タグ:鬼塚英昭 ( 3 ) タグの人気記事

原爆の秘密(国内篇)/鬼塚英昭

原爆の秘密 (国内編)昭和天皇は知っていた

鬼塚 英昭/成甲書房



自分のブログのアクセス解析が出来るようになって、もっとも意外だったのは検索キーワードの1位が「鬼塚英昭」だったこと。鬼塚氏の著作は『天皇のロザリオ』と、『日本のいちばん醜い日』の2冊をこれまでに読んでいるだけなのだけど、タブーに挑んだというか、衝撃的ともいえる内容なので、検索する人が多いのかもしれない。

本著は、国外編と国内編の2冊分冊で、どちらから読むべきか迷ったのだけど、読了後は、国外編を先に読めば良かったと思った。未だに国外編を読んでいないので全体として評価出来ないのだけど、この国内編だけの感想は、正直あまり芳しいものではない。

鬼塚氏の著作を読んだことがある人なら想像がつくことだけど、あまりにも天皇への呪詛に満ち満ちていて資料への解釈に疑問を感じることが多い。
鬼塚氏の著作の魅力は、凡百な陰謀論本とは違い、内外の膨大な資料を駆使し、巻末にも、きちんと資料が明記されている点なのだけど、本著では、原爆被害者の声が著者に書くことの原動力を与えたという「造り」が、冷静さを欠く原因になっている。

被害者の痛みを通して「世界の真実」を直視することはできないし、被害者でなくても、どうして「国民」という総体が、国の「象徴」の責任を問うことができるのだろう。皇国日本の「玉」であった天皇なら、尚更ではないか。私は「玉」に責任を投げる「国民」に国際政治の過酷なゲームを勝ち残っていけるとは思わない。むしろ、そうしなかったからこそ、大戦後の高度成長も、バブル崩壊後も生き抜いてこれたのではないか。

旺盛な読書をこなし、資料の隙間には大胆な推理力をも駆使できる鬼塚氏のような著述家が、もう少し偏向を押さえて書いてくれればなぁといつも思ってしまう。真実を探求する姿勢に目を見張る点が多いだけに残念でならない。

核兵器カルテルが日本を核爆弾の見本市にしたのは間違いないと思うが、私には、鬼塚氏が世界帝国運営をわかっているにも関わらず、小国の国王の責任論で相変わらず終始している姿勢がわからない。そういった傾きは、当初からのものではあるけれど、平成の世に現れた鬼才である鬼塚氏が、「天皇責任論者」(天皇の真実探求者とは厳然と異なる)をこれからも続けて行くとしたら残念だなぁと思う。

しかし、延々と続くように思えた天皇への呪詛は、途中から「神々への疑問」へと向かい、最終章『天皇と神と原爆と』で、著者は“微笑み”を心の内に持ち得たと言い、「これ以上の幸せがあろうか」で物語を終わりとしている。これが鬼塚氏の神への問いの終わりなのかどうかは、次作を読んで判断するしかない。
★★★

「窓辺でお茶を」
http://plaza.rakuten.co.jp/sawakai/diary/200809160001/
「移ろうままに」
http://oshosina.blog.so-net.ne.jp/2008-09-15
___________

【内容紹介】日本人はまだ原爆の真実を知らない
原爆はどうして広島と長崎に落とされたのか?多くの本は、軍国主義国家たる日本を敗北させるために、また、ソヴィエトが日本進攻をする前に落とした、とか書いている。なかでも、アメリカ軍が日本本土に上陸して決戦となれば多数の死者を出すことが考えられるので、しかたなく原爆を投下した、という説が有力である。しかし私は広島と長崎に原爆が落とされた最大の原因は、核兵器カルテルが狂気ともいえる金儲けに走ったからであるとする説を推す。本書はこの私の推論が正しいことを立証するものである。ただ、その過程では、日本人として知るに堪えない数々の事実が浮上してくる。読者よ、どうか最後まで、この国の隠された歴史を暴く旅におつき合いいただきたい。それこそが、より確かな明日を築くための寄辺となるであろうから。 成甲書房(2008/7/19)

【目 次】
第1章 原爆投下計画と第二総軍の設立
第2章 「原爆殺し」の主犯を追跡する
第3章 長崎への原爆投下は真珠湾奇襲の復讐である
第4章 悲しき記録、広島・長崎の惨禍を見よ
第5章 見棄てられた被爆者たち
第6章 天皇と神と原爆と

【コメント】 
日本人は被爆モルモットなのか? ハナから決定していた標的は日本。原爆産業でボロ儲けの構図を明らかにする。アインシュタイン書簡の通説は嘘っぱち、ヒトラーのユダヤ人追放で原爆完成説など笑止、ポツダム宣言を遅らせてまで日本に降伏を躊躇させ、ウラン原爆・プルトニウム原爆両弾の実験場にした生き血で稼ぐ奴等の悪相を見よ!



[PR]
by yomodalite | 2008-10-14 11:44 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(0)

日本のいちばん醜い日/鬼塚英昭

日本のいちばん醜い日

鬼塚 英昭/成甲書房



『天皇のロザリオ』と同じく、膨大な資料の精査から書き上げられた力作。

前半は、バーガミニの『天皇の陰謀』を引用し、半藤一利の「日本のいちばん長い日」(大宅壮一との共著?)の嘘を暴くこと、

後半は、皇室と国際金融との関わりから、皇室の財産や、「天皇家の実像」が描かれている。バーガミニや、シーグレーブなど、主に海外の著作から、日本の研究者の著作の誤りや、怠慢を指摘し、刺激的な「真相」へ迫っている。

著者の主張をまとめると、

1)8.15宮城事件は偽装クーデターであり、首謀者は三笠宮で昭和天皇の名代であった。

☆青年将校による「偽装クーデター」を演出するのは、皇室をクーデターの被害者として演出し、効果的に陸軍抗戦派の志気をそぐという目的があった。

2)原爆はなぜ広島に落とされたか?→抗戦派の陸軍の第二総軍を壊滅状態に置くという狙いがあった

3)日本を戦争に駆り立てたのは、天皇一族や親英米派と言われた海軍高級軍人や外務省高級官僚と政治家。昭和19年初頭にはもう日本は終戦に向けて動いていたが、ずるずると戦争が長引いたのは天皇家の海外貯金が保全されることと、天皇一族の生命の保障を図っていたから。

☆明治天皇の入替えにより、被差別部落から皇室に入った一族には、財産への飽くなき欲望があった。

4)昭和天皇の父親は西園寺公の養子であり、大正天皇と同年代だった、西園寺八郎。秩父宮、高松宮、三笠宮は東久邇宮が父親。

☆病弱の大正天皇が何人も子供を授かったという話は信じがたい。貞明皇后は、昭和天皇を全く気にかけず、秩父宮を皇位につけるべく画策している。

☆友人Fの説として、昭和天皇は大室寅之祐という説も紹介。

5)天皇家への国際金融同盟の脅迫ー
2.26事件は、壬生の乱。大正天皇に子供が出来なかったので、貞明皇后に男をあてて、子供を産ませた。「皇室の秘め事」により、日本は太平洋戦争に誘い込まれ、敗北という結果となった。

後半は、刺激的な話題が多く、まとめづらいですが、大体こんな所。

半藤一利『日本のいちばん長い日』が物語に過ぎないことは至極納得する。どの時代あれ多くの人間は「真実」と共に生きる事ができない。「物語」によって生き「物語」によって死ぬのだ。

バーガミニが示唆したであろう「某中佐」は、三笠宮だと思われるが、クーデターの黒幕として、三笠宮が昭和天皇の名代という説には、特に納得させられる説明はない。海軍悪人説については、このとおりかもしれない。皇室およびヨハンセングループが、国際金融同盟と通じていたことも間違いないでしょう。

鬼塚氏は、そのことをもって天皇を告発する姿勢ですが、その怒りの激しさは戦後生まれの私にはどうにも理解できない。国際金融同盟に対して昭和天皇でなかったなら、戦争を避けられたというのなら、昭和天皇が愚鈍な王様だったという証明になるのですが。。。

鬼塚氏への不満は、明治維新から日露戦争、大東亜戦争が仕組まれていたことを示唆しつつも、最終的に天皇個人への呪詛へと向かっていくこと。文春や岩波系の文化人が「天皇教」の呪縛から逃れられないと鬼塚氏は言うが、確かに明治からの日本の戦争の歴史は「天皇制」と密接に関わっているが、天皇制でなかったなら、日本が「戦争の歴史」から免れていただろうか?

特攻隊の狂気は、イエスや、アラーの名の下に行われた狂気を上回るものだろうか? 戦後天皇を断罪していたなら、今の日本が抱える様々な問題を解決できていたであろうか? 

天皇責任の議論が出来ないことを嘆く日本人は多いが、神の否定の後には、徹底した資本主義と、グローバリズムしか残っていない。

また、天皇制への批判というよりは、やはり、昭和天皇個人への呪詛に満ちていて、制度というよりは「人物」批判のように感じられた。 

鬼塚氏の力作を戦後60年後に、読む事ができることができる幸せを感じつつ。

☆☆☆☆

☆「ジャパンハンドラーズと国際金融情報」

ここで、鬼塚氏の主張を私なりに咀嚼すると、広島に原爆を落としたのは、抗戦派の陸軍の第二総軍を壊滅状態に置くという狙いがあったという。また、同じく第一総軍は、本部を東京に持ち、この指揮官の中に第一二方面軍の田中静壱大将がいる。鬼塚氏は、田中大将の45年8月24日の「自決」の時刻が、「森大尉が斬られた同じ時刻」である「午後11時すぎ」という、蓮沼侍従武官長の死の直前の回想記を根拠に、半藤本が書く「森大尉殺害」の時刻は実際よりも2時間も遅れていた、つまり半藤は嘘をついていると書いたのである。(中略)

〜が、いろいろの記述を読んだ結果、要点として、鬼塚氏は、「半藤本には、塚本中佐の話や、阿南陸軍大臣が終戦の前日の14日から15日の間断続的に、皇族の一人である三笠宮と個人的に会って激しい議論をしていたことが書かれていない」、ということが言いたいのだと理解した。

そして、下級将校にすぎない畑中、椎崎らがなぜ自由に皇居に入り込めたのかという本質的な問題点を指摘する。確かに。これは鬼塚氏は、「皇族レベルの手引きがなければ出来ない話だ」というのである。(中略)

〜要するに天皇の身の保全はアメリカの戦争指導部によって保証されたわけだ。グルー大使とスティムソン陸軍長官が保証した、というのでいいだろう。マッカーサーが天皇の姿に感動したというのは、たぶんとってつけた話だろう。「身を守ってくれたアメリカの実行した東京裁判も、原爆もこれは容認せざるを得ない。下手に突くと、やぶ蛇が出る」と昭和天皇は考えたのではないか。だから、富田メモのような靖国宮司批判をやったのではないか、というのが今の私の勝手な考え。

ただ、鬼塚さんたちに言いたいのは、この宮中グループというか、ヨハンセンの功績というのもある、というところ。

グローバリストのヨハンセン・グループは、吉田茂を初めとして、国際金融資本グループの「実力」を明確に理解していた。だから、憲法九条によって、戦争に巻き込まれることを避ける、という決断をした。グローバルに「奴ら」の恐ろしさを本当に分かっていたからこそ、戦争放棄というウルトラCの憲法を逆用して、少なくとも軍事的には国際秩序に積極的にコミットしていくことを封じるとという「妙手」を可能にしたのだろう。経済的にはむしられているけれども。 (中略)

〜共同通信の報じた、皇室の隠し財産の記事、これは重要であるから、「佐賀新聞」のデータベースを使って調べて保存しておかなくては為らない。
結局、鬼塚氏もまた、中央銀行ネットワークであるBIS(国際決済銀行)に行き着いた。このBISは、戦時中も敵味方となく資金決済をしていた。だからこそ、アメリカのロックフェラー・スタンダードやロスチャイルドのシェルが、パナマ船籍という抜け道を使って、日本やナチスドイツに石油を輸出し続けた、という話になる。あるいは、赤十字の船という抜け道をつかったらしい。

【目 次】

《悲の章》
・かくて「神聖悲劇」の幕が上がった
・某中佐の行動の中に真実が見える
・三笠宮の終戦工作
・某中佐の行方を追う
・偽「クーデター」計画があった

《惨の章》
・森近衛師団長惨殺を諸作品に見る
・X少佐の行方を追う
・森師団長惨殺事件の周辺を洗う
・『天皇の陰謀』はどうして偽書とされたのか
・そこに、誰と誰がいたのか
・『さらば昭和の近衛兵』を読み解く
・近歩二第一大隊長の手記を読む

《空の章》
・『昭和天皇独白録』には真相が書かれていた
・森赳、死線をさまよう
・「神聖悲劇」が森赳を惨殺した
・失われた二時間を求めて
・何が起こり、時が失われたのか

《玉の章》
・玉音版はどこに消えたのか
・「玉音版事件」は国民にどのように伝えられたのか
・天子の変身、サムライの落日
・皇居前広場の奇々怪々

《秘の章》
・太平洋戦争はどうして起こったか
・皇室の「秘めごと」から歴史の闇を見る
・天皇ヒロヒトは南進策をとった
・鶴の一声、近くて遠し

《醜の章》
・原爆投下の謎に迫る
・広島にどうして原爆が落ちたのか
・かくて、鶴の一声が発せられた
・八月十五日、日本のいちばん醜い日
_________

【内容紹介】 1945年(昭和20年)8月14日から15日の二日間に発生した「8.15宮城事件」、世にいう「日本のいちばん長い日」—徹底抗戦を叫ぶ陸軍将校たちが昭和天皇の玉音盤奪取を謀って皇居を占拠したとされるクーデターで、森近衛師団長が惨殺される。この惨殺はなぜ決行されたのか?いつ、どこで殺害されたのか?遺体はどう処理されたのか?膨大な史料と格闘しながら真相を追っていくうちに著者は、この事件が巧妙なシナリオにのっとった偽装クーデターであることを発見した。この日本という国に、依然として残る巨大な「タブー」に敢然として挑戦する「危険な昭和史ノンフィクション」の登場(2007/8月)

[PR]
by yomodalite | 2007-08-10 16:33 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(0)

天皇のロザリオ(上下)/鬼塚英昭

天皇のロザリオ 上巻 日本キリスト教国化の策謀

鬼塚 英昭/成甲書房

undefined


天皇のロザリオ 下巻 皇室に封印された聖書

鬼塚 英昭/成甲書房

undefined



職業作家ではない著者の人生全てをかけて書き上げられたと言っても過言ではないほどの熱がこもった刺激的な書。著者は中央大学法学部で学びながら学費未納で中退後、家業の竹細工職人となった方。

上巻には[日本キリスト教国化の策謀]、下巻には[皇室に封印された聖書]というサブタイトル。帯推薦文が太田龍氏だけなら読まなかったのですが、ジャパンハンドラーズの中田安彦氏の推薦文に惹かれて購入。

占領期の昭和天皇とマッカーサーのかけひき、欧米勢力の侵略の為の尖兵役としてのキリスト教イエズス会、占領期の日本国キリスト教化大プロジェクトが語られています。

著者の資料への解釈や、天皇に対する感情の激しさには、ときに違和感を感じますが、鬼塚氏のような年代で真摯な生き方をした著者の本を今のうちに読んでおかねばと思う今日このごろ。

▼ジャパンハンドラーズ
http://amesei.exblog.jp/3061952

▼鬼塚氏に逢ったときの印象
http://amesei.exblog.jp/m2006-06-01/#3269311
__________

【MARCデータベース】「陛下が危ない!」市長は叫んだ。九州巡幸・別府小百合愛児園の礼拝堂、昭和天皇にそのとき何が起こったのか? マッカーサーとカトリックが仕組んだ「日本改造計画」の秘密を暴く。膨大な資料を駆使して窮明する昭和の闇。


[PR]
by yomodalite | 2007-07-17 14:49 | 天皇・皇室 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite