タグ:池田清彦 ( 1 ) タグの人気記事

ほんとうの環境問題/池田清彦、養老孟司

ほんとうの環境問題

池田 清彦,養老 孟司/新潮社



Twitter 2011.4.15〜4.19[原発と政治]④に記録した、「金融バブルとエネルギーバブルは同じ問題なのに」という、つぶやき。

参照動画は、『超マクロ展望 世界経済の真実』の著者、萱野稔人氏と、『TPP亡国論』の中野剛志氏の対談でしたが、

マクロ経済とか、TPPとか、そーゆー経済新聞ぽい言葉って、今イチ...っていう、わたしの同じような感性の方は、もう一度「環境問題」に関して、考え直してみるといいと思うんです。

だって、地球温暖化問題から、原発が、どんどん増えていったんですから。

CO2を利用したひとたちは、CO2悪者説に力がなくなってきたところに起きた、日本の原発事故だって、ビジネスチャンスに見えてると思います。

本書は、2008年の出版で、養老孟司氏の「環境について、ほんとうに考えるべきこと」、池田清彦氏の「環境問題の錯覚」「“環境問題”という問題」という、おふたりの対談が、まとめられています。

養老氏による、第一章の冒頭のことば。

実は環境問題とはアメリカの問題なのです。つまりアメリカ文明の問題です。

日本は世界と比較して、省エネが上手く行っている国なのに、どうして、CO2削減のために、これほどお金を使わなくてはいけなかったのか....

地球温暖化のときと同様、復興だの、被災者支援だの、立派な理由をつけて、強奪されていく「税金ドロボー」ビジネスに乗せられないように、被災地以外のひとは、TVニュースを消して、本を読みましょう。
[共同通信]仙谷氏、復興財源に所得増税を 「期間限定で」


◎『ほんとうの環境問題』池田清彦、養老孟司(アマゾン)

[BOOKデータベース]
「地球温暖化を防止しよう」だって?そんな瑣末なことは、どうでもいい。大事な「問題」は、別にある。環境問題の本質を突く、緊急提言。新潮社 (2008/03)


[PR]
by yomodalite | 2011-04-24 16:10 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite