タグ:山本夏彦 ( 8 ) タグの人気記事

「社交界」たいがい (文春文庫)

山本 夏彦/文藝春秋




「文芸春秋」、「諸君」に連載された1994年から1999年までの掲載文で編集されている。

いつものようにためになる夏彦翁のエッセイながら、あまりない長編のエッセイ『「社交界」たいがい』が収められていて、いつもより更にためになる度合いが高いです。

下記は、今年の1月に亡くなられた月本裕氏のブログでの紹介。

「私たちはまだ20世紀のどん詰まりにいる」

2003年02月16日

私たちはまだ20世紀のどん詰まりにいる

山本夏彦さんの書いたものはすべて読んでおくべきである。本当の栄養に溢れている。昨日紹介した「社交界」たいがいのなかからまたいくつか引用する。ぜひ原書にあたってください。

『情報化時代とは言うけれど』のなかから魯迅の「魏晋の時代相と文学」についてかいつまんだもの。

「歴史上の記事と論断はあてにならない。信じられないところが多い、某朝の年代が長ければそのなかには善人が多く、短ければたいてい善人はいない。年代が長ければ歴史を書くものは同朝人で、当然同朝の人物に迎合する。歴史が短かければ歴史を書くものは別朝人で、自由にその異朝人を悪く言える。魏の曹操の時代は極めて短いので悪く言われること多いが、実は曹操は一個手腕力量のある人物で私は彼に感服している。」

歴史が長くいろいろあり離合集散してきた国だが、と英仏中などの国の外相(外相たるもの洋の東西新古を問わずその才は常に嘘吐き法螺吹きの才である)言い、パウエルは民主主義においては世界最古と胸を張った。だが民主主義の根幹たる選挙がでたらめであったことはついこのあいだのことである。パウエルは気合の入ったいい荒事の顔をしていた。新之助丈よろしく学ぶべきである。

『21世紀はこないだろう(再び)』より。

「かくてテレビはいよいよテレビに、原爆はいよいよ原爆になるよりほかはない。小国が持つことを大国がさまたげるのは我々が文明人の皮をかぶった野蛮人である証拠である。わが胸の底にあるのは昔ながらの色と欲である。

原爆を独占できたらさぞよかろう、世界を制覇できるとアメリカ人もドイツ人も思った。アインシュタインはドイツに先んじられるのを恐れて一刻も早く作れ、作ったら使えと当時の大統領に進言した。ドイツが降伏して日本を爆撃する理由は全くなくなったのに一度ならず二度まで投下した。非戦闘員どころか赤子まで殺した。天人ともに許されぬ大虐殺だと子供に問わせて答えるがいい。

アインシュタインはさすがに髪かきむしって悔いた。来世はブリキ職人か行商人になりたいと嘆いたというが、ほかの連中は後悔なんかしなかった。産業革命以来の科学者は自分の研究、自分の実験をア・プリオリに「善」だ「進歩」だと信じてつゆ疑ってない。」21世紀はこないだろう。

山本さんは「ある種の動物が全地球を覆ってわがままの限りを尽して許されるということはないのである」と結ぶ。
_____________

【内容BOOKデータベースより】西洋人の社交界というものを、かねて私は知りたいと思っていた。それは西様人の会話やスピーチには、機知と諧謔があふれていて、日本人にはそれが全くないと聞いて私は育ったからである—「『社交界』たいがい」や明治の書生の面影を残していた記者の憶い出を綴った「生涯一記者」など、名エッセイの数々。 文藝春秋 (2002/02)

[PR]
by yomodalite | 2008-09-10 10:02 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

昭和恋々―あのころ、こんな暮らしがあった

山本 夏彦,久世 光彦/清流出版




本著のデータを確認しようとして、山本夏彦研究サイト「年を歴た鰐の棲処」が消えているのに気づきました。熱心な個人の研究サイトを管理人が自ら消去してしまうというのはどういった心境なのか想像もできませんが、とても残念です。

本書の初版は、山本翁が亡くなくなる4年前、83歳の時に出版されています。

内容は、翁が5/1、久世氏が2/1を書き、その他が対談。最後の作品集のタイトルで自嘲的に語っていたように、すべては寄せては返す波、この後も87歳で亡くなるまで、翁は消え去ってしまった生活を語ることを繰り返された。わたしも、山本翁の本を人生最後の日まで折々に読み返して死んで行きたいと思う。
___________

【日経ビジネス】世の中の変化の速度が速くなった今、「十年ひと昔」という言葉ももはや廃れてしまったのだろうか。年号が昭和から平成へと変わって丸十年が過ぎた。改めて振り返ってみると、生活のなかで昭和を感じさせるものがだんだんと消え去っていることに気が付くはずだ。

作家の山本夏彦氏と、演出家で作家としても知られる久世光彦氏が、エッセイで昭和の暮らしをよみがえらせた。山本氏は「下宿屋」「髪床」「質屋」などを引き合いに戦前の東京の街を描き、久世氏は「入学式」「虫干し」「七輪」「障子洗い」といった季節の風物詩から戦中、戦後の庶民の生活ぶりを浮かび上がらせた。

久世氏の「汽車」という章にはこんな一節がある。

「汽車にあって電車にないのは《未練》である。このまま行こうか戻ろうか。発車のベルが鳴っても、まだ間に合うのが汽車だった」。すべての章にタイトルに合うように「あのころ」の写真が添えられており、それが昭和への郷愁をいっそうかき立てる。
文藝春秋 (2002/06)初版 清流出版(1998/11)

[PR]
by yomodalite | 2008-07-07 13:07 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

百年分を一時間で (文春新書)

山本 夏彦/文藝春秋



「誰か『戦前』を知らないか」 と同じく「室内」の女性社員との対談形式による続編。
______________

[出版社/著者からの内容紹介]大正四年生まれと平成の才媛の珍問答は時に爆笑、時にまじめ。花柳界から世紀末論争、「IT革命」まで尽きることないおもしろさ

[BOOKデータベース]コラムは三十枚の内容を十枚に、十枚を三枚に、削りに削るから、用は足りるが語気が荒くなる、恐ろしい人だと思われるのは残念だと前回「誰か『戦前』を知らないか」では爆笑裡に戦前を彷彿とさせようと試みた。本書はその続きである。私有財産は盗みである、奪って公平に分配するのは正義であると、この百年私たちを支配した社会主義の消長を語って1時間ですませている。
[PR]
by yomodalite | 2007-04-11 19:05 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

最後の波の音/山本夏彦

最後の波の音 (文春文庫)

山本 夏彦/文藝春秋

undefined



癌と闘いながら書き続けられた夏彦翁の最後の作品集。

・・・以上はこの十年に書いたことばかりである。「諸君」巻頭「紳士と淑女」の名高い匿名子の友の1人が私の旧著4、5冊を熱中して読んでいわく「なんだこの人はいつも同じことばかり言ってる」。匿名子応えて言うには「寄せては返す波の音と思え」。友だち甲斐にかばってくれたのである。(「文芸春秋」平成12年2月号)

[目次]私の「男子の本懐」(出社したら潰れていた;郵便局と私 ほか);人はさびしき(外道;古新聞育ち ほか);向田邦子の語彙(そのうちみんなアメリカ人;ファンレター ほか);花柳界の行方(私は映画と和解してない;芸人というもの ほか);寄せては返す波の音(問答は無用である;「写真信仰」揺らぐ ほか) 「人はみな同い年」「自分のなかなる他人」等々、人物論や移り変わる世相をネタに、まずは鋭く切れ込んでおいて才気と機智ほとばしる筆致で読み手を引きつけたコラムが再びーー。  

_____________

【BOOKデータベース】著者が世を去って早四年。小泉首相の靖国神社参拝に始まった、日中・日韓問題、“ホリエモン”に代表されるIT関連企業騒動やマンションの耐震偽装事件やアメリカ産牛肉再輸入騒動など、もし著者が生きていたならば、どのように取り上げたことだろうか。答えは本書にある。何故なら、世の中は寄せては返す波の音、だから。

【概 要】「文芸春秋」と「諸君!」に連載した平成10年9月号以降のコラムの中から70本を抜粋編集したもの。

[PR]
by yomodalite | 2007-04-06 19:49 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

「夏彦の写真コラム」傑作選〈1〉 (新潮文庫)

山本 夏彦/新潮社

undefined



1979~1991の写真コラムなんですが、残念ながら写真は10点ほど。ちなみに〈2〉の編者は阿川佐和子さん 。
___________

[BOOKデータベース]週刊新潮に23年間連載された名物コラムの極上のエッセンス。可哀想な美空ひばり/恐るべきは正義である/教育の普及は浮薄の普及/人生は些事から成る/サラ金と銀行は一味である…世の中の偽善とエゴを見抜き、たったひとことでひとの言わないことを言う。前半12年間のコラムから、著者より「時代遅れの日本男児」と命名された、年下の友人で数学者の藤原正彦氏が100編を選んだ。

[PR]
by yomodalite | 2007-04-04 22:14 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

何用あって月世界へ―山本夏彦名言集 (文春文庫)

山本 夏彦/文藝春秋




夏彦翁の名言を使った秀逸なタイトルの本著は、山本氏のコラムのファンで何冊も本を持っている人が、インデックスに使うのに便利な本。ビギナーは、各々一冊で読む方が楽しめます。

____________

[出版社/著者からの内容紹介]パラパラとめくるだけで至福の時間を味わえる
過去のコラム集から植田康夫が九百余句を選出。巻末には「なつひこ はやわかり かるた」を収録。ファンなら絶対入手しておきたい
[PR]
by yomodalite | 2007-03-29 19:02 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

誰か「戦前」を知らないか―夏彦迷惑問答 (文春新書)

山本 夏彦/文藝春秋

undefined



インタビュアーは「室内」の社員で現代若者の代表という位置づけだが実際はかなりの才媛で、山本翁の良い相方をつとめている。

大正(ご遠慮)デモクラシー/活動写真/郵便局/牛鍋の時代/ライスカレー/寿司そば/ラーメン/教科書/女学校/きもの/ふみ書きふり/洋行/菊竹六鼓と桐生悠々
_____________

【BOOKデータベースより】大地震の前の晩だって人は枕を高くして寝ていた。まじめな話をまじめくさって真顔でするのは失礼だ、著者は終始笑いのうちに戦前を語る。 戦前は断じて暗黒時代ではなかった、 ということについて、夏彦氏にしては珍しく多くの言葉で語られている。
[PR]
by yomodalite | 2007-03-26 18:11 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

最後のひと

山本 夏彦/文藝春秋



当時の名著、九鬼周造の「『いき』の構造」を論じるところから始まる

「いきを哲学の言葉でいうとこんなに生硬かつ難解になる、ご苦労ではあるがヤボではあるまいかというに尽きる」。

本書の「最後のひと」とは、粋を知る最後のひとという意味。
山本翁は、幸田文、森茉莉などを挙げられていますが、わたしにとっては、山本氏こそが「最後のひと」です。

【目 次】
●靴下だけははいてあとまる裸
●露伴一族はえらい人ばかり
●流行はすべて梨園から出た
●親不孝を売物にする時代
●あたりを払う威厳があった
●何やらただならない人ごえ
●なあんだもとは高利貸
●悪魔! と何度も罵っている
●苦界じゃえ 許しゃんせ
●運転手曰くOLに処女なし
●色白く丈高き女子なりき
●そだてられた大恩がある
●美食家というよりうるさ型
●作者茉莉と作者鴎外は別人
●デコルテほど浅間しきはなし
●話は「『いき』の構造」で終る

____________

【BOOKデータベース】かつて人びとの暮しのなかにあった教養、所作、美意識などは、いまや跡かたもなく亡びた。独得の美意識「いき(粋)」を育んだ花柳界の百年の変遷を手掛りに、失われた文化とその終焉を描く。 解説/松山巌

[PR]
by yomodalite | 2007-03-20 11:11 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite