タグ:枡野浩一 ( 6 ) タグの人気記事

愛のことはもう仕方ないと、あみ子が思うことはない

数ヶ月前に出版された枡野浩一氏の小説という名の実話、というか私小説? 離婚についてと、会えなくなった息子の話はまだ続いていて、あーーこの話はまだ続くんだなぁと思いつつ、やっぱりそれが読みたかったような気もして・・、芸人として舞台に立たれていたことなどはこの本で初めて知りました。


本の中では、「神ンポ」という略称が度々出てくるのだけど、元々は「神様がくれたインポ」というタイトルでWebで連載されていたもの。書籍化するときにこのタイトルに変更されて、うさぎがカワイイ装幀に、中村うさぎさんの手厳しいコピーが付いています。


愛のことはもう仕方ない

枡野 浩一/サイゾー

undefined


そして、おそらくこの本でお勧めされていたことから読んだ、小説らしい小説がこちら。


こちらあみ子 (ちくま文庫)

今村 夏子/筑摩書房

undefined


表題作は2010年の太宰治賞受賞作で(「あたらしい娘」から改題)、「ピクニック」が同時収録された単行本『こちらあみ子』で第24回三島由紀夫賞受賞。私が読んだちくま文庫版には、小編「チズさん」も収められている。

巻末に、町田康氏と穂村弘氏というビッグネームおふたりによる解説と書評がついていたのですが、


下記は、町田康氏の解説から省略してピックアップしたもの。


・・人は人が作ったものから勇気や力、あるいは、また別の、そうした簡単な言葉で表しがたいものを確かに受け取り、それが自分のなかに間違いなく残り、その後の人生に影響を及ぼすことがある。そのとき、その作ったものとはどんなものか。例えば小説だった場合、どのように書かれるべきなのか。その例を挙げるならば、私は、本書、『こちらあみ子』のようであるべきだと思う。・・


・・この世で一途に愛することができる人間はどんな人間か。その一途な愛はこの世になにをするのか。一途に愛する人はこの世になにをされるのか。・・


・・一途に愛するためには、世間の外側にいなければならない。しかし、人間が世間の外側に出るということは実に難しいことで、だから多くの場合は一途に愛することはなく、他のことと適度にバランスをとって愛したり、また、そのことで愛されたりもする。つまり、殆どの人間が一途に愛するということはないということで、一途に愛するものは、この世に居場所がない人間でなければならないのである。・・


・・「あみ子、ってのは、特殊な人なんですね」と多くの人が思うだろうが、そうではなく、この小説を読んで私たちは、簡単な言葉で表しがたいものが確実に自分のなかに残っているのに気がつく。世の中で生きる人間の悲しさのすべてを感じる。すべての情景が意味を帯び、互いに関係し合って世の中と世の中を生きる人間の姿をその外から描いていることにも気がつく。


なぜ、この小説ばかりがそうなるのか。


それは、人になにかを与えようとして書かれているのではなく、もっと大きくて不可解なものに向けて書かれているからであろう。


「ピクニック」は乾いていてなおかつ切ない。幸福なお母さんから遠いところにいる者たちの信仰は尊くて惨めで。「チズさん」も向こう側から描かれていて、この世の人間の言葉や動きが、ひどくぎこちなく、不自然で、しかし、実際に私たちがその通りであるようにも感じて眩暈がする。


今のところ私たちが読むことができる今村夏子の小説はこの3編だが、いずれも時代を超えて読み継がれるべきであると私は思う。


(引用終了)


今年(2016年)の芥川賞候補になった『あひる』は2年ぶりの新作のようです。




[PR]
by yomodalite | 2016-09-12 06:00 | 文学 | Trackback | Comments(0)

作家の手紙/北方謙三、小池真理子、中村うさぎ 他

こちらは、作家の手紙を紹介した本ではなくて「手紙」という形式でのアンソロジー。36人の作家による、個性全開の手紙文が楽しめます。

テーマは「別離」「恋」「断り」「ファンレター」など、実際に役立ちそうなものから、役立ちそうにないと思われて、意外に「使えそう」なものから、絶対に使えないけど、面白いものまで、さまざまで、ひとことで言えば、本書は「とても素敵な本」です。

最近、古典ばかり読んでいるせいか(古典の感想ってブログに書けないね)、参加されている作家の方には、私にとってなじみのない方も大勢いましたし、一般的にも知名度に差があるラインナップになっていると思うのですが、

本書での内容の面白さは、知名度に比例しないというか、むしろ、そういった知らない作家さんの個性を、本書で知ることが出来ることも、楽しみのひとつだと思いました。

きっと読みたくなる36人の「作家の手紙」は、以下。



「別離の手紙」
◎去って行った恋人に贈る手紙/小池真理子
◎人間でないことがばれて出て行く女の置き手紙/峰飼 耳

「恋の手紙」

◎ある女子より。牛乳配達のお兄さんへ。/中村 航
◎タイプだと思った相手に交際を申し込む手紙/中村うさぎ
◎霧の流れる何処かの都市(きみ)へ/菊池秀行

「断りの手紙」
◎一方的に自作小説を送りつけてきたファンへの手紙/奥田英朗
◎相手の妻が読むことを想定して、
同窓会で再開した初恋の男からの誘いを断る手紙/新津きよみ
◎読者からの交際を申し込まれたが、事情があり、それを断る手紙/盛田隆二
◎申し込まれた借金を断る手紙/楡 周平

「ファンレター」
◎永遠なるエヴァ・バルトークさま/逢坂 剛
◎エイリアンさまへの手紙/五條 瑛
◎真偽は定かではないが、巨人軍監督就任を打診されているという
噂の原辰徳氏への手紙/日向 蓬

「苦情の手紙」
◎隣家の庭から張り出した小枝の苦情をいう手紙/森 絵都
◎中元に近江牛の味噌漬けを届けてくれる、亡父の友人に、
それが毎年腐っているのだと思いきって教える手紙/姫野カオルコ

◎マンションの管理人が住民に騒音を注意する手紙/酒井順子

「催促の手紙」

◎友人に貸した一万円を返してもらうための手紙/有栖川有栖

「お詫びの手紙」

◎隣の人にピアノの音がうるさいと言われた時のお詫びの手紙/近藤史恵


「頼みごとの手紙」
◎親しくしていただいている(と自分が思っている)編集者に宛てた、
借金申し込みの手紙/角田光代
◎現住所もわからない漫画家の元妻へ、
「子供に会わせてほしい」と伝える手紙/枡野浩一

「励ましの手紙」
◎デビュー前夜の自分へ送る手紙/伊藤たかみ
◎リストラされた友人を励ます手紙/大島真寿美

「案内の手紙」
性転換手術を受けたいあなたへ/モモコ(訳:池上永一)

「古い知人への手紙」
◎友人に離婚を知らせる手紙/佐藤正午
◎三十数年前、コーヒー屋を開くと言った先輩への手紙/又吉栄喜
◎本屋でオレの本を見つけて、「もしかして?」というメールを送ってきた、
二十三年前の高校の部活の後輩への返事/素樹文生
◎旅立つ前に久しぶりにばったり会った昔の彼女への手紙/西田俊也
◎植物転換手術を受けることを決めた元彼女へ、
思いとどまるように説得する手紙/星野智幸

「哀悼の手紙」
◎亡き友への手紙/北方健三
◎亡き兄を送る手紙/歌野晶午
◎遠い日に逝った祖父へ/野中 柊
◎天国の兄貴へ/江上 剛
◎若かりし日は男前だったじいちゃんへの手紙/古処誠二
◎亡き父への手紙/小林紀晴

「大きなあなたへの手紙」
◎Hydrodamalis gigas とPinguinus imapennis
巨大人魚と太っちょバードへ/川端裕人

「未来への手紙」
◎卒園する息子へ/松久淳
◎十三歳になった未来の孫へ、日記とともに託す手紙/豊島ミホ

◎読書メーター
◎『作家の手紙』角川文庫(アマゾン)
________________

[BOOKデータベース]催促、苦情、お願いごと。とかく手紙は、書きにくい。言いにくいことをうまく伝える方法は?後腐れないような言い回しは?目上の人に失礼のない書き方は?誘いや借金のお願いをやんわりと断ったり、落ち込んだ友人を励ましたり、亡くなった人を思い起こしたり。思いの丈を文字にのせて、伝えよう。36人の作家がオリジナリティ溢れる短い手紙文を執筆。文章と創作のプロに学ぶ、手紙の見本帳。
角川書店 単行本 (2007/2/28) 文庫(2010/11/25)





[PR]
by yomodalite | 2011-09-28 10:20 | 文学 | Trackback | Comments(0)

結婚失格/枡野浩一

久しぶりに、枡野氏の本を読む。本書は一応、“小説”なのだけど、『あるきかたがただしくない』など、これまでも様々なメディアで語ってきた、自らの夫婦の別居、妻(マンガ家の南Q太)の連れ子+実子のふたりの子供との別れ〜離婚を、登場人物の肩書きや、名前などは代えつつも、ほぼ実話として織込んだ“小説”の中で「書評」を試みるという、めずらしいもの。


結婚失格 (講談社文庫)

枡野 浩一/講談社

undefined



元々、連載書評だったにも関わらず、当時の枡野氏としては、これを語らずにはいられなかったのでしょう。会えなくなった子供たちと、妻の態度、突然離婚を突きつけられた“男”の、リアルな感情には、ヒリヒリしてしまう部分が多く見られる。

更に興味深いのは、巻末の「解説にかえて」とある“真夜中のロデオボーイ”という名の、枡野浩一+穂村弘+長嶋有による“あとがき”のようなもの。(これは、普通の「あとがき」でなくて、この部分も含めて“作品”だといえる)

枡野、穂村は、短歌界の2大スターで、小説家の長嶋氏は、それぞれの友人。“真夜中のロデオボーイ”は、その3人が、初めて一堂に会した日のことなどを、各人が綴った文章なのですが、

以前から、枡野氏のストレートな愛憎を浴びてきた、穂村氏は、枡野氏の人となりを実にわかりやすく説明している。それは、ひと言で言うと、根本的なところで「普通の人」の感覚をわかっていない。という点だと、穂村氏は語っているのだけど、『現実入門』『世界音痴』など、現実感のないふわふわキャラで人気を得てきた穂村弘は、もし、枡野浩一さえ居なかったら、こんなことを、うっかり、言うはずではなかったのでは?

また、わたしが読んだのは単行本ですが、文庫には、町山智浩氏の解説がついていて全文は読んでいないのですが「結婚破綻の理由」を理路整然と解き明かした内容のため、納得する読者も多いそうです。

で、その町山解説による文庫本刊行後に行われた出版イベントのようなものが、こちら。

◎歌舞伎町のBE-WAVEでのイベント

かなり面白い内容ですけど、1時間20分!!!ぐらいあるので、お暇なときに♡
5:10ぐらいから町田氏登場。25分ぐらいから、町田氏が例の解説について語る。26分ぐらいから、外でこどもをつくった切通理作の壮絶な結婚生活の顛末、33分ぐらいから、漫画家、山田ナイトの助言の紹介などを経て、最終的に町田氏が、自らの離婚危機をどう修復したかという熱い自慢話(笑)に到ります。。

一貫して、サブカル界のB級から、Z級までをフィールドにしてきた、町山氏が、少々焦り気味に、結論を出そうとしたり、律儀な恋愛論を語ってしまっている点など(もちろん、彼もポジショントークをしている自覚はあるにしても)、

枡野氏も、ギリギリの体重まで、身を細る想いをしたことには間違いないのですが、ここまで多くの業界人を、巻き込んで“天秤”の役をやっているのは、やっぱり、枡野浩一なんですよね。

わたしの中では、天秤座の枡野氏がジョン、双子座の穂村氏がポールといった感じで、甲乙つけがたい、おふたりなんですけど、どちらが、より興味深いかという、究極の選択を迫られたら、今は、ギリギリ、枡野氏かなぁ。。(おふたりの著作を読むたびに入れ替わってますが。。)

そういえば、“真夜中のロデオボーイ”に登場する、長嶋有氏の、ユニークな書評集『電化製品列伝』は、紹介されている作品にも興味が湧きましたけど、本書で、書評されている本のことは、全然印象に残りませんでした(笑)。町山氏に、自分のことしか考えていないと評されるのも、やっぱり仕方ないのかも。。

☆参考書評
◎琥珀色の戯言
_____________

[出版社 / 著者からの内容紹介]愛の暴力に、誠意はかくも無力なものなのか
四人での幸せな暮らしが、このまま続くと思っていたのに。週末以外は仕事場で暮らしてほしいと言い出した妻。いつのまにか、自宅玄関の鍵は取り替えられていた。講談社 (2006/10/31) 講談社文庫(2010/7/15)

[BOOK」データベース]その昔、あなたのことが大好きで、そして今では嫌いになった。あまりにも率直に、リアルタイムで綴られた初の自伝的連載小説「結婚失格」…待望の単行本化。驚愕の同時進行形小説。短歌連作「愛について」、歌人・穂村弘と作家・長嶋有のエッセイも特別収録。


[PR]
by yomodalite | 2010-08-22 01:05 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

日本ゴロン/枡野浩一

日本ゴロン

枡野 浩一/毎日新聞社



1998〜2002年春までの毎日新聞連載を元に2002年に出版された本。連載は当初は週1回、途中から月1連載になり、そのときのタイトルが「君のニャは、」。

カバーの猫の写真と、枡野氏が語尾に「ニャ」をつけていることが多いのが、本書の特徴です。

同じタイトルで、連載時の挿絵と本書のカバー写真を担当した写真家八二一(はに・はじめ)の写真集も発売されています。

1998〜2002年というのは、枡野氏がまだ南Q太と結婚していて、キックボードが流行って廃れ、谷川俊太郎と佐野洋子が離婚して、相田みつをブームがあり、山崎邦正の元相方がその真似ぽいことをして、326くんや、三代目魚武濱田成夫(!)が…という時代。

それなのに、本書には懐かしさはなく最後までぐいぐいと読まされたうえに、またもや枡野氏推薦本も読まなくては!と思わされる。

書評「マガジンハウスの本が大好き!」「その他の書評」で紹介されている中で、

下記の5冊をメモ。

・川島誠『800』(角川文庫・解説江國香織)
・金子兜太×いとうせいこう『他流試合』
・室井佑月 短編集『Piss』収録「鼈のスープ」
・鈴木清剛 『消滅飛行機雲』
・永江朗『批評の事情(不良のための論壇案内)』

切通理作『ある朝、セカイは死んでいた』を評価していたのは意外だったものの、切通の「結論を出すために書いているのではありません」を引用していることには納得。あとは、保坂和志を読まないとね。


「早稲田短歌」枡野浩一40000字インタヴュー」
http://wasetan.fc2web.com/33/interview.html
_____________

【MARCデータベース】言葉はだれのものか? 歌人・枡野浩一の極私的「日本語論」。『毎日新聞』夕刊のコラム「君のニャは、」を完全収録。かわいくって笑いがこみあげる、八二一撮りおろし猫写真も収載。 毎日新聞社 (2002/12)



[PR]
by yomodalite | 2009-05-08 14:10 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

あるきかたがただしくない/枡野浩一

あるきかたがただしくない

枡野 浩一/朝日新聞社



『寂しいのはお前だけじゃな』に続いての枡野本は、2004〜2005年までの週刊誌の連載コラム集。短歌はほとんどありませんが、マンガ家、デザイナー、アシスタント、対談相手には長嶋有など枡野世界を彩る登場人物が多数登場し、離婚と子供との別離で20㎏も痩せるほど苦しんだ時期の著者の世界に読者も参加しているかのように引きずり込まれます。

「離婚」をここまでエンターテイメント化したのは、明石屋さんま以来では? 本著を読了後は、好きでも、嫌いでも、どうしても枡野氏のことが気になること間違いなし。文章を書くこと読むことに興味のある人は必読本。プロフェッショナルのレベルの高さを知ることができます。

★★★★☆(巻末の河井克夫氏のマンガも傑作)
______________

【出版社/著者からの内容紹介】ある日突然、自宅の鍵が取り替えられ、売れっ子漫画家の妻は裁判所に調停を申し立てた! あっけにとられているうちに離婚、子どもに会えない日々を嘆いて20キロやせながらも、再生への道を懸命にさがす日々をつづった異色エッセイ。子どもに会わせてもらえない全国の父親からの熱い支持を得た『週刊朝日』連載、待望の書籍化。同時期の関連コラムも多数収録、ここまで赤裸々に離婚を語った男性がいただろうか?!

【BOOKデータベース】「男が離婚を語ってはいけませんか?」「週刊朝日」連載中から賛否両論の嵐…。“離婚後くよくよ立ち直りエッセイ”が本になりました。関連コラム、短歌、対談まで収録した決定版。佐藤ゆうこ、河井克夫のかきおろし漫画つき!対談ゲストの長嶋有も微苦笑。朝日新聞社 (2005/12)




[PR]
by yomodalite | 2009-02-03 11:47 | 文学 | Trackback | Comments(0)

寂しいのはお前だけじゃな/枡野浩一(短歌・文)・オオキトモユキ(絵)

淋しいのはお前だけじゃな

枡野 浩一/集英社



ブルボン小林(長嶋有)氏の『ぐっとくる題名』読了後、久しぶりに読みたくなった枡野氏の本をこれまでの穴を埋めるべく2冊一気に読みました。まずは年代の古い方から。本著はオオキトモユキ氏のイラストがカバーだけでなく、本文ページまで満載のチャーミングな造本。(文庫版の方はどうなんでしょ?)恋愛をテーマにした短歌のあとに歌人による解釈というか短歌の成立の由来つき。

枡野氏は本著でピンとこなかったら自分のことを永遠に好きにならないだろうと言っていますが、幅広い才能あふれる枡野氏だけに、これにピンとこない人は、絶対別の著書も読んでみた方がいい。本著は枡野本の中では中の下だと思うので。

______________

【BOOKデータベース】過ぎ去った日々は、いとおしく、とりかえしがつかない。さまざまな思いはどのようにして、短歌に生まれ変わるのだろう。人気歌人がその創作の軌跡をこっそり明かす…つもりが、みずからの恋愛体験をも告白してしまった。なつかしい人との再会。淡いときめき。孤独な夜。ふがいない自分へのいらだち…。31文字のつぶやきは、恋するすべての人が知る、甘くせつない気持ちと重なっていく。リアルな短歌・エッセイと、不思議なユーモアをたたえた絵のコラボレーション。 晶文社 (2003/12)

【枡野浩一公式ブログ】「ワコール・ニュース」で3年間連載していた短歌と短文をまとめたもの。オオキトモユキ(=音楽家・トモフスキー)の絵本としても楽しめます。枡野浩一のことを知らない人が最初に読むといいのは、これかも。本書を読んでも全然ぴんとこない人は、枡野浩一のことは永遠に好きにならないと思う。書かれているエピソードはすべて実際にあったことです。フィクションがあるとすれば、「このエピソードがあった時に必ずしもこの短歌が生まれたわけではない」ということ。つまり、「この短歌の解釈はこれが正解」なんて、ゆめゆめ思わないでほしいのじゃな。(2008年3月、集英社文庫になりました。微妙に加筆修正。解説=長嶋有)




[PR]
by yomodalite | 2009-02-02 12:46 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite