タグ:孫崎享 ( 3 ) タグの人気記事

小説外務省ー尖閣問題の正体/孫崎享

小説 外務省-尖閣問題の正体

孫崎 享/現代書館

undefined


2014年4月に出版された本。サブタイトルは「尖閣問題の正体」ですが、そこから考えることで、今起こっている「イスラム国」への対応や、安倍首相の役割についてもよくわかる本です。

◎防衛大学学群長を退任後『戦後史の正体』を出版し、12万部を突破するほどヒットした元外交官・孫崎享氏の告発小説が出版拒否されまくりの真相(▶▶超面白いけど出版拒否の嵐…)

なぜ、出版拒否されたかがよくわかる箇所を少しだけ抜粋します。

(引用開始)

石原慎太郎東京都知事は2012年4月16日午後、米国の研究所、ヘリテージ財団主催のシンポジウムで講演し、尖閣諸島の一部を都が買い取る意向を示した。

西京寺がこの話を聞いた時、最初の反応が「なんで、ヘリテージ財団だ?」であった。ヘリテージ財団は、共和党系で最も力の強い、軍の補強を強く主張する研究所である。しかも、昔から「闇の世界」と関係しているのではないかと噂され、CIAや軍諜報機関のDIAを経験した者が勤務している。ニュースサイト「watch pair」は、1980年代、韓国のKCIAは、ヘリテージ財団に寄付を行い、ヘリテージ財団は、統一教会の活動家を研究所で勤務する者として受け入れていた」等の記述をしている。ヘリテージ財団は単なる研究所ではない。スパイ活動と関係しているのだ。

スタンフォード大学名誉教授のメイは、ヘリテージ財団での石原の演説を聞いたあと、ボアーズ・ヘッド・インの夕食会に来た。米国国防情報局DIA招待である。米国国防省は、将来の国防政策を中国の脅威を軸として構築する予定だった。そのとき、日本と韓国を米国の尖兵として中国に対峙させようと思っていた。日中間に緊張をもたらすために、石原知事をヘリテージ財団に呼んで演説してもらうことを計画した。

バンダービルド大学のジェームズ・アワー教授(元国防省日本部長)と、リチャード・ローレス元国防副次官も参加した。ふたりは日本を手玉に取る「ジャパン・ハンドラー」と呼ばれるグループの中心人物である。

1990年代後半、さまざまな形でCIA協力者リストが公表された。そのひとつであるクローリー・ファイルには、POCAPON(暗号名)=緒方竹虎(朝日新聞社主筆吉田内閣時の副総裁)、PODAM(同)=正力松太郎(読売新聞社社主)POHALT(同)=柴田秀利(正力松太郎の右腕)だけでなく、メイの名前が出た。「CIAのスパイ」と指摘されて、日本で活動できるはずがないと、メイは思ったが、読売新聞も、メイも日本で追求されることはなく、それどころか、日本の政界、財界、言論界の上層部との接触の密度が逆に濃くなった。

石原慎太郎は、メイと密接な関係をもっていることを自慢している。メイは石原を熟知している。彼には米国で評判が高くなることを教えればいい。(P68〜73を省略して引用)

2005年に「ゲームの理論を通じて、紛争と協調への理解を深めた」功績でノーベル経済学賞をもらったシェリング教授は、そこで、こんな理論を展開している。『勝利と言う概念は、敵対するものとの関係でなく、自分自身が持つ価値体系との関係で意味を持つ』

欧州政治の専門家である青山学院大学の羽場久美子教授は、

「日本政府は尖閣諸島などを『固有の島』と言っていますよね。でも、これはおかしいんです。私は民族・地域紛争を研究していますが、『固有の島』という論じ方はおかしいと思います。日本は尖閣諸島を1895年に自分のものにしたと「固有の領土」と言っていますが、ヨーロッパでは、19世紀や20世紀の問題で「固有の領土」という言い方はしないのが普通です。19世紀末ののヨーロッパでは、一方が「固有の領土」と言ってしまうと、ほとんどが戦争になってしまっています。国境線の引き直しを巡って、約2千年に及ぶ紛争が続いてきました。国境の取り合いは「ゼロ・サム・ゲーム」です。取った、取られたでは終わらず、そこから次の戦争が始まります。」(P85〜P88を省略して引用)

日本ではCIAはよく聞くが、DIAが言及されることはあまりない。ヘリテージ財団のクリングナー上級研究員(東アジア担当)は、財団の会議室にCIAやDIAの面々を集め、メイ教授も招待した席で、こう口火を切った。

「尖閣諸島では日中間の緊張が起こっている。我々の狙い通りの現象だ。今日の緊張をつくってくれたことに関しては、前原氏が国土交通大臣の時に、タイミング良く漁船衝突事件に誘導した功績が大きい。さらに言えば、わがヘリテージ財団で石原都知事が「東京都で尖閣諸島を購入する」と言うアイデアを出してくれたのがよかった。これはメイ教授の尽力も大きい。2012年12月に16日、衆議院選挙がある。民主党が大敗して、自民党が政権をとるのは確実だ。」

CIA職員のマークが言う。「民主党に食い込ませていたからな。前原、野田、管がクーデターをやり、特捜部と新聞社が援護射撃した。日本国民を誘導するのは易しいからね」

「メイ教授、自民党の総裁選挙はどうなるでしょう」クリングナーの質問に、メイ教授は自信たっぷりに「安倍になります」と述べた。

マーク「尖閣諸島で火がついている間は、日本人の中で反中感情は燃え上がります。NHK。読売、朝日、日経これらは皆「日本固有論」で展開しています。異論をはき続ける人間は所詮一匹狼で、大手マスコミは使いません。それでも続ける人がいえば、人物破壊で始末するだけです。マスコミには人物破壊を行えるよう手を打ってあります」

誰かが『週刊新潮』と『週刊文春』はいい仕事をしている。と言うと、別の人間が「読売新聞の貢献に比べれば、足もとにも及ばないよ」笑いと拍手がおきた。

国際的にも、情報機関が女性の問題で重要な人物を追いつめるケースが続いた。ウィキリークスの組織を立ち上げ、タイム誌の2010年「パーソンズ・オブ・ジ・イヤー」の読者部門で一位に選ばれたジュリアン・アサンジは、スウェーデン滞在中の女性支援者から裁判をおこされたことで、ウィキリークスの活動は止まり、フランス代表選では、サルコジを破る可能性が高かったストロス・カーンがニューヨーク訪問中のホテルで、清掃作業員の女性に性的暴行を加えたと訴えられ、立候補を取り下げられた。

CIAは胸を張って言う。「日本は今やすっかりわが国のいうとおりに動く国になった」2013年4月現在、各国の米国債保有額は、億ドル単位で、中国12649、日本11003、英国:1634、ドイツ:640。日本はドイツの20倍もの米国債を買わせている。この知恵は、英国が植民地インドに使った手段と同じである。1996年、橋本首相はコロンビア大学での講演で「米国債を売ろうという誘惑にかられたことはある」と述べた翌年に内閣崩壊し、その後、汚職問題で議員辞職に追い込まれ、2006年に腸管虚血で死亡した。

日本の検察は説目説目で、対米自主派を潰してきた。(P114〜120を省略して引用)

(引用終了)

ここまでで、本書のまだ半分以下。

このあとも、鳩山、森元首相などなど、多くのキーパーソンが実名で登場し、マスコミ報道とは異なる姿や、勇気をもって真実を伝えようとした人々のことも書かれ、主人公である外交官・西京寺は孫崎氏自身を投影する外交官でありながら、孫崎氏自身も登場し、

2009年防衛大を辞め『戦後史の正体』を出版したとき、民主党が政権を取り、日米関係が見直されようとしているときだったので、大変な関心を呼び、ツイッターを始めるきっかけにもなった。ソーシャルネットワーク(SNS)は誰でも始められる。政府と異なる意見を発信していくのは、大変なことだ。2011年、「ウォール街を占拠せよ」を合言葉にした抗議行動は、全米に広がり、1%の富裕層が国全体を支配している。我々は99%だという主張は支持を拡大したものの、デモの中に紛れ込んだ警察官が意識的に先導し、警察を衝突させた。

SNSは重要な役割を果たすようになり、2013年の米国民の世論調査では、新聞・テレビへの信頼はわずか23%だった。

と、本書の、孫崎氏は、SNSに期待を寄せる発言をしていますが、主人公の西京寺は、すでに、日本のSNSにも、大手マスコミや、諜報機関による誘導がなされていることも覚悟して行動しようとしているようです。

ダンテの『神曲』にこういう言葉があるらしいよ。『地獄のもっとも暗黒の場所は、道徳的危機のときに、中立を保っていた(何も発言しなかった)人のために用意されている」

西京寺が引用した言葉は、この物語を読む私たちにとっても痛烈な言葉です。

その気持ちに突き動かされて、多くの人が間違った情報を拡散し、憎しみを煽り、差別を助長するだけの「偽の真実」でネット空間を埋め尽くし、自分の良心を表現する以外になんの効果もない祈りを捧げ、、、

そうして、一神教は、世界の対立の元凶で、、などと言っていた、その場の空気以外に信じるものをもたない「日本教」の信者である私たちは、戦う理由もなく、戦争に協力させられ、培ってきた価値観も、お金も、命も、奪われていく。

戦争なんか絶対にしたくないと思っているのは、アメリカでも、ヨーロッパでも、アジアでも、アラブ諸国でも、本当は一番多いはずなのに。。


[PR]
by yomodalite | 2015-02-02 13:28 | 政治・外交 | Trackback | Comments(11)

戦後史の正体/孫崎享

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)

孫崎 享/創元社



このところ、出版直後の本を読むことも、ブログに書くことも少なかったのですが、発売前から大評判の本書は、久しぶりに急いで読みました。

本書の「はじめに」には、

「孫崎 享です。たくさんの本の中から、この本を選んでもらってありがとうござます。いま、あなたが手にとってくださったこの本は、かなり変わった本かもしれません。というのは本書は、これまでほとんど語られることのなかった〈米国からの圧力〉を軸に、日本の戦後史を読み解いたものだからです。こういう視点から書かれた本は、いままでありませんでしたし、おそらくこれからもないでしょう。「米国の意向」について論じることは、日本の言論界ではタブーだからです」

とあります。確かにTVや新聞では「タブー」かもしれませんが、読書家にとってはそうではないはずです。日本の政治が、日本人ではなく、米国の意向で動くということは、副島隆彦氏を始め、すでに多くの著作があるでしょう。

でも、原発をきっかけに、より多くの人が政治に不信感をもつようになり、これまでの対米従属に大きな不満をもつことなく過ごしてきた人々にも、現在の野田首相の対米追随は異常なレベルだと感じる人が多いせいなのか、本書は現在Amazonベストセラーで6位(2012年7月27日)という、この手の本としては異例の売れ行きのようです。

著者が本書について語った動画は下記をご覧下さい。

◎[動画]著者が語る「戦後史の正体」について
◎[動画]著者が鳩山グループ勉強会で語る「戦後史の正体」
◎上記の動画「鳩山グループ勉強会」書き起こし

下記は「序章 なぜ “高校生でも読める” 戦後史の本を書くのか」から、
省略して引用します。


この本はもともと、出版社のかたから、「孫崎さん。日米関係を高校生でも読めるように書いてみませんか。とくに冷戦後の日米関係を書いてほしいのです」と相談されて、スタートしたものです。(中略)

私が日米関係を真剣に学ぶきっかけとなったのは、イラク戦争です。2003年3月20日、米軍はイラク攻撃を開始し、まもなくサダム・フセイン政権を崩壊させました。(中略)

私は15年ほど前の1986年から89年にかけて、イラン・イラク戦争の最中にイラクに勤務しています。ですからサダム・フセインについてはかなりの知識をもっていました。2003年の段階で、イラクが大量破壊兵器を大量にもっていることなどない。アルカイダとの協力関係もない。それはイラクについて研究していた人間にはすぐにわかることです。(中略)

私は外務省時代、国際情報局長でしたし、駐イラン大使も経験しています。官僚や経済界のなかにも多くの知り合いもいます。ですから、そうした人たちに対して何度も、

「米国のイラク攻撃の根拠は薄弱です。自衛隊のイラク派遣は絶対にやめたほうがいい」と進言しました。数ヶ月して、経済官庁出身の先輩から次のようにいわれました。「孫崎、君の言い分を経済界の人たちに話してみたよ。みな、よくわかってくれた。でも彼らは『事情はそうだろうけど、日米関係は重要だ。少々無理な話でも、協力するのが日本のためだ』という。まあ、そういうことだ。説得はあきらめたほうがいい」

「少々無理な話でも。軍事面で協力するのが日本のためだ」

これは本当にそうなのだろうか。そうした疑問から、日米関係をしっかり勉強し直そうと決めたのです。勉強の成果は『日米同盟の正体』として形になりました。本書の編集者も、この本を読んで、同じ内容を「高校生でもわかるように、やさしくていねいに書けないか」と依頼されてきたのです。

(引用終了)

私は、高校生でもなく、『日米同盟の正体』も読んでいますが、それでも、本書には新鮮な印象を覚えました。それは、本書の内容が、

自主独立か、対米追随か、この2種類に完璧に分類して、戦後の歴史を読み直しているからだと思います。

戦後一貫して、対米追随派が主流だったものの、現在ほど、あらゆる判断から、それが感じられる時代もなかったように思います。「日本が属国である」ことを、十分わかっている人の間でも、そんなことですら拒否できないのか。。という気分が蔓延している中、

著者が「自主独立」を目指す立場で、終戦後から現在まで、現在の状況がいかにして起きたかを、わかりやすく解説した本書は、読むやすいうえに、読み応えがあり、日本人必読の書だと思いました。

しかしながら、政、官、業が、ここまで雪崩のように「対米追随」に傾いているのは、現在の世界不況から、日本が「戦争に巻き込まれていく」ことが不可避だと「歴史的に判断」しているからであって、、、という私個人の絶望感は、本書の力をもってしても、なかなか拭い去ることが出来ず、そうでない人が大勢いるといいなぁと願うばかりです。臆病者の私は、最近、不幸の中で、自分が冷静でいるためには。。とか、そんなことばかり考えているような気がします。

☆☆☆☆☆(満点。現代日本人の必読書!)

◎[中田安彦氏による論評]孫崎享『戦後史の正体』を読む

◎[Amazon]戦後史の正体

目次
はじめに
序章 なぜ「高校生でも読める」戦後史の本を書くのか
第一章 「終戦」から占領へ
第二章 冷戦の始まり
第三章 講和条約と日米安保条約
第四章 保守合同と安保改定
第五章 自民党と経済成長の時代
第六章 冷戦終結と米国の変容
第七章 9・11とイラク戦争後の世界
あとがき
______________

[内容紹介]日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。創元社 初版(2012/7/24)



[PR]
by yomodalite | 2012-07-27 14:06 | 政治・外交 | Trackback | Comments(2)

日米同盟の正体ー迷走する安全保障/孫崎享

f0134963_12162425.jpg著者は外交官として、ソ連、アメリカ、イラク、カナダ勤務の後、ウズベキスタン大使、国際情報局長、イラン大使を歴任し、2002年防衛大学教授という経歴。

本著は、日米安保体制(日米同盟)が、国民の知らない間に、完全に米国の戦争協力の道具に変えられてしまっていることを白日の下にさらし、これからの日米同盟とは、米国の「テロ」との戦いに日本がどうやって協力させられていくかという事でしかない、という内容。

★続きを読む!!
[PR]
by yomodalite | 2009-05-22 12:21 | 政治・外交 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite