タグ:森まゆみ ( 1 ) タグの人気記事

円朝ざんまい よみがえる江戸・明治のことば

森 まゆみ/平凡社

undefined



円朝本2冊目。円朝作品ゆかりの地をめぐり、作品世界を味わう趣向。また何年か後に読んでみたくなると思われる本。しかしこの本ではまだ円朝に出会えないなぁ。
_________

【本の内容】 幕末から明治にかけて活躍した「落語中興の祖」、三遊亭円朝。円朝が実際に取材した創作落語の舞台をたどり、失われた人情の機微と、言葉の至芸に浸る一冊です。
「何でも歩かなければ、実地は踏めませぬ」(本文より)という円朝の言葉を肝に銘じ、著者は相棒のポン太を伴い旅に出ます。
「怪談牡丹灯籠」の谷中・根津、「文七元結(ぶんしちもっとい)」の浅草・吉原といった江戸市中から、「熱海土産温泉利書(あたみみやげいでゆのききがき)」の熱海、「鰍沢(かじかざわ)」の甲斐身延、「塩原多助(しおばらたすけ)一代記」の上州まで、円朝作品ゆかりの地を歩きとおし、疲れれば温泉につかり、地酒で一杯。著者ならではのフットワークのよさと、近代史の豊かな見識が存分に発揮された一冊です。 永井愛 (劇作家・演出家)

【目 次】
「闇夜の梅」―円朝、来し方の秘話
「士族の商法・華族の医者・世辞屋」―"開化"を斬新に描く
「指物師名人長二」―江戸屈指の男ぶり
「怪談牡丹灯籠」―足のある幽霊
「心眼・明治の地獄」―夢からさめた話
「熱海土産温泉利書」―健脚娘、恋の仇討ち
「文七元結」―江戸っ子の見栄もほころぶ親子の情
「七福神」―不況もどこ吹く、見事なのんき
「怪談乳房榎」―不良息子の面影
「業平文治漂流奇談」―きわめつき、すっきりしたいい男
「真景累ヶ淵」―こりゃ因果の巡りすぎ
「鰍沢」―女はこわい
「霧陰伊香保湯煙」―昔なつかし温泉道
「塩原多助一代記・上野下野道の記」―「誠実・勤倹・正直」の人を追いかけて
「蝦夷錦古郷之家土産・椿説蝦夷なまり」―落ちのびた上野彰義隊士


[PR]
by yomodalite | 2007-10-05 11:44 | お笑い・落語 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite