タグ:建築探訪 ( 16 ) タグの人気記事

f0134963_23331508.jpg



こちらは、南船場のランドマークとも言われる、オーガニックビル。
これまでなぜかチャンスに恵まれなかったのだけど、今回は休日ランチで行ったカフェの近くだったことでようやく撮影に成功。



f0134963_23355719.jpg


わたしが、大阪いいなぁ、と思う理由のひとつは、素敵な建築が多いことなんだけど、このビルも強烈なインパクトを与えながら、周囲から浮くこともなく、地域を底上げするパワーが落ちていないところが素敵!



f0134963_23391597.jpg



f0134963_23592009.jpg

(エレベーターホール)
奥のオレンジの2つの物体は
意外と座り心地のいい椅子



f0134963_00002155.jpg



f0134963_00003698.jpg



f0134963_00020660.jpg



何度か目にしていたビルだったんだけど、

今日初めて、イタリアのデザイナー、ガエタノ・ペッシェ(Gaetano Pesce)という人のデザインだったこととか、
フロントを入ったところにあった説明で、

「あらゆる生命体は、一つ一つの異なる細胞が有機的に結びつき、互いが合理的に作用しあい、成長し、そして進化しています。この生命の完成された構造とシステムを取り入れたのが、有機生命体ビル・・・ORGANIC-BUILなのです。ビルの外壁には、様々な大きさのパネルと132個のポット(植木鉢)を付け、その鉢の中には、世界各国から集められた50種余りの植木が植えてあります。これは「垂直の庭園」(古代メソポタミア文明の7大建築の一つバーチカルガーデン ”縦庭” )として都市の中に自然を創ろうとしたものです。小倉屋山本の企業理念の中の一つに[自然と健康]があり、[緑と建築と人間が共存する]というビルコンセプトにも合致したことにより、1993年に誕生しました」

という、ビルコンセプトを知り、

数年前に行っていた美容室で、やたらと「オーガニック」のヘアカラーを薦められたせいで(カラーリング剤がオーガニックだからって、髪や頭皮の健康にはなんの関係もないじゃんw)、オーガニックという言葉が嫌いになってた私も、このビルのネーミングには好感を持ち、

居住者が窓から植物に水をやっているんじゃなくて、建築当初からコンピューターで自動的に水やりができるシステムになっていることとか、

また、ビルオーナーは「小倉屋山本」という昆布屋さん(このビル内に本社がある)ということにも、なんだか感激したりしたんだけど、
でも、古代メソポタミア文明のバーチカルガーデンって何のこと?って思ったんですが、コメントで判明。「バビロンの空中庭園」のことだったんですね!(みっちさん、ありがとうございました!)

[PR]
by yomodalite | 2017-08-14 00:07 | 日常と写真 | Trackback | Comments(5)
f0134963_12130175.jpg



聖誕祭は佳境ですが、ちょっぴり夏休みの思い出も。。

バブル時代に巨額な費用で建てられたホテルといえば、数年前に、淡島ホテルにも行ったことがあったのだけど、そちらは、もともと趣味とは異なるうえに、悪天候で、定評のある富士山ビューも眺められず、特に良い思い出はなかったのですが、

こちらのホテルは、お金をかけたというだけでなく、日本の伝統工芸を生かしてヨーロッパ風のお城を創ったような独創性にあふれた建築で村野藤吾賞も受賞した、永田祐三氏の名作ホテル。

今回、南紀白浜のホテルを探していて、何十年も前に雑誌でみたこちらのホテルのことを思い出して宿泊することに。


f0134963_10112365.jpg


到着した日は、豪雨といっていいような天気だったのですが、ホテルに到着したとたん、そんなことを忘れるほどテンションアップ!



f0134963_10410399.jpg





f0134963_10115006.jpg





f0134963_10115545.jpg





f0134963_10155709.jpg


エレベーターの中



f0134963_10161624.jpg





f0134963_10164040.jpg





f0134963_10170955.jpg





f0134963_10173225.jpg





f0134963_10175617.jpg





f0134963_10182041.jpg





f0134963_10183929.jpg





f0134963_10185701.jpg





f0134963_10191635.jpg





f0134963_10230842.jpg





f0134963_10231849.jpg


このドレッシングルームの隣にはメイクルームもあって、そのすべてに洗面ボウルと拡大鏡つきなので、おしゃれ女子が3人で泊まっても大丈夫そう。


f0134963_10232272.jpg


木製すのこつきの広い洗い場のあるバスルーム。ゴージャスさには欠けるものの、ホテル内には専用エレベーターで行ける温泉大浴場もあり。



f0134963_10233042.jpg


エレベーターホール


f0134963_10243748.jpg


ロビーカフェ


f0134963_10244074.jpg




f0134963_10263576.jpg





f0134963_10265367.jpg






f0134963_10271182.jpg






f0134963_10290119.jpg





f0134963_10273990.jpg





f0134963_10294166.jpg



メインフロアの螺旋階段を登ると、、



f0134963_10300579.jpg





f0134963_10303666.jpg





f0134963_10311816.jpg






f0134963_10312566.jpg



ビュッフェのメインルーム



f0134963_10312997.jpg


今回は2食ともビュッフェの宿泊プラン。種類の豊富さが満足につながらないことが多いので、ビュッフェがあまり好きではなく、広々スイートルームの宿泊料の安さは、専属シェフのコストを抑えたためと想像していたんですが、このプランはお値段以上の満足度で、特に「おすすめ野菜」というお皿にあったミディトマトがすごく美味しかった。




f0134963_11515310.jpg



雨に濡れた窓から見た、翌朝のお部屋からの眺め。



f0134963_10320752.jpg





f0134963_11461293.jpg






f0134963_11464263.jpg





f0134963_11470570.jpg


ホテル形式と、和風旅館の良さは共存しにくいものですが、こちらは外観だけでなく、過ごしやすさも和洋折衷の成功例だと感じました。夏休みで子供連れの客も多く、ホテル内では様々なポイントをめぐるスタンプラリーもやっていたのですが、元気な関西の子供たちがはしゃいでいても、落ち着いた雰囲気が壊れることなく、でも、気取ったところもない、とてもリーズナブルなホテルでした。

ひとつだけ改善点があるとすれば、このロケーションで露天風呂から海が見えないところ。。城壁に囲まれた露天風呂をもう少し生かす工夫が欲しいかなぁ。。。


◎ホテル川久
http://www.hotel-kawakyu.jp




[PR]
by yomodalite | 2015-08-24 11:55 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_18152788.jpg


つい最近もその美しさに見惚れて撮影したところだったのに、「完成から80年以上たつ大丸心斎橋店の本館が年内に営業をやめ、建て替えられることに」というニュースを数日前に聞いてがっくり。

大阪には、ヴォーリズ設計の素敵な建物がまだ多く見られるけど、こちらは外観以上に内装が素敵で、、この良さをできるだけ残して欲しいものです。

そんな願いを込めて!(今月撮影した写真全15枚)



f0134963_18161889.jpg



f0134963_18174742.jpg



f0134963_18181520.jpg



f0134963_18190460.jpg



f0134963_18191945.jpg



f0134963_18193949.jpg



f0134963_18204268.jpg



f0134963_18205705.jpg



f0134963_18211239.jpg



f0134963_18213740.jpg



f0134963_18215589.jpg


f0134963_18221026.jpg



f0134963_18222412.jpg



f0134963_18223910.jpg





[PR]
by yomodalite | 2015-07-23 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_00574019.jpg

大平和祈念塔の内部も少しだけ。


f0134963_01002787.jpg

信者以外の人でも「参拝目的」なら、下の階は見学することができます。


f0134963_01011316.jpg




f0134963_01021100.jpg



f0134963_01023230.jpg



f0134963_01030149.jpg



f0134963_01032230.jpg



f0134963_01034500.jpg


大平和祈念塔を建立した二代目教祖のおことば


f0134963_01043587.jpg


醜い争いは止めて、真実の心を磨き合おう、
よりあつく、よりたかく生きるために。。。









[PR]
by yomodalite | 2014-10-06 20:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_22190162.jpg



目の前にこの塔が現れたときは、すごくびっくりしました。
とても個性的なタワーなのに、今まで、その存在をまったく知らなかったのですが、通称「PLタワー」とも言われ、


f0134963_21420566.jpg


パーフェクト・リバティー教団の二代目教祖がデザインし、人種、民族、国境、宗教的信条を超えて、あらゆる戦争犠牲者の霊を祀ることを目的として建てられたもので、正式には「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」というそうです。


f0134963_21541258.jpg


どんな目的かはさておき、とにかく惹き付けられて近くまで行ってみると、


f0134963_21593990.jpg


どこまでも、身をよじって媚びてきてw


f0134963_22065822.jpg






f0134963_22075017.jpg


自由で、無邪気で、伸び伸びしてる感じなんだけど、


f0134963_22085697.jpg


どこか「エロい」ところもあってw


f0134963_22111022.jpg


どこから見ても、違った表情が素敵で、


f0134963_22221401.jpg

ただ、平和っていうよりも、なんだか「大平和」な感じがするような。。



[PR]
by yomodalite | 2014-10-06 01:17 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)
f0134963_22492361.jpg

先日、約30年ぶりに名古屋に帰って、思い出の地をめぐってきました。

でも、なんせ30年ぶりなので、どこも初めて訪れたように新鮮だったのですが、
こちらは、数年前に修復されて、建物と庭園が見学できるようになった
千種区「覚王山」にある、松坂屋の初代社長、伊藤次郎左衞門祐民の別荘。



f0134963_11155236.jpg


こちらは、揚輝荘の近隣。


f0134963_11213699.jpg



当時も今も、松坂屋にいいイメージを抱いたことはないんですがw、
こちらは若き日の祐民(すけたみ)が、世界のあちこちをミックスして創った、
建築や歴史が好きな方にはお奨めの場所です。



f0134963_11314875.jpg





f0134963_11354692.jpg





f0134963_11335863.jpg





f0134963_11375176.jpg




f0134963_11380924.jpg




f0134963_11382394.jpg


2階には、内装が異なる部屋がいくつもあり、


f0134963_11392007.jpg


ここから下の写真は「地下室」です。


f0134963_11413665.jpg




f0134963_11425740.jpg




f0134963_11484106.jpg


で、こちらは、地下室にある「秘密トンネル」の入口


f0134963_11491396.jpg

◎揚輝荘の日々→「歴史」→「第2話・揚輝荘のトンネル」


f0134963_11582482.jpg




f0134963_11591465.jpg


庭園は広くて、もっと素敵な場所があるのですが、

池に浮かぶ椿がキレイだったので。。


f0134963_12313453.jpg




[PR]
by yomodalite | 2014-04-19 12:05 | 日常と写真 | Trackback | Comments(6)
f0134963_00271409.jpg

淀屋橋から1筋違いの「肥後橋」のほとりにある山内ビルは、
昭和30年に法律特許事務所として建てられたもので、
1階には大人気のオーガニックレストラン「里山カフェ」があります。



f0134963_00290922.jpg


f0134963_00294217.jpg

私が行ったのは平日の4時頃だったのですが、そんな時間でも食事客が絶えなくて
しかも、ヘルシーとか、オーガニックなどのキーワードに弱い女性客だけでなく、
男性客も目立っていたので、日常のお食事処として常連客も多いのかも。



f0134963_00304397.jpg

魅惑的なランチメニューに心惹かれつつも
シフォンケーキとカフェオレを注文。


f0134963_00360695.jpg

「ジンジャーハニー・シフォン」という名前だったかな。

縞模様に見えるところに、シフォンがしっとりするぐらい蜂蜜がかかってるんだけど、
甘過ぎなくて、ジンジャーも調度いい感じで、美味しいっ!



f0134963_00381823.jpg

でね、、

飲食店の店内写真を撮るときは
人が写らないよう遠慮がちにしてるつもりだったんだけど、
この日は、うっかりしてて、この奥の席にいた素敵な紳士に

「おらぁ、写真撮るなやぁ」みたいな感じで叱られてしまいました。

席を立って近くに来られて叱られたので、一瞬怖かったものの
なんか「カッコイイ」んだなぁ。

どうしてカッコイイと思ったのか

ものすごく説明しづらいんだけど。。


f0134963_00454405.jpg

こちらは、お店を出たあと最初に目に入った自転車。

赤と黄色の配色バランスが絶妙。
サドルカバーのタータンチェックも素敵だけど
このボディの配色でハンドルグリップに
グレーを選ぶとはーー!(感歎)


f0134963_01114344.jpg

一見クドいと思える「てんとう虫」のベルもすごく似合ってる!



[PR]
by yomodalite | 2014-02-25 08:19 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)
f0134963_22481883.jpg



綿業会館は、芝川ビルと同じく、北浜・淀屋橋周辺にあるビルなんですが、こちらは綿製品が世界を席巻した当時の栄華にちなんで「船場エリア」と言った方がいいのかも。。

大阪市内は東京よりも街の区分が小さいのですが、船場は江戸時代から大阪の中心地。船場ブランドを大事にしたい人は今も多いようで、町名を飛び越えて、船場と呼ばれる地域は広く、ちなみに、前回紹介した芝川ビルは「北船場」、綿業会館は「南船場」というそうです。


f0134963_22490172.jpg


船場は、大阪でよくいうキタとミナミの中間。綿業会館の周囲も繊維業界だけでなく、薬の神、交易の神が祀られた少彦名神社、緒方洪庵の適塾や、古い薬問屋も面影を留めていて、それらの和風建築と、近代的なオフィスビル郡との融合が、東京の追手町や丸の内とは異なる魅力的な雰囲気を醸し出しています。


f0134963_22492484.jpg


綿業会館は、戦前の日本外交の舞台でもあった日本綿業倶楽部の施設として、あのリットン調査団も来館したという歴史的な建物。



f0134963_22494666.jpg



f0134963_22500241.jpg



f0134963_22501689.jpg


見学は月1回のみで予約制なので、今回は玄関まで。



f0134963_22502797.jpg


f0134963_22503949.jpg


美しい建物が多いこの地域でも特に、綿業会館がある三休橋筋は、オペラ・ドメーヌ(現在修復中)や、浪速教会などがあり、ガス灯を再現するなど、船場のまちなみ修景の中心になっている通りのようです。

*浪花教会の写真はこちら!






[PR]
by yomodalite | 2014-02-23 10:43 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)
f0134963_22222728.jpg



素敵なレトロビルが多い大阪の中でも、

特に素敵な建物が密集している淀屋橋・北浜エリア。

芝川ビルは、古代中南米の雰囲気が漂うデザインが素敵で、

個性的なオーナーによるオシャレなお店もいっぱい。



f0134963_22241343.jpg




f0134963_00464901.jpg


1階にある、英国人John Broadhust さんによる英国菓子店

「Broadhust」のチョコレートショップ「TIKAL by Cacao en Masse」



f0134963_22270310.jpg




f0134963_08453212.jpg



f0134963_22311064.jpg

英国のチョコレートと聞くと、イマイチな感じがしたんだけど、

英国のお店の海外店舗ではなく、イギリス人のパティシエが大阪で創ったお店で、

今のところ大阪にしかない。という点に惹かれて、

今年の本命チョコ(ダーリン用ってことね)は、ここで購入。



f0134963_22320911.jpg

カカオの産地別にいろいろな種類のチョコがあって…

f0134963_00301180.jpg

チョコ好きな人におすすめ!


f0134963_22380128.jpg

南の島バヌアツ産のシングルビーンズチョコレート…

マダガスカル産51%酸味とベリーの香り、

アーモンドの香りのお酒とフィヤンティーヌの2層… とか、

9個選んでお箱に入れて3200円ぐらい。

(上記はバレンタインチョコが美味しかったので、

再訪して自分用wに買ったもの)


f0134963_22400692.jpg



f0134963_22435401.jpg



f0134963_22450200.jpg

上階にも、いろいろ素敵なお店があって、、


f0134963_22460392.jpg



f0134963_22483764.jpg



f0134963_22494920.jpg

雰囲気のいいバーや、レストランもあって、
地下にはカフェもあるんだけど、


f0134963_22514042.jpg

カフェはカウンター席しかないし、
写真撮影禁止で、マスターは愛想ないし(大阪基準)
私が行ったときに混んでてクロックムッシュがなかなか出てこないと嫌なので、
絶対に行かないように(笑)!






[PR]
by yomodalite | 2014-02-19 23:09 | 日常と写真 | Trackback | Comments(6)
f0134963_8471036.jpg

フジハラビルは、オーナーの藤原氏が個人で修復した建物。

有名ビルなので「記念切手」になっていても不思議ではないのですが、
この切手も「自作」のもの。


f0134963_8482187.jpg

こちらは、隣の建物なんですが、、
近隣も含めて藤原氏の所有なのか、周囲の皆さんがフジハラアート(?)に協力的なのか、

f0134963_84919.jpg

とにかく、ビルの熱気は、周辺にまで及んでいて、

f0134963_8474935.jpg

新聞・雑誌の取材記事なども壁いっぱいに陳列されてます。

f0134963_8551482.jpg

f0134963_8552750.jpg

f0134963_8554214.jpg

f0134963_8555360.jpg

f0134963_856753.jpg

f0134963_8562680.jpg

f0134963_8564170.jpg

2階には、オフィス利用者も。。

f0134963_8575169.jpg

本日は4階のギャラリーがお休みのためか、屋上には上がれないけど、

f0134963_858533.jpg

窓から見える屋根の上にも。。

f0134963_8581663.jpg


f0134963_902451.jpg


f0134963_91633.jpg

1階に戻る。。

f0134963_915776.jpg
f0134963_944578.jpg

地下のギャラリーへの階段

f0134963_951424.jpg

この日は、写真展のオープニングパーティーで賑やかでした。


◎[参考記事]のりみ通信「大阪レトロ建築まちあるきツアー終了しました」


フジハラビルは、実際に訪れるとオーナーの愛がもっと「むきだし」なので、、

今日のBGMは、ゆらゆら帝国『空洞です』





◎[映画]愛のむきだし:予告

◎[Wikipedia]映画『愛のむきだし』


[PR]
by yomodalite | 2013-10-06 11:34 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite