タグ:桜 ( 7 ) タグの人気記事

旧淀川の夜桜

f0134963_21530138.jpg




満開の桜が堪能できる最後の夜
ライトアップされた大川と堂島川の夜桜




f0134963_21552514.jpg


堂島川



f0134963_21562955.jpg



左奥は「水晶橋」





f0134963_22082859.jpg



対岸は「中之島Love Central」




f0134963_22134107.jpg





f0134963_22135124.jpg



ipone5sの夜景撮影って、
これぐらいが限界でいいのかな・・


[PR]
by yomodalite | 2016-04-07 22:19 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

大阪、お花見散歩

f0134963_18190965.jpg

大阪で3回目の桜の季節。

東京を離れるとき、家の目の前の隅田川沿いや、千鳥ヶ淵の桜もしばらく見納めなんだなぁ。。と思うとすごく寂しい気がしたんだけど、大阪のお花見の楽しさはそれ以上で、、

隅田川沿いは、普段から、東京のあらゆるテレビ映像で頻繁に映っている場所なのだけど、実際そこを歩いているのは、近所の住民だけで(それでロケ使用が多い)桜の季節になっても、人通りはそれほど変わらず、桜はとても綺麗だけど、屋台は並ばないし、お花見の場所とりも難しい。

千鳥ヶ淵の桜も美しさは圧巻だけど、やっぱり桜を見ながら、お弁当を広げたり、屋台ものをつまみながら、、というのはイマイチしにくいし、

目黒川の桜もめちゃくちゃ綺麗なんだけど、人の多さがハンパないし、川沿いのお店はどこも入れないほど混在してる。

でもね、大阪市の中心部を通る「大川」の桜はどこまで歩いていっても終わらないぐらい広範囲で、本当に大勢の人が繰り出して賑わっていても、混雑感がないし、たくさん出ている屋台は、味も東京よりずっとレベルが高い上に、座席を用意してくれているお店も多くて、どこでも腰を下ろす場所に困らないし、つまみ食いしながら、桜散歩するのもすっごく楽しいの。

そんなわけで、満開になった土曜日、今年も大川沿いをぐるりと桜散歩。


f0134963_18224221.jpg
ここは、大川沿いに行く途中。
田蓑橋の近くにある検察庁ビルの前
(メインカメラが入院中のため、廃棄寸前まで使い込んでるGR-Ⅱで撮影)




f0134963_18274033.jpg
奥に見えるのは中之島図書館



◎中之島図書館に、北欧サンド専門店オープン!

改装後の図書館の中にはまだ入ってないけど、たぶん、カフェはこの窓の奥



f0134963_18293788.jpg


f0134963_18300123.jpg
図書館前にあった、今日イチ、シャレオツなチャリ003.gif



f0134963_18322622.jpg
川沿いに到着!
(ここからの写真はすべてスマホ!)



f0134963_18333432.jpg


こんな桜並木が延々と続く道を歩いていると、おなかが空いてきたので、



f0134963_18350425.jpg


桜ノ宮公園、川崎橋近くでいつものw「焼きたけのこ」を買う!



f0134963_18360094.jpg
このボリュームで2本で500円012.gif




f0134963_18380383.jpg



f0134963_18383222.jpg


焼きたけのこを堪能しながら、そこから少し歩く・・



f0134963_18402336.jpg
旧桜宮公会堂
(大阪市内にいっぱいある重要文化財建築のレストラン)



f0134963_18505681.jpg


旧桜宮公会堂(右)と、泉布観(左)という2つの重要文化財がある敷地には、この時期オープンカフェも開設され、メニューは全てワンコイン。こんなに良い場所が、満開時の昼時に行列なしで座れちゃうし、神戸牛サンドをツマミながら、箕面ビールやコーヒーが楽しめます。

◎[参考記事]すばらしい建築物「泉布観・旧桜宮公会堂」


全国的にも有名な《造幣局の桜の通り抜け》もこの近くなんだけど、そちらは特別品種の桜なので、もう少し後のお楽しみ。

http://afun7.com/archives/3447.html


f0134963_18550280.jpg


f0134963_18552178.jpg



f0134963_18580673.jpg




f0134963_18583318.jpg



f0134963_19155845.jpg




f0134963_18590253.jpg



《今日の音楽》

福山雅治やリリー・フランキーとのセッションで、アドリブで曲にあわせたラップを披露するのを見て、すっごく好きになったんだけど、彼が大阪北区天神橋6丁目(通称天六)育ちだと聞いて、ますますファンに。(今回の桜散歩もすべて大阪市北区内です)





桐谷健太「海の声」




[PR]
by yomodalite | 2016-04-03 19:16 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

桜と「We've had enough」雑感。。

f0134963_17283334.jpg


昨日はすごくいいお天気だったので、昼間から桜を見に行った。

いっぱい咲いているだけでなく、

こんなにラブリーなものが、無数に地面に落ちているなんて、、


ようやく、ウィラとエレノアの会話を最後まで紹介することが出来たけど、なんだか、まどろっこしくて、わかりきっていることを面倒くさく説明しているだけとか、あるいは、わかったようで、わからないと感じた方もいるかもしれない。

MJが言っているように「立ち上がる」ってどうすればいいのか?

そして、エレノアが言っているように「その構造に勝てる確率はすごく低い」ということも確かで、MJもターゲットになり、そして、「悲しいことに、彼はもう生きてはいない」。

エレノアは、この会話で、MJのジレンマについて説明すると同時に、会話の相手であるウィラが、以前の会話「What is My Life if I Don’t Believe?」で、ジョイエよりも、より深刻にMJのジレンマを受け止めているのが、なぜなのか?について、彼女に代わって説明しているのだと思う。

ウィラは、エレノアが説明していることを、ときおり「思ってもみなかった」と答えていて、それは、この記事全体で書かれているんだけど、

本当は、気づいていることなのだと思う。



f0134963_17411138.jpg


エレノアは、MJのジレンマは、「We've Had Enoughの子供たちが直面したジレンマと同一」で、それは、「彼がよく、L.O. V. E.と表現した力に対して、深い共感と結びつきを感じていたことを考えると、なおさら」であり、「神についての疑問と、悪(evil)の問題が、彼の頭を離れなかったことを示している」と。

英文学の博士号をもっているウィラには、MJが、神への疑問をどのあたりまで考えたかが想像できる。欧米の学問の基礎は、すべて神学にあり、論理的思考を身につけるうえで、「神とはなにか」「神は存在するか」などの疑問を考えることは、論理学の基本なので、そこを通過しない、Ph.D はいないから。『MJ Tapes』での会話は、シュムリーの結論はどうであれ、この会話のあとのMJの行動と合わせてみるとなおのこと、その後もMJが生半可な思考をしなかったことがよくわかる。

そういった探求を、MJは独学で続けただけでなく、1万冊以上の本を読みながら(決して知らないわけではない)学問分野での言葉を使わずに、「子供の心」に集約させた。

そして、そのことで、少年への性的嗜好を疑われ、無実を信じた人も、「MJは純粋だから」と、尊敬するような態度で無視するか、もしくは、MJに同情し、彼を弁護するという「正義の立場」に立って、周囲の人々を断罪するか、いずれにしても、誰もが「自分の問題」としては考えない。

そして、ウィラは、MJが「そういう結果」をも知っていた。と考えている。

それで、MJが、越えようとしたジレンマの深さが身にしみると同時に、身動きのできない自分を感じているのだと思う。

ふたりの会話には、何にどう立ち向かうか。が示されていないけど、それは、MJの歌もそうだったと思う。

私はこの会話を読んで、すべての人を愛するというのが「神の愛」だとすれば、その愛を考えること以上に、深いジレンマはないと思った。

理想の社会を目指して、そうならなかったことも、戦争の歴史が、いつになっても終わらないことも歴史の事実だけど、それでも「愛」が生き続けているのも事実。

残酷な歴史が繰り返されている一方で、愛が失われなかったのはなぜなのか?

ウィラが、MJの苦難を思うと同時に「私たちが想像できないほどの喜びも経験していた」と思うのは、歴史に寄与できるほどの「愛の力」が、自分に与えられているという自負がMJに有ったのだと感じているから。

でも、何が「愛なのか」を、神は指し示さない。

MJも、神から特別な力を与えられているはずなのに、それは子供を通してしかわからない。という。

そう、愛は、自分が「愛している」と強く思ったところで、それが「本当に愛なのか」どうかはわからないし、神のように深い愛は、神にしかわからない。と、なぜか、神について深く考えた人ほどわかるらしい。



f0134963_17433324.jpg


だから、本当に神を考えるとか、魂について考えるというのは、導師とかマスターに忠誠を誓ったり、ソウルなんとかとか、なんとかソウルとか、どこかにいるはずの魂の兄弟や、真の友人や恋人を探したり、見つけることでもなく、

自分自身で「もっとも深い愛を考える」ということで、もっとも深い愛について考えた人というのは、そのジレンマに決着をつけることなく、最後まで、自分自身で考え続けた人なんじゃないかな。。。




[PR]
by yomodalite | 2015-04-03 21:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(9)

桜ノ宮公園[2](2014.4.5)

f0134963_16390837.jpg


大阪に来てから、

関西の食文化の高さには驚いてばかりなんだけど、

桜ノ宮公園を桜散歩していたときも

遠くから見ただけで、東京よりレベル高めな屋台が並んでて



f0134963_18440030.jpg


撮影に集中してたし、無視して通り過ぎようとしたんだけど、

ダーリンが「あれだけ買って来る」って、、


f0134963_16265924.jpg


京都山城名物「焼きたけのこ」1個300円

もう、一口食べて「アホか」と。



f0134963_18445743.jpg


筍だけでなく、串の根本に、こんにゃくが添えてあって、

茹でて、焼いて、醤油たれがつけてあるだけなんだけど、



f0134963_16282726.jpg


これまで生きてきた中で、

一番美味しい「たけのこ」だったかも。



f0134963_17470728.jpg





f0134963_18470775.jpg




[PR]
by yomodalite | 2014-04-07 21:01 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

桜ノ宮公園[1](2014.4.5)

f0134963_14195351.jpg

桜ノ宮公園は、大川沿いにある桜の名所。

全国的に有名な「造幣局の桜の通り抜け」もこのエリア内。
色々な桜が咲き乱れていたのだけど、
ここでは、白い桜を。



f0134963_14203636.jpg





f0134963_14210934.jpg





f0134963_14213286.jpg





f0134963_14215081.jpg





f0134963_18545161.jpg


造幣局の桜のことは、東京にいたときニュースでも見ていましたが、
大川(旧淀川)沿いの桜がこんなに広域で綺麗だとは思いませんでした。
東京の大川(隅田川)沿いよりも、素敵な眺めで
千鳥ヶ淵より、
桜の種類が多いだけでなく、他にもいいところが。。

([2]に続く)





[PR]
by yomodalite | 2014-04-07 07:56 | 日常と写真 | Trackback | Comments(7)

田蓑橋周辺の夜桜(2014.4.2)

f0134963_23010551.jpg

街の夜桜を求めて、堂島川の岸辺へ。


ここでアップしたのは、
堂島川にかかる田蓑橋を福島方向に渡って、左側。。

f0134963_23014406.jpg



f0134963_23020786.jpg



f0134963_23022832.jpg




f0134963_23024661.jpg


☆田蓑橋周辺の夜桜の続きはこちら





[PR]
by yomodalite | 2014-04-04 10:01 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

天満橋周辺の桜(2014.3.29)

f0134963_09291042.jpg

お散歩が楽しい季節になったので、
春らしい花々を求めて出かけてみたのだけど、
やっぱり桜は無視できなくて。。

桜の美しさって、どうすれば写真に遺せるのか、
毎年わからないんですけど。。



f0134963_09344966.jpg




f0134963_09351452.jpg



f0134963_09354758.jpg



f0134963_09360807.jpg




f0134963_09362993.jpg




f0134963_09365665.jpg



f0134963_09373426.jpg




f0134963_09382382.jpg





[PR]
by yomodalite | 2014-04-01 09:41 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite