タグ:太宰治 ( 1 ) タグの人気記事

太宰治の辞書/北村 薫

太宰治の辞書

北村 薫/新潮社



タイトルに惹かれて読み出したのだけど、「円紫さんと私」というこのシリーズ作に馴染んでいなかったせいか、最初はなかなか入り込めなかった。でも、太宰だけでなく、芥川龍之介や、三島由紀夫が登場して、地味な謎を追っていくところに、他人事とは思えないような共感を覚えて・・

編集者である「私」は、ピエール・ロチの『日本印象記』の鹿鳴館から、芥川の『舞踏会』、そこから芥川を「ロココ的」と呼んだ三島を迂回して、「ロココといったら」という太宰に行き着く。

太宰の『女生徒』創作の秘密を探っているときは、太宰の短編すべてを読み返したくなったけど、作中の「私」が、ピエール・ロチと言っても、今の人は知らないかもしれないが、昔は広く読まれていたという、ロチ(ロティ)のことはまったく知らなくて、芥川の『鹿鳴館』も読んでいなかった。

日本に憧れていたゴッホや、ラフカディオ・ハーンは、ロティの作品から強い影響を受けていたとか、またいつか読まないと・・が増えてしまった。

◎[Amazon]太宰治の辞書


[PR]
by yomodalite | 2015-07-07 06:00 | 文学 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite