タグ:養老孟司 ( 3 ) タグの人気記事

本書は、今年(2012年)の10月に出版された本で、サブタイトルは「農業、漁業、林業、そして食卓を語り合う」。

地球や、南極や、アマゾンの原生林や、アフリカのこどもたちのビジュアルとともに、カタカナ混じりで語られる環境問題をネタにした「経済活動」ではなく、日本の農業や、林業の健全化が、私たちの健康を守り、環境をも守ることなのではないでしょうか。

下記は「まえがき」から(省略して引用しています)。

私は敗戦時に小学校二年生だった。あの社会的な価値の転換をみてしまうと、モノに直接携わることの大切さがしみじみとわかる。モノに関わらないと、むしろ不安でしょうがない。お金のやりとりだけでは、自分が宙に浮くような気がする。その気分に拍車をかけているのは、インターネットの普及である。こういう時代に、モノに携わったり、ごくふつうの日常を研究している人に会うと、ホッとする。そういう人たちを選んで、対談させてもらったのが本書になった。

(引用終了)

対談者は、下記の4名の方で、

・食卓を研究している岩村暢子氏(アサツーディケイ200Xファミリーデザイン室室長)
・田んぼには肥料も農薬も要らないという、岩澤信夫氏
・山と川に手を入れれば、漁業は復活するという、畠山重篤氏
・林学がない国の森林を救う、鋸谷茂氏

私が一番興味があった田んぼについて語られ、
対談後に亡くなられた、岩澤信夫氏との対談から、大幅に省略・抜粋して紹介します。

(引用開始)

養老:不耕起栽培、つまり、耕さない農法について知ったのは、アメリカの科学雑誌を読んだのがきっかけでした。当時アメリカでは、農業の一割がすでに不耕起になっていて、じゃあ、今までの農業は何だったんだ、という……。

岩澤:今ではアメリカの全耕地の50%以上が不耕起栽培のようですね。大型機械が導入されたことで、畑の表土が失われてしまったのですが、耕さなければ土に粘性を与えるグロマリンが働くことがわかって…(中略)

養老:1993年の大冷害のときの田んぼの様子は『究極の田んぼ』に掲載された写真で見ました。あぜ道を挟んで、不耕起の田んぼと慣行農法の田んぼがあって、違いがはっきりわかります。

岩澤:あのときは「おてんとう様が顔を出さないから冷害が起きた」と農家も学者も口をそろえて言いました。しかし、私たちの田んぼでは完全に実が入ったのですから、おてんとう様のせいではないんです。やり方を変えれば、天候が悪くてもコメはちゃんととれます。

私の不耕起栽培は、冬期湛水という農法とセットになっています。

会員の田んぼで生き物調査をしました。そうすると、イトミミズが10アール当たり、1500万匹もいる田んぼがあることがわかりました。そういう田んぼでは、イトミミズの糞がトロトロの層になって積み重なり、雑草の種を覆っています。もっとすごいのは、このトロトロ層に膨大な肥料分が含まれていることです。肥料は一切使わなくていいんです。生き物の活動だけでお米ができてしまいます。

養老:不耕起冬期湛水農法は、植物としてのイネの強さを生かす農法なのですね。

岩澤:不耕起冬期湛水の田んぼからは、何万匹というアキアカネが飛び出します。地面には、すき間がないほどタニシが棲みつきます。ドジョウもメダカもものすごく増えます。田んぼが生き物だらけになるんです。

(引用終了)

こんな素晴らしい人々がいることがわかって安心するものの、
今、変化していかないと、、と焦ってしまう内容もいっぱい。

☆食や、環境問題に興味がある方に!

◎[参考書評]ダ・ヴィンチ電子ナビ

◎[アマゾン]日本のリアル(PHP文庫)





[PR]
by yomodalite | 2012-12-07 08:46 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(0)

ほんとうの環境問題

池田 清彦,養老 孟司/新潮社



Twitter 2011.4.15〜4.19[原発と政治]④に記録した、「金融バブルとエネルギーバブルは同じ問題なのに」という、つぶやき。

参照動画は、『超マクロ展望 世界経済の真実』の著者、萱野稔人氏と、『TPP亡国論』の中野剛志氏の対談でしたが、

マクロ経済とか、TPPとか、そーゆー経済新聞ぽい言葉って、今イチ...っていう、わたしの同じような感性の方は、もう一度「環境問題」に関して、考え直してみるといいと思うんです。

だって、地球温暖化問題から、原発が、どんどん増えていったんですから。

CO2を利用したひとたちは、CO2悪者説に力がなくなってきたところに起きた、日本の原発事故だって、ビジネスチャンスに見えてると思います。

本書は、2008年の出版で、養老孟司氏の「環境について、ほんとうに考えるべきこと」、池田清彦氏の「環境問題の錯覚」「“環境問題”という問題」という、おふたりの対談が、まとめられています。

養老氏による、第一章の冒頭のことば。

実は環境問題とはアメリカの問題なのです。つまりアメリカ文明の問題です。

日本は世界と比較して、省エネが上手く行っている国なのに、どうして、CO2削減のために、これほどお金を使わなくてはいけなかったのか....

地球温暖化のときと同様、復興だの、被災者支援だの、立派な理由をつけて、強奪されていく「税金ドロボー」ビジネスに乗せられないように、被災地以外のひとは、TVニュースを消して、本を読みましょう。
[共同通信]仙谷氏、復興財源に所得増税を 「期間限定で」


◎『ほんとうの環境問題』池田清彦、養老孟司(アマゾン)

[BOOKデータベース]
「地球温暖化を防止しよう」だって?そんな瑣末なことは、どうでもいい。大事な「問題」は、別にある。環境問題の本質を突く、緊急提言。新潮社 (2008/03)


[PR]
by yomodalite | 2011-04-24 16:10 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(0)
養老氏と言えば、「唯脳論」の人。

長い間、様々な著作や、TV番組を通じて「脳」ブームを作ってきた方って印象があるんですけど、このところ、私は、あんまり読んではいませんでした。

脳関係の本って、茂木健一郎氏のものも含めて、なんだか厭きたって気がしてたんです。養老氏も茂木氏も、著作の完成度にはこだわらないことで、過剰な出版数を維持しなくてはいけない、日本の出版社に寄与してきたとは思いますけど、読者としては「当たり」を見つけるのが、すごく難しいという部分でも、敬遠してました。

でも、茂木氏の著作で感動したことは一度もないんですけど、氏のブログはわりと面白いんですよね。

◎茂木健一郎「クオリア日記」
◎茂木健一郎「連続ツイート」

上手く説明できませんが、お二人の面白さに比べると、一般向けの書籍の乱発と、著作の完成度の低さはどうしてなんだろう、、でも、なんとなく、その原因も、お二人の仕事というか、研究に、原因があるのかな〜なんて思いつつ、めったに行かない「ブックオフ」の文庫欄で、この本を見つけました。

南伸坊氏の「個人授業」シリーズは、本書以外にも、心理療法、免疫学、生物学などがあって、他著も是非読んでみたいものばかりですが、あの、南氏が、養老氏を、わかりやすく解説してくれるなんて、、、素晴らし過ぎませんか?

で、興奮しつつ、表紙を眺めてて、ふと、思ったんですけど、養老孟司氏の専門は「解剖学」なんですね。それで、解剖なら、わかる気がするけど、「解剖学」って何なの?ってことに、初めて気がついたんです。で、そこに気づいた瞬間、ほんのちょっぴり「あっ」て声を上げそうになりました。もしかして、これが、アハ体験(笑)

さらに、冒頭を立読みしてみたら、「まえがき」に、「笑うと、頭がはたらいている気がする。笑った時に、人は何かを考えているというのが、わたしの持論です」って書いてあって、もう、欲しくてたまらなくなったので、105円と交換しました。

近年、こんなに「わらしべ長者」気分になったことは、めずらしいかも。。。

ただ、家に帰って、じっくり読んでみたら「アハ体験」かどうかは、よくわからなくなりました。

解剖なら、わかる気がするけど、「解剖学」って何なの?っていう疑問は、ことのほか、むずかしいんです。で、南氏は、そこが、むつかしいってことを、今までの誰よりも、わかりやすく、すごく丁寧に「バカの壁」を、打ち砕こうとしてくれています。

それゆえ、この本は「解剖学」を、わかりやすく説明してくれる本ではなくて「解剖学」って、こんなに、むずかしいんだってことを、丁寧に、気づかせてくれるという、南氏以外では、ありえない、希少な本になっています。

「脳」本に厭きた方へ。。。

______________

[目次]

第1講 解剖学事始
第2講 人間はなぜ解剖をするのか
第3講 落語と孔子と二宮尊徳
第4講 大腸と小腸は同じ!?
第5講 耳小骨
第6講 目玉の話
第7講 セクシイの巻
第8講 形からわかること
第9講 科学の哲学の話
第10講 無限と解剖学
第11講 脳にとって冗談とは何か?
第12講 奇抜な結論
第13講 世界1、世界2、世界3
第14講 現実とは何ぞや
第15講 忘却の彼方
復習 『対談』人体の不思議
補講 蛇の足の解剖学(養老孟司)


[BOOKデータベース]ネズミも象も耳の大きさは変わらない!?えっ、目玉に筋肉あるの?誰もが知りたい体のしくみ。でも、解剖学はそれだけでは終わらない。解剖して名前を付けるってどういうことなんだろう。ハゲおやじの「頭」と「額」の境目はどこ?器官は何のためにあるの?そもそも何かのためにあるの?落語や二宮尊徳、哲学や社会に話が飛躍して、好奇心は無限に広がる、シリーズ第3弾。

[MARCデータベース]胃がどこにあって、何の役に立っているのか、それを知るだけじゃつまらない。落語や孔子や哲学も、解剖学とは深い関係にある。解剖学の基礎から最先端までを、オモシロく、わかりやすく学ぶ授業録。 新潮社 (2001/03)





[PR]
by yomodalite | 2010-11-23 15:29 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite