タグ:岩下尚史 ( 3 ) タグの人気記事

ヒタメン 三島由紀夫が女に逢う時…

岩下尚史/雄山閣



〈ヒタメン〉とは〈直面〉と書き、能楽の舞台で、面を着けずに舞うことを指すそうですが、〈ひたむきな男=ヒタメン〉という多くの人が思いつくイメージともズレてはおらず「三島の恋」に相応しいタイトル。

岩下尚史氏のことは『芸者論』で衝撃を受けて以来、『名妓の資格』『見出された恋』も、すべて読んでいて、もし、2009年6月25日さえなかったら、私は『芸者論」について、まだ、あれこれ考えているはずだったのにと、よく思うぐらい刺激を受けている方。

『名妓の資格』も『見出された恋』も、ブログにも書いておきたかったのだけど、あれこれ思うことが多すぎたり、どう書いていいのかわからないこともいっぱいあったりで、つい先延ばしにしてました。

本書は『見出された恋』では、実名を伏せられていた三島の恋人「満佐子」を、6世中村歌右衛門をお兄様と呼び、その楽屋に自由に出入りしていた、赤坂の大料亭「若林」の娘(旧姓)豊田貞子さんと記し、三島との恋愛話も、当時の東京のことも、詳細に語られているとても貴重な本。

三島の恋人「豊田貞子さん」は、猪瀬直樹氏の『ペルソナ』では、X嬢として登場した方なのですが、本書は、猪瀬氏のようなジャーナリスティックな目線とは真逆の趣で、通人の世界をインサイダーとして描いています。しかし、奥底に「ギラリ」と光る視点が見え隠れするところが、逆に、、、という感じは、岩下氏の本を読むといつも思うこと。

TV出演時の個性的なキャラもまた、三島由紀夫や、かつての橋本治と通じておられるような気がして、そのミステリアスな魅力から目が離せません。

◎[参考サイト]「何か決定的なもの」をめぐって。井嶋ナギ
◎[参考サイト]指田文夫の「さすらい日乗」
◎[参考サイト]岩下尚史『ヒタメン』――半玄人の告白(阿部重夫)

◎[関連記事]『芸者論』について(桜庭一樹「読書日記」)

内容紹介/若き日の三島由紀夫の愛を一身に受けた女性と、そのふたりの恋を暖かく見守った女性。 ふたりの女性の証言から浮かび上がる三島由紀夫の素顔とは・・・。 これまで幾多の伝説に塗り固められた来た三島由紀夫に対する先入観は揺らぎ、驚きとともに新鮮な感動に包まれる。〈ヒタメン〉とは〈直面〉と書き、能楽の舞台で、面を着けずに舞うことを指す。ふたりの女性が語る、誰も知らない三島由紀夫の、もうひとつの顔を御覧ください。雄山閣 (2011/12/9)



彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)

沼田 まほかる/幻冬舎



著者は、僧侶や建設会社経営を経て、50代で作家デビューしたという経歴の方なのですが、本書は、その経歴すべてに深く納得したくなるような作品。

恋愛小説であり、ミステリでもあり、純文学でもあり、絶望的に暗く、激しく切ない。

著者の作品は、本書が初めてなので、帯コピー “限りなく不愉快、でもまぎれもない最高傑作” の「最高」かどうかはわかりませんが「傑作」だと思いました。

読了後、このタイトルについて考えてみたんですが、、

もし、これを書いたのが才能ある30代の作家なら「彼女がその名を知らない鳥」にしたんじゃないかと、、でも、そこをきっちり「鳥たち」と「複数形」にしちゃうところが、スゴいというか、『嵐が丘』なんじゃないかと思ったのですけど、、どうなんでしょう?

☆安定した精神状態のときに!

◎[参考サイト」なんか気になる
◎[参考サイト」村雲式

[内容]八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが…。衝撃の長編ミステリ。幻冬舎(2006/10) 文庫版(2009/10)

[沼田まほかる]1948年大阪府生まれ。主婦、僧侶、会社経営などを経て、初めて書いた小説「九月が永遠に続けば」で、第五回ホラーサスペンス大賞を受賞。


[PR]
by yomodalite | 2012-05-09 10:33 | 読書メモ | Trackback | Comments(0)

本に埋もれて暮らしたい (桜庭一樹読書日記)

桜庭 一樹/東京創元社

undefined



最近、面白い本も、読まなくてはならない本も多くて、ブログに記録しておこうと思う本を選ぶのに、すごく迷う。ものすごく感動しても、それをどう書いていいかわからない場合は、書くことができないし...

「LOVEを込めてやる、LOVEを込めて言う、優しさを込めて言う。それができないのなら、口に出すな」(ケニー・オルテガが語ったMJの言葉)

という、なかなか守れない「掟」もある....

「桜庭一樹の読書日記」はこのブログに書いていない本も含めて、全冊読んでいて、毎回ものすごく感動してるけど、どこに感動したかっていうことについては、なかなか書けない。だって、面白ポイントが多すぎるんだもん。

でも、今回の日記は、桜庭氏が『傷痕』を書くことになった時期のことが書かれているので、そーゆー理由も含めて、、メモしておきます。

2010年12月某日

(P133)...今夜もまた、チェシャ猫のような微笑みをバーの入口の薄闇に漂わせながら、I本女史が現れた。

I本「桜庭さん! いやー、わたし『THIS IS IT』見たんですけどね、マイケル・ジャクソンが、なんと、桜庭さんとそっくりだったんですよ!」

桜庭「どっ、どっこも似てませんよ! なんの話ですか!」(中略)

I本「いや、自由というものにはね、孤独がつきものなんですよ.....。
わたし、わかります(←真顔)」


わかるように話してくれない.....。今夜もまた、楽しいけれどもなにもかもうやむやになってしまうような気がする。ちらっとK村女史を見ると、スケジュールの確認と打合せは.....(後略)

しかし、この影響で突如、脳内で舞台の廃校にMJが現れ、キング・オブ・ポップが銀座の廃校にネヴァーランドをつくって娘と住んでいる話に変わった。小説とは、ほんとに生き物である....(引用終了)

I本女史は、本書に何度も登場する講談社の編集者の方で、桜庭氏の本では『ファミリーポートレイト』を担当されていて、都会のお洒落なバーで、グランドピアノによじ登ったり、桜庭氏に「向日葵の種を変質的に集めているような男と結婚しろ」と指令を出されたり、また、立姿は『私がウォシャウスキー』のポスターのようで、

吉井和哉というキーワードでボタンを押したように爆笑されるような、そんなテンションの高さで、数々の名作を手がけてこられたベテラン編集者の方で(そのせいなのか、プロ級の歌唱力もある)、なんとなく、桜庭氏よりも、年上のように思われるのですが、、、

で、そーゆー人から、あの『THIS IS IT』のときのMJに似ていると言われる、そんな38歳(2009年時)の女って、、、想像できます?

MJも、桜庭氏も大好きな私としても、それは意外な発見で、びっくりして、似ている部分について、初めて考えてみたんですけど、

うーーーん、やっぱ、似てるかも。

いや、ま、どこがって言われると、困るんですけどw

まず、桜庭一樹の読書にかける想いと、MJのそれは似ていると思うんです。貪欲さという意味において。

この日本で、桜庭氏以上に、まるごと世界を把握したいというほどの「貪欲」さで、読書をされている方も少ないけど、、このレベルで本を読んで、読書日記で、自らそれらを紹介し、しかも売れっ子作家で、『傷痕』連載時も、他にも3本ほど連載を抱えられていたり....そんなところも、MJが『THIS IS IT』の過酷なリハ中、クラシックアルバムの制作までしていた...ところと似ているし、

また、I本女史が言われている「孤独」について、

MJはこれまでに「KING」と言われた人と比較しても、肩を並べる人がいないぐらいの「KING」なのだけど、いわゆる「王様の孤独」とも無縁で、彼のことをあまり知らない人は、MJがネバーランドのような「王国」に閉じこもっていたように思っているかもしれないけれど、彼は、晩年まで、周囲に大勢の人がいることが好きだったし、創作をするうえでも、共同作業が好きだった。

『THIS IS IT』でも、そういったMJの姿勢は見てとれると思うので、I本女史が言われているのも、そーゆー意味ではないと思うし、桜庭一樹のセルフドキュメントとも言える「読書日記」でも、桜庭氏の周囲には、常に人がいて、それは「食べ放題」にかける意気込みや、「おみやげ対決」にも感じられるし、想像を絶するような生活の中で、結婚もされている。


f0134963_1753166.jpg

◎「みのるのラブリーディ」桜庭一樹と友野英俊(芸人)の結婚式のこと

下記は巻末の(男子も出席してる)「読書日記女子会」から

F嬢 .....でも桜庭さんて、ほんとに毎日、着々と本を読みますよね。

桜庭 同じ時間に同じことをするように心がけてますね。それは、今よりも物事をわかりたいとか、もっとよく書けるようになりたいとか、そういう気持ちが常にあるかもしれない。もちろん楽しいからやっているんですけど。

K島 特定のことのエキスパートになりたいわけではないんですね。

桜庭 ひとつのジャンルを、がーっと読んで詳しくなるんじゃなくて、全体のバランスを取りながら、小説という文化全般をうっすらとよくわかりたい、というか。

K島 それは子供の頃から持っていた感覚ですか?

桜庭「この作品はどうしてこんなふうに作られているのか、きっとこういう意図があるんじゃないかな」みたいなことは考えていて、それがわかった気がすると修行が一歩前進した気分になる。魔法が一個使えるようになった感じ。

マニアの人みたいな、リストを埋めていくような読み方はしないですね。自分独自の、小説でできた街なり世界なりを作ろうとしている。(中略)

S藤 修行が好きなのはどうしてですか?

桜庭 本を読んだり仕事をするのも毎日同じ時間にきちんとやるのが好きなので、もともと求道的なところがあるのかも。

S藤 それって、完成型とかイメージしてます?

桜庭 さっき魔法っていったけど、『ゲド戦記』(U・K・ル=グウィン)のいちばん好きなシーンに、たしか偉い人が「偉くなると楽になる気がするけどそれは逆で、下っ端のときがいちばん楽なんだ。偉くなるとしなくてはいけない義務や人に教えるべきことがたくさんあって、自由がどんどん狭まる。それが魔法使いとして目指すべきところなので、君は頑張れば頑張るほど大変になるんだ」とゲドに言う場面があるんです。 (引用終了)


修行が一歩前進すると、魔法が一個使えるようになる。それで、どんどん偉くなると、自由はどんどん狭まって、しなくてはいけない義務や教えなくてはいけないことが増えるけど、それを目指して頑張って、偉い魔法使いになる。

なんだか、、まるで、MJのことを言っているような.... 

松岡正剛とか荒俣宏の方が、桜庭一樹よりももっと本を読んでるかもしれないけど、彼らは、それで魔法が使えるようにはなっていないし、

そんな風に頑張ろうと思っている人も滅多にいないし、だから、I本女史は「孤独」だと言ったんじゃないかな.... 

あと、おふたりは作品だけでなくスピリットの伝染性も、スゴいし...お笑い関係者を身近に置いておくところも...

やっぱり、MJと桜庭一樹は似ているかもしれない。『傷痕』に関しては、いずれまた。。


f0134963_1823352.jpg


あまりにも、多くの魅力的な本が紹介されているので、興味をもった本をメモするのも大変なんですが、たまたま「黄色の付箋を貼った部分のみ」ちょっぴりメモしておきます。

☆岩下尚史『芸者論』 
この本は、私も5つ星のスゴい本で、ここから私は、目一杯「芸者」のことを考える予定だったのに、MJショックのため、ペンディングになっていて.... とにかく、もう今後、これ以上の芸者本はないという本なのですが、、下記は、桜庭氏が本書について語っていること。

....花柳界の歴史を“神さまを演じる”という文化をもとに紐解いたおもしろい本だった。古来、巫女の仕事のひとつに、外の世界から村にやってくる男と一夜を過ごすことがあった。昔の人か考える幸福とは、遠い海の彼方から訪ねてくる客(神さま)に、毎年、巫女が服従することでもたらされるものだったからだ。

そこから、白拍子やら歌舞伎を経て、江戸時代の吉原へ....。いまもドラマや映画で見て、不思議に思えるこの場所のさまざまな風習は、じつは古代の巫女からきていた。客(神)は、神の目印の蓑笠代代わりに深編笠で結界の大門を越えたり、揚屋で大神と呼ばれたり、神前にお供えするような肴をやたら山盛り出されたり....遊女(巫女)との複雑な盃ことも、じつは、神と人の世界の契約の記憶をもとにしていたのだ。

これがやがて芸者の文化に繋がるが、近代になって、忘れられていって....。なんだか、日本の文化のお話なのに、ずっと、遠い外国の小説を読んでるみたい。不思議な本だなぁ。

読み終わって、でもこういう文化の中にある神さまというものは、消えたようでいて、都会の雑踏や、芸能スポットライトの中や、いろんなところにそーっと生き残っているんじゃないかなぁと思った。ちいさくなって、ときには安くなって、いつだって、しぶとく。

そういや、小説もまた、書く人が、ちいさな神さまをみつけては、読む人に目撃させるための道具、四角い“読む祝祭空間”なんだよなぁ、とかなんとか思いながら、夜も更けてきたので、考えすぎて頭から煙をもくもく出る前に、もう寝た。(引用終了)



☆辻原登『闇の奥』『許されざる者』『抱擁』『夢からの手紙』
『抱擁』は「ねじの回転」のパスティーシュ。『夢からの手紙』は時代物の短編集、最初の「川に沈む夕日」がすごい..... 辻原登さんは、先日のNHK-BS「ブックレヴュー」で、ジャン=フィリップ・トゥーサンの『浴室』やスタンダールの『赤と黒』などの素敵な邦訳で知られる野崎歓氏も『熊野でプルーストを読む』を薦められていて、今まで1冊も読んでいないので、アセってしまった方。。

☆ロミ『突飛なるものの歴史』
澁澤龍彦、種村季弘が教科書にした、ヨーロッパ美術史を巡る幻の名著と言われているのに、まだ読んでいなかった。。

☆スタージョン『不思議のひと触れ』
SF作家にして、アメリカ文学史上最高の短編作家とも言われるスタージョンの傑作短編集。ロバート・ハインラインによれば、彼はこの世のものとは思われないぐらいのイケメンだったらしい。桜庭氏はばらばらの能力をもつ5人の孤独なミュータントが“5人で1人”になることで人間以上の存在になっていくーという長編『人間以上』を読んでものすごく気に入ったらしい。

☆ヴァージニア・ウルフ『オーランドー』
桜庭氏は、ウルフ作品の中で、不老不死の貴族の青年を主人公にしたはちゃめちゃ英国文学史で、いちばん好きと語っている。

☆ハーパー・リー『アラバマ物語』
MJがそのテーマ曲も映画自体も主演俳優(グレゴリー・ペック)とも親しく、大好きな映画のひとつですが、そういえば原作は読んでいなかった。

☆山本史郎『東大の教室で「赤毛のアン」を読む』
村岡版『赤毛のアン』では、第37章が大胆に書き換えられているのである(中略)村岡花子が翻訳する際に省略するのが適切であると判断した箇所を、原作の作者であるモンゴメリーはなぜ省略しなかったのだろうか ー (『東大の教室で「赤毛のアン」を読む』より)

有名な村岡訳の『赤毛のアン』にはごっそり抜けている部分があった!犯人(村岡)の動機は?という謎解きを探偵役である著者(東大の先生)がしてみせる、その後、被害者(モンゴメリー)は、なぜ村岡花子が翻訳したように書かなかったのか?という謎に移って、これも見事に解いてみせる。それによって、どうして日本でこんなに長く、広く『赤毛のアン』が愛されているのかという謎まで解けてしまう。モンゴメリーと村岡花子は別の道を選んだというのだ(←桜庭氏)

☆酒井順子『儒教と負け犬』
日本、韓国、中国にわたって著者が取材するうちに、親の世代から自然と身に付いている儒教文化が家族や男女のあり方に影響している ー 『ファミリーポートレイト』を書いたとき「日本には欧米のような宗教観がないので、物語に重みをもたせるため、宗教の部分に“家族”をおいて書いた」とよくインタビューで話したけど......

☆中島京子『女中潭』『FUTON』
『女中潭』林芙美子、永井荷風、吉屋信子の小説に登場する昭和のさまざまな女中たちを、不可思議な筆で現代に蘇らせた連作集

『蒲団』を研究するアメリカ人文学者をめぐる出来事を掛け布団に、彼が主人公の妻の視点で描いた『蒲団』のパスティーシュを敷き布団に、さまざまな人物の生態を描く不思議な小説

☆中村文則『掏摸』(最新作『王国』はその姉妹編)
中村文則氏の本は、早く読まなきゃと思っていたので。

☆団鬼六『往きて還らず』
著者が父親から「ぜったい書くな」と言われた戦時中の話を小説にしたもの。3人の特攻隊員と、1人の美しい女。「俺が死んだら、こんどはおまえがあの女を妻とし、守れ」という1人目の言葉通り、女は特攻隊員が死ぬたびに夫を変えるが、どの夫もすぐに飛び立って死んじゃうのだった.....。

「これからどういう世の中になるかわかりませんが、自分は生きる事に致しました。短い間ではありましたが、有り難うございました」ー (『往きて還らず』より)

☆江本純子『股間』『猫背の王子』(デヴュー作)
著者は劇団「毛皮族」主催者(町田マリーと共に2000年に旗揚げされた女性による劇団)

☆水木しげる『水木サンの迷言365日』
木はね、妖怪の表現がうまい。人間よりうまい。最近はもっぱら木から妖怪の形を学ぶんです。そうすると、奇想天外な妖怪らしい妖怪が生まれる。すごいですよ、木は。

夢現(ゆめうつつ)っていうのがあるようですね。夢のときに明快な判断が与えられたりする。夢は三分の一ぐらい現実に入ってるんじゃないでしょうか。

この世に生まれて楽園で生活しないなんて、バカだよ(『水木サンの迷言365日』より)

☆『トワイライト』
雨が降り続ける街で、不思議な少年エドワードと出会ったベラ。禁断の恋に落ちた吸血鬼と少女の運命を描く、全米ベストセラー。桜庭氏はK島氏からその話を聞いたときは興味無さそうだったものの、一年後、超多忙の中、9冊ある原作を3回読み返し、映画も5、6回観たと言われるほどハマり、twitterにも「わしじゃよ、トライライト博士じゃよ」と言うキャラまで登場させた。

◎映画トワイライト・サーガ 公式ファンサイト「トワイライターズ・スクエア」
◎映画トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン」オフィシャルサイト
◎映画トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン」予告編


ふぅーーーー、ちょっぴりだけって思ったのになぁ....

________

[BOOKデータベース]サイン会、打ち合わせに撮影、連載開始…サクラバカズキは忙しい。ドナドナになったり、暴走族になったり、白い魔物(あいふぉん)に翻弄されたり…それでも嵐が来ようが、風が吹こうが、やっぱり毎日、書店に行き、毎日必ず、本を読む。読書魔サクラバの好評ウェブ連載単行本化。縦横無尽に読んで過ごした一年間。 東京創元社 (2011/1/27)


[PR]
by yomodalite | 2012-02-12 18:17 | 文学 | Trackback | Comments(0)

芸者論―神々に扮することを忘れた日本人

岩下 尚史/雄山閣



芸者論―花柳界の記憶 (文春文庫)

岩下 尚史/文藝春秋




辰巳芸者のことを色々調べていて発見した本なんですが、想像以上の内容に感動とともに読了しました。2006年に出版された芸者関係の本にここまで優れたものがあったとは!

第一章、古代・中世編は、柳田邦男、折口信夫の民俗学による解明で始まりますが、戦後に到るまでの「芸者」を神格化したわけではなく、日本の移り変わりとともに変化して行った「芸者」の歴史には、関係者には耳の痛い話もかなり含まれている。

これほど詳細な芸者の歴史を語り、著者には、言わば「インサイダー」という立場もありながら、花街の狭い世界に拘泥することのないバランス感覚は稀で、日本文化論としても優れもの。

続編ともいえる、芸者論Ⅱ『名妓の資格』も読んでみたい。

辰巳芸者に関しても、興味深い内容がいくつかあったので、そちらはまた別に書きます。

☆☆☆☆☆(満点)

「今週の本棚」田中優子氏の書評
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2007/05/20070527ddm015070157000c.html

中日新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/book/shohyo/shohyo2006121003.html
______________

「日本の伝統芸能を支え続けた花柳界と芸者衆の心意気を
これほど明らかにした著作はあるまい。」      平岩弓枝 −帯より

【目 次】
序/都市の秘境と化した東京の花柳界 
第一章/神々の振舞いを演じるという記憶の系譜 
第二章/神婚秘儀の再生装置としての吉原 
第三章/町芸者の確立 
第四章/帝都の花(明治〜大正)        
第五章/菩薩を凌駕する迦陵頻伽 
第六章/名妓と不見転の分化 
第八章/東京の替り目 
結 び/宴の祭司と巫女

【出版社/著者からの内容紹介】
新人としては異例の第二十回和辻哲郎文化賞を受賞。古代から今日にいたる芸者の歴史的変容の姿を解き明かし、その歴史と現状を紹介しつつ都市文化の本質を探る。魅力的な挿話による注釈とともに、実際には全く知られていない東京の芸者や花柳界を都市文化の核と位置づける画期的日本文化論。雄山閣 (2006/10)

【著者経歴】
岩下尚史 (いわしたふみひさ)
國學院大學文学部卒業後、新橋演舞場株式会社入社。
企画室長として、社史『新橋と演舞場の七十年』を編纂。

劇場創設の母体である新橋花柳界主催「東をどり」の制作に携わり
明治生まれの錚々たる名妓たちに親しく接したことで、芸者の本質および一流の花柳界の実態を知る。幕末から平成にいたる新橋花柳界の調査研究を進めたが、
その折に採集した老妓たちによる回顧談のノートが、後に上梓することになる花街関係の著作の基礎資料となる。

現在は、東京の秘境とも言うべき一流地の花柳界の歴史と実情に精通する稀少な作家として、各新聞雑誌へコラムを寄稿する一方、演劇界および花柳界の中枢に身を置いた特異な経歴と、その興趣あふれる話術から講演の依頼も多く、出版および各メディアを通して、宴を中核とした日本文化の特長を分かりやすく紹介している。



[PR]
by yomodalite | 2008-11-04 11:01 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite