タグ:水野敬也 ( 6 ) タグの人気記事

四つ話のクローバー

水野敬也



「深沢会長の秘密」

(なんて運が無い人生なんだろう……)
そう思い続けてきた昨日までの自分が、まるでウソのようだ。いや、もしかしたらこれまでの人生は、今日という日のための「運の貯金」だったのかもしれない。(中略)

インターネットの掲示板で見つけた「深沢響に会う方法」。そこに書かれていたのは「こんな話誰が信じるんだ」というほどのバカげた内容だった。深沢会長のメールアドレスは.....

「ハッピーコロシアム」

12月31日、大みそか。
この日の夜はテレビで『紅白歌合戦』や『格闘技』を見るのが恒例となっていました。しかし、数年前、ある番組の登場によって大みそかのテレビ事情は一変してしまいました。(中略)その番組の名はーーーJHC。(中略)

「さあ、それではここで改めてご説明しましょう。JHCーージャパン・ハッピー・クラシックとは、今まで深い議論が交わされてこなかった『日本人はどう生きたら幸せになるのか?』という問題に関して、様々な分野の猛者たちが熱いバトルを繰り広げる大会です。バトルの勝敗は、日本の科学者たちが総力を結集して開発した『脳内神経伝達物質計測装置』によって計測される『幸せ指数』で決定されます。木村さん、この装置がJHCを特徴づける大きな役割を果たしていますよね」.....


「見えない学校」

一瞬、体がふわっと浮いたかと思うと、僕は駅のホームに1人で立っていた。
(あれ、何してたんだっけ?)
何とも言えない違和感を覚えたが、僕の目に映っていたのは、会社帰りに見るいつもの駅の風景だった。ちょうど電車のドアが閉まろうとしている。(中略)

駆け出そうとして体を前に出したとき、僕は驚きのあまり「ええっ?!」と叫んで立ち止まってしまった。

ーー手が透けている。......


「氷の親子」

ここは、営業時間の終わった夜の遊園地です。
静まり返ったジェットコースター乗り場で、コンコン、とジェットコースターの機体を叩く音が響きました。
「誰だ?こんな時間に」
ジェットコースターが眠そうな目を開いて見ると、そこに立っていたのは熊でした。しかし、ただの熊ではありません。氷でできた熊だったのです。
氷の熊は言いました。

「夜分遅くに大変申し訳ありません。わたくし熊五郎と申します」....


大好きな水野敬也氏の2年ぶりの新刊。佐々木一澄さんの挿絵も効いていて素敵な本です。

[内容紹介]170万部の大ベストセラー「夢をかなえるゾウ」著者による幸せになるための4つの物語。四つ葉のクローバーを見つけた人には幸運が訪れるという伝説があり、四つの葉にはそれぞれ 「faith(誠実」」「happiness(幸福)」「heart(愛情)」「hope(希望)」の意味があると言われています。そして、本書「四つ話のクローバー」に登場する4つの物語にも「笑い」や「感動」だけではなく「幸運」を呼び込むための具体的なヒントがつまっています。
文響社 (2011/4/22)


カキフライが無いなら来なかった

せきしろ、又吉 直樹/幻冬舎



才能溢れる、おふたりによる自由律俳句集。目をつぶって、偶然開いたページから、おふたりの句を。

せきしろ(p232)

待ち続ける錆びた遊具

意識してスズメを見る

三人前くらいの大皿で来るとは

友人が旅立つ時間寝ていた


又吉直樹(p234)

地下に潜り過ぎ

それを言うなら梅雨前線だろう

今でも入道雲なら乗れるような気がする

前から知っていたという自慢


おふたりの自由律俳句を読んでいたら、穂村弘氏と、枡野浩一氏の本がものすごく読みたくなってきた。センスの良い方々だけに、期待が大き過ぎるのかな。。

[内容紹介]妄想文学の鬼才と、お笑いコンビ「ピース」の奇才が詠。センチメンタル過剰で自意識異常な自由律俳句四百六十九句。散文二十七篇と著者二人の撮影による写真付き。文学すぎる戯れ言か、お題のない大喜利か。幻冬舎 (2009/6/25)

国家予言者宣言も頼もしい、副島氏による、幻冬舎新書テイストの本。占いにあまり興味がないひと向け「四柱推命」「九星術」の基本ガイド。

わたしは、未来のことを占う占術には、ほとんど興味がなく、特に東洋の占術の知識はまるでないのだけど、西洋占星術の「星座」には、すごく興味があって、自分に関わる人の星座がわかると、なんか安心できるというか、少しはマシな対応ができるような気がするんですよね。(コメントくれる人も星座申告してくれないかなぁ・・)

それにしても、今まで「乙女座」対応していた、1958年8月29日生まれの男性が、昭和33年生まれで、戌年、六白金星というのは、意識してなかった・・ソエジとダーリンは、同じ「牡牛座」だって知ってたけど「二黒土星」も一緒で、今年は「大殺界」。それなのに、やっぱり「六白金星」が気になってしまう今日このごろ。。(真剣にマズい....と思う)

[BOOKデータベース]「非科学的だ、インチキだ」とバカにし騒ぐ人間が白眼視されるほど、いまや世界中のVIP、政界・財界人が占い・呪い、スピリチュアルを信じ、それに基づいて行動している。これは事実である。では、この紀元前からの知恵の体系(占星術、易学)に皆が惹かれるのはなぜか?近年、金融・経済の近未来予測を次々当てた著者が、占術の世界へ飛び込んだ。「四柱推命」「九星術」を研究し、呪い(厄除け)につながる山伏修行を実体験。未来を見通す力の重要性を体当たりで説く革新的な書。幻冬舎 (2011/04)


名妓の資格―細書・新柳夜咄 (芸者論)

岩下 尚史/雄山閣



しばらく前から、このブログのキーワード検索で、驚くほど急上昇した岩下尚史さん。わたしは見ていないのですが「タモリ倶楽部」に出演されたときの「ご本人」が相当魅力的だったみたいです。

岩下氏の『芸者論』は、この数年の読書の中でも、すごく印象強い本だったし、最近2008年の浮世絵についても、コメント頂いたりして「芸者」に関しての積み残しが、すごく気になってきてます。『名妓の資格』も、もうずっと前に購入してるのに、何年も「積ん読エリア」に放置してました(ものスゴい良本なのに!)岩下氏のスゴいところは、現在の芸者関連の関係者でありながら、それらへのスタンスの取り方も、知識も膨大なのに、それだけではない歴史への直感力というか、センスの良さが只ならないんですよね

筋金入りの「不細工好き」のはずなのに、いったいどうして、MJとかマーロン・ブランドのようなイケメン好きになっちゃってるのか。。とにかく、、マズい....と思う。読書と着物をあれこれしないで、アメリカ人のことばっかり考えているなんて、、

でも『サヨナラ』という映画を、うっかり発見してしまって、舞台も日本だったりして、ますます、ブランドに夢中になっているのだ。

あの日「タモリ倶楽部」を見逃したのが敗因なんでしょうか。運命って、何に左右されるか、わからないなぁ。でも、岩下さんきっかけで、翌週の「傑作MJ空耳」を見れたのはよかった♡


砦なき者 (講談社文庫)

野沢 尚



昨日、チャンネルNeco放送で録画してあった『砦なき者』をようやく観る。

野沢尚氏が自殺された日は、日本のテレビが(そのずっと前からそうだったけど、)終わった日(ドラマ界は完璧なまでに)として、わたしは記憶しています。あれから、もう何年も経っている。ということが、多過ぎるなぁ。(ドラマと、こちらの小説の印象は異なります)

◎野沢尚(ウィキペディア)

[BOOKデータベース]報道番組『ナイン・トゥ・テン』に売春の元締めとして登場した女子高生が全裸で首を吊った。恋人を番組に殺されたと訴える青年八尋樹一郎の姿は、ライバル局の視聴率を跳ね上げた。メディアが生んだ一人のカリスマ。その邪悪な正体に気づいたのは、砦を追われたテレビマン達だった。『破線のマリス』を超える衝撃。講談社 (2004/2/13)


[PR]
by yomodalite | 2011-06-27 06:50 | 読書メモ | Trackback | Comments(0)
f0134963_2142618.jpg


JUSTICEって、未だによくわかんない(悩)、、、

でもMurrayが無責任なやつってわかっている「現在」であっても、わたしが体験した一番厳しい不眠症状を思い出すと、依頼する気持ちは、めちゃめちゃよくわかる。。キャサママの起訴は、あえてというか、はっきりさせるためと、末っ子のためにやったんだと思ったけどなぁ。。。愛は意外と万能じゃないよね。。。(悩)

◎http://twitter.com/#!/randyjackson8 (彼のことは心配♡としか言えない。)

☆Randyにはきっと届かないけど、去年復活した“アジアの歌姫”王菲(フェイ・ウォン)

◎王菲(フェイ・ウォン)『傳奇』
◎陳奕迅(イーソン・チャン)とのデュエット曲。
映画『将愛情進行到底』の主題歌“因為愛情”


☆昨日の素敵なツイート(今日のもあるかも)と、RTにならない、yomodaliteの斜め下からのつぶやき。。

malipoza まーじなる
日本の政治の実権を握ってるのは、官僚である。行政を司る官僚に政治家が物言うには、まず政府に入らなければ何も出来ない。官僚にとって一番厄介なのは官僚システムを改革するものが政府に入ってくること。それさえ防げれば何とかなると思っている。小沢を絶対に政府内に入れないのはこのためである。

malipoza まーじなる
日本は官僚が支配する国で、打ち倒すべき対象が見えにくい。しかし、官僚の力の源泉とはそのシステムにある。システムから見て、最も官僚を象徴する特権的人物が3人いる。藤崎駐米大使、笠間検事総長、そして羽毛田宮内庁長官である。この3人が官僚主義を象徴する人物である。

天皇制とか女系への賛否とかより、「次期天皇を誰が教育するのか」って問題を、誰も解決できないよね。。。

chan_dora チャンドラ
エジプトは歴史に残る大暴動が起こっていて、ネットワーク革新によりリアルタイムでその映像や音声が手に入り、これまでの戦争がどのように作られてきたかを確認できるすごいことが起こっているというのに、日本のテレビでは相撲の八百長問題とかなんとか… 放送免許持ってる資格あんのか?と。

chan_dora チャンドラ
歌舞伎や相撲という国技は、国の失政を隠すためいつでもマスメディアに汚い部分を公表できるよう、文化保存しているのだと考えていいのかな?

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
エリカちゃんは、旦那つぶし。高城剛の本には海外から見る日本の姿が克明に記されてますからね。

かつて横文字ギョーカイの末端にいた者として「ハイパー・メディア・クリエーター」を舐めんなって思う。情報の入手先と扱いの差で、まさかの、談志<内海桂子なんてことになりそうになるのが「今」の時代の怖いとこだよね。

昇太師匠も、談笑師匠にも、大笑いさせてもらってるし、尊敬もしているけれど、今年おふたりの独演会には行かないって決めたのは「メディア」との距離かなぁ。。。その距離も、毒も両方絶妙なのは、やっぱり志の輔師匠だと思う。


bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
ある雑誌社の編集者と昨日は飲んだ。エジプトについて聞かれたので、「もしかしたら今年は極東はおやすみかもしれませんねえ」と。ただ、アメリカは中東に釘付けになるので肩代わりを極東の属国である韓国と日本にさせようという狙いかもしれない。2012年は中東ではなく極東が緊張するのかも?

緊張している中東とのパイプもどんどん薄くなってる気がするし、とりあえず、アジアとは、マジ喧嘩はヤメようって条約をこっそりとがっつりで結んで欲しい。。イスラエルはどーなるのかなぁ

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
Twitterがメディアで、フェイスブックがネットワークでせうね。 RT @yokoek QT: 監訳の調整をしてるんだけど、SNSはソーシャル・メディアとした方が日本語ではわかりやすいかな?ソーシャル・ネットワーキング・サイトは文字数が多いしね。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
いや、そうではなく、ネットワーク性はツイッターには無いとおもいます。フェイスブックやミクシィは大学友愛会の流れがありますので、まさに人脈でありメディアではないと思うのですよ。私は意図的に分けていますね。RT @yokoek

フォロー無視した人ゴメン。フォロー返しは全て無視しているの。今のところ、わたしには諸々全部無理っぽい。。。

bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
押井守の『番狂わせ』を読みなう。特車二課もの。原作はゆうきまさみだったはずだが、調べらたらヘッドギア原作になってた。本作は昔の特車二課のメンバーは唯一シゲさんだけ登場。後藤そっくりの後藤田隊長はじめ昔の隊員そっくりの名前のキャラが。泉野明は遊馬のイメージか。内容はサッカー政治もの

サッカー政治もの!!!!(でも、押井守って苦手なんだよね。。。)

levinassien 内田樹
僕はテレビには出ないことにしていますが、それは口ごもり、つっかえ、言いよどみ、舌を噛み、前言撤回し・・・という渦巻き的なプロセス抜きには対話も、思考の深化もありえないと思っているからです。テレビはそのような「迂回」を許してくれません。

levinassien 内田樹
新聞に対するテレビのアドバンテージは「速報性」だったわけですが、それがネットに奪われたあと、テレビはニュース報道においていったい何をめざすのでしょう。「大きな声で、断定的にものを言い、『世界の成り立ちは単純だ』と言い張る人間」にニュース解説を委ねる誘惑に抗しきれるでしょうか?

TVの報道は、怒りをぶつけるような感じで「大きな声で、断定的にものを言う」か、そういうメディアに揚げ足をとられたくないひとの「優等生的発言」(スポーツ選手とか)ばっかりだよね。

☆本日の不快なニュース
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110203/Mainichi_20110203k0000m040136000c.html

「来場者から『百貨店にふさわしくない作品がある。不快だ』などという苦情が寄せられたため」ー 本当に息苦しい世の中だなぁ。百貨店にふさわしくない作品がある。不快だと苦情を言った匿名者に「息苦しさ」の責任を迫りたい。

「苦情」を受ける側は、公開で公表・議論できるような「場」を創った方がいいんじゃないかな?荒れない工夫は必要だけど、声の大きい人が何もかも決めていく風潮には、もううんざり。


☆昨日のベストブログ
◎「エジプトの夜明け〜新たな一頁へ」
☆そのつづき
◎「エジプトの夜明け〜ムバラク支持派の正体」
☆今日のベストブログ(今朝一番に見たブログだけど...)
◎「ウケる日記」


TVニュースで発言している人を見ると、全員「アホか!」って思うけど、ネットには、反射的に鋭い発言する人が多すぎて、自分の頭の悪さを痛感してしまふ。。。

最近、読書量が減少しているのも、自分の頭の悪さのせいで、とにかく、わからないこと多くて、次の本に行けないからだ。

「顔について」も、MJはそんなに整形しているわけじゃないってことだけで、済ますつもりはなくって、すごく具体的に、整形医に質問できるぐらいに調べたかったんだけど(←聞けばわかるって思う人や、どういうわけだか、自信もって断定している人にはわかんないと思うけど、、相当分ってないと鋭い質問は出来ないし、相当工夫しないとホントのことは聞き出せないと、私は思ふ。)

調査能力も、取材力も全然足らないうえに、書くのもむつかしいし、「何のため?」って声が聴こえてくると、ハッとしたりして、でも、ハッとすることなんて、ネルソン・ジョージの『スリラー』に粘着して《4》まで書いたあと、さらに、“スリラー”はなぜ高く評価されているのか[2]を書いていた(呆)ときもそうだったし(現在放置中)何回ハッとしたって、バカの沼から脱出するのは、むつかしいのだ。

そういえば、何度かハッとしたせい(たぶんダジャレが頭に浮かんだのだ)と、アジアカップの余韻で、自分の1日に「松木の解説」が入るのだけど、むやみに「よし!」って言ってみたり「さあ、こっから!」て、どっからだよっていうノリツッコミ以外は「気をつけないといけない時間帯」がマジ多いし、やっぱり「シュートで終わる」のが、一番むつかしい。

『グリーン・ホーネット』映画館で観ようかな〜。あと千原兄弟のDVDも見なきゃ。。

今日のタイトルは、銀座のMJから、急に注目している桜庭一樹氏に、ちょっぴり影響を受けたんだと思う。

◎桜庭一樹読書日記


[PR]
by yomodalite | 2011-02-03 16:43 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(0)
f0134963_822614.jpg


ヨーコのツイートは、日本人で最もフォロワー数が多い(1,220,634人。1位のレディ・ガガの7分の1ぐらい←2011.2.15)ので、紹介する必要はないのかもしれませんが、最近、彼女がフォロワー(519,398人)に語ったことから、

2月3日にサイトにアップされた文章を、苦手な英語力を駆使して訳してみました。
気になる箇所がありましたら、どうか遠慮なくご指摘くださいませ。

☆http://imaginepeace.com/archives/13767(一応世界各国の言葉で読めます)

IMAGINE PEACE 2011
Yoko Ono Lennon
3 February 2011


Dear Friends,
In two weeks time, on February 18th, 2011, I will be 78.I know you are asking many questions on Twitter and elsewhere about what I am really like. It’s something I would love to know, too! One day it will suddenly dawn on us…maybe.

親愛なる友へ
2週間後の間、2011年2月18日に、私は78歳になるでしょう。わたしは、みんながツイッターその他で、わたしへ多くの質問をしてくれることに好感をもっています。なにかについて知りたいと思うこと!… たぶん、わたしたちは、ある日突然わかり始めるでしょう。


The world situation is too urgent for us now to discuss trivial things, like what I eat for breakfast. We are at a point in human history when we have to wake up and realize that the only people who can save the world are us. Every hour that goes by without us doing anything about it affects us, and affects the world that we love so much.

世界の情勢は現在、私たちが、朝食に何を食べるかというような、些細なことを話している時間がないくらい緊急です。

わたしたちは、世界を救うことができるのは、わたしたち自身であると理解して、行動しなくてはいけない、人類の歴史の「地点」にいます。

わたしたちが何もしないで、刻々と時間が過ぎていくことが、わたしたちに影響を与え、わたしたちが愛する世界に影響するのです。


In his State of the Union Speech, President Obama said we should do “big things.” Well, we are already doing the biggest thing anybody in the human history could ever hope for. Together, we are creating a world of Peace, Love and Freedom, all while the negative forces try their hardest to stop us.

オバマ大統領が語った一般教書演説で、彼は、わたしたちは「大きなこと」をするべきであると言いました。そう、わたしたちは、すでに「大きなこと」をしています。人類の歴史の中では、誰もが望めば叶うんです。

私たちは一緒に「平和」と「愛」と「自由」な世界を創っていきましょう。“否定する勢力”は、あらゆることを試みますが、わたしたちを止めることは出来ません。


With their power, they want to control the whole world. But we will not let them.That's big.

“否定する勢力”は、彼らの力によって全世界を支配したがっています。でも、私たちは彼らが巨大であっても、それに従うべきではありません。

The way we are doing it is by being conscious of the “Power of Togetherness.”The negative forces do not have that. They are an elitist minority, dipping their heads in arrogant madness. They always play the same game – using violence, changing laws for their convenience, and seducing us with words to get what they want.

私たちが行っている方法は「まとまりのパワー」を意識していることです。“否定する勢力”にはそれがないのです。彼らは横柄な狂気に支配されている、精鋭主義の少数派です。

彼らがやっているのはいつも同じゲームです。彼らは自らの便宜のために、暴力を使い、法を変え、欲しいもののために、私たちをそそのかそうとします。


They say if we do things their way, we will all be rich. Well, that’s not happening. It never will. Once there is great wealth, they will want to keep it for themselves. They also use fear tactics, saying the world will be in a great mess if we don't do it their way. Well, the world is already in a mess. Why? Because we followed them.

彼らは、私たちもそうすれば、わたしたち皆が金持ちになれると言います。でも、そうなっていませんし、決してそうはならないでしょう。彼らは、一旦すごい富を得ると、それを自分たちのためだけに保ちたくなるでしょう。

また、彼らは恐怖戦術としてそうしなければ世界が混乱するなどと言います。そう、世界はすでに混乱しています。どうしてですか?私たちが彼らについて行ったからでしょう。


It’s Time for Action. It’s Time for Change. We, the people of the world, are not dumb. We understand what the “Blue Meanies” are trying to do. We just don’t know how to stop it. And wonder if we can at all. But we can!

今が行動するときです。変化するときなんです。私たち(世界の人々)は馬鹿ではありません。 私たちは “Blue Meanies”が何をしようとしているかを理解しています。

(注:“Blue Meanies”は、ビートルズの「イエロー・サブマリン」や「アクロス・ザ・ユニバース」に出てくる音楽嫌いな怪物のことだと思う)

わたしたちは、それを止める方法はわかりませんが、そうすることができると完全に思えるなら、わたしたちに出来ないことはありません!


We are doing it. Take a look at this map. Each dot represents millions and millions of people who are all, right now, thinking of Peace: wishing it, voicing it, and hoping that their dream of peace will become a reality.

私たちはそうすることにしましょう。この地図を見てください。数百万のドットは数百万の人々の代理です。たった今「平和」を考えながら、そう願い、声に出し、平和に関するそれらの夢が「現実」になるように祈りました。


f0134963_8373339.jpg
Map of global locations of visitors to www.IMAGINEPEACE.com 2010-11 from Revolver Maps

The map expresses what my husband John Lennon and I envisioned. I know he is smiling, thinking of how little time it took for all of us to Come Together.

この地図は、夫のジョン・レノンとわたしが思い描いたことをあらわしています。どうすれば、少ない時間で、わたしたち皆が「集まる」ことが出来るのかを考えて、彼は微笑んでいました。

IMAGINE PEACE is a powerful, universal mantra that we should all meditate on. With it, we will achieve the impossible. Hopefully, without bloodshed. Look at all the courageous people who are now being hurt in marches and thrown in prisons for no other reason except for carrying “Peace, Love and Freedom” in their hearts and voicing it.

「IMAGINE PEACE」は私たちが皆が、思索するべき、強力で、普遍的なマントラです。
私たちは不可能を達成するつもりです。 うまくいけば流血なしで。

現在のすべての勇敢な人々を見てください。デモの参加者たちは、心から「平和」や「愛」や「自由」訴えていますが、まったく別の理由で、刑務所に入れられています。


I don't want you to get hurt. You shouldn't have to.
7 billion of us, people of the world, have the birthright to live with a healthy mind and body at all times. You should not even get one scratch on you, and you won’t, if you don’t allow it.

私は皆が怪我をして欲しいとは思いません。 そんな必要はないはずです。
世界の70億人の人々は、常に健康な心身で、生きる権利があります。
あなたはかすり傷さえ負う必要はありませんし、そうはしないでください。




So keep IMAGINE PEACE in your head. Have a clear picture of where we stand, what we are doing, and where we want to be. Know that we are connected in our hearts and minds. War Is Over, if you want it!

あなたは、あなたの頭の中で「IMAGINE PEACE」を描いてください。私たちが、今いる場所で、何が必要で、どうすればいいか、鮮明な映像を描いてください。
わたしたちは、わたしたちの心と心で、繋がっていることをわかってください。
戦争は終わります。もしあなたがそう望むなら!


I love you! i ii iii yoko
Yoko Ono Lennon
3 February 2011

あなたを愛しています! オノ・ヨーコ
2011年2月3日




Imagine all the people living life in peace - John Lennon
「すべての人々が平和な暮らしをしていると想像してください」

A dream you dream alone is only a dream.
A dream you dream together is reality - Yoko Ono Lennon

「あなたがひとりで見る夢は夢にすぎませんが、みんなで一緒に見る夢は現実です」

◎『今あなたに知ってもらいたいこと』オノ・ヨーコ(2009年末に出版された本)


f0134963_8463142.jpg

わたしも、今いる場所で、勇敢な人々の戦いを見守りつつ、
何が自分に出来るのか、もっと考えてみなくちゃ。。。



[PR]
by yomodalite | 2011-02-03 11:35 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(12)

雨の日も、晴れ男 (文春文庫)

水野 敬也/文藝春秋




わたしの水野敬也氏に対する目線は、17歳の女の子が小栗旬のことを想っている時か、53歳の美女がパク・ヨンハを見るときの目に近い。

もしかすると68歳の少女が氷川きよしを見ている時にも近いかもしれない。

そんなわけで、未だに『夢をかなえるゾウ』は読んでません。だってワタシだけのミズノンノや、愛也先生でいて欲しいんだもん。

この本は、小説仕立ての自己啓発本。原題の『バッドラック』の方が内容の雰囲気に合ってたかな。
______________

【著者からのコメント】昔から自分に自信の持てなかった僕は「悩み」や「劣等感」に関する本をたくさん読んできました。しかしこれらの本にはいつも不満がありました。それは、悩みに関する本のタイトルが『これであなたもポジティブになれる!』みたいなものばかりだからです。「こんなタイトルの本が家の本棚にあったら、家に遊びにきた人に僕がネガティブ人間だと思われてしまう……」とか「この本をレジに持っていったらあの可愛らしい店員さんは確実に僕のことをネガティブな人間だと思うだろう……」などと悩み始め、そもそも悩みを解決するために本屋に来たのにここで悩んでる俺って何? という、まさに悩みのデフレスパイラルに陥ってしまうのでした。そこで、いつの日か、持っていても読んでいても恥ずかしくない、「悩み」や「不幸」を癒すことのできる本を書きたいと思っていました。その試みの結晶が「雨の日も、晴れ男」です。幼い神様のイタズラによって、アレックスは不運だらけの一日を送ることになります。会社をクビになり、見知らぬ男に殴られ、詐欺にあい、妻子に愛想をつかされて一人ぼっちになってしまいます。しかしアレックスは持ち前のポジティブさでこれらの不運に立ち向かいます。もしかしたらこの本の序盤ではアレックスの奇想天外な行動を理解できないかもしれません。しかし最後には「悩み」や「不幸」にどう立ち向かっていけばいいのかをアレックスははっきりと示してくれます。この本は、できれば途中であきらめずに最後まで読んでいただけるとうれしいです。 文藝春秋 (2008/6/10) 初版インデックスコミュニケーションズ『バッドラック』(2005/03)再構成・改題

[PR]
by yomodalite | 2008-07-17 10:45 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

LOVE理論/水野愛也

f0134963_132998.jpg
ベストセラー『夢をかなえるゾウ』の水野敬也が、お前らをトム・クルーズよりモテる男にするためにスパルタ恋愛体育教師となって立ち上がった!!


f0134963_13293598.jpg本人主演によるDVDも、『温厚な上司の怒らせ方』、『スカイフィッシュの捕まえ方』より笑えます。でも著書の方が泣けます。

☆☆☆☆★(愛也のことが大好きなので。。)

☆続きを読む!!!
[PR]
by yomodalite | 2008-07-06 13:31 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

ウケる技術 (新潮文庫)

水野 敬也,小林 昌平,山本 周嗣/新潮社

undefined



この本と「ウケる日記」サイトのバックナンバー一気読みで、すっかり水野敬也氏のファンになりました。ほとんど興味なかったのだけど、『夢をかなえるゾウ』も読んで水野氏の成功を祝いたいようなきもちになりました。

~謎のパフォーマー水野敬也の日記より~

すごく、目が合うんです。
いつも見てるんですよ、僕のことを。
吉野家の横にいる占い師なんですけどね。
「ああ、この人占いてぇ…」
そんな目で僕を見てるんです。
占い師と目が合うたびに、ヘコむんです。占い師がモノ欲しそうな目で見てるってことは、つまり、僕が「負け」のオーラをまとっているわけじゃないですか。「こいつ、人生の方位磁針失ってるな」そう思われているわけじゃないですか。
そしたら「占いましょうか?」なんて声かけられて。でも人生ってのは自分で切り開くものだろうと。敵対心を前面に押し出し臨みました。
「実は、もうすぐ僕の本が出るんです」
「ほう…」
「う…売れますかね?」
「ちょっと見てみましょうか」
彼は変な棒をこれみよがしに鳴らした後言いました。
「意外と、売れないですよ」
さらには、
「処女作というのは、著者のこだわりが出ますよね。でも、読者は思ったよりクールですよ。」

そ、そんなことないよね、ね!

◎「ウケる日記バックナンバー」

【出版社/著者からの内容紹介】顔よりトークを、整形しよう。まわりにもいるでしょ、誰もがその存在に一目置く「ウケる人」。つかみやリアクションが「間」からしてゼツミョーで、センスや才能と片づけるしかなかったそのベシャリ。本書はそのトークを、だれもがマネできるルールとパターンに徹底分解! わかりやすく整理された6の戦略と38の技術によって、VS上司、VS得意先、VS異性、シーンを問わない、あなただけの会話の勝ちパターンを確立する。キラーコンテンツは、それぞれの「ウケる技術」が1発でわかる、洋モノ写真+日本語セリフの不思議な組み合わせ。そんでもって、ウケる技術フルスロットルで、いつものダメ会話「Before」が、いけてる会話「After」へといかにバケるか!? 大手広告代理店コピーライター、外資系証券トレーダー、謎のパフォーマー、異業種の若手3人が日常の中で練り上げた、新しいコミュニケーションの実験的教科書。ひと晩じゅう笑いまくるもよし、長年のコーチとするもよし。とにかくセンスは学習できる。生まれかわって、街へ繰り出せ!

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、今まで世の中に存在した何千何万というビジネス書、自己啓発書の類の本では、おそらく一度も体系化されることのなかったスキルの解明を試みた、まったく新しいコミュニケーションの教科書です。あらためて「ウケる」人の無数の会話を地道に整理していくと、誰でもマネすることができる有限のパターンの組み合わせに分解できることがわかってきました。現実の「ウケる人」たちは、財力や美貌といった得がたい才能ではなく、意欲と努力により上達可能なコミュニケーション能力をもって、豊富な人脈を築き、充実した人生を送っています。読者の方々も「ウケる人」の会話パターンを学ぶことによって、「笑い」を武器に人間関係を切りひらくコミュニケーターへと成長し、ビジネスや恋愛がもっとスムーズに、もっとうまくいくようになるでしょう。
オーエス出版社 (2003/7/19)

[PR]
by yomodalite | 2008-06-04 23:20 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite