Summerlin(べガス旅行記)

f0134963_15424959.jpg

『ONE』を観るという目的を果たし、ここまでの疲れもあって、すっかりお寝坊した翌日、べガスに来る前はショーを観る以外の時間は、ストリップのホテル巡りをしようって思ってたんだけど、

◎[Wikipedia]ラスベガス・ストリップ

いくつかのホテルを見て回ったら、ストリップの外に行ってみたくなって、でも、グランド・キャニオンとか、ネバダの大自然を体験するには時間が足りないし、レンタカーでドライブするのもいいなって思ったんだけど、数時間で2、3万とか高すぎるしぃ、

それで、立ち寄ったAriaホテルのコンシェルジュに「タクシーで簡単に行ける距離で、ストリップの外に行ってみたいんだけど、どこがいい?」って聞いたら、「Summerlin(サマーリン)なら、レストランやショッピングも出来ておすすめですよ」って言われて、出かけてみた。


f0134963_15432852.jpg


f0134963_15482544.jpg



f0134963_21340695.jpg




f0134963_21345146.jpg



f0134963_21363092.jpg



f0134963_15514691.jpg
(この住宅エリアに入っていった「Jetta」
ウィンドウから、ちらりと見えた横顔で
久しぶりに「ヤンエグ」という言葉を思い出した)




f0134963_15552317.jpg


「Paforminng Arts Center」と書かれた看板に引寄せられて歩いて行ったら、モーガン・フリーマンをひと回り大きくしたような警備員に声をかけられた。



f0134963_15565472.jpg


kumaさんが、とっさの機転で「バス乗り場を探しているんですが、、」と質問したら、「それなら、この図書館の人に調べてもらえばいい」と、ダンススクールを見学しようと思っていたのに、隣接していた図書館へと導かれた。



f0134963_15594691.jpg

(こっそりスマホで撮った図書館内)


f0134963_16013614.jpg
ヤング向けのコーナー)


f0134963_16025045.jpg
(日本語の絵本も。。)



本気で、バスに乗ってみたくなったkumaさんが、ストリップ行きのバスについて、図書館中の人に聞きまくっている間、ひとりでブラブラしていたら、図書館の至るところに、ハワード・ヒューズの写真が飾られていることに気づいた。



f0134963_16214395.jpg



MJのヒューズ大好き発言から(「MJ Tapes 第3章 “神秘性を操るということ”」)、彼に興味を持ち、調べはじめたのは、今から1年ほど前。ヒューズが、今のべガスの繁栄に大きく関わったことは知っていたものの、今回の旅行で、その痕跡を感じられるとは思ってもみなかったんですが、



f0134963_16221888.jpg


私が興奮していることがわかると、モーガン(さっきの警備員さんね)は、写真1枚1枚を解説せずにはいれらない様子で、ヒューズに会ったことがある。ものすごく背が高くて、、2度目にあったときは、映画のロケで、、とかなんとか、落ち着いた口調ながらも(本当にモーガン・フリーマンみたいな感じ)、しゃべりたくて仕方がないという感じて、語りだしたのだけど、私のヒアリング能力では、2、3割しかわからない。

しばらくして、映画『アビエイター』をどう思いましたか?と聞いたら、「その映画のことはよく知らない。でも、彼の真実はここにある」みたいな感じで、さらに展示写真の説明が続いた。



f0134963_20004938.jpg


帰国してから、調べてみたら、サマーリンは、住民の平均年収が1500万円以上の、ネバダ州でもっとも裕福なコミュニティで、お金で買える「アメリカ最高の場所」などと言われているらしい。ヒューズ・コーポレーションが街の開発をしていて、Summerlinという街の名も、ヒューズのおばあちゃんの名前から名づけられていた。



f0134963_20043780.jpg
(この図書館はヒューズの寄付によって出来たみたい)


バスが来るのを待っていると、『O』の開演に間に合わなくなりそうということが分かってきて、今度はタクシーを呼ぶのに四苦八苦していたら、子供のぬり絵のように青一色だった空が暮れてきた。


f0134963_20132579.jpg


モーガンは、人生の何もかもを知っているのに、それを人に伝える機会に恵まれていないせいなのか、旅人の私たちに、バスについても、ヒューズについても、電話をかけるときも、すごく親切にしてくれた。

夕陽をバックに彼の写真が撮りたくなって、お願いしてみたけど、「私は警備会社の人間ですから。。」と断られたことが、唯一残念だった。


(べガス旅行期はこれで終了)

後日追記:MJのラスベガスの家もサマーリンでした!


[PR]
by yomodalite | 2015-03-15 20:59 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)
f0134963_00574019.jpg

大平和祈念塔の内部も少しだけ。


f0134963_01002787.jpg

信者以外の人でも「参拝目的」なら、下の階は見学することができます。


f0134963_01011316.jpg




f0134963_01021100.jpg



f0134963_01023230.jpg



f0134963_01030149.jpg



f0134963_01032230.jpg



f0134963_01034500.jpg


大平和祈念塔を建立した二代目教祖のおことば


f0134963_01043587.jpg


醜い争いは止めて、真実の心を磨き合おう、
よりあつく、よりたかく生きるために。。。









[PR]
by yomodalite | 2014-10-06 20:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_22190162.jpg



目の前にこの塔が現れたときは、すごくびっくりしました。
とても個性的なタワーなのに、今まで、その存在をまったく知らなかったのですが、通称「PLタワー」とも言われ、


f0134963_21420566.jpg


パーフェクト・リバティー教団の二代目教祖がデザインし、人種、民族、国境、宗教的信条を超えて、あらゆる戦争犠牲者の霊を祀ることを目的として建てられたもので、正式には「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」というそうです。


f0134963_21541258.jpg


どんな目的かはさておき、とにかく惹き付けられて近くまで行ってみると、


f0134963_21593990.jpg


どこまでも、身をよじって媚びてきてw


f0134963_22065822.jpg






f0134963_22075017.jpg


自由で、無邪気で、伸び伸びしてる感じなんだけど、


f0134963_22085697.jpg


どこか「エロい」ところもあってw


f0134963_22111022.jpg


どこから見ても、違った表情が素敵で、


f0134963_22221401.jpg

ただ、平和っていうよりも、なんだか「大平和」な感じがするような。。



[PR]
by yomodalite | 2014-10-06 01:17 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

高野山宿坊「一乗院」

f0134963_08314423.jpg


高野山は、標高1000mの山上にある世界遺産なので、本当に何もない未開の地をイメージしていたのですが、全国のどこにでもあるような小さな門前町があり、歴史を感じさせる立派なお寺がいくつもありました。


f0134963_08350232.jpg


宿泊は「宿坊」に限られるのですが、ホテルや、旅館を選ぶときは慎重な私も、宿坊はずっーーっと昔に一度経験しただけ。プチ修行とダイエット!という意識で下調べもせず、一番最初に目に留まった「一乗院」に2泊したのですが、、


f0134963_08333195.jpg

f0134963_08343926.jpg

お寺には、女将さんも、中居さんもいないのだけど、若いお坊さんは、10数年ぶりに『ファンシィダンス』のモックンを思い出してしまうようなイケメンだし、お料理は部屋だしで、お布団も敷いてくれるし、修行感はまるでなし。(こちらは客室ではありません)


f0134963_09080364.jpg

高野山に関する書籍や雑誌がおいてあるライブラリ。。


f0134963_08421391.jpg

ダイエットを期待していた精進料理は、見た目も味も想像以上にゴージャスで、しかもスイーツ多め。

f0134963_08431216.jpg

後だしの天ぷらは、1日目が「万願寺」で、翌日は「無花果」。両方ともめちゃめちゃ美味でした!


f0134963_08441598.jpg

こちらは1日目の松茸の酢の物で、2日目は土瓶蒸し。両日ともにたっぷし!


f0134963_08470226.jpg

お庭は大抵の旅館よりも美しく、お部屋も清潔で、湯沸かしポットは最初からお湯が沸いていて、お風呂は温泉ではないものの、宿泊人数に対して十分な広さがあり、シャンプーとリンスが分かれているだけでなく、2種類のクレンジングも。脱衣室には冷たいウォーターポットや、コットン綿棒や歯ブラシもあって、想像以上の快適でした。


f0134963_08484872.jpg

それと、一応、本当の「写経」もしてきましたw

旅館と違っているのは「朝のおつとめ」があるところ。おつとめが行われる、本堂や、その他一乗院の写真は、

こちらにアップ。

檀上伽藍や、徳川家霊台など、その他の高野山の写真はこちらです(2ページ)

[PR]
by yomodalite | 2014-09-02 13:22 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

高野山「奥の院」

f0134963_00465192.jpg

夏の思い出。。
大阪に来て、2度目の夏休み。
京都も、奈良も、神戸もランチに出かけようと思うぐらい近いし、関西はまだまだ知らない魅力的な場所が多くて迷ったのだけど、行きつけの美容師さんのおすすめで、今年は、高野山に行くことにしました。

f0134963_23380211.jpg

奥の院は、弘法大師が入定されている聖地で、戦国武将など歴史上の人物のお墓も多くある墓地。いわゆる参道ではなく、そこから少しだけ離れた場所から入ったところ。

f0134963_00323766.jpg



f0134963_23434027.jpg



f0134963_23442830.jpg



f0134963_23454032.jpg




f0134963_23461383.jpg




f0134963_23465580.jpg



f0134963_23472620.jpg



f0134963_00382761.jpg



f0134963_00332798.jpg



f0134963_23473926.jpg


奥の院には、豊臣家だけでなく、とても質素な織田信長のお墓もあります。


f0134963_23494471.jpg




f0134963_00120906.jpg



f0134963_23502340.jpg




f0134963_23504738.jpg


f0134963_23512377.jpg



f0134963_23513501.jpg




f0134963_23514958.jpg




f0134963_23535142.jpg




f0134963_00421920.jpg




f0134963_23543380.jpg




f0134963_23544879.jpg



f0134963_23550514.jpg



f0134963_23555330.jpg


f0134963_23561384.jpg

こちらは、東日本大震災物故者に捧げられた花。高野山の写真は、もう少し紹介します。


[PR]
by yomodalite | 2014-09-01 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)
f0134963_09400629.jpg

友人と別れて、夜の「栄」をブラブラする。

当時は、栄は「庭」だと思っていたんだけどw、
テレビ塔とその近くにある噴水以外は、どこもあまり懐かしい気がしない。


f0134963_12183381.jpg

今はなき「さくら館」(原宿竹下通りがビルになったようなところ)や、「OZ」「SCHOOL」「Dance Hall」「ガルボクラブ」など、クラブ系の走りだったディスコの跡地を住所を頼りにめぐっても、路地にも、建物にもまったく記憶がなくて、

『檸檬』を読んだあと、レモン爆弾を置きにいった「丸善」も栄なんだけど、発見できたのは、「明治屋」だけで、栄や錦をグルグルしても、街角から「名古屋感」が伝わってこないので、

テレビ塔から100m道路を南にひたすら歩いてみることにした。

◎[Wikipedia]久屋大通

f0134963_12210730.jpg


ひつまぶしと、HARBSのケーキでおなかが一杯だっただけでなく、

この日は「満月の夜」だったのだ。



f0134963_09524316.jpg


f0134963_09532220.jpg

f0134963_09551621.jpg



f0134963_09554715.jpg


f0134963_09562551.jpg

行ったことのない「ランの館」。。

◎ランの館(ランは漢字の方がいいのにな。。)


f0134963_12235447.jpg

栄から「大須」まで歩くなんて初めてだったけど、
懐かしの「大須スケート場」や「大須観音」までは、まだ大分あるはずなので、


f0134963_09593903.jpg


この店のあたりから、栄に戻る。。


f0134963_10004059.jpg


f0134963_10010246.jpg



f0134963_10023177.jpg


この日の夜散歩で聴いていたのは「Hollywood Tonight」

名古屋には『Michael』が似合った。どういうわけだか…w





外国人の観光客が東京や大阪よりも多い印象だったり、
久しぶりの名古屋では思ったことがたくさんあり過ぎて
ブログに書ききれないなぁ。。

☆名古屋で撮ったその他の写真は、こちら(現在更新中)


[PR]
by yomodalite | 2014-04-23 12:28 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)
f0134963_21521557.jpg


中学・高校とも同じ学校の友人と、同じ通学路で学校に行って、
懐かしいものを食べよう!

という趣旨で、名古屋に行ってきました。

午前中に到着して、1日前に名古屋入りしていた「栄」にある友人のホテルに行ったら、エントランスで、フィギュアの鈴木明子選手とすれ違って、中に入ったら、ペアの高橋成美選手がエレベーターから降りてきた。スターズオンアイス名古屋公演の1日前だったのだ。

友人の部屋に荷物を置いて、エレベーターに乗ったら、メダリストの中国のペア選手もいて、ホテルを出ると、フェルナンデス選手もいたけど、彼に気づきもしないで、「真央ちゃんはいつ来るの?」とベルボーイに詰め寄るオヤジたちを横目にそそくさと歩いた。私たちは2人ともフィギュアが大好きなんだけど、腹ぺこには勝てないw

計画どおり、栄地下街の「コンパル」に入る。ここは、女学生が喜ぶような店ではなく、サラリーマン御用達のような古い喫茶店なんだけど、毎日のように通っていた栄地下街に何店舗もありながら、当時は食べたことがなかったサンドウィッチが食べたい。という友人の希望で。

普通に美味しいモーニングのあと、栄から地下鉄で一駅の「市役所」に行く。私たちは同じ学校に通っただけでなく、2人とも国家公務員用の宿舎に住んでいて、そこは家の最寄り駅だったのだ。

f0134963_21534842.jpg


ここは、セントラルパークがある100m道路と平行している隣にある道なんだけど、広々としていて道路だけじゃなく歩道も広い。

東京に行ってから一度だけ名古屋に帰ったとき、この風景を見て「ロスアンジェルス」だと思ったことを思い出した(笑)

(実際、モンローやグレゴリー・ペックやジュリー・アンドリュースなどハリウッドスターの手形・足形もある公園も近くにあるし、名古屋とロスは姉妹都市なんだってばw)


f0134963_22122616.jpg

ここから「名城公園」まで歩く。当時はよく見えたお城がなかなか見えないことが不思議だったんだけど、名城公園も、天守閣の周囲も樹が伸びたからなのかな。お城の周囲だけでなく、名古屋は緑が多くなっていて、当時はスカスカな印象だった名城公園もだいぶ綺麗になっていた。


f0134963_22143791.jpg

お昼は、私たちの真のソウルフードである「寿がきや」に行く予定だったのだけど、想像以上に暑い中、たくさん歩いて疲れたので、お城の近くにある「名古屋キャッスル」でランチ。ここには、ふたりで当時大人気だったコマネチの「追っかけ」で来たことがあった。

中学生だった私たちは、上の方の部屋を眺めていただけで、コマネチには会えなかったけど、ここに来ると野球選手はよく見かけたね。外堀には名古屋場所がある体育館も近いので、力士もよく見かけたし、地下鉄の駅も鬢付け油の匂いがしたよね。とか言いながら、お寿司をつまむ。

(月替わりランチがレベル高くてリーズナブルだった)

このあと、ホテルから出て母校へ。

駅から結構歩かなくてはいけない「通学路」だったんだけど、道順もわからないし、記憶にある風景も全然なく、校舎も新しくなったせいか、どこも記憶がないことに驚きつつ、



f0134963_13541701.jpg

通学路に咲いていたスミレと、後輩たちの元気な様子に癒され、バスで栄まで戻る。

名古屋第1日目の夕食はひつまぶし。最初は「うな富士」に行く予定だったのだけど、定休日だったので「あつた蓬莱軒」の松坂屋店に。


f0134963_22295717.jpg

美味しいひつまぶしと、そうじゃないのの違いは、おなか一杯になっても、まだイケルのが本物の「ひつまぶし」で、うな重のうなぎが小さく切ってあって、だしが添えてあって、焼いたうなぎにタレがかかってるだけでは「ひつまぶし」とはいえない(と私は思う)

本店は行列必須なんだけど、松坂屋店は楽に入れるので栄周辺の「ひつまぶし」なら、やっぱりここ。


大満足だったけど、おなか一杯なので、少し歩かないとヤバいかも。。と松坂屋からほど近い「LACHIC」をブラブラしていたら、2階に「HARBS」があって、驚いたことに友人がケーキを食べよう!と悪魔のような誘いをかけてきた。

ラストオーダーまであとわずかだし、今、ひつまぶしでおなかいっぱいなのに?と散々説得したけど、HARBSのケーキは、ひつまぶしの次に彼女が名古屋で食べたいと言っていたものだし、美味しいんだけど、ビッグサイズなここのケーキは、女学生時代も悩ましくも甘い思い出。でも、今は名古屋だけじゃなく、東京にも大阪にもお店あるしぃ、、

それなのに、気がつくと、結局「チョコレートケーキ」を注文して、私もひとくちだけ… と言いつつ、美味しさにつられて、半分近く食べていた(ったくもうっ)。

HARBSといえば、絶対「ミルクレープ」なのに…と思いつつw


そのあと、名古屋2日目で歩き疲れた友人はホテルへ帰り、私はさらに夜の栄を歩いた。


[PR]
by yomodalite | 2014-04-22 08:54 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)
f0134963_22492361.jpg

先日、約30年ぶりに名古屋に帰って、思い出の地をめぐってきました。

でも、なんせ30年ぶりなので、どこも初めて訪れたように新鮮だったのですが、
こちらは、数年前に修復されて、建物と庭園が見学できるようになった
千種区「覚王山」にある、松坂屋の初代社長、伊藤次郎左衞門祐民の別荘。



f0134963_11155236.jpg


こちらは、揚輝荘の近隣。


f0134963_11213699.jpg



当時も今も、松坂屋にいいイメージを抱いたことはないんですがw、
こちらは若き日の祐民(すけたみ)が、世界のあちこちをミックスして創った、
建築や歴史が好きな方にはお奨めの場所です。



f0134963_11314875.jpg





f0134963_11354692.jpg





f0134963_11335863.jpg





f0134963_11375176.jpg




f0134963_11380924.jpg




f0134963_11382394.jpg


2階には、内装が異なる部屋がいくつもあり、


f0134963_11392007.jpg


ここから下の写真は「地下室」です。


f0134963_11413665.jpg




f0134963_11425740.jpg




f0134963_11484106.jpg


で、こちらは、地下室にある「秘密トンネル」の入口


f0134963_11491396.jpg

◎揚輝荘の日々→「歴史」→「第2話・揚輝荘のトンネル」


f0134963_11582482.jpg




f0134963_11591465.jpg


庭園は広くて、もっと素敵な場所があるのですが、

池に浮かぶ椿がキレイだったので。。


f0134963_12313453.jpg




[PR]
by yomodalite | 2014-04-19 12:05 | 日常と写真 | Trackback | Comments(6)
f0134963_031091.jpg


万博公園を後にして、家への帰り道の夕景。。


f0134963_034770.jpg

f0134963_0453100.jpg

f0134963_05341.jpg

f0134963_061357.jpg

f0134963_06874.jpg

f0134963_0161584.jpg

f0134963_0192294.jpg

f0134963_0201240.jpg

f0134963_0203651.jpg



Twinkle Lullaby(Twinkle Little Star)
The Piano Guys




[PR]
by yomodalite | 2013-09-23 12:01 | 日常と写真 | Trackback(1) | Comments(4)
f0134963_151826.jpg

近所のイタリアンでランチをしてるときに、おニューのカメラを弄ってたら、なんとなく「太陽の塔」を見に行こうということになって、それで、ガソリンを入れたり、洗車したりとか、なんだかんだやっていて、万博公園に到着したのは閉園30分前の4時半。


f0134963_1512244.jpg



また夏が戻ってきたような暑い1日だったけど、
実物を前にすると、のどの渇きを忘れちゃうほど、魅力的な被写体で。。



f0134963_1513613.jpg

f0134963_1501362.jpg

f0134963_1515549.jpg

f0134963_15344619.jpg

f0134963_152350.jpg

f0134963_152135.jpg

f0134963_1522272.jpg

f0134963_152347.jpg

f0134963_15365623.jpg

f0134963_1524977.jpg

f0134963_153192.jpg

f0134963_1531179.jpg

f0134963_1535153.jpg

前を歩くダーリン...

f0134963_1543157.jpg

車へと戻る。。。



☆新しいカメラを持って万博公園に(2013.9.21)「車内からの夕景」に続く





[PR]
by yomodalite | 2013-09-22 15:27 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite