タグ:荻上チキ ( 3 ) タグの人気記事

セックスメディア30年史欲望の革命児たち (ちくま新書)

荻上 チキ/筑摩書房




アラフォー女子として思うのだけど、今の20代は大変だと思う。それは、不況とか経済的なことよりも、恋愛するのがすごくむつかしいような気がするから。バブル世代と言われるけど、当時は◎金、◎ビと分類されて、あの頃の東京でのビンボーは、現在の格差社会でのビンボーより、遥かに惨めで、楽しい恋愛生活を送るのは、それなりに厳しい戦いがあったのだけど、それでも、あの頃の男には絶対に恋愛しなくては、彼女をつくらなければという思いがあったと思うけど、今の若い男はそうではないと思う。

一生出逢うことのないような、美人で、可愛くて、抜群のスタイルの女のあんなことや、こんなことまでが「無料」で見られるという経験を10代の頃から経験してきている男たちと、どうすれば愛しあうことが出来るんだろう。

太古から、男たちのエロに賭けるパワーは、世の中を動かす最大のパワーだったと思うのだけど、これほど簡単にエロを手に入れてしまえるようになったら・・・本書は、今まさに人類が直面している、極めて重要な問題意識を日頃から抱いている者としては、読まざるを得ないという気持ちで手に取りました (* ̄∇ ̄*)

著者の荻上氏が運営する 「SYNODAS」には、レベルの高い知見が集まっていて、興味深いのですが、これまで荻上氏自身には、痒いところから相当離れたところを、ゆる〜く撫でてくれるような相性の悪さを感じることが多くて、

本書も、第一章「いかにして出会い系は生まれたか』、第二章「変化するウェブ上の出会い」部分では、大学レポートのように内容を割り増ししたような、回りくどいアプローチに、いつもの失望感を感じましたが、

第三章「何がエロ本を殺したか」で「オレンジ通信」の元編集長や、芳賀書店社長、第四章「『エロは無料』の衝撃」での、動画ナビゲーターや、ア×××総合サイトの担当者などのインタビューが非常に優れていて、

特に、第五章「性と快楽のイノベーション」の株式会社「典雅」の松本光一社長や、オリエント工業の林拓郎氏インタビューは「プロジェクトX」で特集されていたら、その中でも名作になりそうな物語で、

松本社長の「機能の部分をつくるのと、デザインをつくるのは、同じくらい労力がいります。これまでのア×××グッズは、機能面ではまだ頑張ろうとしていたところもあります。でもトータルでデザインされていない。それは、iPodをつくったのに、塩ビの箱に入れて梱包し「いっぱい聴けるクン」という名前で売っているようなものです」

という日本の製造業のひと全員に聞いてもらいたいような名言もあり、この本を読んで「T×××A」を買いたくなってしまう人も多いと思う。(私まで買いたくなった。使い道ないのに。笑)

全体を通して、やっぱり「痒いとこはそこじゃない」という不満はあるものの、気づいていなかった「スポット」を刺激されたような感じでしょうか。

◎ 「テ◎ガ事件」水野敬也のウケる日記

◎セックスメディア30年史(アマゾン)
______________

[内容紹介]80年代から10年代までの性産業の実態に迫り、現代日本の性と快楽の正体を解き明かす! 筑摩書房 (2011/5/11)



[PR]
by yomodalite | 2011-08-02 10:19 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(2)

ネットいじめ (PHP新書)

荻上 チキ/PHP研究所



『ウェブ炎上』に続いて荻上チキ氏を読むのは2冊目。

第1章では、「ネットいじめ」は「ネット」が原因ではなく、偏った事例を取り上げて「ネットはいじめの温床」と決めつけるマスメディアによって「学校裏サイト」不安が作られている例が語られている。

第2章では、「学校裏サイト」というマスメディアによる恣意的な印象をあたえる名称から、「学校勝手サイト」と改称し、10代〜20歳ぐらいまでの「勝手サイト」の真実を豊富なデータにより紹介。

第3章では、ネットによりイジメが「可視化」されたことにより、見えてくる現代の「イジメ」の実態。「ネットを使うな」がむしろ「イジメ」を助長する懸念。

第4章は、ネットにより加速したキャラ創り。「イジメからイジラレへ」。

第5章は、ウェブの未来を見据え管理はどこまでなされるべきか。有害メディアとして「ネット」を位置づけようとする議論の不毛など。。。

まず、「教育問題たかり屋」としか思えないTV御用達の教育評論家、尾木直樹の憶測のみの「語り」が批判されていることに拍手。「ネットいじめ」の問題のみならず、若年層からネット利用者である青少年と、ネット経験不足の大人との誤解を埋める良書。テーマがピンポイントだけに、新書でも後半は少し飽きてしまうけどよくまとまっています。
_____________

【内容紹介】インターネットはいじめの温床、匿名ゆえに陰湿な誹謗中傷の嵐。「子どもたちを守れ!」を合言葉に、ネットやケータイの使用規制が叫ばれる。はたしてこれで、いじめは減るのか?「学校裏サイト」を利用する子どもたちの生の声を分析すると、ネット空間は現実の人間関係の延長にあり、要は使う人間の質と環境が問題だとわかる。そしてそこには、空気を読まなければ叩かれる現代の若者事情が見え隠れする。学校でも、職場でも簡単に見えるようになった<陰口>。この息苦しさの正体が明らかになる。PHP研究所 (2008/7/16)



[PR]
by yomodalite | 2008-09-17 11:52 | 雑学・Web | Trackback | Comments(0)

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

荻上 チキ/筑摩書房



今読むには微妙に遅いタイミング。内容は「炎上」のメカニズムに関してより、「サイバーカスケード」というキーワードの紹介に力点が置かれている感じ。知性一般はヒートアップより、クールダウンの方が好相性ではあるようで、それは一般的な東大的知性によく見られるものですが、荻上氏にも同様の凡庸さが感じられたかな。

公開中の「まえがき」
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20071007/p2

「著者インタヴュー」
http://www.sbbit.jp/article/6929/

【目 次】
一章/ウェブ炎上とは何か
日常化したインターネット/注目をあつめる「web2.0」/盛り上がるマーケティング言説/「怪物」としてのインターネット/「メディアはメッセージである」/「可視化」と「つながり」/「ロングテール」という期待の地平/集合知は信用できるか/サイバーカスケードという言葉/ブログへのコメントスクラム/個人情報をめぐる騒動/企業と「祭り」/商品をめぐる「祭り」/盛り上がる「投票ゲーム」/流行語をめぐる騒動/「怪物」の二面性/
二章/サイバーカスケードを分析する
デイリー・ミーとエコーチェンバー/エコーチェンバーがもたらす分極化/「デリート・ユー」の誘惑/集団分極化とサイバーカスケード/インターネットの起源/のび太くんに見る道具と欲望の関係/メディアの不透明性/アーキテクチャという思想/議論を左右するアーキテクチャ/自走するコミュニケーション空間/ブロガーとして、ニュースサイト管理人として/複数のコミュニケーションへの常時接続/可視化とつながりによる「誤配」の増大/記号流通回路の変容/
三章/ウェブ社会の新たな問題
イラク人質事件へのバッシング/「自作自演説」というハイパーリアリティ/流言飛語はなぜ生まれるのか/デマの出現とリアリティの構築/「分かりやすさ」へのカスケード/立ち位置のカスケード、争点のカスケード/「浅田彰の戯言」という流言飛語/潜在的カスケードと顕在的カスケード/「ジェンダーフリー」をめぐる騒動/まとめサイトと抵抗カスケード/アンチサイトの揺るがなさ/「福島瑞穂の迷言」をめぐって/リアリティと「ソース」をめぐる困難/自走するハイパーリアリティ/言説空間の不可避的困難とは?/
四章/ウェブ社会はどこへ行く?
サイバーカスケードの功罪/ネットがもたらす過剰性/道徳の過剰/ウェブにおける行動と予期の変化/ウェブと政治の不幸な結婚?/批判の語彙/「2ちゃんねらー=右傾化した若者」という間違い/シニシズムの回路と向き合うこと/監視の過剰/討議を豊かにするアーキテクチャへ/ハブサイトの役目/「鮫島事件」と自走への自覚/合意によるリアリティ/悲観論と楽観論を超えて/



[PR]
by yomodalite | 2008-07-31 18:13 | 雑学・Web | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite