タグ:訳詞 ( 69 ) タグの人気記事

和訳 "Dangerous"(Performance 1993 - 2002)

f0134963_23521416.jpg


Dangerous のパフォーマンスを集めてみました。

だって、
何度見てもカッコいいんだもんっ!



Dangerous - Live 1993 AWA Awards





Dangerous - Live in Kuala Lumpur 1996(“Dangerous”が始まるのは、3:17〜)





Dangerous - Live in Brunei 1996





Dangerous - Live in Seoul 1996





Dangerous - Live in Munich 1997





Dangerous - Live at Ullevi 1997






Dangerous - Live in Seoul (Michael Jackson & Friends 1999)




Dangerous - Live at American Bandstand 2002



Dangerous
written by Michael Jackson, Bill Bottrell & Teddy Riley


The way she came into the palce
I knew right then and there
There was something different
About this girl

彼女がそこに現れたとき、
ぼくには、すぐにそれがわかった
この娘には、特別な何かがあるって

The way she moved
Her hair, her face, her lines
Divinity in motion

髪も、顔立ちも、体のラインにも、
彼女の動きには神々しさが宿っている

As she stalked the room
I could feel the aura
Of her presence
Every head turned
Feeling passion and lust

彼女が部屋を歩くと、僕はオーラを感じ
他の誰もが熱い欲望を感じ、彼女を振り返った

f0134963_944111.jpg


The girl was persuasive
The girl I could not trust
The girl was bad
The girl was dangerous

その娘は口がうまかったけど、ぼくは信用しなかった
悪い女。その娘は危険だった

I never knew but I was
Walking the line
Come go with me
I said I have no time
She said don't you pretend we didn't
Talk on the phone
My baby cried
And left me standing alone

ぼくはよくわからないまま、その女のレールに乗せられていた
「私と一緒に来て」ぼくは時間がないと言った
「わたしたち、電話で話しあったじゃないの」その女は言った
そして、ぼくの彼女は泣き叫び、ぼくを一人残して出て行った

f0134963_0323386.jpg


She's so dangerous
The girl is dangerous
Take away my money
Throw away my time
You can call me honey
But you're no damn good for me

彼女はとても危険で、女は危険なものなのさ
ぼくの財産を奪い、時間も奪う
君は、ぼくのことをハニーなんて呼ぶけど
ぼくにはいいことなんてない

f0134963_23553055.jpg


She came at me in sections
With the eyes of desire
I fell trapped into her
Web of sin
A touch, a kiss
A whisper of love
I was at the point
Of no return

彼女は魅力的な体を使い、欲望の眼差しとともに迫ってきて
ぼくは彼女の罪深き罠にハマってしまった
体を触れ合い、キスをし、愛を囁きあう
僕はもう、戻れないところまで来ていた

f0134963_13483443.jpg


Deep in the darkness of
Passion's insanity
I felt taken by lust's
Strange inhumanity
This girl was persuasive
This girl I could not trust
The girl was bad
The girl was dangerous

情熱と狂気の深い闇の中、
ぼくは冷たく奇妙な欲望へと導かれていった
口が上手い女で、信じちゃいけない女だった
彼女は悪い女
彼女は危険だった

f0134963_8594392.jpg


I never knew
But I was living in vain
She called my house
And said you know my name
And don't you pretend
You never did me before
With tears in her eyes
My baby walked out the door

ぼくは気づいていなかったけど、つまらない人生を過ごしていた
彼女は、ぼくの家族を呼びだし、
会ったこともないぼくのことを知っていると
目に涙をためて主張し
ぼくの彼女は家から出て行ってしまった

f0134963_903129.jpg


Dangerous
The girl is so dangerous
I have to pray to God
'Cause I know how
Lust can blind
It's a passion in my soul
But you're no damn lover
Friend of mine

危険だよ。あの娘は本当に危険さ
ぼくは神に祈るしかない。
ぼくは人を盲目にするものが何かわかってる
それは、激しい欲望
彼女はぼくの恋人でも、友だちですらない

f0134963_985561.jpg


I cannot sleep alone tonight
My baby left me here tonight
I cannot cope 'til it's all right
You and your manipulation
You hurt my baby

今夜、ぼくはひとりで寝ることができない
彼女がぼくを残して出て行ってしまったから
すべては君の策略なのにぼくにはどうすることもできない
君が、ぼくの彼女を傷つけたのに

f0134963_1346574.jpg

And then it happened
She touched me
For the lips of
A strange woman
Drop as a honeycomb
And her mouth was
Smoother than oil
But her inner spirit and words
Were as sharp as
A two-edged sword
But I loved it
'Cause it's dangerous

そして、そのあとそれは起きてしまった
彼女は蜜が滴り落ちるような唇でぼくに触れ
その口ぶりはまるでオイルのように滑らかだったけど
彼女の秘めた心も言葉も両刃の剣のように鋭かった
それなのに、ぼくは好きになってしまったんだ
それが、危険だったから


訳:yomodalite(気になる点は遠慮なくご指摘くださいませ)


f0134963_13493594.jpg

[PR]
by yomodalite | 2013-04-19 09:11 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(11)

和訳 Jesus And Mary Chain “April Skies”

f0134963_1251759.jpg

お天気のいい日が続く中、相変わらず、引越し準備でバタバタとしていて、

ちょっと懐かしい音楽もいっぱい聴いていて、

昨日は、マイケル・ジャクソンの「BAD」と同じ1987年にリリースされた

ジーザス&メリーチェインの「エイプリル・スカイズ」にハマっていました。




April Skies
Jesus And Mary Chain


Hey, honey what you trying to say
As I stand here
Don't you walk away
And the world comes tumbling down

ハニー、ぼくはそこに突っ立っていて、君はなにか言おうとしていた
君が行ってしまうなんて、世界が崩れ落ちそうだよ


Hand in hand in a violent life
Making love on the edge of a knife
And the world comes tumbling down
And it's hard for me to say

ふたりで手を取り合ってワイルドな人生を、
ナイフみたいにトンガって愛しあってきたのに
(君が行ってしまうなんて)世界が崩れ落ちそうで、ぼくには辛すぎる


And it's hard for me to stay
I'm going down to be by myself
I'm going back
For the good of my health

このまま、ここにいていいのか、
ぼくだけでは、行くのも、戻るのも、どうしていいのか
元気でいるのも難しいよ


And there's one thing
I couldn't do
Sacrifice myself to you
Sacrifice

ぼくは、君のために自分を犠牲にすることができなかった
犠牲には...

Baby, baby I just can't see
Just what you mean to me
I take my aim and I fake my words
I'm just your long time curse

ベイビィ、ぼくにはわからない
君にとってぼくはなんだったのか
ぼくは自分に、自分の言葉を偽って、
長い間、君に悪態ばかりついていた


And if you walk away
I can't take it
But that's the way that you are
And that's the things that you say

だから、君が去って行くのを、止めることはできない
それは、君自身であるための方法だから


But now you've gone too far
With all the things you say
Get back to where you come from
I can't help it

でも、君が遠くに行ってしまった今
君が言っていたあらゆることが思い出されて
ぼくにはどうすることもできないんだ


Under the April skies
Under the April skies
Under the April sun
Under the April skies
Under the April sun

4月の空の下
4月の空の下
4月の太陽
4月の空の下…


Sun grows cold
Sky gets black
And you broke me up
And now you won't come back

陽の光は冷たく、空は暗く
君はぼくをバラバラにして、もう戻っては来ない


Shaking hand, life is dead
And a broken heart
And a screaming head

失意と叫び
(別れの)手を振りながら、人生は終わった


Under the April sky
Under the April sun
Under the April skies
Under the April skies

4月の空の下
4月の太陽
4月の空の下
4月の空の下…






上記は、私訳なので、間違いや、気になる点は、
遠慮なくご指摘くださいませ。


f0134963_1217844.jpg
photo : Yokohama skies



[PR]
by yomodalite | 2013-04-16 12:20 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

Nina Simone[2]“I Put A Spell On You”和訳

f0134963_17592275.jpg


☆Nina Simone[1]『ニーナ・シモン自伝』のつづき


ニーナの自伝のタイトルにもなっている曲です。
和訳について気になる点は、遠慮なくご指摘くださいませ。





I Put A Spell On You
Songwriters : Jay Hawkins


I put a spell on you
'Cause you're mine

あなたに魔法をかけるわ
だって、あなたは私のものだもの


You better stop the things you do
I ain't lyin' No I ain't lyin'

あなたは何もしない方がいい
嘘じゃないわよ
わたしは嘘はつかないわ


You know I can't stand it
You're runnin' around
You know better daddy
I can't stand it cause you put me down

わたしはもう我慢できないの
あちこち遊び回ってるなんて、あなたはいいパパになるべきよ
わたしのこと見下しているなんてもう耐えられないわ


I put a spell on you
Because you're mine
You're mine

あなたに魔法をかけるわ
だって、あなたは私のものだもの


I love ya
I love you
I love you
I love you anyhow
And I don't care
if you don't want me
I'm yours right now

愛してる
あなたのことすごく愛してる
私があなたを愛しているんだから
あなたが私を求めているかどうかなんてどうでもいいわ
とにかくあなたは今から私のものよ


You hear me
I put a spell on you
Because you're mine

ねえ、聞いてる
あなたに魔法をかけるわよ
だって、あなたはわたしのものだもの


http://www.azlyrics.com

同い年のヨーコとニーナのことを考えていたら、ドイツでもそんな記事があるみたい。
「20世紀でもっとも大きな女性のアイコン」

◎Nina Simone & Yoko Ono zum 80. – zwei Leben

☆Nina Simone[3]“And Piano”につづく


[PR]
by yomodalite | 2013-04-09 09:57 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

Patti Smith『Banga』[5] 和訳 “Constantine's Dream″

f0134963_7583026.jpg


Patti Smith『Banga』[4] “Constantine's Dream″ のつづき

現代アメリカを原点から立ち返るような壮大な意欲作『Banga』の中でも、
もっとも長い叙事詩のような “Constantine's Dream” の訳詞をしてみました。

この歌に登場するのは、皇帝コンスタンティヌス1世、聖フランシスコ、画家ピエロ・デラ・フランチェスカ、探検家コロンブスの4人。

◎コンスタンティヌス1世(272年 - 337年)
◎聖フランシスコ(1182年 - 1226年)
◎画家ピエロ・デラ・フランチェスカ(1412年 - 1492年)
◎探検家コロンブス(1451年頃 - 1506年)

コンスタンティヌスは、皇帝マクセンティウスを破り(ミルウィウス橋の戦い)ローマ帝国全土の統一に前進した。その戦いの前夜、彼の夢の中では、空に十字架が現れ「この印によって汝は勝利するであろう」という声を聞いた。彼がローマ皇帝になったことにより、ローマ帝国はキリスト教勢力が拡大していった。そのためコンスタンティヌス1世は初めてのキリスト教徒皇帝として知られている。

その後の中世イタリアで最も著名な聖人が聖フランシスコ。福音書でイエスが命じている全てをそのまま実行したと言われ、歌や音楽も利用して、人々の心を捉え「神の道化師」と呼ばれた。

その聖人と同じ名前をもつ、画家ピエロ・デラ・フランチェスカの『聖十字架伝説』と言われる作品群は、アダムの墓に生えた木が、ソロモンとシバの時代を経て、キリストの十字架となり、ローマ帝国のエピソードをはさんで、東ローマ帝国のヘラクリウス帝がペルシアのホスロー王から十字架を取り戻し、エルサレムに返還されるまでを10の場面に描いたもので、その中の1枚が皇帝が十字架の夢をみている場面を描いた「コンスタンティヌスの夢」。

それぞれの胸に抱いた「十字架」を表現した3人と、その勢力拡大を担って新大陸アメリカを目指したコロンブス…

私は最初、ピエロ・デラ・フランチェスカの『聖十字架伝説』の描き方と、聖フランシスコの神やイエスへの感情は大きく違っているような気がして、パティがフランチェスカの絵に惹かれていったのが、どういうことだったのか知りたいと思いました。訳してみる前よりは、パティのきもちに近づけた気がして、ますます彼女にシビれてはいるのですが、、理解できたかどうかはよくわかりません。

CD訳を借用した部分もありますが、大胆に変えた部分もあり、すべての部分で迷っていて、集中が途切れてしまった箇所も... くれぐれも日本語部分にはご注意のうえ、お気づきの点はガンガンと遠慮なくご指摘くださいませ。




☆[追記]和訳について、コメント欄で協議しました。

Constantine's Dream
Patti Smith


In Arezzo I dreamed a dream
of Saint Francis who kneeled and prayed
for the birds and the beasts and all human kind
all through the night I felt drawn in by him
and I heard him call like a distant hymn

アレッツォで鳥や獣やすべての人類のために
跪いて祈る聖フランシスコの夢を見た
一晩中、彼に引き込まれて行く感覚に襲われ
彼が私を呼ぶ声は
まるで遠くから聴こえる賛美歌のようだった


I retreated from the silence of my room
stepping down the ancient stones
washed with dawn
and entered the basilica that bore his name
seeing his effigy I bowed my head
and my racing heart, I gave to him
I kneeled and prayed
and sleep that I could not find in the night

私は部屋の静寂から脱け出して
いにしえの石段を降りて行く
夜明けの光に心を洗われ
彼の名前が付けられた聖堂に入り
彼の像の前に頭を垂れ
高鳴る心を彼にゆだねながら脆いて祈った
そして私は夜にはない眠りに落ちて行った


I found through him
I saw before me the world of his world
the bright fields
the birds in abundance
all of nature
of which he sang
singing of him
all the beauty that surrounded him as he walked
his nature that was nature itself
and I heard him
I heard him speak
and the birds sang sweetly
and the wolves licked his feet

私の目の前に彼の世界が広がった
輝くような野原、多くの鳥たち
自然界のすべては
彼が歌っていた歌そのものだった
彼が歩けばその周囲のすべてが美しさに包まれ、
彼自身が自然そのもののようで
私は、彼が鳥たちと話す声を聴き
狼たちは彼の足を舐めていた


but I could not give myself to him
I felt another call from the basilica itself
the call of art, the call of man,
and the beauty of the material drew me away
and I awoke
and beheld upon the wall, the dream of Constantine
the handiwork of Piero della Francesca
who had stood where I stood
and with his brush stroke the legend of the true cross
and he envisioned Constantine advancing to greet the enemy
and as he was passing the river
an unaccustomed fear gripped his bowels
an anticipation so overwhelming that it manifested in waves

それなのに、私は彼に自分を捧げることができなかった
聖堂から、私を呼ぶ別の声が聴こえて
それは芸術の声というか、人間によって描かれた美が
私をそこから引き離したのだ
私の関心は後ろの壁にあった“コンスタンティヌスの夢”に移った
それはピエロ・デラ・フランチェスカの作品で
彼は、私がいま立っている場所で『聖十字架伝説』を描いた
コンスタンティヌス帝は敵を迎え撃とうとして
河を越えようとしたとき
経験したことのない恐怖で内蔵をつかむような感覚に見舞われ
不安は波のように襲ってきた


all through the night
the dream drew toward him as an advancing crusade
he slept in his tent on the battlefield
while his men stood guard
and an angel awoke him
Constantine within his dream awoke
and his men saw a light pass over the face of the king
the troubled king
and the angel came and showed to him the sign of the true cross
in heaven and upon it was written

その夢の絵はその晩のコンスタンティヌス帝を描いた
進軍する十字軍として、彼は戦場のテントで眠り
その間彼には護衛が立っていた
そこにひとりの天使が彼を起こしにきた
コンスタンティヌス帝は夢の中で目覚め
護衛の兵士たちは、王の顔に差す光と、苦悩する王を見た
それから天使は舞い降りて「聖十字架」のしるしを彼に見せた
それは「天」からの文字だった。

"in this sign shall thou conquer"

この “サイン(御印)” によって汝は勝利するであろう

in the distance
the tents of his army were lit by moonlight
but another kind of radiance lit the face of Constantine
and in the morning light the artist seeing his work was done
saw it was good

"in this sign shall thou conquer"

遠方にある彼の軍隊のテントは月明かりに照らされていたが
コンスタンティヌスの顔はそれとは別の光で輝いていた
ピエロ・デラ・フランチェスカは、朝の光とともに描き終わり
それは良い出来だと感じた

この “サイン(署名)” によって汝は勝利するであろう


he let his brush drop and passed into a sleep of his own
and he dreamed of Constantine carrying him into battle in his right hand
an immaculate undefiled and simple white cross
Piero della Francesca, as his brush stroked the wall
filled with the torpor and fell into a dream of his own

彼は、絵筆を置いて自らも眠りに落ち
コンスタンティヌスが右手に白十字の旗をもって進軍する夢を見ながら
ピエロ・デラ・フランチェスカも深い夢の中で
彼自身も、絵筆でそれをなぞっていた


from the geometry of his heart, he mapped it out
he saw the king rise, fitted with armor set upon a white horse
an immaculate cross in his right hand
he advanced toward the enemy
and the symmetry
the perfection of his mathematics
caused the scattering of the enemy—agitated, broken they fled

画家は心の中の思いを幾何学を通じ、地図のように表現した
王が立ち上がり、甲冑をまとって、白馬に跨がり
右手に汚れなき白十字を掲げ、敵に向かって前進する場面を
そして数学的理論により対象を測り
敵を散りばめて配置し、彼らが破れ、逃げ惑う姿を


and Piero dela Francesca, waking, cried out
"all is art all is future
oh lord let me die on the back of adventure
with a brush and an eye full of light"
as he advanced in age, the light was shorn from him
his eyes, blinded, he layed upon his bed
on an October morning, 1492 whispering
"oh lord let me die on the back of adventure, oh lord
let me die on the back of adventure, oh"

そしてピエロ・デラ・フランチェスカは目覚め、叫んだ

「すべての表現は未来に通じる  
主よ、我が命を絵筆と光に満ちた目による冒険の内に奪いたまえ」

彼が年齢を重ねるごとに、彼の眼からは光が失われ
視力を失い、彼が床に伏した1492年の10月の朝、彼は呟いた

「主よ、我が命を冒険の内に奪いたまえ
主よ、我が命を冒険の内に奪いたまえ」

And a world away, the world away
on three great ships, adventure itself,
as if to answer
pulling into the New World
and as far as his eyes could see
no longer blind all of nature
unspoiled beautiful beautiful
such a manner it would have lifted the heart of Saint Francis
into the realm of universal love

そして世界の遥か彼方では
3隻の偉大な船が、冒険そのものの
答えであるかのように
新世界に引寄せられていた
船はどこまでも遠くを見ることができ
見渡せない自然はなく
何ものにも侵されていない美しい世界は
聖フランシスコの胸を熱くするような
宇宙的な愛の概念をもたらした

Columbus set foot on the new world
he witnessed beauty unspoiled
all of the delights given by god
as if in Eden itself
as if Eden had opened up her heart to him
and opened her dress
and all of her fruit, gave to him
and Columbus so overwhelmed
fell into a sleep of his own

コロンブスは新世界に足を踏み入れ
まだどこにも侵されていない美しさを発見した
そのすべてが神によって与えられ
まるでエデンの園であるかのように彼に心を開き
衣を脱ぎすべての果実が与えられたようだった
コロンブスは圧倒され自らの眠りに落ちた


all the world in his sleep(*1)
all of the beauty
all of the beauty entwined with the future
the twenty first century
advancing like the angel advancing like the angel
that had come to Constantine

世界はすべて夢の中
すべての美しさは未来に絡んでいた
21世紀は天使のように進むこと
コンスタンティヌスの前に現れた天使のように


Constantine and history(*2)
oh this is your cross to bear
oh lord oh lord let me deliver
hallowed adventure to all mankind
in the future

コンスタンティヌスやその歴史も
それは、人々が負うべき十字架なのだ
主よ、我に運ばせよ
すべての人類の神聖なる冒険を未来のために


oh art, cried the painter
oh art, oh art, cried the angel(*3)
art the great material gift of man
art that hath denied the hungered pleas of Saint Francis
oh thou artist

芸術よ!と画家は叫んだ
人工的!わざとらしい!天使は叫んだ
人類に与えられたあらゆる素材が芸術となり
聖フランシスコにとっては飢えることが表現となった
おお汝アーティストよ

all shall crumble in the dust
oh thou navigator
the terrible end of man
this is your gift to mankind
this is your cross to bear
then Columbus saw all of nature aflame
the apocalyptic night
and the dream of the troubled king
dissolved into light

すべてはやがて塵となり砕け散る
おお汝探検家よ
恐ろしい終末は人類に与えられたものであり
背負うべき十字架である
それからコロンブスはすべての自然が燃え上がるのを見た
終末の夜
苦悩する王の夢は光の中に消えた



歌詞引用:http://www.songmeanings.net/songs/view/3530822107859437733/


(*1)このパラグラフ全体がよくわからない

(*2)Constantine and history oh this is your cross to bear
コンスタンティヌス自身が背負うべきでいいのかなぁ。。「let me deliver」が気になるんだけど。。

(*3)芸術家が考える「Art」に対して、Art を「人工物」とする視点を天使に与えているのかと思ったのだけど、王と探検家に対しての十字架の重みを考えると、両者とも「芸術バンザイ」の方なのかなぁ。



《上記についてはコメント欄参照》

◎パティ本人による『バンガ』全曲解説&解説中に泣いちゃったこと…



[PR]
by yomodalite | 2013-02-26 10:26 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(9)

Patti Smith『Banga』[3]和訳 “Tarkovsky"

f0134963_11361674.jpg


Patti Smith『Banga』[2] “AMERIGO”の続き


『Banga』には、『ラスト・タンゴ・イン・パリ』でマーロン・ブランドと共演したマリア・シュナイダーのことを歌った“Maria"や、『ラム・ダイアリー』を撮影中のジョニー・デップに贈られた “Nine” 、エイミー・ワインハウスのことを歌った “This ls The Gir”、東北地震を経験したすべての日本の人々への “Fuji-san” など、もっと親しみやすく取っつきやすい曲も多いのですが、ちょっと取っつきにくい “Tarkovsky” という曲を訳してみたかった一番の理由は、
The Second Stop Is Jupiter というサブタイトルが個人的に気になったからです。

ミケランジェロ関連で、ルネサンスのことを考えていたので、ゼウスのローマ語である「Jupiter 」とか「ユピテル」とか言われると、つい反応しちゃって、しかも、パティも、このアルバムの中で、アメリカの歴史をルネサンスの精神や理想主義と重ね合わせようとしているところが、随所に見られるので。

CDに納められたパティの文章には、

私達のバンドがロシア公演に行った際のモスクワ滞在中に私はブルガーコフとゴーゴリの墓地を訪れ、ロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーのサウンド・スタジオや撮影地も訪れた。 “Tarkovsky" はサン・ラ(Sun Ra)によるテーマに様々な即興演奏を重ねた映画『僕の村は戦場だった』(英題:Ivan's Childhood)へのレスポンス。

と、あります。

調べてみると「The Second Stop Is Jupiter」は、土星からやってきたと公言するサン・ラっぽい言い方なのか、彼のアルバムタイトルでもあり、同名の曲もありましたが、パティには、ギリシャの神への思いもあるでしょう。この曲のクレジットには、Sun Ra & Patti Smithとあるのですが、サン・ラは、1993年亡くなっているので、彼の曲がサンプリングされているのかなぁと思ってみたり、

サン・ラのことも私は知りませんでしたし、彼の音楽とタルコフスキーとの結びつきも、『僕の村は戦場だった』も、昔々に1回見たきりなのですが、今の段階で自分なりに意味が通じるように訳してみました。日本語部分には充分ご注意のうえ、気になる点は遠慮なくご指摘くださいませ。

[追記]コメント欄にて、修正箇所を協議中。





Tarkovsky(The Second Stop Is Jupiter)
Wards by Patti Smith

The eternal son runs to the mother(*1)
She smoothes his brow and bids him
Drink from her well of hammered mist
Too long sweet lad, fog rises from the ground(*2)
The falling soot is just the dust of a shimmering gem
The black moon shines on a lake
White as a hand in the dark
She lifts the lamp to see his face
The silver ladle of his throat(*3)
The boy, the beast, and the butterfly.

永遠の命を得た息子は、母に助けを求め駆け寄る
体を打つかのように降る霧の粒は、母からの恵みのように
母は、息子の額を撫でながら言う
とても永かったわね 愛しい息子
霧は上がり、日は昇る
落下する煤は、まるで宝石のように微かに光る
黒い月は、湖の上で輝く
暗闇の中に差し出された、手のように白く
母は、息子の顔を見るためにランプを持ち上げる
彼の首には銀色のスプーンのネックレス
お前は、野蛮でもあり、不安に震えてもいたのね

The sea is a morgue, the sea is a morgue, the needle and the gun
These things float in blood that has no name
The telegraph poles are crosses on the line
Rusted pins, not enough saviors to hang
She blesses the road, the robe and the road and the noose of vine
And waits beneath the triangle
Formed by Mercury, an evening star(*4)
The fifth planet with its blistering sore
And the soaring eagle above and to the west(*5)
The boy, the beast and the butterfly.

海は死体置き場、海は死体置き場、注射針や銃が
名もなき血の中で漂っている
電信柱は一列に並んだ十字架のようだけど
錆びた杭は、救世主たちを吊るすには不十分
彼女は絞首刑への道のりとロープの輪の部分に祈りを捧げ
水星と金星が交わり形づくられたトライアングルにある
五番目の灼熱の惑星(Jupiter)の訪れを待っていた
そして、遥か上空から鷲は西へと向かった
その男は、獣のようでもあり、蝶のようでもあった

She walks across a bridge of magpies(*6)
Her hollow tongue fills the brightness with water
And in the wink of an eye
One planet with a glittering womb
One white crow one diamond head
Big as a world, big as a world
The boy, the beast, the butterfly

彼女は「カササギの橋」を歩いて渡る
彼女の空ろだった言葉は、その輝くような天の川によって満たされ
瞬きをしただけで、彼女の子宮からひとつの惑星が誕生する
1羽の白いカラスが、ダイアモンドヘッドの火山や
世界全体と同じぐらい大きいように
その男は、獣のようでもあり、蝶のようでもあった

Hovering(*7)
Above the sore, the blistering sore
of the fifth planet
Wait, stop, don't forget, don't forget,
How I played with you
How I kissed away your tears
Don't forget
The white mouth of the son smiles(*8)
On his beautiful tongue the seed of flight.(*9)

羽ばたいて
五番目の惑星は、焼けつくような心の傷も痛みも超越する
でも、待って、私と遊んだことは憶えていて
私があなたの涙を唇でぬぐったことを
忘れないでいて
息子の病める口は、微笑み
彼の美しい舌からは、希望の種が飛び立つ



(*1)The eternal son runs to the mother
CDの歌詞では、The eternal sun になっていますが、複数のLYRICSサイトを参照して、「son」で訳しました。ヒアリングにはまったく自信がないので、どちらかわかる方は教えてください。

(*2)Too long sweet lad, fog rises from the ground
CDの歌詞では Come along sweet lad になっていますが、複数のLYRICSサイトを参照して「Too long」 で訳しました。どちらかわかる方は教えてください。

(*3)幸運のお守りとされているネックレスのことだと思う

(*4)Mercury(水星)は、神々の使者であり、科学、論理、知性、言葉を意味していて、evening star(宵の明星=金星)は、美と愛を意味していて、その両方が交わる(triangle)地点にある The fifth planet (木星=Jupiter 巨星であることから神々の王ゼウスと考えられていた《ローマではジュビターまたはユピテル》=ゴッド)を、星としても、スターに象徴されるような人格としても表現していると思う。

(*5)eagleは、キリスト教の象徴だけではないですが、この詩の状況と、 the west から考えて、イエスか、彼のような救世主のことかなぁ。。

(*6)今回調べて初めて知ったのですが、bridge of magpies(カササギの橋)の伝説とは、日本では「七夕」として知られているもので、英語圏では「Chinese Valentine's Day」として知られているらしく、日本でいう織り姫と彦星は “カササギの橋” を渡って出逢うみたいです。


f0134963_10595139.jpg
f0134963_110271.jpg

◎[Wikipedia]Qixi Festival
◎[参考サイト]The Legend of Magpie Bridge

(*7)この行から、CDの歌詞とかなり異なっているのですが、曲を聴いて確認したものに近いLYRICSサイトの歌詞を採用しました。

(*8)The white mouth of the sun smiles が、CD歌詞で、最初、私は「White Month of the sun smiles」の間違いじゃないかと、複数のサイトを見たのですが、LYRICSサイトでは、ほとんど、The white mouth of the son smiles で、迷った末に「White Month」“断酒期間”ではなく「The white mouth」“病める口”と「son smiles」“息子の微笑み”の方が、救世主の新たな言葉(Words from the New World)に繋がるので、そちらを採用しました。 どちらかわかる方は教えてください。


(*9)CDの歌詞では、On his beautiful tongue the seed of flight. ただし、複数のLYRICSサイトで「this beautiful tunnel, a seed, a flight.」という表記があり、迷ったのですが「On his~」で訳しています。どちらかわかる方は教えてください。

◎[関連記事]『Banga』[4] “Constantine's Dream″ パティによる文章



[PR]
by yomodalite | 2013-02-19 11:26 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(10)

Patti Smith『Banga』[2]和訳 “AMERIGO”

f0134963_15124227.jpg


Patti Smith『Banga』[1]パティによる紹介 の続き

[追記]コメント欄での経緯から、和訳を修正しました。他にもご意見お待ちしてます。

ニューアルバム『バンガ』の中で、歌詞の意味がもっともわからないのは、タイトルソングでもある “Banga” だと思います。でも、その曲に関しては、最低でも、長編小説の『巨匠とマルガリータ』と『犬の心臓』という2冊の本を読まないとわからなそうなので、それ以外の曲から、何曲か訳してみようと思います。

まず、最初に選んだのは、 “AMERIGO” 。

下記は、パティ自身の文章から。

“Amerigo” is our overture, contemplating the exploits of the navigator Amerigo vespucci, from whom America got its name. l imagined vespuci coming to the New World with great expectations that they would convert the natives,only to find himself utterly transformed by the purity of the land and people.

“Amerigo”は、私達の前奏曲であり、探検家アメリゴ・ヴェスプッチ(註)の偉業に思いを馳せた作品だ。アメリカという国名は、彼の名から来ている。先住民たちの意識を変えたいという大いなる期待を持って新大陸に乗り込んできたヴェスプッチは、結局のところ、その土地と住民たちの純粋さによって、自身が変化させられてしまったのだろうと、私は推測している。(国内版CD和訳より引用)

(註)イタリアの商人、探検家。フィレンツェ共和国の生まれで、ロレンツォ・デ・メディチとその息子のジョヴァンニに仕えていた。コロンブスはアメリカ大陸をインドだと主張したが、ヴェスプッチは新大陸だと確認したという理由から、米大陸の発見者として名を馳せ、彼の名前から「アメリカ」は名付けられた。(Wikipedia)

◎[参考記事]アメリゴ・ヴェスプッチ

わたしは、この曲を聴いて、パティは、現在、宗教やさまざまな主義主張により、国民の分断が激しくなっているアメリカの現在を、宗教の堕落から逃れ、理想の社会を求めて、アメリカ大陸に渡ってきたピューリタン達や、身分社会や、差別からの脱却を目指した人々、そんな、様々な理想を求めて「新大陸」に来た人々の原点を振り返って、もう一度、「新世界」を考え直せ。と言っているのかなぁと思いました。




私は「直訳」とか「意訳」という言葉がキライです。英語圏と日本では文化がすごく違うので「直訳」なんてありえないと思っていますし「意訳」になっていなかったら「訳」ではないと思うからですが、残念なことに、そんなことを言えないレベルで、ものすごく英語が苦手なので、日本語部分には充分ご注意のうえ、気になる点は、遠慮なくご指摘いただけることを期待しています。また特に意見が欲しい部分には(*)をつけました。



AMERIGO
Wards by Patti Smith


We were going to see the world In this land
We placed Baptismal fonts
And an infinite number were baptized
And they called us Caribe
Which means "Men of Great Wisdom"

わたしたちはこの大陸に新たな世界を発見しようとした
わたしたちはカトリックの洗礼の道具を持ち込み
そこには多くの洗礼を受けようとする先住民たちがやってきて
彼らは、わたしたちを「カリブ」と呼んだ。
それは偉大な知恵を持つ人という意味だった(*1)

Where are you going,
And are you going anywhere?
Where are you going
Send me a letter, if you go at all

あなたはどこに行くの?
どこか別の場所に行くつもりなの?
もし、あなたが行ってしまうのなら
わたしに手紙を送ってね

Ahh, the salvation of souls,
But wisdom we had not
For these people had neither King nor Lord
And bowed to no one
And they had lived in their own liberty

ああ、魂の救済だなんて
わたしたちには知恵などなかった
ここにいた人々は、どんな王様にも、主人にも仕えておらず
誰に頭を下げることもなく
彼らは、自分自身で自由に生きていた

Where are you going,
And are you going anywhere?
Going in circles
Going in circles, anywhere

あなたはどこに行くの?
どこか別の場所に行くつもりなの?
周り回って、どこか...

I saw the new
The inconstant shifting of fortune
And now I write to you
Words that have not been written
Words from the New World

わたしは新たなるものを見ました
運命は変わりゆくもので
それで、今あなたに手紙を書いているのです
今までに書かれたことのない
新しい世界からの言葉で

Tracing the circles
Moving across my eyes
Lying on a ship
And gazing at the western skies
Tracing lazy circles in the sky

わたしの視線は、大航海の軌跡をたどりながら
船に寝そべって空を眺め、
西の空から、ゆるやかに円を辿るように空を追って行く(*2)

Hey! Wake Up! Wake Up!

さあ!起きて!目覚めるのよ!

Where are you going,
And are you going anywhere?
Where are you going
Send me a letter, if you go at all

あなたはどこに行くの?
どこか別の場所に行くのかしら?
もし、あなたが行ってしまうのなら
わたしに手紙を送ってね

It's such a delight
To watch them dance
Be it sacrifice or romance
Free of all the things that we hold dear
Is that clear, Your Excellency?

彼らが踊るのを見ていると楽しくなります
神への生贄とか、作り話とか
わたしたちが囚われているすべてのことから
解き放たれていて
貴方さまも、もうお分かりでしょう?

And I guess it's time to go but
I gotta send you just a few more lines
From the New World

もう行かなくてはなりませんが
あと少しだけ新しい世界から手紙を送ります

Tracing the circles
Moving across my eyes
Lying on a ship
And gazing at the western skies
Tracing lazy circles in the sky
Tracing lazy circles in the sky
Tracing lazy circles

わたしの視線は、大航海の軌跡をたどりながら
船に寝そべって空を眺め、
西の空から、ゆるやかに円を辿るように空を追って行く
ゆるやかに円を辿るように空を追って行く
円を辿るように

And the sky opened
And we laid down our armor
And we danced
Naked as they
Baptized in the rain
Of the New World

それから空は開かれて
私たちは甲冑を脱ぎ
彼らのように裸で踊りました
雨が洗礼を施すのです
この新しい世界では



(*1)And they called us Caribe which means "Men of Great Wisdom"
この部分なんですが、現在、原住民の方を「カリブ族」と呼んでいますよね。「カリブ」は「カニバリズム」語源になっていたり、人食い人種だとか、コロンブスらの報告で、野蛮なイメージで印象づけられてきていて、このアルバムにも参加している、ジョニー・デップの『パイレーツ・オブ・カリビアン』とか「カリブの海賊」などのカリブですよね。

でも、この歌詞からは、先住民のことを「カリブ族」と言うようになったのは、先住民が、我々(侵略者)に対して「カリブ(知恵を持つ人々)」という言葉を頻繁に口にしていたために、そこから、彼らの呼称が「カリブ」になった。。。のかなぁと想像したのですが、まだよくわかっていません。

(*2)このパラグラフは、一番何度も書き直したところ。特に「Lying on a ship」の部分とか、、パティは、大航海の時代を、海と大陸侵略の歴史としてではなく、海と陸を、全世界で繋がっている、空から眺めてみている。のだと思ったのですが。。

◎[関連記事]Patti Smith『Banga』[3] “Tarkovsky"



[PR]
by yomodalite | 2013-02-17 09:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(17)

和訳 My Chemical Romance “Welcome To The Black Parade”

f0134963_1929248.jpg


2006年のヒット曲なんですが、Thrillerと、Ghostと、HIStory Teaserが合体したゴシック・スリラーという雰囲気に、MJスピリットを感じました。

日本語部分で、気になる点は遠慮なくご指摘くださいませ。





Welcome To The Black Parade
Written by My Chemical Romance


When I was a young boy,
My father took me into the city
To see a marching band.

僕が子供のとき、父さんが、街に連れてってくれて
マーチングバンドを観たんだ


He said, "Son when you grow up,
would you be the savior of the broken,
the beaten and the damned?"

父さんは言った
息子よ、おまえが大きくなったら、人生が破壊され、
地獄に落とされた者たちの救世主になってくれないか?


He said "Will you defeat them,
your demons, and all the non-believers,
the plans that they have made?"

人の心に棲む悪魔と、信じるものが何もないような者たちが企てた計画を
叩きのめしてくれないか?


"Because one day I'll leave you a phantom
to lead you in the summer, To join The Black Parade."

いつの日か私は去り、ある夏の日に、
亡霊がお前をブラックパレードへと導くだろう


When I was a young boy,
My father took me into the city
To see a marching band.

僕が子供のとき、父さんが、街に連れてってくれて
マーチングバンドを観たんだ


He said, "Son when you grow up,
would you be the savior of the broken,
the beaten and the damned?"

父さんは言った
息子よ、おまえが大きくなったら、人生が破壊され、
地獄に落とされた者たちの救世主になってくれないか?


Sometimes I get the feeling she's watching over me.
And other times I feel like I should go.
And through it all, the rise and fall, the bodies in the streets.
And when you're gone we want you all to know.

ときには、僕を見守ってくれている霊を感じることもあるけど
逃げ出したくなるときもあるんだ
街では、霊が死体から脱け出て、
天国に昇ったり、地獄に堕ちていったりを繰り返しているからね
だから、この世から去るとき、みんなに知っておいて欲しいんだ


We'll carry on,
We'll carry on
And though you're dead and gone,believe me
Your memory will carry on
We'll carry on
And in my heart I can't contain it
The anthem won't explain it.

僕たちの思いは続いていくってこと
僕たちの思いは続いていく
たとえ君が死んでしまっても、僕を信じてくれ
君の記憶は受け継がれるんだ
僕たちの思いは続いていく
僕の心の中だけじゃなく
聖歌で説明することはできないけど


f0134963_19283328.jpg

A world that sends you reeling from decimated dreams
Your misery and hate will kill us all.
So paint it black and take it back
Let's shout it loud and clear
Defiant to the end we hear the call

夢は打ち砕かれ、世界は君を動揺させる
君の苦悩と憎しみは、僕たちすべてを皆殺しにしてしまう
だから、そんなものは黒く塗りつぶして、自分を取り戻すんだ
天から呼び出しを受ける最後まで、反抗し続けると
大きな声で、はっきりと叫ぼう


To carry on
We'll carry on
And though you're dead and gone believe me
Your memory will carry on

続けて行こう
僕たちの思いは繋がっている
たとえ君が死んでしまっても、僕を信じてくれ
君の記憶は受け継がれるんだ


We'll carry on
And though you're broken and defeated
Your weary widow marches

僕たちの思いは続いていく
たとえ一文無しになって倒れても
君が疲れ果てた未亡人になっても行進を続けるんだ


On and on we carry through the fears
Ooh oh ohhhh
Disappointed faces of your peers
Ooh oh ohhhh
Take a look at me cause I could not care at all

次から次へと僕らは恐怖を乗り越えていく
君の仲間が、失望した顔をしたって
僕を見てくれ、僕は全然気にしちゃいない


Do or die, you'll never make me
Because the world will never take my heart
Go and try, you'll never break me
We want it all, we wanna play this part

生きるのも死ぬのも、僕には何も出来ないよ
なぜなら、世界は僕の心まで奪うことはできないから
やってみればいい、僕を壊す事なんて絶対にできない
みんなすべてを欲しがってる、僕たちはこの部分の役目を果たしたい


I won't explain or say I'm sorry
I'm unashamed, I'm gonna show my scar
Give a cheer for all the broken
Listen here, because it's who we are

僕は説明なんてしないし、謝ったりもしない
恥ずかしいこともないし、僕が受けた傷も見せてあげたいぐらいだよ
敗れ去っていった者たちに、拍手を贈ってくれ
そこで聴いててくれ。これが僕たちなんだ


I'm just a man, I'm not a hero
Just a boy, who had to sing this song
I'm just a man, I'm not a hero
I! don't! care!

僕はただの男で、ヒーローなんかじゃない
普通の少年なんだけど、この歌を歌わなくちゃならなくなったんだ
僕はただの人間さ、ヒーローなんかじゃない
そんなことは、どうだっていい!


We'll carry on
We'll carry on
And though you're dead and gone believe me
Your memory will carry on
We'll carry on
And though you're broken and defeated
Your weary widow marches on

僕たちの思いは続いていくってこと
僕たちの思いは続いていく
たとえ君が死んでしまっても、僕を信じてくれ
君の記憶は受け継がれるんだ
僕たちの思いは続いていく
たとえ一文無しになって倒れても
君が疲れ果てた未亡人になっても行進は続く


Do or die, you'll never make me
Because the world will never take my heart
Go and try, you'll never break me
We want it all, we wanna play this part (We'll carry on)

生きるのも死ぬのも、僕には何も出来ないよ
なぜなら、世界は僕の心まで奪うことはできないから
やってみればいい、僕を壊す事なんて絶対にできない
みんなすべてを望んでる、僕たちはこれがやりたいんだ(僕たちの思いは続いていく)


Do or die, you'll never make me (We'll carry on)
Because the world will never take my heart (We'll carry on)
Go and try, you'll never break me (We'll carry)
We want it all, we wanna play this part (We'll carry on)

生きるのも死ぬのも、僕には何も出来ない(僕たちの思いは続いていく)
なぜなら、世界は僕の心まで奪うことはできない(僕たちの思いは続いていく)
やってみればいい、僕を壊す事なんて絶対にできない(僕らが繋げる)
みんなすべてを望んでる、僕たちはこれがやりたいんだ(僕たちの思いは続いていく)


f0134963_19225674.jpg


[PR]
by yomodalite | 2013-01-18 09:04 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

Divas on Ice[2]荒川静香(訳詞曲:Frozen)

f0134963_19202953.jpg


「彼女ほど美しいスケーターが、過去に、そして未来にもいるでしょうか。。」


Figure Skating / Underwater Montage




Shizuka Arakawa in Stockholm "Yugao"




THE VOICE (Friends on Ice 2011)




Frozen(Madonna)




☆ドナ・サマーとの共演!
2011 Art On Ice “On the Radio”




2011 Art On Ice “Who Wants To Live Forever”




 
☆名作!!!
Torino 2006 “You Raise Me Up” (和訳)






f0134963_1944815.jpg
photo : http://page.freett.com/budda/page3.html




Frozen
Lyrics by Madonna(Ciccone Madonna L)

You only see what your eyes want to see
How can life be what you want it to be
You're frozen when your heart's not open

あなたは自分が見たいものしか見ていない
それでは、人生に何も期待できないわ
心を閉ざしたままでいたら
あなたの心も凍ってしまう


You're so concerned with how much you get
You waste your time with hate and regret
You're broken when your heart's not open

あなたは、たくさん手に入れることばかりに取りつかれて
憎んだり、後悔して、時間を無駄にしている
心を閉ざしたままでいたら、あなたが壊れてしまうのよ


Mmm,Mmm,Mmm.. If I could melt your heart
Mmm,Mmm,Mmm.. we'd never be apart
Mmm,Mmm,Mmm.. Give yourself to me
Mmm,Mmm,Mmm.. You hold the key

あなたの心を溶かしてあげられたら
わたしたちは離れることはないのに…
あなたの心の鍵を
わたしに委ねてほしい


Now there's no point in placing the blame
And you should know I'd suffer the same
If I loose you, my heart would be broken

責めることに意味なんてない
わたしも同じように苦しんでいることを
あなたに知って欲しいの
もし、あなたを失うことになったら、
わたしはきっと壊れるでしょう


Love is a bird, she needs to fly
Let all the hurt inside of you die
You're frozen when your heart's not open
You're broken when your heart's not open

愛は鳥のように、翼が必要なの
あなたは心の痛みを癒すのよ
心を閉ざしていたら、あなたは凍ってしまう
心を開かなくては、あなたは壊れてしまう


If I could melt your heart
If I could melt your heart

あなたの心を溶かしてあげられたら



f0134963_19444346.jpg


[PR]
by yomodalite | 2012-12-23 18:31 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(2)

Divas on Ice[1]安藤美姫(訳詞曲:You Must Love Me)

f0134963_036190.jpg


何かと忙しい時期なので、、
目と耳の保養に「氷上の女神たち」の動画を紹介します。



「かつて、リンクに、彼女のような “女優” が現れたことがあったでしょうか。。」


◎Art on Ice 2012(Black swan)






☆グレート・シンガーとの共演!
◎Love on Ice 安藤美姫 with Gladys Knight & the Pips live







◎Miki Ando in Stockholm "a thousand winds"(千の風になって)







◎Miki Ando in Stockholm "O Mio Babbino"(蝶々夫人)








◎2009 DOI Miki Ando EX montage







☆上記はファンによる「モンタージュ」オリジナルのプログラムはこちら
◎2009 Rostelecom Cup EX Miki ANDO



☆名作!!!
◎2010 Dreams On Ice(アランフェス協奏曲)








◎BLACK SWAN (HQ)








☆マドンナが映画『エビータ』で歌った曲
◎2012 WTT Gala EX - Miki Ando - You Must Love Me






You Must Love Me
Lyrics by Madonna(from Evita Soundtrack)

Where do we go from here?
This isn't where we intended to be
We had it all, you believed in me
I believed in you

私たち、ここからどこに行くの
私はあなたを信じ、あなたは私を信じてくれたけど
ここには、私たちが求めていたもののすべてはなかった


Certainties disappear
What do we do for our dream to survive?
How do we keep all our passions alive,
As we used to do?

夢を繋ぐために、私たちに何ができる?
確かなことは消え去っていく…
いったいどうすれば生き残るための情熱を
保てるというの


Deep in my heart I'm concealing
Things that I'm longing to say
Scared to confess what I'm feeling
Frightened you'll slip away

私は心の奥底で、あなたに言いたいことをずっと隠してる
私が感じていることを告白したら、
あなたがここからいなくなってしまいそうで怖いの


You must love me
You must love me

あなたには私が絶対に必要なのよ

Why are you at my side?
How can I be any use to you now?
Give me a chance and I'll let you see how
Nothing has changed

私の側にいてくれる?
わたしに、今、何かあなたの役に立てることがある?
チャンスを与えてくれたら、
わたしの愛が変わらないことがわかるのに


(bridge)
(chorus)

You must love me

あなたには、私じゃなくちゃダメなのよ



*上記は、私訳なので、間違いや、気になる点は、
遠慮なくご指摘くださいね。



☆[関連記事]Divas on Ice[2]荒川静香
☆[関連記事]Divas on Ice[3]浅田真央

f0134963_0461968.jpg

[PR]
by yomodalite | 2012-12-22 16:31 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

和訳 Lana Del Rey “Ride”

f0134963_2254196.jpg


歌もすごく素敵なんだけど、VDが映画のように素敵で、

まさに、ショートフィルム!

それで、つい訳してしまったのだけど、、
そこはそうじゃないかとか、色々とお気づきの点は、遠慮なくご指摘くださいませ。







Lana Del Rey - Ride
lyrics by Lana Del Rey


I've been out on that open road
You can be my full time, daddy
White and gold
Singing blues has been getting old
You can be my full time, baby
Hot or cold

建物ひとつないような、広くて遠い道のりを
パパはいつも一緒にいてくれたけど、
金髪の白人が
歌うブルースはすっかり古くなってしまったわ…
ベイビィ、あなたはずっと一緒にいてくれる
クールに、そして熱く...

Don't break me down
I've been traveling too long
I've been trying too hard
With one pretty song

私を大切にあつかって
とても長い旅をしたの
たった一曲の素敵な歌と一緒に
激しくて、つらい旅をね

I hear the birds on the summer breeze, I drive fast
I am alone in the night
Been trying hard not to get into trouble, but I
I've got a war in my mind
So, I just ride

爽やかな風の中、鳥の声を聞きながら、私は突っ走る
夜に、たった1人で
事故に遭わないように必死になってるけど
心の中はめちゃくちゃ…
そう、私はただ「乗っていたいの」


f0134963_230346.jpg

Dying young and I'm playing hard
That's the way my father made his life an art
Drink all day and we talk 'til dark
That's the way the road doves do it, ride 'til dark.

若くして死んじゃうような感じで、がむしゃらに遊んでる
わたしのパパの人生もそんな感じで
一日中お酒を飲んで、暗くなるまで語り明かした
私は、鳩が道にいるような感じで、暗くなるまで「乗せてくれる」のを待ってる

Don't leave me now
Don't say good bye
Don't turn around
Leave me high and dry

今、わたしをおいて行かないで
さよならなんて言わないで
振り返ったりしないで
わたしを見捨てないで

I hear the birds on the summer breeze, I drive fast
I am alone in the night
Been trying hard not to get in trouble, but I
I've got a war in my mind
I just ride

爽やかな風の中、鳥の声を聞きながら、私は突っ走る
夜に、たった1人で
事故に遭わないように必死になってるけど
心の中はめちゃくちゃ…
私はただ「乗っていたいの」

I'm tired of feeling like I'm f*cking crazy
I'm tired of driving 'til I see stars in my eyes
I look up to hear myself saying,
"Baby, too much I strive, I just ride."

自分がクソッタレ女だってことに飽き飽きして
瞳に輝きを見出せるまで、走り続けることにも疲れたわ
空を見上げて、自分につぶやく
ベイビィ、もう努力するのはたくさん。私はただ(あなたに)乗っていたいの

I hear the birds on the summer breeze, I drive fast
I am alone in the night
Been trying hard not to get in trouble, but I
I've got a war in my mind
I just ride

爽やかな風の中、鳥の声を聞きながら、私は突っ走る
夜に、たった1人で
トラブルに遭わないように必死になってるけど
心の中はめちゃくちゃ…
私はただ(風に)「乗っていたいの」


f0134963_983525.jpg



[PR]
by yomodalite | 2012-11-26 09:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite