タグ:宇能鴻一郎 ( 1 ) タグの人気記事

食べる私/平松洋子

食べる私

平松 洋子/文藝春秋




雑誌「オール讀物」で3年間連載されていた「この人のいまの味」を単行本化。マイケルと同じ年に生まれた、ドゥマゴ文学賞を受賞したエッセイスト平松洋子氏による、各界の著名人の食についての対話が収められています。

著名人29人のラインナップは・・・

第1章
デーブ・スペクター(62)
林家正蔵(54)
ハルノ宵子(59)
黒田征太郎(77)
ヤン・ヨンヒ(52)
伊藤比呂美(61)

第2章
ギャル曽根(31)
美木良介(59)
土井善晴(59)
辻芳樹(52)
松井今朝子(63)

第3章
安藤優子(58)
ジェーン・スー(43)
渡部建(44)
光浦靖子(45)
堀江貴文(44)
大宮エリー(41)

第4章
高橋尚子(44)
吉田秀彦(47)
髙橋大輔(探検家・50)
田部井淳子(77)
山崎直子(46)
畑正憲(81)

第5章
小泉武夫(73)
服部文祥(47)
宇能鴻一郎(82)
篠田桃紅(103)
金子兜太(97)
樹木希林(73)

(カッコ内の数字はWikipediaで調べた生年を2016年から引いた数字)

食べ物との関係に濃厚な気配が感じられるひと。というのが人選の理由で、各省の括りの説明はなかったのだけど、あらためてラインナップを見てみると、

食べものへの関心のなさが際立つディブ・スペクター氏から始まる第1章は、グルメにも、手の込んだ家庭料理とも関係が薄そうな方々が多く、第2章は、食や料理を仕事にしている方々、第3章は、今のメディアで活躍している人々、第4章は、アスリートや探検家といった特殊な仕事につく人々の食、第5章は、登山家の服部文祥氏を除けば、高齢者の方ばかり。

あとがきに、「語り手の輪郭が立ち上がってくることに主眼を置いた」と書かれているように、対談という感じではなく、著者はそれぞれの人に語らせるという役を担っていて、「食べる私」の「私」は、平松洋子さんではなく、それぞれの人であり、読む人に、自分の中の「食べる私」のことも思い起こさせる。

語ってくれている人の中には、名前すら知らない人も多かったのだけど、なんとなく名前は知っていたけど、どんな人なのかはまったく知らなかった宇能鴻一郎氏の回は冒頭から色々と驚かされた。

(下記は省略・要約して引用)

油照りの昼下がりだった。横浜の、とある屋敷町の坂道をのぼっていくと蝉の亡骸がころんといくつも転がっている。夏も終わりだなと思いながら勾配をのぼりつめると、行き止まりに一軒の洋館があらわれた。宇能鴻一郎宅である。・・・

宇能鴻一郎の編み出した官能小説の文体は唯一無二。誰が読んでもすぐそれとわかるところに凄みがある。

「あたし、濡れるんです」

無防備で稚拙にみせながら、核心にずばりと踏み込む。

「課長さんたら、ひどいんです」

思わず膝を乗り出させ、しかし文体は硬質で無駄がない。だから読む者に隙を与えず、おのおのの想像力にすべてがゆだねられ、読む者はけっきょく自分で自分の官能を開かせられることになる。・・・宇能鴻一郎はそもそも日本古代史研究の徒だった。東大文化二類入学、文学修士、『鯨神』で芥川賞受賞・・・しかし、後年の「あたし、濡れるんです」とのギャップが作家としての像をしごく曖昧にした。・・・山本夏彦でさえ、こう書いている「宇能鴻一郎は名のみ高く、その姿を見た者がない唯一の文士である」

そして、日刊ゲンダイでの連載小説の最終回(2006年)から宇野氏は出版界からも消えていた

・・・邸の扉が開くと、そこは日常からみごとに切り離された異空間だった。静まり返ったエントランスホール正面に置かれたコンソールテーブルに、シルクハットとステッキ。左の空間に視線を移すと、外光が降り注ぐ小部屋の中心に燭台を配したおおきなテーブルがあり、フルセットの食器とカトラリーが数人分揃っているのが見てとれる。右に視線を運ぶと、虎がかっと口を開けて牙をむいた頭部つきの毛皮が床に敷き詰めてあり・・・

半世紀も秘書を務めているという老婦人にうながされて靴のまま廊下を進み、部屋の入り口に立つなり、息を飲んだ。そこは巨大なボールルーム・・・敷地600坪の邸宅とは聞いていたが、これほどまでに現実離れしているとは。しかし「序の口」という言葉の意味を思い知るのはこれからだった・・・

(引用終了)

このあと、燕尾服に身をかためた白髪長身の宇能氏があらわれて、ますます驚きの展開が続くと、、他の食に関する話などすべて忘れて、「今どき、殺人事件の推理なんかやってないで、宇能鴻一郎をモデルにドラマを創って・・織田君!」と思ってしまう私なのでしたw。



[PR]
by yomodalite | 2016-10-24 12:00 | エッセイ | Trackback | Comments(9)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite