タグ:大泉実成 ( 2 ) タグの人気記事

わたしは、水木しげる氏の作品を読んだこともなく、そのキャラクターにも、そんなに魅力を感じたことはなかったのですが、最近「妖怪」に、興味が湧いてきて、

ていうか、なんだか「妖怪」になれそうな気がしてきたんですよねw。

というのは、、

こどもと老人はどこか似ていて、年寄りは「こども」に還るなんて昔の人も言ってたと思うんですけど、こどもと老人に共通しているのは「妖怪ぽさ」なんじゃないかと。(妖怪という言葉にどろどろとした怨念とか、暗さを感じる人はとりあえず「妖精」と言い換えてもいいと思う)

私が自分の「神」のように考えている方も2歳児の知能を取得され、尚かつ自分は80歳ぐらいのような気がするとか言ってましたし、確かに、こどもでも妖怪の匂いがするのは、2歳児までで、老人も80歳を超えないと、妖怪になれないような気もします。

わたしは、取得することによって、そこから「自由」になれるという「取得」の仕方が好きなので、例えば、

スリムな体を維持するのに、永遠に「ダイエット」するとか、

美人に生まれたのに、ずっと美人でいなきゃならないとか、

いっぱい仕事をして、お金持ちになったのに「死ぬまで働き続ける」とか、

ガンと闘うとか、、

最終地点が「自由」に繋がってないような気がすることには、なんだか興味がもてなくて、、

今はアンチエイジングが「是」ですけど、、でも、若返ったって「2歳児」にはなれないでしょう。せいぜい、実年齢から10歳とか、20歳若く見えるだけだったら、いつまで立っても中途半端な「中年」領域に留まるだけでつまんないし、それだと、次の「ステージ」に行くことも嫌になっちゃう。

それで、いつまでも20代や30代が最高だったなんて思って過ごすより、未知なる「ババアの世界」の方がなんだか面白そうだし、そこには「妖怪」というキーワードが重要なんじゃないかと、最近思い始めたんですね。

とはいえ、ただ年を取ったからといって、なかなか「妖怪」にはなれないですよね。とりあえず最終目標の「妖怪」の前には「オモロいババア」の通過地点があるような気がするし「ボケ方」にも「コツ」があるんじゃないかと思っているんですが。。。

「水木サン」が、どんなことを言っているかというと。(下記の太字が本書から引用)

みんな子供のときは妖怪です。(6月29日)

あ、、やっぱり、そうですか。。

目に見えないものが、神から妖怪にいたるまで、どのようにつながってるか、目に見える形で、レンガのように積み重ねていかないとならんわけです(7月1日)

ふむぅ。。

ホピ(ネイティブ・アメリカン)にはあんた、妖怪が “千” いるというんですよ。私が調べたところでは、中国にも千前後の妖怪がいます。日本にも千五百という人もいるが、だいたい “千” でまとまります。私はねぇ、これは皆共通した同じ妖怪だと思ってるですよ。私はこの驚くべき大発見は、ノーベル賞に値する、と思ってるんです。(2月7日)


霊の世界というのは、どうも非常に広いようですよ。丹波(哲郎)さんと宜保(愛子)さんの霊界というのも微妙に違います。ですから人間の知恵で考えると難しいんです。そこで「妖怪人類学」が必要になってくるわけですよ。「残忍だ」「野蛮だ」といった人間の知識で評価する必要はないんです。インディオやアポリジニの考えた霊との接触の仕方を客観的に記述するばいいことですからね。静かに眺めることが肝心ですよ。(2月11日)



自然界は「弱肉強食」で「死」は日常茶飯事だしね。。


(アポリジニの楽器ディジャリドゥについて)
あれいいですよ。あれがいいんです。精霊が来ますよ。あれは霊界楽器です。あの音楽は霊界音楽に相当します。いやむしろこのために音楽というものがあったのに…。(2月13日)

☆Didgeridoo(ディジャリドゥ)初めて聴きました。
◎[動画]Didgeridoo - Jeremy Donovan, Aboriginal Artist
◎[動画]Australian Aboriginal Music: Song with Didgeridoo


「うそぶく」という言葉があるでしょう。その音は、精霊が好きな音なんですが、現在では、それがどんな音だかわからないわけです。ところが、澤口瑞穂という学者の書いた本によると、清朝時代まではそれがどんな音であるかわかっていたそうですよ。こういった音や、儀式に関する音は、日本ではもう死んでしまっているんです。わたしは「うそぶく」は口笛に近い音なんじゃないかと思っておりますが。。。(3月6日)


(水木さんの家に大量の本が送られてくるという話を受けて)
送られてきた本の八割は捨てるんです。家内は文句を言うですが「開いたら死んでしまうぞ」と言ってます。(3月14日)


(仮面を買いながら)
同じものはいらない。同じものはいらない。(呪文のように繰り返す)(5月18日)


わたしは幸せのことしか考えないからよかったのです。今の人々は、わざと幸せにならないように努力している(2月16日)


われわれはもともと “霊霊(かみがみ)の世界” からやってきたものであり、そして “霊霊の世界” に去ってゆく存在なのだ。(4月24日)


しないではいられないことをし続ける(5月16日)



最近、なんだか幸せな気がするのは、きっと。。。


(アポリジニに「人が死んだらどうなるか」と聞かれて)
無に入るのではなく、未知の状態に入る。それは、人が生まれて、一歳か二歳の頃の、生きていると気づく前の状態です。(7月17日)


水木せんせ、アポリジニにも教えてる。。。


水木サンが長年にわたって古今東西の奇人変人を研究した結果、彼らには幸福な人が多いことがわかりました。(8月8日)


妖怪というのはね、くだらんものを一生懸命見る努力をして、
見えないものを無理矢理見るということなんです。(10月17日)



やっぱり、努力は必要なのね、、でも、見えないものを見たがる人の中でも、宇宙人を見たがる人に多いような気がするんだけど、宇宙人って科学的にいるとか、科学的に証明される可能性があるでしょ?それに、どーゆーわけか、宇宙人を見たがる人って、集団で見たがるよね。なんかね、そこが「弱い」んじゃないかとw、、、最近の横尾忠則氏から、ちょっぴり思ってみたり。。。


(メキシコ在住の画家・竹田鎮三郎さんの秘蔵のドクロ像を見て)
なるほどこりゃ死の神様だ。見てるだけで死にそうになる。やすらぐねー。死んだらわざわざ迎えに来てくれるんだ。(12月3日)

◎竹田鎮三郎 A small gallery of engraving


水木 幸福観察学会はですね、結局のところ世界妖怪協会に昇華すると思ってます。幸福には自分自身の力以外のものが働きますから。目に見えないものの作用っていうのは大きいですよ。幸福になるためには妖怪が要るんです。

荒俣宏 幸福観察学会は発展的解消をして世界妖怪学会に吸収されるということですか。

水木 幸福の追求と妖怪はつながっているんです。



(引用終了)


だそうです(笑)。

366日、うるう年にも対応したこれらの「お言葉」は、1988年から2004年までのもので、編者で、水木原理主義者でもある大泉実成氏は、少年時代に「エホバの証人」の信者で『説得ーエホバの証人と輸血拒否事件』で講談社ノンフィクション賞を受賞された方。水木センセイの本はこれからもっと読まなきゃ。

◎本日の水木サン―思わず心がゆるむ名言366日(アマゾン)
◎[幻冬舎文庫]水木サンの迷言366日(アマゾン)




[PR]
by yomodalite | 2012-03-26 17:31 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
消えたマンガ家は全3冊あり、その後「消えたマンガ家・アッパー系」と「消えたマンガ家・ダウナー系」は、新潮社OH!文庫にも納められています。

【目 次】
第1章/天才マンガ家・ちばあきお—イノセントとマス・プロダクト
第2章/伝説のマンガ家・徳南晴一郎—人間時計はどこに!?
第3章/人気マンガ家・冨樫義博—幽・遊・白書の終わり方
第4章/孤独のマンガ家・山田花子—嘆きの天使は永遠に
第5章/ラスト・ロング・インタビュー—鴨川つばめ

【アッパー系の巻】
◎ギャグマンガでネーム見せるバカがいるか ー とりいかずよしロング・インタビュー
◎早すぎた肉弾マンガ家の失踪ーふくしま政美(前編)
◎ふくしまを巡る関係者の証言ーふくしま/政美(後編)
◎少女マンガ家は、なぜ教祖になってしまうのか? ー 神さまファンフラブ山本鈴美香と"神山会"。美内すずえ、黒田みのる
◎人間時計はどこに!?ー伝説のマンガ家・徳南晴一郎
◎三人の鬼太郎作家ー竹内寛行
◎消えたマンガ家外伝ー鳥山明はエホバの証人だった!?

【ダウナー系の巻】
◎イノセントとマス・プロダクトー天才マンガ家・ちばあきお
◎嘆きの天使は永遠にー孤独のマンガ家・山田花子
◎鴨川つばめラスト・ロング・インタビュー
◎病める天才劇画家ー安部慎一
◎異色メルヘンマンガ家ー中本繁
◎『幽☆遊☆白書』の終わり方ー人気マンガ家・冨樫義博
◎夢幻の少女マンガ家ー内田善美
◎消えたマンガ家外伝ーねこぢる曼荼羅を探して

参考サイト http://www.asahi-net.or.jp/~wf9r-tngc/mangaka.html

◎消えたマンガ家(アマゾン)
◎消えたマンガ家ーダウナー系の巻(新潮OH!文庫)
◎消えたマンガ家ーアッパー系の巻(新潮OH!文庫)
_______________

【MARCデータベース】画力もあり、ストーリーもうまい、力量のあるマンガ家が、ふと気がつくといなくなっている。富樫義博、山田花子、ちばあきおらの跡を追い、「消えたマンガ家」の裏にある、マンガ雑誌の苛酷な現実を暴く。太田出版 (1996/08)






[PR]
by yomodalite | 2007-12-16 00:10 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite