支配するメルヘンチックな世界には、少女と妹が二重写しになって描写され、自らの体験から生み出されたと思われる幼き日の思い出が、生き生きとよみがえっているのである。

『くるみ割り人形』の原作は、一般にドイツ・ロマン派の作家、E・T・A・ホフマンが、1815年に書いた幻想童話として知られているが、バレエ版で使用されたのは、フランスの文豪、アレクサンドル・デュマの手になるもので、このアレクサンドル・デュマは、実は2人いて、父子の関係にある。父親はデュマ・ペール(一般に大デュマ)と呼ばれ『三銃士』や『モンテ・クリスト伯』の作者として広く知られている。

一方、息子はデュマ・フィス(一般に小デュマ)と呼ばれ、デュマ・ペールの庶子で、作家としては、娼婦の恋愛を描いた小説をイタリアの作曲家ヴェルディが名作オペラとした『椿姫』で有名である。

『くるみ割り人形』(原題は『くるみ割り人形物語』)は、1844年に息子、デュマ・フィスが、まだ20歳の若き日にE・T・A・ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王様』のフランス語訳に着手、やがて『三銃士』を完成し『モンテ・クリスト伯』を執筆中の父親も加わり、合作の形で完成させ、ペール、フィスの明記なく1845年に出版したものである。

研究者の間では、どちらの作品とすべきか、見解が分かれているが、フランスの作品リストでは父親の方に所収されてきている。また、彼らはこの同じ年に英語版もイギリスとアメリカ両方で同時に出版もしている。こうしたことからは、いかに一時期彼らがこの作品に執着していたかがうかがえる。

当時フランスのパリは、ヴィクトル・ユゴーをリーダーとするロマン主義の全盛期で、その影響はシェイクスピアやバイロンなどの文学と同時に、ドイツのそれからも顕著に受けていた。つまり、ドイツ文学のフランス化、あるいは新ドイツ主義とも言えることが盛んに行われていた時代で、文学、音楽、バレエなどの主題をはじめ、それぞれの創作活動にこれらは色濃く反映されていた。

たとえばゲーテの傑作『ファウスト』がフランス語訳出され、『ジューヌ・フランス』派の若きロマンティスティシズムの闘志集団に愛読され、ベートーヴェンらの交響曲作品が紹介され、ベルリオーズやリストが、フランス風に極めて標題的で、演劇的、絵画的な交響曲作品を作曲するようになり、そうした主題や背景には『ファウスト』などが使われ、

ゴーティエがアナトール夫人やハイネの著した民間伝承話や、死霊ヴィリからインスパイアされて製作されたバレエ『ジゼル』にも、フランス化現象が顕著に表れ、この頃の『ジューヌ・フランス』派の若人たちは、熱病に冒されたかのように、ドイツ文化がもつ神秘で幻想的な世界、疾風怒濤の精神運動(シュトゥルム・ウント・ドランク)に熱狂し、ロマンティズムを成熟させていった。

こうした傾向はゲーテのみならず、E・T・A・ホフマンにも及び、彼の幻想怪奇な小説は高く評価され、デュマ父子にも及んだ。翻案の形で進められたところから、随所にホフマンとの相違を見ることができるが、バレエと結びつけて読まれる場合は、デュマ版の方が有効である。

それはドイツ語よりもフランス語をたしなむことが多かった当時のロシアでは、ホフマン版よりも、デュマ版の方が広く流布していて、バレエ関係者はホフマン版を手にした形跡がないからである。バレエ版を製作するに際し、スタッフもダンサーも共に原作や台本が入手困難といったこともあってか、読み込み不足、かたこれらをもとに作曲された音楽にもかかわらず、それを軽んじる傾向が、昨今散見されるのは残念なことである。

バレエは憧れいずる魂を刺激するものでなければならないが、これでは舞踏劇としての醍醐味はそこなわれてしまうのではないだろうか。『くるみ割り人形』にしても、今日上演されている多くのバレエ公演に接するよりも、デュマ父子の翻案に触れ、舞台で欠落している部分を補うことで、作品の魅力を感受し、納得していただくことが望ましいのである。(引用終了)



ホフマン版と、デュマ版の両方を読んだ感想としてはデュマ版は、あきらかにホフマンのリメイクで両作はほぼ同じ話です。ただ、デュマ版の方が、より童話っぽいという感じでしょうか。。いずれにしても、私は、バレエの『くるみ割り人形』は、こどもバレエで見た記憶が強いせいか、原作を読むまで、こんなお話だったとは、全然知りませんでした。


以下は、ホフマン版『くるみ割り人形とねずみの王様』の訳者で、ドイツ文学者の種村季弘氏の「訳者解説」より(省略して引用)


『くるみ割り人形とねずみの王様』と聞いて真っ先に思い出すのは、ホフマンのこの物語ではなくて、同じ題名のチャイコフスキーのバレエ組曲のほう、という方の方が多いかもしれません。『眠れる森の美女』『白鳥の湖』に次ぐチャイコフスキーの3番目で、最後のバレエ。それ自体がクリスマスプレゼントのようなバレエとして知られています。

これはチャイコフスキーのバレエの原作ですが、ホフマン原作をかなり省略したデュマのフランス語訳から、マリウス・プティバが1892年に書き上げた台本にチャイコフスキーが作曲したのでした。ホフマン原作は1816年、80年近い年月のへだたりがあるうえに、デュマ、プティバの2人の手が入ったのでは原作ばなれもやむを得ません。

デュマの手が入ったために、ホフマン原作の不気味な雰囲気が消えてしまったのを残念がる人もいます。フランス的ブルジョア的に甘いお砂糖をまぶし過ぎたということでしょうか。この問題は「くるみ割り人形」のバレエ上演のたびに再燃するようで、バレエ評論家によると「くるみ割り人形」上演史では、少女クララを中心にした「かわいい」演出と、ドロッセルマイヤーを中心にした「不気味な」演出の2つの流れがあるということです。


yomodalite註 : 小倉訳の『くるみ割り人形』では、主人公はマリーで、マリーのお人形がクララ(ホフマン版の人形の名前はクレールヒェン“愛称クララ”)バレエ上演では、クララとくるみ割り人形(→あとから王子)が主役のヴァージョンの他に、熊川哲也のKバレエカンパニーなど、マリー姫が登場するヴァージョンでは、原作のマリーとクララが逆になっているものもあるような。。。

☆[動画]3分でわかる!くるみ割り人形(牧阿佐美バレエ団)

そういえば、チャイコフスキーのバレエは、現にこどもである、こどもに見せるより、昔こどもだったことのある大人に見せるように構成されているように思えないこともありません。お行儀が良くて、エレガントです。ではホフマンの方はどうでしょう。そんなにお行儀が良くはありません。

こどもたちはマリーもフリッツもやんちゃそのもの。くるみ割り人形も、一皮むけば白馬の騎士といった単純なでくの坊ではありません。みにくさも、人の良さも、そのくるみ割り人形の伯父さん、ドロッセルマイヤーおじさんにしたって、素敵なクリスマス・プレゼントを贈ってくれる、こっけいで気のいいおじさんというだけでなく、何だか向こう側の世界の回し者めいた、うさん臭い不気味な感じがしませんか。(引用終了)


チャイコフスキーが、ホフマン版を読んでいたかどうかは、微妙ですが、バレエ版のお菓子の国のイメージからは、まったく想像していなかったような物語で、種村氏が言われるように、ホフマン版には不気味な味わいがあり、文庫本で5ミリ厚ぐらいの話なんですが、深みのある濃厚な描写力で、こども向けとは言えない物語が展開されています。

バレエ版では、人形が「くるみ割り人形」という、お父さんのツマミのための道具?のようなものが、少女のおもちゃとして、あまりイメージ出来なかったこともそうですし、なぜ王子が人形に変身したのかについても、納得のいくストーリーではなかったような気がするのですが、

ホフマンの原作では、「くるみ割り人形」の大きく口が避けている(?)顔を、元々カワイイ顔とは考えておらず、「王国」には、決して甘くない人間模様があり、それらから真実を見抜き、利発で、勝ち気、信念を貫き、くるみ割り人形を助けることになる、主人公のマリーは、まるで、幼い頃のパリスちゃんを彷彿するようなおてんば少女で、不気味な味わいはあるものの、このお話は、こどもの「真実を見る眼を養う」ことに繋がるのかも。。。

(引用開始)

こっけいで不気味、気が良くて残酷、美しくて醜悪、エレガントでうさん臭い。そのどちらかではなくて、どちらでもあるのがホフマンの作中人物のようです。「かわいい」か「不気味」か、どちらかに局限されるわけではなく ー むろんバレエ演出はそれでいいのですが ー 善と悪、美と醜がまだ分かれていなくて、なにもかもがまるごとそのままにある、子供の世界、それも腕白小僧やおちゃっぴいの女の子の世界が、ホフマンの「くるみ割り人形」の世界だといえばよろしいでしょうか。(中略)

「くるみ割り人形」のマリーも、ねずみの大群にお菓子やお人形をみんな食べられてなくしてしまってから、くるみ割り人形のお菓子の王国へ招待されたのでしたね。


見た目においしそうなもの、きらびやかなものを、まずすべて失ってしまうことが、この世にありうべくもない夢の世界に招かれる条件なのですね。(引用終了)


ホフマンのことは、同じ文庫に納められた『見知らぬ子ども』『大晦日の夜の冒険』という3編の短編を読んだだけなのに、ウィキペディアの

ホフマンの評価はむしろドイツ国外で高まり、1828年にフランスに初めて翻訳されて以降バルザック、ユゴー、ゴーティエ、ジョルジュ・サンド、ミュッセ、ヴィリエ・ド・リラダン、デュマ、ネルヴァル、ボードレール、モーパッサンなど、中でも特に小ロマン派と呼ばれる作家達に大きな影響を及ぼし、

ロシアではプーシキン、ドストエフスキーなどがホフマンの物語を愛好し、その影響はエドガー・アラン・ポーにも及んでいる。ドイツではリヒャルト・ヴァーグナーがホフマンから霊感を得ており、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』『タンホイザー』は『ゼラピオン同人集』のなかのパリを舞台にした小説群に多くを負っているほか、

『さまよえるオランダ人』もホフマン作品の暗鬱で神秘的な人物像から影響を受けている。またジークムント・フロイトはホフマンの『砂男』を題材にして「不気味」という感情の源泉を分析した『不気味なもの』という論文を執筆している。


という文章に、大いに「納得」してしまいました。

また、今まで「ロマン派」とか「ロマン主義」とか、何度か説明されても、今イチ、ピンと来なくて、よくわからなかったのですが、MJが創りたかった映画のことを、色々考えているうちに、なんだかすごく気になってきて.....だって、ハリウッドは、ストーリー、音楽、ダンスも含めて、現代のロマン派がもっとも結集した場所ですし、、

MJが「インストュルメント・アルバム」を計画していたときに、好きな音楽として挙げられていた作曲家たち(2人のバーンスタインとか...)も、まさに、その源流の人々だったり、、MJが「くるみ割り人形」がお気に入りの理由は、チャイコフスキーの「リズム」にあるのかもしれませんが、

ホフマンの世界と、その継承者たちの精神には、MJが「狼男」にこだわった理由や、おとぎ話の意味が詰まっているように思えました。

そんなわけで、古い本だけでなく、古い映画も観なくちゃという気持ちに、ますますなってきてます。

☆一番上の写真には「新刊」てあるけど、全然新しくないです!
◎『くるみ割り人形とねずみの王様』(アマゾン)
◎『くるみ割り人形とねずみの王様』(本が好き!)

◎『くるみ割り人形』アレクサンドル・デュマ、小倉重夫(訳)は、アマゾンでは現在取扱いなし。私は図書館を利用しました。

《下記は、ホフマンの生年を大雑把に把握するためのメモ》

◎ゲーテ(1749年8月28日 - 1832年3月22日)
◎モーツァルト(1756年1月27日 - 1791年12月5日)
◎ベートヴェン(1770年12月16日ごろ - 1827年3月26日)
◎ノヴァーリス(1772年5月2日 - 1801年3月25日)

◎E・T・A・ホフマン(1776年1月24日 - 1822年6月25日)

◎ユゴー(1802年2月26日 - 1885年5月22日)
◎エドガー・アラン・ポー(1809年1月19日 - 1849年10月7日)
◎ワーグナー(1813年5月22日 - 1883年2月13日)
◎ドストエフスキー(1821年11月11日 - 1881年2月9日)
◎ボードレール(1821年4月9日 - 1867年8月31日)
◎ルイス・キャロル(1832年1月27日 - 1898年1月14日)
◎チャイコフスキー(1840年5月7日 - 1893年11月6日)
◎ニーチェ(1844年10月15日 - 1900年8月25日)
◎オスカー・ワイルド(1854年10月16日 - 1900年11月30日)
◎T・S・エリオット(1888年9月26日 - 1965年1月4日)


[PR]
by yomodalite | 2011-12-27 10:41 | 文学 | Trackback | Comments(6)

Michael's Horror Story

f0134963_1249196.jpg


2002年の「Gold」誌インタヴューでも語っていたように、これから製作しようとしていた映画でも、MJは「ホラー」を考えていましたが、そんなMJの「ホラー好き」に関して、興味深い記事をメモしておきたいと思います。

下記は、2006年ごろにMJが書いた「ホラーストーリーのメモ」らしく、見つかっているのは一部分のようですが、不完全でありながらも興味深い点が多々合って、

これは、プリンスとパリスを主人公にした「お話」(子供たちに語るためか、または、演じさせるため?)なのですが、MJは、彼らもすごく怖がらせようとしていたり、また、彼らに語られるための「お話」にしては、とても視覚的で、ストーリーを書いていると言うよりは、想像した影像をメモしているように、私は感じました。

内容が飛んでいるせいもあって(言い訳?)、この「彼」が、どの「彼」なのかよくわからないというレベルで、あやうい箇所がいっぱいあり(汗)、

いつも以上にヤバい訳になっていると思いますので、色々とご指摘いただけると、すごく嬉しいです!

f0134963_12525083.jpg


私が一応訳してみたのは、下記の英文サイトのテキストから。両方とも同文だと思いますが、手書きメモと同じ(?)というよりは、内容をまとめた文章なんでしょうか?(credits : michaelious and mjjphotos この件に関してもご指摘をお待ちしています)

◎MJ'S HANDWRITTEN HORROR
◎A Horror Story Written By Michael

☆また、こちらのとてもとても素敵なブログでは、手書きのメモの方から、一部を訳してくださっているようで、大変参考になります!!!

f0134963_12532941.jpg
(引用開始)

Michael Jackson wrote this story titled "Kids on Swings". It was penned by Michael Jackson when he visited the UK in 2006.

「キッズ・オン・スウィング」というタイトルの物語は、マイケル・ジャクソンが、2006年に英国を訪れた時、書かれました。

It was written in black and blue pens on the back of letters and pictures of an Irish Georgian Castle...

それは、アイルランドのジョージ王朝時代の城が描かれた便箋の裏に、黒色と青色のペンで書かれました。

Written as play, it tells how Paris and Prince are playing on swings until the boy becomes disinterested and runs off.

それは、プリンスとパリスへのお話の脚本として、少年が元気に遊べるようになるまでを無関心ではいられないように書かれています。

(MJのメモはここから)

"A pack of wild dogs then chase the two as Paris screams for her Dad."

「野犬のパックが2人を追い、パリスは、パパを求めて叫びを挙げる」

The two kids spot a man working in a field with a sling blade."We see him working but we can't see his face."

2人の子供(プリンスとパリス?)は、そこで男が「スリング・ブレイド」(註1) を使うのを目撃します。「私たちは彼がナイフを使うのを見たわ。でも彼の顔を見ることは出来なかったの」

The character of Prince tells his sister "He murdered his wife and no one ever sees his kids cause he keeps them tied to the bed like his wife, before he murdered her. He starves them first then he murdered them, Paris."

プリンスの役は、妹のパリスに「彼は妻を殺した。それから誰も彼の子どもを見ていない、妻は殺される前にベッドに結び付けられていた。彼は、妻やこどもを、まず飢えさせてから殺したんだ」と伝えます。

His terrified sister admits to being scared before asking how he killed them. "He did it with a sling blade Paris."

パリスは、彼がどのように妻や子どもたちを殺したかを尋ねる前に脅えていました。「彼は、あの持っていたスリング・ブレイドでやったんだ。パリス」

In the next scene Prince and Paris are in bed - too frightened to sleep. A twisted passage then describes how the monster got a facial scar.

次のシーンでは、プリンスもパリスも、ベッドで眠ることができませんでした。紆余曲折をえて、その怪物(スリング・ブレイドで妻を殺害したと思われている男?)がどのように顔に傷を負ったのかが語られる。

"He starved a man for 2 weeks," it reads. "Just before killing him they had a fight. The guy he was trying to kill grabbed the knife to attack him. And he cut him over the eyes.

「彼は2週間人を飢えさせた」「殺す前に、彼らは殴り会った。彼(the monster?)を殺そうとしていた男は、彼を攻撃するためにナイフをつかみ、彼の目の上を切りつけた。

"He then got scared and ran into what they call the endless BLACK FOREST...he was never found again. Because they say there is no way out of the endless Black Forest."

「その後、彼(the monster?)は脅えながらも、人々が果てしない「黒い森」(註2)と呼ぶものに逃げ込み、2度と発見されることはなかった。果てのない「黒い森」には、出口がないと人は言う。

The two youngsters venture into the 'Black Forest' to visit the 'crazy man.'

2人(プリンスとパリス)は、その「狂気の男」(the monster?)を訪ねるために「黒い森」に乗り出します。

Shaking with fear, the children peer through the window of his cottage before a spine-tingling scene in which he creeps up behind them.

コテージの窓には、恐れ震えている子供たちの背後に、男が後ろから忍び込もうとするぞっとするような場面

He stabs them as they try to escape his clutches and Prince has an asthma attack and stops breathing.

彼は、彼の子供たちが逃げられないように強くつかんで、突き刺しました。ブリンスは(それを見て)喘息の発作を起こし、呼吸が出来なくなります。

The monster then hunts them down in the forest before Prince apparently dies with his sister's head on his 'lifeless chest.'

怪物は、森の中でプリンスとパリスを追いつめ、プリンスは死んだように見え、彼の「生命が途絶えた胸」の上には、パリスの頭があった。

In the final twist, the man carries Prince back to the cottage and holds hands with Paris. She is described as feeling 'safe and loved by him.'

最終場面、男は、パリスの手を握り、プリンスを抱えてコテージに運びます。パリスは、彼は安全で、大切にしてくれたと評する。

The man carries Prince to his bed and puts the cover over the sick boy before sitting in a chair and watching him.

男は、プリンスを彼のベッドに運び、具合の悪い少年に布団をかけ、椅子に座り見守る。

When her brother finally awakes from his coma, Paris calms the traumatized boy as she tells him the man "won't hurt you".

彼女の兄が昏睡から目覚めた時、衝撃を受けたプリンスに、パリスは「あの男はあなたを傷つけることはないわ」と鎮めます。

Closing lines read : "He pulls the Toys from his jacket. What was broken is now mended, Fixed Paris.

再終行、「彼は、上着からおもちゃを取出した。壊れていたものは今は修理されている。パリスが直した(パリスによる締めの言葉という意味?)。

He didn't steal our toys Prince he fixed them. KIDS are happy to see their fixed toys again.

彼は、僕たちのおもちゃを盗まないで、それらを直してくれたとプリンスは言う。子供たちは、元に戻ったおもちゃを見て幸せそうです。

"Man gets up, walks to the door right before he exits Prince says thank you they exchange smiles and we see him."

男がドアの方に歩いて出て行く前に、プリンスは彼と微笑みを交換し、彼に会えたことを感謝しますと言いました。
___________

註1「sling blade」は、カイザーナイフとも言われるナイフのことだと思われますが、このストーリーの全体を通して、MJの好きな映画『スリング・ブレイド』の影響が感じられる。

註2「BLACK FOREST」は、ヘルマン・ヘッセの生地として知られる、ドイツ語で「黒い森」を意味するシュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)を指しているか、イメージしていると思う。

◎ヘルマン・ヘッセ格言集
___________

わたしは、

最初に見たスリングブレイドの男と、プリンスが妻を殺したと思った男、顔に傷がある“the monster”と、パリスが"won't hurt you"と言った男は同一人物で、上記の男を殺しに来た「男」(the monsterに顔に傷を負わせた)は別にいて、最初に殺人を冒したと思った「男」は、“the monster”ではなかった。

という構成になっているのかなぁと思ったのですが....みなさんは、どう思われましたか?


[PR]
by yomodalite | 2011-12-17 23:24 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(9)
f0134963_1744554.jpg


「Gold」誌インタヴュー[2]のつづき

MJの映画と言えば、『ムーンウォーカー』も最初に観たときは....(。´・_・`。)って感じだったけど、今は、大分見る目が変わってきて、宣伝コピーは「ニーチェ大絶賛!!!!」がいいかも。とか、後になって色々と良さがわかってきたという部分も多いのですが、、

それでも、やっぱりわからない部分はいっぱいあって、特に、マーロン・ブランドのことを考えるようになってからは、彼の映画への想いは、熱情だけでなく、演技などの訓練も含めて、現実的で計画的に考えられていたことは感じられたのですが、

でも、演技力を相当訓練していたとしても、彼には、やっぱり「人間」の役は似合わないというか、演技力があっても、演じられる役の幅はどうしても狭くなってしまうので、俳優としては、ブランドも、デ・ニーロも、やっぱり越えられないんじゃないかとか・・・

2002年の裁判のときも、極ふつうのシャツで、ヒゲ面であっても南部の労働者には見えないし、婚礼衣裳のようなスーツ(リサ・マリーとの結婚パーティーで着用したものだと思う)や、場違いな白ネクタイでも、本当に嫁に行きたくなってしまうなどw

(顔の雰囲気はかなり違って見えますが、このインタは、エイブラム裁判と同月か翌月で、このジャケットも同じもの。ちなみにバンビアワードも同じ時期 2002.11.21)

MJは何を演じようとしても、ユニーク(チャーミング過ぎるという意味ね!)で、映画の中で、その個性を統合させたり、ひとつの役柄を演じるのは難しいのでは...という懸念が拭えなかったり、

またもや「狼男」?とか....、どんだけ「モンスター」好きなの?とか、特殊メーキャップであれこれなども、もうエディ・マーフィーがやってるし・・とか、

結局のところ、さっぱりわからなかったんですねw

でも、、70年代のヒットチャートは「サントラ」が多いんだなぁとか、ビージーズについては「I knew every note, every instrument」なのかぁとか、動物の声も「instrument of nature」として聴こえるのか...とか、ジョニー・デップは「animal human」って言ってたけど、、とか、考えているうちに、「狼男」というのは・・・

そう言えば、デュマって『くるみ割り人形』だし・・・など、ほんの少しですけど「光」が見えてきたような気がしました。(勘違いの可能性は否定できませんが....)

下記は[2]の続きで、このインタヴューはこれで終了です。

Have you always wanted to do film? If your family had not been such successful musicians, would you have turned to it earlier in your life?
あなたは、いつも映画をやりたいと思っていましたか?もし、あなたの家族が成功したミュージシャンではなかったら、あなたは自分の人生を初めからやり直したいと思いますか?

MJ : I’ve always wanted to do film, but the tours got in the way. That’s why I want to take several years off just doing film. I’d like to get six great movies behind me, and then I’ll do a little bit of touring, then I’ll do more filming.

僕はいつも映画をやることを求めていた。でも、ツアーはその邪魔になった。だから、僕は映画をやるための数年を取り戻したいね。僕は6本の素晴らしい映画を基本に、ほんの少しだけツアーをして、それから、もっと映画創りをしていきたい。

What kind of ideas do you have for film?
あなたの考える映画とは、どのようなものですか?

MJ : I have ideas for film and movement and dance and things that people have never seen. I can’t wait to just surprise people. That’s why I’ve been dying to start a film production company, and I’m very excited that that’s what we’re doing with Neverland Pictures. I get to just have a clean slate and play and create and sculpt.

僕が考えている映画は、音楽とダンスに関して、人々がこれまでみたことがないようなものです。僕は人々を驚かすことを待ちきれなくて、映画会社を始めるために死にそうになっていたんだけど、「ネヴァーランド・ピクチャーズ」でやれることで、すごく興奮している。まだ、まっさらな粘板岩を手に入れただけで、何も決まってないんだけどね。

Tell me a little bit about the werewolf idea in your films, and how does it relate to video?
あなたの映画の「狼男」は、ビデオとどのように関係があるのか、少しお話ください

MJ : I haven’t read the script yet for Wolfed – it’s one of the movies that we’re going to be making and I’m really excited about it. I’m so happy to be working with Sammy Lee {the co-writer of Music Box, who recently acquired ‘first look’ rights to Jackson’s films}. We’re doing some great projects together in film, and I’m really excited.

僕はまだ「狼男」の脚本を読んでいないので、その映画の興奮を本当に伝えることは出来ないんだけど、サミー・リー[注1]と仕事が出来ることに興奮しているよ。(Music Boxの脚本家[注2]MJの映画 『first look』[注3]を手がける)

And Wolfed will be the first film?[注4]
「狼男」が、最初の映画になりそうですか?

MJ : As of now, our schedule says that Wolfed will be the first film. That’s going to be fun. I want it to be really scary. Rick Baker wants to do all the visual effects. He has seven Academy awards. Rick is very excited about it too – he did American Werewolf in London.

今の時点で、僕たちの計画では「狼男」が最初の映画になると思う。それは楽しめるし、すごく怖がっても欲しい。Rick Baker にすべての視覚効果をやって欲しいと思ってるんだ。彼は7つもアカデミーを受賞してるからね。Rickは、ロンドンでも「狼男」[注5]をやって、それもすごく素晴らしかった。

He won an Oscar, and he said, ‘Michael, that was nothing.’ That’s nothing compared to what he can do today. And he did Thriller and he said of that, ‘It’s nothing’. He can go way beyond that. He did all the Eddie Murphy films, Clumps and Nutty Professor and all that Men In Black stuff too. He does all that.

彼はアカデミーを穫ったときこう言ったんだ「マイケル、こんなのどうってことないよ」確かに、彼が今出来ることと比較したらどうってことないし『スリラー』をやったときも「そんなの、なんでもないことだよ」って。エディ・マーフィーの映画『ナッティ・プロフェッサー』の様々なキャラクターも『メン・イン・ブラック』も、彼は全部やってるからね。

So tell me how you would like to be remembered?
あなたは、人々にどのように記憶されたいと思いますか?

MJ : How would I like to be remembered? As a person who came and brought light to the world, some escapism. Also as the voice for the voiceless children, because I love them. I’m living for the children. If it weren’t for the kids, I would throw in the towel. A baby, a child – now that’s amazing. They’re little geniuses, you know, little geniuses. They really are.

どのように記憶されたいか?人々に現実逃避の夢を与え、世界に光をもたらした人物として。また、声なき子どもたちの代弁者として、僕は彼らを愛していて、彼らのために生きているから。もし、子どもたちのためでなかったら、僕はとっくにギブアップしていたよ。赤ちゃんや、子どもたちは素晴らしい。彼らは小さな天才なんだ。小さな天才、本当にそうなんだ。

Do you enjoy being a father?
父親業は楽しんでいますか?

MJ : It’s my favorite thing. I love it. I love it. I love it.

一番のお気に入りだよ。すごく楽しい。もう大好き。

The other day I saw you pick up your daughter when she was sleeping. You just picked her up, and I could see the joy in your face…
この前、あなたが寝ているお嬢さんを車に乗せるのを見ました。そのとき、あなたの顔に喜びが浮かぶのをわたしは見ました。

MJ : Oh, I love them. The Jacksons have a lot of kids. I have a lot of nephews and nieces. There’s a lot of us!

うん。僕は彼らを愛してる。ジャクソン家には、たくさんの子どもがいて、僕には甥や姪もいっぱいいる。僕たちの家族は大勢いるんだよね。

What is your relationship with your brothers and sisters?
あなたの兄弟や姉妹たちとの関係は?

MJ : I love my brothers and sisters. When I’m with them we laugh. It’s like a different version of yourself. We can just laugh and giggle and talk about old times. We’re not together as much as we’d like to be. We’re all busy. We’re all in show. We’re always doing something. If I’m in town, Janet’s out of town. If we’re both here, my brother’s somewhere else. Everybody’s running around, you know.

僕は兄弟や姉妹たちが大好き。僕たちは一緒にいるとよく笑うんだよね。自分自身の別ヴァージョンという感じだね。僕たちは、ただもう、笑ったり、にやにやして昔話をしている。一緒にいたいときに、そう出来ないこともある。お互い忙しいからね。僕たちはみんなショーをしているし、常に何かしているから、僕が街に行くとき、ジャネットは街を離れている。僕たちが一緒にいるときは、兄弟たちが別のところにいる。誰もがあちこち動き回っているんだ。

Are you a family man? What do you like doing with your family?
あなたは家族的な男性ですか? 家族と何かをするのが好きですか?

MJ : My personal family? My Children? We love just sitting together, talking, shooting the breeze. We sit by the lake. I take the for a walk every day at my house. We sit by the lake and we throw rocks in the water and we just talk.

僕の個人的な家族?僕のこどもたちのこと?僕たちは、ただ一緒に風に吹かれながら、湖のそばに座っておしゃべりしたり、僕の家ではいつも散歩しながら、ときどき座って湖に石を投げたりね。

What do you think is the deepest form of love someone can feel? And have you felt it?
あなたが考える、もっとも深い愛とは何ですか?
また、それを感じたことがありますか?


MJ : Wow, I think that’s really a matter of opinion. Have I felt the deepest form of love? I don’t know what would be the deepest… {long pause} and interesting question… {repeats question a few times}. I love my children very, very much, and I always look in their eyes and tell them that – I think that’s the most important thing.

MJ : おぉ...何が一番深い愛なのか....僕が感じたもっとも深い愛とは何か? 難しいね。もっとも深い愛か....(長考中)興味深い質問だね...(さらに何度も考えて)僕は自分の子供たちを、とてもとても愛してる。彼らの眼を見ていると、いつもそう言いたくなる。自分にとっては、それが一番かな。(了)

「Gold」誌インタヴューはこれで終了。下記は注記です。
___________

[注1][注2][注3]

サミー・リーは、最初この人と間違えそうになりましたが、MJの映画に出資した会社のひとのようです。下記は[注1][注2][注3]まで含めてわかったこと。

◎source : MJFC

August 6, 2002

MDP Worldwide And Music Box Close Deal With Michael Jackson

MONTREAL, QC and LOS ANGELES, CA, Aug. 6 /CNW/ - MDP Worldwide Entertainment Inc. ("MDP" or the "Company") (Toronto Stock Exchange: MDP.A; MDP.B) and its principal shareholder, Limerick Assets Ltd. d/b/a Music Box Entertainment ("Music Box") reported the closing of a "first look" motion picture production agreement with legendary entertainer Michael Jackson. Mark Damon, Chairman and CEO of MDP announced that under the terms of the agreement, MDP and Music Box will have a first look option on all of Jackson's motion picture projects and will provide him with access to film development funds so as to facilitate the creative development of his various film projects.


“MDP”(モントリオールとロスアンジェルスを拠点とする、世界的なエンターテイメント会社)と、Limerick Assets Ltd.を主要株主とする“Music Box”は、マイケル・ジャクソンとの映画『first look』のプロダクション協定の締結を報告しました。Mark Damon代表は、MDPとMusic Boxは、ジャクソンの映画プロジェクトで『first look』を手始めに、彼の様々な映画プロジェクトの創造的な開発を促進するように、映画開発資金を提供するでしょう。

The closing of this transaction completes the Company's previously announced negotiations with Jackson.
"We are extremely pleased to be working with such a creative genius and talent as Michael Jackson," stated Sammy Lee, Co-owner of Music Box and Vice Chairman of MDP, "He clearly has the creative vision to make our association a tremendous success."


ジャクソンとの交渉とプロジェクトについて、“Music Box”の共同所有者で、“MDP”の副議長である、サミー・リーは「マイケル・ジャクソンのような創造的な天才と仕事ができることを非常に嬉しく思う」「彼は、私たちの協会を成功に導くための明確で創造的なビジョンを持っている」と述べた。

MDP Worldwide is a leading film entertainment company engaged in the financing, development, production and worldwide distribution of feature films in all media. The company has offices in Los Angeles and Montreal and its shares of common stock are publicly traded on the Toronto Stock Exchange (symbols: MDP.A and MDP.B).

“MDP”は、調達資金、映画の開発、生産および分配において、世界レベルの映画・エンターテイメント会社です。会社は、ロサンジェルスとモントリオールにオフィスを持ち、また、その株はトロント証券取引所で公に取り引きされています。


◎source : For All Time 2002. feb. 26

Michael Jackson's Neverland Entertainment invest $ 15 million - $ 20 million in Mark Damon's production and distribution company, MDP Worldwide, making Jackson and his new producing partner, Raju Patel, major shareholders in the company. Michael Jackson appears along with longtime friend, Elizabeth Taylor, and "Rush Hour" helmer, Brett Ratner to tout the deal.

マイケル・ジャクソンの“Neverland Entertainment”と、Mark Damonの会社(MDP)は、ジャクソンとの仕事の新しいパートナーとして、Raju Patelを大口の株主として、1500万ドル〜2000万ドルの投資を行う。商談の場には、ジャクソンとともに永年の親友、エリザベス・テーラーと『ラッシュアワー』の監督、ブレット・ラトナーも現れました。

The entertainer explains his decision to invest in MDP and enter the independant film business. "I dream great dreams," says Jackson. "Everything I've achieved started with a dream, and of all the dreams, this is the one I am most passionate about. The painter paints, the sculptor sculpts, but they just capture a glimpse of life - of the subject.

エンターティナー(MJ)は、MDPに投資し、映画ビジネスに参入することについて説明しました。「私の夢、大きな夢です」とジャクソンは言います。「私が達成したものはすべて夢から始まりました。そして、これはすべての夢の中でもっとも熱烈なものです」画家は絵を描き、彫刻家は彫刻をします。しかし、それらの本当の意味は、人生を「描く」ということなのです。

And film, this medium, you live with the protagonist, you suffer with the protagonist, you laugh with the protagonist, you despair with the protagonist. It's the most artistic, influential medium of all. I am very proud of what we're doing, and I promise you wonderful and fantastical things to come."

映画というメディアは、人生を提供し、共に悩み、笑い、絶望します。それはすべての芸術の中でもっとも影響力のあるメディアです。私はこのプロジェクトを誇りに思います。そして、素晴らしく創造的なものを提供することを約束します。


☆狼男(Wolfed)をテーマにした映画が『first look』(仮題?)で、いいのかな?

[注4]

MJの「Wolfed」が、デュマの小説『The Wolf Leader』が原作という情報についてなんですが、私は、あらためて、Werewolf(狼男)を原作とする作品の多さに驚きました。

デュマ(父。同名の息子が『椿姫』)は『モンテクリスト伯』『三銃士』で有名な人ですが『The Wolf Leader』は、日本で翻訳されてないよね? でも、そう言えば、MJの大好きなチャイコフスキーの『くるみ割り人形』もデュマ原作じゃん!(ヤバっ。。)

[注5]

『An American Werewolf in London』邦題『狼男アメリカン』監督ジョン・ランディス(SF『Thriller』『Black or White』の監督)

[メン・イン・ブラックII]

◎source : MJFC

Will Smith Speaks About Michael´s Appearance In MIB II (June 27, 2002)

ウィル・スミスは『メン・イン・ブラックII』での、マイケルの外観について話しました。

After the circulation of numerous rumors of Michael Jackson appearing in two scenes of the movie 'Men In Black II' ('MIB II'), Michael surprised an audience, who attended a screening of the film in New York City on Friday, June 21, by his onscreen appearance.

映画「メン・イン・ブラックII」(MIB II)の2つのシーンに登場するマイケルついての多くの噂が駆巡った後、彼は映画の登場人物になって、ニューヨークでの試写会に現れ、聴衆を驚かしました。(2002年6月21日)

The audience's reaction, was at first, a stunned sigh, followed by loud laughter and applause. It was reported that it was so loud, that it was impossible to hear Michael´s entire dialogue. In addition, it was reported that Michael saw the first 'Men In Black' film in Paris, France and liked it so much that he wanted to have a role in MIB II as he had never seen something so creative before this movie.

聴衆の反応は最初から大きく、その後、茫然とした嘆息、爆笑が続き、大反響が報告されましたが、マイケルのセリフすべてを聞くことはできませんでした。さらにレポートは続き、パリでマイケルが最初に『メン・イン・ブラック』を観て、今までに見たことがないほど創造的で、すごく気に入ったので『MIB II』に是非、出演したいと思ったことが語られました。

In an interview with famous African-American Actor, Will Smith, who portrays Agent Jay in 'MIB II', Mr. Smith explained that seeing Michael, dressed in MIB trademenk attire, consulting MIB Boss Zed (Rip Torra) via a monitor, is a credit to Michael's sense of humor:

有名なアフリカ系アメリカ人俳優、エージェント“J”を演じるウィル・スミスのインタヴューで、スミス氏は、そこでのマイケルについて『MIB』のトレードマークであるスーツを着たマイケルが、MIBのボスのZed (Rip Torra) に会うということが、マイケルのユーモアのセンスを証明していると語りました。

"You know, when he comes on the screen, people are really happy. It's as if Michael is saying to the world, 'OK, all right. I'm human just like everyone else. I appreciate a good joke just like everyone else does,' but the thing that I loved so much is he kept wanting to play it serious.

映画でのマイケルを見たら、みんなハッピーになれると思うよ。まるでマイケルが世界へ向けて言っているみたいで、「了解。いいかい。僕は人間なんだ。みんなと同じように。みんなが好きな感じの冗談も言う」でも、僕がすごく好きだったのは、彼がそれをすごく真剣に演じ続けたことだね。

You know, he was, like, 'You know, I'm a Man In Black, I just want it to be really serious.' I think people are going to be really shocked and really surprised, and enjoy seeing Michael in this film and in this light."

彼は、本当に『MIB』が好きで「僕こそ、メン・イン・ブラックだ。絶対にやらせて欲しい」って。みんな実際に見たら、マイケルが映画の中で輝いていることに衝撃を受けて驚くと思う。


[PR]
by yomodalite | 2011-11-23 17:45 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)
f0134963_156138.jpg

「Gold」誌インタヴュー[1]のつづき


Who are your favorite people?
あなたのお気に入りの人物は?

MJ : I love people who have really contributed to the pleasure and happiness of the planet and mankind, people with light – from Walt Disney to Gandhi to Edison to Martin Luther King. These are people with light, people who really cared about children, bringing families together, and love.

僕が愛するのは、人々を楽しみや喜びで幸福にし、地球と人類に光を与えたような人物だね。ウォルト・ディズニー、ガンジー、エジソン、マーティン・ルーサー・キング、彼らは世界に光をもたらし、子ども達を大切にし、家族を思いやり、愛をもっていた。

That’s what I try to say in my music and in my songs. If you go to one of my concerts, my shows, you will see 200,000 people swaying, holding candles, saying, ‘We want to heal the world,’ and ‘We love you.’ I’ve seen it around the world from Russia to Germany to Poland to Africa to America. We’re all the same. People cry in the same places in the show. They get angry in the same places in the show, they get the pathos in the same places.

僕が自分の音楽で伝えたいのもそういうことなんだ。もし、君が僕のコンサートやショーに来れば、20万人がキャンドルをもって揺れながら「世界を癒したい」とか「みんな愛している」と言うのが見られるよ。僕は世界中でそれを見て来た。ロシアでも、ドイツでもポーランドでも、アフリカからアメリカまで、僕たちはすべて同じなんだよ。人々は同じシーンで泣き、同じ場所で怒ったり、哀愁を感じたりするんだ。

Was Fred Astaire your friend?
フレッド・アステアはあなたの友人でしたか?

MJ : Yes. Fred Astaire was my neighbor. I used to see him every day when I was riding my little motorscooter. He always told me, he would always say when I was a little kid, ‘You’re gonna be a big star.’ He told me that he thought I was an incredible entertainer and a great mover.

うん。彼は僕の隣人で、僕がまだ小さなスクーターに乗っていた頃は、毎日彼に会っていた。彼は、僕がまだ少年の頃、いつも僕に言ったんだ「おまえは、きっと大スターになる」って。彼は、僕が信じられないようなエンターティナーになって、世界を動かすようになるって言ったんだ。

And he always used to say, ‘You’re the best,’ and I’d say, ‘No, you’re the best.’ I remember the first time I did the moonwalk. Fred called me at home. He was screaming on the phone, raving.

それから、いつもこう言った。「おまえは最高だ」って、それで僕も「いいえ、あなたの方が最高です」って。彼に初めて会ったのは、僕が「ムーンウォーク」をしたときで、フレッドは電話で激しく叫んだんだ。

He said it was the best performance he’d ever seen. I said, ‘Oh, come on.’ He said, ‘Michael, you put them on their ass.You’re a hell of a mover. You’re a hell of a dancer.’ I said, ‘Well, coming from you, I don’t need any awards.’ Because I was nominated for an Emmy for that performance, and I didn’t get it, but it didn’t matter to me because Fred Astaire said he loved my performance, and that’s all the award I needed.

彼は、それをかつて見たパフォーマンスの中で最良のものだったと言ってくれたんだ。「マイケル、くだらない奴らのことは放っておけ。おまえは世の中を動かすような、スゴいダンサーになるんだ」僕は言ったよ「あなたがそう言ってくれるなら、僕はどんな賞もいらない」って。僕はエミー賞にノミネートされていたけど、フレッド・アステアが、僕のパフォーマンスを愛してくれたことの方が、どんな賞よりも、僕には大切なことだった。

If you could work with anyone, alive or dead, who would that be?
もし誰かと一緒に仕事をするなら、生きている人も亡くなった方も含めて、誰ですか?

MJ : If I could work with anybody it would be Charlie Chaplin, who I love so much. Also, Laurence Oliver was a genius, really.Those two guys, I think. And also the king, Brando.

誰とでも仕事が出来るとしたら、チャップリンだね。僕は彼が大好きなんだ。ローレンス・オリヴィエも本当に天才だし、この2人は本当に天才だね。それと、マーロン・ブランドは「キング」だね。

Last year you put together a short film, You Rock My World, with the assistance of Marlon Brando. What was it like working with the master?
去年、あなたは「You Rock My World」のショートフィルムで、マーロン・ブランドと共演しましたよね。それは、先生と仕事をするような感じでしたか?

MJ : Brando is a good friend of mine. He’s very much like me. He doesn’t go many places. He comes to Neverland or he stays in my house in Mulholland Drive, or he goes to Tahiti. His son worked for me for more than 20 years, and his other son was in my class in private school.

ブランドは僕の親友なんだ。彼は僕によく似ていて、そんなに色んなところに行かないんだけど、ネヴァーランドの僕の家にはよく来るし、彼のマルホランドドライブの家にも、タヒチにも行ったよ。彼の息子は20年以上、僕と働いているし(ミコのこと)、彼の別の息子は私立学校で同じクラスだったんだ(クリスチャン・ブランドのこと)。

He’s just a giant. You see, Brando’s smart, because when he works with me he always says, ‘I know what buttons to push to get emotion from you.’ He knows me so well. He knows how to get me ticked off, so he’ll say certain things to get me really geared up.

彼はすごく大きいんだけどね、とてもスマート(賢い)なんだよ。彼は僕と仕事をしているとき、いつも言うんだよね。「俺は、おまえの感情のスイッチがどのボタンなのか知ってるよ」って。本当に彼は僕のことをよく知ってて、実際に僕の感情をつかむために準備を怠らないんだ。

He’s a genius. He’s a king. He’s the last of that generation. He’s a brilliant man, a lovely person. I love him and he’s my good friend.

とにかく、彼は天才で、キングで、時代の最後のひとり。輝かしく、愛すべき人間、僕は彼が大好きだし、彼は僕の親友なんだ。

You had a cameo in Men In Black II, was that fun to work on?
『メン・イン・ブラック2』にカメオ出演されましたが、楽しかったですか?

MJ : The Men In Black project really was a lot of fun because I introduced myself as the new guy.

『メン・イン・ブラック2』のプロジェクトはすごく楽しかった。自分を新しい男として紹介できたからね。

It was obvious from the video of Thriller that you have a great interest in the visual arts.
『Thriller』のヴィデオでも明らかですが、あなたは、ビジュアルアートにとても興味がおありですよね?

MJ : Everything I do I like either to direct myself, or work closely with the director – we co-direct and come up with the ideas together. If you look at Ghosts, it says co-written by Michael Jackson and Stephen King. We wrote it on the telephone, Stephen and I – he’s a lovely guy, he’s amazing. We wrote it on the phone, just talking together.

僕は自分で監督することも好きだし、監督と一緒に綿密に計画を立てて、お互いにアイデアを出し合うことも好きなんだ。『ゴースト』を見れば、脚本、マイケル・ジャクソン、スティーブン・キングと書いてある。彼は愛すべき男で、とても素晴らしい。僕たちは電話で話し合って、あれを書いたんだ。

Who are the figures in the movie business you most admire, and why?
あなたが、映画業界でもっとも賞賛しているのは? またその理由は?

MJ : I just love Robert De Niro. I think he’s such a multi-faceted actor. He can play anything from a comedian to a priest to a psychopathic killer to an idiot to a charming uncle to just anything. And of course, any of the great dancers.

ロバート・デ・ニーロが大好きなんだ。彼は色々な顔を持っている俳優だよね。彼はコメディアンも出来るし、聖職者も、サイコキラーも、間抜けだけど、どこかチャーミングなオヤジとか、何でもできるし、それに偉大なダンサーでもある。

Who would be your ideal leading lady, and why?
あなたが考える理想の主演女優、また、その理由は?

MJ : An actress? {laughs} You and I should do a film together. Let’s do it, I’d love that…

女優?(笑)あなたと僕で一緒に映画をつくるべきだね。やろうよ。ぜひ、そうしよう。

There was talk of you going to the moon to perform an authentic moonwalk here. Is there any truth in this?
本物のムーンウォークをやるために、月に行くつもりだと言ったという話がありますが、それは、真実ですか?

MJ : {laughs} There is some truth in it. It’s not a rumor. I’ll just say that.

(笑)若干真実かな。それは「噂」じゃないよ。僕はそう言うかもね。

You outbid Paul McCartney for the Beatles archive. What was so special about it?
あなたはビートルズのカタログに、ポール・マッカートニーより高値をつけました。何がそれほど特別だったんですか?

MJ : No, I didn’t, he didn’t bid for it. It was for sale and I liked it and I bought it, like buying a piece of art.

ううん。そうじゃないんだ。彼もそうはしなかった。それは「売り」に出ていて、気に入ったから買ったんであって、1枚の絵を買うのと同じようなことだよ。

Tell me more about your passion for children’s charities. Which organizations do you support?
こどもへのチャリティーへの情熱について。あなたは、どの組織を支援していますか?

MJ : Well, I have a charity for kids that I created myself, called Heal the World. And whenever I do a concert or anything pertaining to entertainment, I give a certain amount to Heal the World – you know orphanages, hospitals, kids who need a lung or a liver, we’ll find it, we’ll pay for the surgery.

僕は「ヒール・ザ・ワールド」という自分で創った子どもたちの支援財団を持っている。それで、僕はコンサートやエンターテイメントを行う場合「ヒール・ザ・ワールド」に一定量の寄付がされるようになっていて、孤児院とか、病院では、肺や肝臓を必要としている子どもたちに、それを見つけたり、手術の代価を支払ったりしている。

On tour, I do as many hospitals and orphanages as I do concerts. We go to 12-years-olds and we take boxes and boxes and boxes of toys, a bunch of Michael Jackson posters and paraphernalia. They love it.

ツアーでは、コンサートを行うのと同じぐらい病院や孤児院を訪れるんだ。僕たちはもう12年ほど前から、おもちゃの箱とか、マイケル・ジャクソンのポスター、僕の身の回りの品なんかを持ってそこに行ってる。彼らはとても喜んでくれるんだ。

How much more do you feel you want to achieve in your life?
あなたの人生で、さらに達成したいと思うことは?

MJ : I’m never satisfied. There are so many different avenues and so many different things that I want to do. I’ve done a lot, but I don’t think it’s enough, which is why I don’t put up any awards or anything in my house.

僕は絶対に満足しないんだ。色々なやり方や、考えがあって、僕はとにかくやりたいことがいっぱいあるし、まだまだ充分とは言えないんだ。どんな賞をもらっても、僕はそれを自分の家に置くことはしないし、

You won’t see any awards in my house, I put them all away in storage. Because if you get caught up in that, you start to feel like, ‘Oh, man, I did it.’ There’s so much more, so many more mountains to climb.

僕の家で賞を見ることはないでしょう。そういうのは、すべて片付けておくんだ。何かを始める時にそういうものに巻き込まれると「それはやったことだ」って思ってしまう。そんなことはもういいんだ。登るべき山はまだいっぱいあるからね。

If one of your children came to you and said, ‘Dad, I want to be a pop star,’ what’s the best advise you could give them?
もし、あなたのこどもに「パパ、わたしポップスターになりたい」と言われたら、あなたのベストアドバイスは何ですか?

MJ : The best advise that I would give them is it’s a lot of hard work, and be prepared, because it’s not all joy all the time. And that you’ve got to have rhinoceros skin, because the bigger the star, the bigger the target. The tabloid press are bastards, and you’ve got to have rhinoceros skin to deal with that kind of ignorance mentality.

僕のベストアドバイスは、それは、とても厳しい仕事だから、しっかり準備するべきだということだね。楽しいことばかりじゃないし、サイのような皮膚も必要だ。なぜなら、ビッグになればなるほど、大きなターゲットになる。タブロイドの記者たちはろくでもないし、そういった無知な精神に対処するにも、サイのような皮膚を持たないとね。

They do it simply to sell papers, because bad news sell, not good news. They simply make it up. If they don’t have anything, they just make it up. I’m nothing like the way the tabloids have painted me out to be, nothing. Nothing like that. They’re the ones who are crazy. They’re ignorant.

彼らは、ただ新聞を売るためだけにそうするんだ。悪いニュースは売れるけど、良いニュースは売れない。彼らはシンプルにそう考えて創っているだけ。彼らは何も持っていなくても、とにかく創るんだ。僕は、何もなくてもタブロイドによって色をつけられる。何にもなくてもね。彼らは狂っていて、偏見そのものだね。

always say to my fans ‘Let’s have a tabloid burning. Let’s make a big mountain out of tabloids and just burn them.’ The real fans who love me know that garbage isn’t true. They know. They’re smart.

ファンにはいつも言う。タブロイド誌を燃やそう。タブロイド誌で大きな山を創り、それを燃やしてしまえって。僕のことを本当に愛してくれるファンは、それが真実でなく、ゴミだってことをわかってくれている。彼らは賢いからね。

☆2002年「Gold」誌インタヴュー[3]につづく


[PR]
by yomodalite | 2011-11-22 16:28 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite