タグ:岡田斗司夫 ( 2 ) タグの人気記事

オタクの息子に悩んでいます/岡田斗司夫

明けましておめでとうございます!

ここ数年の新春、第1冊目について振り返ってみたところ、

2012年は、内田樹著『うほほいシネクラブ』、2011年は、ネルソン・ジョージ著『スリラー』、2010年は、副島隆彦監修『悪魔の用語辞典』、2009年は、林真理子著『文学少女』、2008年は、副島隆彦著『中国ー赤い資本主義は平和な大国を目指す』を書いていました。

2011年を除けば、どの本も素晴らしく素敵な本でしたが、本書ほど、年頭に最適な本はないように思います。

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

岡田 斗司夫 FREEex/幻冬舎



別に、、オタクの息子に悩んでないんですけど、と思われた方もご安心ください。

本書は、朝日新聞土曜別刷りbeに掲載されている人生相談コーナー「悩みのるつぼ」に投稿された相談から、岡田氏が回答したものをまとめたものなので、ありとあらゆるお悩みに対応されているんです。

それと、新聞に悩みを投稿するような人にも、新聞が出した回答にも興味がないと思われた方、ごもっともです。

新聞は、毎日人にエラそーなことを言いたいだけの人たちによって、手が汚れるうえに、心まで汚れそうなので、私は極力近づかないようにしていますし、以前、朝日新聞「悩みのレッスン」の回答者だったという森岡正博氏の本を読んだときには吐き気を催したこともありました。

でも、地獄への道は善意で敷き詰められていますが、掃き溜めに鶴がいることも確かなんですよね。

また本書にまとめられているのは、相談と回答だけでなく、

その回答にいたるまでのプロセスや、回答者側の葛藤といった、裏側の話も満載なので、読者は、さまざまな悩みについて回答を得られるだけでなく、自分が回答者の立場だったらどうするか、という点においても、高度なプロの技を学ぶことができるんですね。

本書のタイトルにも使われているように、

岡田斗司夫氏といえば、オタクの元祖としてのイメージが強いのですが、私にとって、そのイメージが少し覆されたきっかけは、岡田氏の「マイケル・ジャクソン考」でした。

それは、マイケルが亡くなったときに発せられた、これまでに素晴らしい仕事をしてきた大勢のサブカル界のスター達による、信じられないほど「薄っぺらい感想」の中で、ごく僅かに存在した「真摯」なもので、「オタキング」の称号をもつ岡田氏には、当時それを書く必要があるとは思えなかった内容でした。

それで、その後、「オタキングex」や「FREEex」といった、非常にユニークな会社設立も、興味深いものとは思っていましたが、詳しくは知らず、本書を読んで、ようやく本当の意味で、岡田氏の器の大きさと、彼が、どうしてマイケルに感動したのかという理由もわかったような気がしました。

共通点など考えたこともなく、似ているなどとは一切感じたことはなかったんですが、、

ふたりの共通点は、やっぱり「キング」なんだと思います。

面白くて、読ませる魅力にあふれた「お悩み相談」なら、これからも個性の強い執筆者によって、書かれることがあるでしょう。でも、女子中学生の悩みから、70代の孫に関する悩み、仕事のことから、恋愛や、育児にいたるまで、岡田氏の回答は、

岡田氏の類いまれな個性によって作られたもの。ではありません。

私は、岡田氏がこれほどさまざまな人の気持ちを想像できる人だとは思ってもみなかったので、とても驚き、そして、私だけでなく誰にとっても学べる内容に深く感動しました。

岡田氏と、MJが似ているかどうかは、どうでもいいことですが、
本書は、間違いなく「キング・オブ・お悩み相談」だと思います。

☆☆☆☆☆(満点)


☆参考ブログ
◎著者インタビュー『オタクの息子に悩んでいます』岡田斗司夫氏(前編)
◎著者インタビュー『オタクの息子に悩んでいます』岡田斗司夫氏(後編)
◎プロの悩み方 - 書評 - オタクの息子に悩んでます(404 Blog Not Found)

☆岡田氏の感想すべてに同意するものではありませんが、多くのファンが、自分のきもちを、MJと重ねあわせて感動しているのとは違い、岡田氏は「自分を変えろ」という一番むつかしいメッセージを受け取っているという点が、わたしが「真摯な」と感じた部分だと思います。

◎岡田斗司夫のひとり夜話vol.6 #13(10/02/19)マイケル・ジャクソンの孤独




◎岡田斗司夫のひとり夜話vol.6 #14(10/02/19)マイケル・ジャクソンの孤独




◎岡田斗司夫のひとり夜話vol.6 #15(10/02/19)マイケル・ジャクソンの孤独




☆1家に1冊!!じゃなくて、、ひとり1冊… かな。。
◎[Amazon]オタクの息子に悩んでます

[PR]
by yomodalite | 2013-01-01 22:11 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(7)

「世界征服」は可能か?/岡田斗司夫

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)

岡田 斗司夫/筑摩書房




この本の説明を聞いて「世界征服」って、意外と大変だなぁ〜と感じることのできる人にはオススメ。。私は、ちくまプリマー新書が中高生が対象と知らずに読みました。

資金集めに銀行強盗とか、スタッフに給料15万円とか(笑)、、オウムよりはるかに情けない世界征服感に驚きをかくせません。少なくとも「FRB」が何なのか知っている人は手に取るべきではないし、小学生高学年ぐらいの年代が読むには、ちょうどいいのかも知れませんが、早熟な知性が逆に世界への理解を浅くする危険もあり。

岡田氏は近年「オタクは終わった」というような意見を述べておられるようですが、「全共闘世代」の理論派から、オタクの元祖はつながっていて、それは、現在のオタクにもつながっていると私は思います。現実からどんどん離れていているのは、全共闘世代も同じだったのでは。。。

◎世界征服の目的がアニメや漫画、特撮物の悪役を参考に分類
1.人類の全滅・・・ガミラス人
2.お金が欲しい・・・・ドクロベエ
3.支配されそうだから逆に支配する・・・ジオン公国
4.悪を広める・・・ピッコロ大魔王
5.目的が意味不明・・・聖帝サウザー

◎自分が世界征服をする場合に自分はどんなタイプか?
Aタイプ:魔王 「正しい」価値観ですべてを支配したい
Bタイプ:独裁者 責任感が強く、働き者
Cタイプ:王様 自分が大好きで、贅沢が大好き
Dタイプ:黒幕 人目に触れず、悪の魅力に溺れたい
________________________

【内容紹介】アニメや漫画に登場する悪の組織が掲げる「世界征服」とは、実社会で可能か? 70年代以降のアニメや漫画の登場キャラを引き合いに、組織の資金調達や人材確保など様々な側面から検証する。
誰もが一度は夢見た「世界征服」! その実践法を大真面目に検証する初の世界征服学!
世界征服の目的とは? かかるコストは? 設備投資、人材の確保、部下の管理、後継者問題・・・・・・「悪の組織」も会社組織も運営するのは同じだ! ではあなたはビジネスで「世界征服」できるか? ではアメリカは? 真剣に考える。 (ちくまプリマー新書2007/06)


[PR]
by yomodalite | 2007-07-30 15:54 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite